公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
開催中の企画〈アートな年賀状展〉最後のイベントとなった本プログラム。
展覧会全体のテーマである「竹」にちなんで、かごやざる、インテリアなどでもおなじみの「竹工芸」を話題にしました。
講師には、東京国立近代美術館特任研究員の諸山正則(もろやま・まさのり)さんをお迎えしました。

c0222139_16373950.jpg
まずは基礎として、人と竹の関わりについてお話を伺いました。山林に自然に生え細工もしやすい竹は、昔から人々の暮らしに身近な素材でした。なんとあの「竹取の翁」の職業も、「竹を取って」かごをつくる職人だったと言われるほどです。また、竹は種類が豊富で、太さや色、模様、節の形もそれぞれに違いがあります。中でも節の出っ張りが少なく節と節の間が長い真竹(まだけ)は、強靭であり、かごを編む際によく使われるそうです。


続きを読む>>
# by atlia | 2018-01-31 16:46 | 鑑賞講座・実技講座
1月20日(土)、展覧会〈アートな年賀状展2018〉関連イベントとして、日本の縁起物である「竹」に親しむワークショップを開催しました。小学1~6年生が竹を土台にしたビー玉ころがしをつくり、全員分を流しそうめんのようにつなげて遊ぶというもの。講師は前回[光る門松をつくろう]を実施いただいた塩川岳さんです。
c0222139_19393494.jpg
参加者の机には半分に割られた竹とその内側に敷く板、ビー玉が1つずつ。向かい側の大きなテーブルには様々な形の木のかけらや色とりどりのピン、針金などのパーツが並んでいます。板にパーツを配置してビー玉が面白くころがる仕掛けをつくるのですが
「仕掛けを完成させることが目的ではありません。ビー玉がうまくころがること以上に自分なりにじっくり考えたことを形にする過程が大事。」
と、塩川さんが呼びかけました。心得た、という表情で参加者はそれぞれ机に向かいます。


続きを読む>>
# by atlia | 2018-01-22 15:47 | ワークショップ
竹に親しみながら籠をつくる実技講座の2日目。「竹ひごづくり」に挑戦した前回に続いていよいよ「竹を編む」回です。
材料として参加者に配られた竹ひごは皮付きが8本「身(み:皮の内側の部分)」だけのものも8本で計16本。全て講師の石山さんのお手製でまるでリボンのように薄くしなやかです。思わず指で撫でながらその幅と厚みの均等さに目を見張る参加者たち。前回苦労した分なおさら職人の技術の高さが分かる様子です。
c0222139_14362313.jpg
制作に入る前にまず石山さんが籠を編む手順を通しで実演しました。15分足らずでてきぱきと編み上げてしまう手際の良さに感心しつつ、参加者一同食い入るように見つめます。



続きを読む>>
# by atlia | 2018-01-17 13:51 | 鑑賞講座・実技講座
展覧会〈アートな年賀状展2018〉関連イベントとして、日本の縁起物である「竹」に親しみ2日間をかけて籠をつくる実技講座を開催しました。ものづくりのプロセスを本格的に学ぶべく、タイトル通りに「竹を編む」だけではなく籠の材料となる「竹ひごづくり」から体験します。
c0222139_15433876.jpg
講師は若手の竹職人である石山好美さん。郷里に伝わる「房州うちわ」の技術を受け継ぐ傍ら自身の工房も構えて籠やオブジェなど多彩な竹細工を制作しています。
竹の採取から始まる制作工程の写真や作品の実物を見ながら、普段の仕事についてお話を伺いました。日本各地に分布し、私たちの身近に生えているイメージがある竹には実は様々な種類があり、加工に向き不向きがあるほか、採取の時期や1本1本の状態、採取後の下処理や保管の仕方などいくつもの条件をクリアして初めて使用に耐える材料となるそうです。編むことで見えてくる材料の性質に合わせて制作の方針を変えることもあり、自然と向き合いながら全ての工程を自身の手で完結させられることに竹細工の醍醐味を感じているのだとか。



続きを読む>>
# by atlia | 2018-01-16 10:45 | 鑑賞講座・実技講座
1月21日(日)、久しぶりの「やさしい鑑賞講座」を開催します。
様々な分野の美術作品について分かりやすくご紹介する、スライドレクチャー方式のプログラムです。

今回のテーマは「竹工芸」です。多くのコレクションを持つ東京国立近代美術館から、特任研究員の諸山正則(もろやま まさのり)さんを講師にお迎えし、近代の名品を中心にご紹介いただきます。
本ブログでは、当日ご紹介いただく作品の一部を、ちょっとだけお見せします。

c0222139_12063594.jpg
生野祥雲斎《怒涛》1956年 東京国立近代美術館蔵

上の画像は、人間国宝の竹工芸家、生野祥雲斎(しょうの しょううんさい)の作。タイトルの通り、竹の弾力を生かした激しく力強い動きが特徴です。それでいて、か細く割かれた竹の一本一本が飴色に輝く様は、思わずうっとりするほどの美しさです。
c0222139_12062951.jpg
宮崎珠太郎《ねじり編み花篭》1998年 東京国立近代美術館蔵

こちらは熊本県出身の竹工芸家、宮崎珠太郎の作。一見素朴なカゴですが、よく見ると横ひごがねじりながら編まれ、それによって編み目がさざ波のような模様になっているのが特徴で、味わいがあります。


竹工芸の魅力は、何といっても編み目の美しさと繊細さ。
加えて、しなやかさ、力強さ、色つや、編みによってできる模様なども、一つ一つの作品によって違いがあり、鑑賞の面白味があります。
そういった「竹工芸の鑑賞ポイント」について、当日はより詳しくご紹介いたします。ぜひお楽しみに!

みなさまのお越しをお待ちしております。

-------
やさしい鑑賞講座「竹工芸の魅力」
日時:2018年1月21日(日)14:00~16:00
参加者:18歳以上 40名
参加費:300円
講師:諸山 正則(東京国立近代美術館特任研究員)
事前申込不要(当日受付)
公式ホームページでもご紹介中!

c0222139_12052883.jpg

# by atlia | 2018-01-13 12:05 | 鑑賞講座・実技講座