公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
アーティストやデザイナーを市立の小中学校に派遣して特別な授業を行うアーティスト・イン・スクールは9月下旬から授業がスタートしました。
今年で14回目を数える毎年恒例のプログラム、今回は前川東小学校6年生3クラス、89人の児童たちと、“意味を超越したマシーン”で注目される現代美術家、タムラサトルさんが、制作に1クラス4回8時間、鑑賞1回2時間をかけた授業に取り組みます。

今日から本物のアーティストに会えるよ、とだけ言われ図工室にやってきた児童たち。室内に入るといきなり目に飛び込んできたのは、巨大な緑色をしたワニのオブジェ。全長4.5メートルもあるワニが、教室の天井近くをぐるぐると回転しています。
AIS14:vol. 1 図工室に巨大ワニ出現!_c0222139_15540019.jpg
何? …これはいったい…
驚き、戸惑いながら教室に入ってきます。このワニが今日の授業やアーティストに関係することは分かるけど、まさかこれを作るんじゃないよね? じゃあ何のために? そもそもこのワニは何でできている? ひそひそ話が拡がっていきます。
前日に講師とアシスタントが苦労して運び込み設置した作品《スピンクロコダイル》は、見事に子どもたちの好奇心と思考力のスイッチを入れてくれました。



続きを読む>>
# by atlia | 2019-10-13 10:50 | 学校×アトリア
7月26日(金)、開催中の企画展〈新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏「あ、これ、ウチのことです。」〉に関連して[宿題応援トーク]を開催しました。アトリアを訪れた学生のみなさんと一緒に、話し合いながら作品を鑑賞するギャラリーツアーです。
[宿題応援トーク]を開催しました_c0222139_19132081.jpg
参加者は小学生と中学生、それぞれの保護者を合わせて5人。作品から発見したものや考えたことをメモできるワークシートを携え、まずは蓮沼昌宏 の作品《あたらしい昔話_芝園団地》を鑑賞しました。



続きを読む>>
# by atlia | 2019-07-30 10:00 | 企画展
7月13日(土)に夏の展覧会〈新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏「あ、これ、ウチのことです。」〉がオープンしました!
15日(月祝)までの3日間、オープニングにあわせて、イベント「公開制作:一緒につくる、あなたの物語」を開催しました。

ここで制作をしていたのは蓮沼昌宏(はすぬま・まさひろ)さん。
本展ではUR芝園団地に住む方々を取材しつつ、キノーラと呼ばれる手回し式のぱらぱら漫画(アニメーション)を発表しています。
今回の公開制作では、「みんなが集まる広場」を想定しつつ、来場者の方々とコマ撮りアニメを制作しました。
公開制作「一緒につくる、あなたの『物語』」を開催しました_c0222139_16421739.jpg
…といって、蓮沼さんがおもむろにクレヨンをもって描き始めた場所は、なんと、窓!
水で簡単に落ちる特殊なクレヨン(に似た画材)ですが、これには少々びっくり(最初は紙芝居をつくると言っていたのですが…)。


続きを読む>>
# by atlia | 2019-07-21 10:56 | 企画展
6月15日・16日(土日)に、公開制作「あなただけの『住む』をつくろう!」を開催しました。
こちらは夏の企画展「新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏〈あ、これ、ウチのことです。〉」に先行するもの。出品者の上坂直(うえさか・なお)さんが、展示で発表する作品の一部を参加者のみなさまと一緒につくります。

その制作物の元は、9cm角の透明のキューブ。ここに色々な素材を配置して、小さな部屋をつくります。
そうは言っても、なかなかイメージがつきづらい?上坂さんは見本を見せながら、まずは基礎となるパーツ(床、壁、ドア)の設置方法を説明します。
公開制作「あなただけの『住む』をつくろう!」を開催しました_c0222139_19002698.jpg
しかし、作業としては、ぐっとキューブのなかに押し込み、両面テープで固定するだけ!
上坂さんが手づくりで用意したパーツは、キューブにぴったり!それだけで部屋らしくになってしまった印象。


続きを読む>>
# by atlia | 2019-06-30 11:53 | 企画展
6月9日(日)、「アトリアデビュー[色の中にとびこもう!]」を開催しました。アトリアデビューは、はじめてアトリアに来てくれる子どもたちにアートに親しんでもらうワークショップです。講師は画家の伊藤 泰雅さん。今回は年中・年少さんの参加者が午前11人、午後15人集まり、大きな色画用紙に絵を描きました。

ワークショップのはじめに、講師の作品を鑑賞しました。今回の制作は子供たちが普段使っている白い紙ではなく、あえて濃い色のついた紙に描いていくもので、色の重なりが大きなポイントとなります。講師が「光が降ってくるようなイメージで描いた」と言うカラフルな作品を近くで見ていると、様々な色の重なりに
気づきます。
アトリアデビュー[色の中にとびこもう!]を開催しました_c0222139_19243681.jpg

続いて講師から色についてのお話しがありました。絵具を塗った透明なアクリル板を使い、その下に敷く紙の色を変えてみると…絵具の色が見えなくなったり、下の色と混ざって別の色に見えたり。その変化を子どもたちはじっと目で追いかけます。


続きを読む>>
# by atlia | 2019-06-14 15:33 | ワークショップ