公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2020年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1月11日(土)<アートな年賀状展2020>関連ワークショップとして、「オリジナルの型で染め体験」を開催しました。講師は川口市の染色家、西大三さん。小学1年生~5年生17人で、染めの伝統的な技法にふれながら自由な制作に挑戦しました。

はじめに、西さんから今日の制作についての説明です。今回は型を使った染めだけでなく、折り染めという技法も体験します。折り染めとは、布を折り紙のようにたたみ角や辺に顔料を染み込ませる染色方法です。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_16595487.jpg

参加者にはサイズの違う2枚のハンカチが配られ、まずは赤・青・黄・緑・紫・ピンクの6色から好きな色をひとつ選び、小さい方のハンカチで練習します。おそるおそる染色用の顔料に布を浸すと、思ったより布に色が染み込みます。ポイントは少しだけ浸すこと。講師の言葉で参加者たちも要領を得た様子。それから、本番のハンカチへ。顔料をつけたハンカチを広げると、思いがけない面白い形に色が広がります。模様を背景に見立てて、参加者たちも次のアイデアがわいてきたよう。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_15220633.jpg
ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_17132963.jpg

折り染めのあとは、型つくり。コピー用紙をハサミで切って型の下絵を制作します。鉛筆を使わずハサミだけでつくる形は、紙を折って左右対称に。お気に入りの形ができたらクリアフォルダ―に下絵を貼り、またハサミで切り抜きます。切り抜いた形の外側を型として使うという難しい工程に苦戦しながらも、みんなで作業に取り組みます。自由な発想でつくった型は、大きさも形もさまざまです。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_15401949.jpg

後半は、いよいよ型摺り染め。最初に折り染めで練習したハンカチに、自分でつくった型を使い試してみます。顔料の量を調節しながら摺り刷毛という専用の道具で、布にたたくように染める作業は、折り染めとは全くちがいます。慣れてきたら大きなハンカチで本番です。参加者たちは、刷毛の使い方で色に濃淡をつけたり、型を重ねて模様をつくったり。多様な手法にチャレンジします。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_13542143.jpg
ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_16160260.jpg

最後は、ひとりひとり講評です。みんなでお互いの作品を鑑賞しながら、西さんのコメントに聞き入ります。偶然性を楽しむ折り染めとかっちりした模様の型染めを組み合わせることで、表現の幅が広がりより個性的な作品に。色鮮やかなハンカチが並び、参加者たちも充実した表情です。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_17103390.jpg

2020年最初のワークショップ。昔ながらの技法を使ったオリジナリティーあふれる作品つくりは、日本の伝統を感じる新年に、ふさわしい体験となりました。
ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_14500010.jpg

by atlia | 2020-01-31 16:07 | ワークショップ
去る1月13日(月祝)、新春企画展〈アートな年賀状展2020〉に関連し、[アートなお正月あそび]を開催しました。来館者のみなさまに新年のご挨拶を込めて、お正月にちなんだゲームやミニ工作などの体験広場をご用意。事前申込なし・無料でどなたにも気軽に参加いただける恒例イベントです。
「成人の日」を祝うかのように外は快晴。公園に遊びに来ていた子どもたちやイベントを楽しみに来館してくれた家族連れが開始時間とともに続々と入場しました。「何があるのかな?」とワクワク顔で会場を見て歩き、興味をひかれたコーナーから体験していきます。

[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17253823.jpg
◆キャッチ・フォーちゅ~ン
点数付きの輪投げあそび。並ぶ位置によって点の異なる的(まと)をめがけて輪を投げ、1人6回の合計得点で2020年の運勢を占います。30点以上とれたら背が伸びて100点以上とれたら願い事が3つ叶うかも?新聞紙でできた輪は柔らかくてちょっと狙いを定めにくいけれど、繰り返し挑戦するうち投げかたのコツがつかめてきたみたい。加算されていく得点とともに喜びも膨らんで、シンプルなあそびに未就学児も小学生も夢中です。
[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17254426.jpg
そして更に、自分でつくった的を使えば得点アップのチャンス!制作コーナーに用意された3種類の絵の中からお気に入りを1つ選んで色を塗り、的の形に組み立てます。クレヨンで力強く、または色鉛筆で繊細に、思い思いに彩色した自分だけのターゲットに輪が入れば一度に30点。狙いやすい位置を選んで立てて一点集中、自己新記録を更新し、一年を幸先よくスタートできた様子でした。

[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17254887.jpg
◆子ねずみこいこい
コースのあちこちに散らばる子ねずみ人形。親ねずみに扮した参加者が棒で操り、制限時間内にゴールに運んだ数を競います。操り棒には磁石が仕込まれており、子ねずみの金属製のヒゲやシッポがくっつく仕組みです。
[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17255421.jpg
見た目より重さがある子ねずみは急いで引っ張ろうとすると却って棒から離れてしまい、スピードよりも慎重さが求められるゲーム。初めはどの参加者も苦戦していましたが、シッポの効果的な扱い方を発見してから長い距離を運べるようになりました。更に子ねずみ同士をうまく絡ませれば数匹まとめて運ぶこともできます。その様子をじっと観察し、順番待ちの間にもコツを学ぼうとする参加者たち。2歳くらいの小さな子も大人に負けない器用さを発揮し、家族や友達の声援を受けながら、たくさんの子ねずみをやさしくゴールに連れていくことができました。

[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17255917.jpg
◆よくばり玉いれ
笊(ざる)いっぱいの小判やお餅を千両箱形の的に向かって一気に投げ上げる、運動会とは一味ちがう玉入れです。小判がたくさん入ればお金が溜まり、お餅がたくさん入ればお腹いっぱい食べられるかも?けれども参加者たちは的に入れる以前に玉をばら撒く勢いや音が楽しい様子。友達と一緒に何度もリピートし、ときに親子で手を合わせて投げ上げ、高揚感を分かち合います。
[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17260444.jpg
1人2回挑戦し、成果を確めたら床に散らばった玉を拾って次の人と交代。すると周りで応援していた家族や順番待ちをしていた人も手伝ってくれて、玉拾いもワイワイと盛り上がる余興となりました。


[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_17260987.jpg
一風変わった3つの「お正月あそび」。会場の設えなども含めて、日頃からアトリアの活動を支えているサポートスタッフの手づくりです。去年の夏にアイディアを出し合い、およそ半年間試作と検討を重ねたあと、当日の運営まで担いました。皆で協力し取り組んできた甲斐あって、大人・子ども合わせて171人もの参加者を迎え、たくさんの笑顔とともに新春を祝うことができました。
参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!
[アートなお正月あそび]を開催しました!_c0222139_21250853.jpg


by atlia | 2020-01-24 16:38 | サポートスタッフ
2019年12月22日(日)、ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました。講師はブックデザイナーであり画家の矢萩多聞さん。これまでに500冊もの本をデザインされています。この日は小学校1~6年生の19名が参加しました。

ブックデザイナーとは、本の内容に合わせてその表紙や本文を考え、本のかたちを一から作るお仕事です。講師はそのお仕事の中で、文字をデザインすることもあります。今回のワークショップはその講師と共に、文字であそび、デザインをしてみよう!というものです。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_10535640.jpg
手を動かす前にそもそも「デザイン」って何だろう?とみんなと考えるため、講師はまず自身のお仕事や身近な文字デザインを紹介。街なかで講師が見つけてきたお店の看板や貼り紙などを見せながら、世の中にこんなに色々なかたちをした文字があるのは、それを示した人の表したいことが意識されているからだというお話がありました。また、文字には意味を表す記号としての役割のほかに、かたちや表情があり、それを自由に工夫して楽しんでも良いのだと講師は参加者へ伝えました。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_16183133.jpg
文字の色々な姿を知ったところで、腕ならしの制作。漢字の「聞」をマスキングテープで書いて(描いて)みます。テープをちぎって作られた文字には、筆記具で書くのとはちがった表情が加わります。出来あがったものを並べてみると、バラエティ―豊かな「聞」が並びました。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_14064603.jpg
休憩を挟み、後半戦。今度は「世界のいろいろな文字」というテーマのスライドを見ていきます。講師は子どものころからインドと日本を行き来してるそうで、インドでは日本で見かけるのとはまた違った看板や標識が見られるそうです。文化が異なれば、表される内容も、表示の仕方も変わります。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_16011489.jpg
後半の制作は、デザインは自分だけでなく誰かのためにもつくられるものということで、同じ机に座った二人でお互いにインタビューを行い、相手の名前をデザインしてみます。相手に自分で考えた質問をして、答えをインタビューシートに書き込んでいきます。好きなものやことは?どんなことをしている時が楽しい?生まれ変わるなら何がいい?卵焼きに何をかける派?などなど・・・
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_16012972.jpg
インタビューの後は、おのおの相手の名前の中から文字を選び、その人に合ったオリジナルの文字をデザインしていきます。材料にはボール紙やカッティングシート、葉っぱや小枝などの自然素材、スタンプなどを使います。これら素材でかたちを作っていくと、さまざまな質感が文字に加わっていきます。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_14392839.jpg
参加者はインタビューで聞き出した名前の由来や、「走ることが好き」「猫を飼ってる」などの相手についての事柄を、文字の姿に落とし込んでいきます。その結果が下の写真。それぞれ一つの文字や部首ですが、左上から時計回りに、「え」「あ」「日」「リ(りっとう)」「子」「女」と書かれています。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_16113714.jpg
個々の作品ができあがったら写真に撮り、プロジェクションしてみんなの作品を鑑賞しながら講評会をしました。どうしてこんな風にしてみたんだろう?と講師から参加者へ質問していきます。参加者は、照れ臭いけれどポツリポツリとインタビューのどの部分を制作に活かしたかなど、話してくれました。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_10335590.jpg
一方そのころバックヤードではみんなの作品をまとめて一つの本にする作業が進んでいました。個々の作品を原稿(版下)としてコピーし、手作業で製本します。講評が終わるころ、本が完成し参加者に手渡されました。できあがった本のタイトルは「わたしの文字 あなたの文字」。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_15030187.jpg
この日はじめて会った人との一期一会が手づくりの文字になり、一冊の本になりました。一つ一つの作品をお家でじっくり眺めることが出来ます。デザインという造形の手法にはじめて挑戦する中で、学校でのお勉強や、読書の時とはまた違った楽しい文字との親しみ方を知る機会となりました。
ワークショップ「文字であそぼう!はじめてのデザイン」を開催しました_c0222139_15441956.jpg

by atlia | 2020-01-23 14:49 | ワークショップ
12月21日(土)、年中・年長と保護者のペアを対象に季節感あふれるイベントを開催しました。講師は美術家の北川純さん。アトリアの広い空間を使い、巨大なスノードームにみたてた風船の内部にクリスマス飾りをつくります。
まずは北川さんから、制作する飾りの説明です。6角形の白い紙を折りたたみ、ハサミでカット。それをひろげると、雪の結晶のような形が現れます。単純な作業ですが、ひとつとして同じものはできません。最初はハサミを使った細かい制作に苦戦していた参加者も、コツをつかむと手が動きます。しかし、つくった雪の結晶はどこに飾るのでしょうか?
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_14573886.jpg
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_15203307.jpg


雪の結晶ができたら、みんなで作業机の後ろの大きなビニールに集合。
次に、北川さんの合図で風を送る機械を動かします。するとビニールがどんどん風船のように膨らみ、スノードームのかたちになっていきます。


ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_10455811.jpg
膨らませたビニールには赤い三角形がぶらさがっています。「クリスマスツリーだ」参加者から声があがります。
「ドームの中に入って、つくった雪の結晶をツリーにつけます」
北川さんに誘導され、参加者はなんとビニールの中へ。広い内部には10名入ってもまだ余裕が。
ドームは膨らみ方を送風で調整しながら徐々に大きくしていきます。それにともない参加者は、上から順にツリーに雪の結晶をのりで貼っていきます。
そして、一番下までつけ終わったとき、ついにドームの全貌が!あまりの大きさにみんなびっくり!!参加者からは拍手がおこります。
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_14054493.jpg
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_10550896.jpg
これで終わりではありません。今度は、参加者たちは無地の箱をプレゼントにしたてたり、サンタや靴下のシルエットのオーナメントをつくったりします。セロファン・色紙・綿・毛糸・リボンなど、カラフルなラッピング材料に大人も子どもも夢中です。
できた人から再び順番にドームの中へ。空気の調節で手が届く高さに下げたビニールの天井に、オリジナルのプレゼントやオーナメントをセロハンテープで貼っていきます。内部はますますにぎやかに。
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_11254821.jpg
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_11333894.jpg


最後にみんなで鑑賞です。たくさんのクリスマスオーナメントを飾ったドームの中は、夢のような景色です。

ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_14584963.jpg
ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_16564627.jpg
みんなで飾った大きな大きなスノードーム。雪にプレゼントにサンタクロース…色とりどりの素敵なオーナメントでいっぱいです。もう少しで楽しいクリスマス、この時季にぴったりなロマンチックな作品ができました。

ワークショップ「みんなで飾るクリスマスドーム」を開催しました!_c0222139_14500010.jpg


by atlia | 2020-01-20 15:27 | ワークショップ