公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いよいよ折り返し、3回目の授業を迎えました、アーティスト・イン・スクール(AIS13)。
講師の浅見貴子さんと芝樋ノ爪小学校5年生29人が、《校庭の樹-墨の点々で描こう》というテーマで活動中です。
随時更新中のスタッフブログでは、ふだんはなかなか見えない学校内の様子をレポート。

前回の授業では、校庭に飛び出して樹木のスケッチを行った児童たち(その様子はこちらから)。
墨の点や線で描いたら面白いであろうお気に入りの樹を見つけ、鉛筆で描きました。
今回の授業から、その和紙の下書きの上から墨をつかって表現していきます。
c0222139_16270558.jpg
樹の様子がスムーズに思い出せるようにと、学校の先生が校庭の樹々の写真をプリントしてくれました!
それをお借りしながら、浅見さんは、スケッチのときのこと、最初の試し描きのときのこと、それぞれを思い出しながらやってみよう、とお話しします。

さっそく墨をもらった児童たち、最初は緊張して…と思いきや、どんどん描いていきます!
c0222139_16371346.jpg
c0222139_16465630.jpg
c0222139_16500103.jpg
ある人は薄い墨をたっぷり筆に含ませ、すっすっと素直に伸びた感じの枝をなぞります。ある人は濃い墨を少しだけ太い筆につけ、ざらざらとした質感を追求している様子。また、ある人は割りばしペンでさりげない点々から描いて、紙の様子を確かめているよう。
c0222139_17044345.jpg
c0222139_17070184.jpg
その間、浅見さん、学校の先生やスタッフも、いろいろな机をまわって、児童たちとお話ししながら、描き方にアドバイスをしたり、墨を足してあげたり。
思わぬスピードで思わぬ表現を次々に見つけていく様子に、驚くこともしばしば。
しかし時間が経ち、制作が進むにつれて、「なんか、わかんなくなってきちゃった」「あーちがった、やばいやばい、どうしよう」という声も、ちらほらと聞こえ始めてきたようです。
c0222139_17124161.jpg
休み時間をはさんだところで、浅見さん、制作中の作品のいくつかを選んで紹介します。
「これは、枝を筆で勢いよく描いてて、力強さがありますね。ざらざらしている細い線と、すっとした太い線が混じってて、そのバランスっていうか、リズムみたいなものが、独特で良いです。周りも描くと良いね」
「こっちは、樹の輪郭を繊細になぞってます。しっかりなぞるのは大変だけど、ちゃんとやると雰囲気がちがってくるから、頑張ってつづけた方がよさそう」
「これも面白くて、割りばしペンの細い線で描いた枝の上から、薄い墨をぽんぽんって置きはじめてるのかな。なんか葉っぱみたいでもあるし、空気みたいだし、生き生きしてる感じがします」
c0222139_17243754.jpg
授業のなかで、浅見さん、そういえば、くり返していた言葉がありました。それは、「失敗なんて無い」ということ。
失敗は成功のもとなんだから。失敗しても、それを生かすものを描き足せばいい。失敗した、と思ったその表現を面白がってくれる人がいる。
だから、自分の見たままでいいし、思い切ってやればいいし、いろいろ実験すればいい。
これまでの授業で、浅見さんは児童たちの作品を常に面白がって、良さを見つけてくれました。しかもその言葉は具体的です。
児童たちも、自分の作品をつくるだけでなく、浅見さんの視点を交えながら他のクラスメイトの作品をみることで、違った発見をしたかもしれません。

少し自分の作品から手や目を離してみると、また違うところが見えてくるもの。
そう、失敗したと思っても、それは思わぬ面白さに化けるかもしれないのです。
児童たち、少し気分を変えて、残りの時間も制作に向かいます。真剣に、楽しそうに。
c0222139_18294167.jpg
c0222139_18325765.jpg
次回はいよいよ制作の最終回!それぞれに個性が見えてきたお気に入りの樹は、どんな風に完成するでしょうか?



photo: Kozo Kaneda


---
〈樹々あそぶ庭々〉
第13回アーティスト・イン・スクール
校庭の樹-墨の点々で描こう 
浅見貴子×川口市立芝樋ノ爪小学校5年生29人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2018年11月10日(土)~12月9日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
※関連展示として講師作品展〈日々の樹-生々を描く庭〉を先行公開 10月27日(土)~
---

本事業に関する過去の記事↓

c0222139_11403601.jpg

by atlia | 2018-10-23 17:53 | 学校×アトリア
第13回アーティスト・イン・スクール(AIS13)、講師の浅見貴子さんと芝樋ノ爪小学校5年生29人が引き続き活動中です。
浅見さんの近年の作品「身近な樹木を描く」「和紙に墨で描く」というところから想を得て、《校庭の樹-墨の点々で描こう》というテーマで全5回の授業を行います。
9月末からスタートした授業は現在2回目が終了。その様子をスタッフ目線でレポートします!
c0222139_17472272.jpg
まずは前回(初回の授業レポートはこちらから!)の授業をおさらい。
墨で試し描きしたものをチェックした浅見さん、興味深いものを何点かピックアップして紹介します。「ここはどんな風に筆を動かしたの?」と描いた児童にインタビューしながら振り返りました。
薄墨でふわふわとした雰囲気を出せているもの、筆の跡が点としてはっきりしているもの、紙が破れるほど重なりの表現を追求したもの…同じ墨と紙とは言っても、かなり違う実験をしていたことがわかります。
これを思い出しながら、描く樹を選んでみよう!
c0222139_18072490.jpg
その前に、描く紙のことも、ちょっと覚えておきましょう。
礬砂引き(にじみ止め)をされたもの・そうでないもの、厚いもの・薄いものなど、今回は3種の紙を用意。墨が染みこみやすい薄くて大きめの紙は個人用、厚くてもじわっと染み込む小さめの紙は共同制作用。さらに、違いを感じてみてほしいと、浅見さん、礬砂引きがされた紙も持ってきてくれました。
表裏を間違えないように画板にセットして、ここに直接、鉛筆で樹を下描きします。今回配られた鉛筆は6B、柔らかい和紙を傷つけないような硬さです。加えて、和紙が毛羽だってしまうから消しゴムはつかわないように、と浅見さんは言いました。失敗したと思っても、上から描いたり、その線を活かす別のことを思いつけばいい。失敗は成功のもとなんだから!とお話しします。
早く校庭に行きたい児童たち、そわそわしている様子で、はい!とお返事。集合時間を決めて、さっそく校庭へ!
c0222139_18204186.jpg
ちょっと雨が降りそうな天気でしたが、それぞれのお気に入りの樹を探しに、校庭へ出ていく児童たち。迷っている人もいれば、もう決めてすぐに座って描き始める人もいます。
校門のそばの大きなサクラ、校庭の端に並ぶプラタナス、イチョウ。カキの木には実がなっているし、卒業生が記念に植樹したというミカンも!学校には思ったよりたくさんの樹があることにも気づきます。
c0222139_18251551.jpg
c0222139_18263079.jpg
c0222139_18273576.jpg
児童たちがそれぞれにスケッチを描いているあいだ、浅見さんは全員のところを回って、一緒に樹を選んだり、作品の良いところを見つけたりアドバイスしたり。一緒にその樹木の面白いポイントを見つけては、観察を繰り返します。
c0222139_18300950.jpg
しかしちょっと雨が降ってきた!約束の時間も迫ってきたし、図工室に戻ります。
全員が集合したところで、どんなスケッチをしていたのか、見せ合いっこしました。
c0222139_18324881.jpg
1人ずつの作品にコメントをした浅見さん、それぞれのいいところを見つけてくれます。
「この作品は勢いよく描けているのがいいね!」「ここまで丁寧に枝が描けてると、墨で描くときも迷わないと思う」「幹の模様みたいなものに注目したのが面白いー」などなど。
c0222139_18390432.jpg
c0222139_18392127.jpg
1人ずつ描いていたから見えてなかった全員の作品、選ぶ樹がそれぞれだったのはもちろんだけれど、幹を描く人・枝を描く人・背景まで描く人など、注目するポイントも違うし、描き方も全然違いました。

次回はこの上から墨で描いていきます。この下描きがどんな風にかわっていくのか、今から楽しみ!


photo: Kozo Kaneda


---
〈樹々あそぶ庭々〉
第13回アーティスト・イン・スクール
校庭の樹-墨の点々で描こう 
浅見貴子×川口市立芝樋ノ爪小学校5年生29人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2018年11月10日(土)~12月9日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
※関連展示として講師作品展〈日々の樹-生々を描く庭〉を先行公開 10月27日(土)~
---

本事業に関する過去の記事↓

c0222139_11403601.jpg

by atlia | 2018-10-18 12:58
9月末から授業がはじまりました、第13回アーティスト・イン・スクール(AIS13)。
講師に浅見貴子さん(画家)、対象校には芝樋ノ爪小学校5年生29人をむかえて活動中です。
浅見さんの普段の制作である「身近な樹木を描く」「和紙に墨で描く」というところから、《校庭の樹-墨の点々で描こう》というテーマでスタート。
本ブログでは授業の様子を随時レポート、さっそく初回の様子をお届けします。
はじめて児童たちとの対面とあって、ちょっと緊張気味な浅見さん。
これから墨をつかって校庭の樹の絵を描こうと思うけれど、私は絵の描き方は教えません、と話をはじめました。
筆の使い方や墨の特性、ちょっとしたコツなど基本的なことは教えるけれど、あとは工夫次第。自身も失敗を繰り返して今の制作を続けているから、みんなもどんどん挑戦して・試して、失敗を恐れずにやってみることが大切、と前置きします。
では、浅見さん、どんな作品をつくっているのでしょうか?全員を中心に集めて、まるで紙芝居みたいに、これまでの作品の写真をたくさん見せてくれました。
筆を転がすように描いたビリビリ・ガタガタの線、それが紙に染みこんだときに裏側から見えた点の連なり。
はじめは失敗したかも?と思ったその表現を面白がってくれる人がいて、じゃあやってみようかな、と試行錯誤しはじめたのが、今の樹木の作品のきっかけだとお話ししてくれました。
ビリビリ線はそのまま空気が揺れる様子になり、点の連なりは葉や光の動きになり。画面のなかで生き生きしてきたと言います(浅見さんの作品はこちらの記事でご紹介!)
身を乗り出すように作品を見ていた児童たちからは「なんかキレイ!」「点々は人が並んでるみたいにも見えるね」など、ちらほら感想が聞こえ始めます。
c0222139_14055903.jpg
そして、その作品たちの陰にあるのは、何枚ものスケッチ。松を描いたというそれを浅見さんが取り出したとき、児童たちからは「おー!」と声が上がりました。浅見さん、照れつつも嬉しそうな表情。
実際に自宅や近所に生えている樹木を直接見ながら描いたというそれには、不思議な色がつけられています。3日前に見た部分は水色で描いたから、今日は紫で、なんていう風にメモしている、とのこと。浅見さんは「対象をじっくり観察して描くと面白い」と言います。
「では、ちょっと戻って、今日は初回だから、まずは筆や墨の使い方を試してみましょう」
待ってました、とばかりに、自分が持ってきた筆を取り出す児童たち。書写でつかうもの・水彩でつかうものなど、様々な筆が机に並びます。それと同時に1枚の和紙と画板を受け取って、準備完了!これに、まずは筆で点々を描く練習です。
浅見さん、「筆は上の方を持つと良いです」「紙からすぐ離したり、じっと置いてから離すと滲みかたも変わります」とアドバイス。
しかし児童たち、最初はおっかなびっくり。こういう感じでいいのかな?と顔を見合わせ、筆も少々緊張しています。
c0222139_14255071.jpg
でも、点をひとつ、紙においてしまえば、もう大丈夫!これまでの緊張が解けたみたい。どんどん点が増えていき、浅見さんのビリビリ線をまねたもの、くるくると筆を横に転がした円も登場し、紙が埋まっていきます。
「水で墨を薄めると、どんどん色がかわるから試してごらん」「点に点を重ねたり、近くに置いてみるとまた違う感じになるよ」と声をかけながら、浅見さんも一緒に筆を動かします。
c0222139_14332311.jpg
c0222139_14340688.jpg
c0222139_18224186.jpg
筆の使い方や薄めた墨の滲み方をなんとなく覚えたところで、浅見さん、ちょっと違う道具を取り出しました。
わりばしをカッターで削りつけペンの要領でつかう、わりばしペン!これがあると毛筆ではなかなか描けない細くて鋭い線が描けます。
先端が平たいものと尖ったものの2種を受け取って、これも試し描き。ひょろひょろ線やまっすぐ線が点々の間を通って、なんだか違うリズムが生まれはじめました!
そのわりばしペンで名前を書き込み、ひとまず初回の授業は終了。
次の授業では校庭に樹木をスケッチしに行こうと言った浅見さん、宿題として「今日覚えた点々や線で描いてみたら面白くなりそうな、お気に入りの樹を見つけておくこと」と連絡しました。はい!と元気よく返事をした児童たち、どんなモデルを見つけてくるでしょうか?

そして最後に、スタッフからも重要なお知らせが。この授業は全部で5回あるけれど、浅見さんはあと3回しか学校にきません、とお話しします。今日で1回・残りは4回…あれ、回数が合わない?
「最後の授業は学校じゃなくて、アトリアでやります!何をやると思いますか?」え、なんだろう?すぐに答えが浮かばない児童たち。
「それはね、自分たちの作品が飾られているギャラリーの見学に行くんです。しかも、浅見さんの作品も一緒に展示します!」
「えー!」「ほんとに?」と最初は驚いていたものの、しかしすぐに笑顔に変わって、拍手!自分たちの作品がギャラリーに飾られる、ましてアーティストの作品と一緒にだなんて、児童たち全員がはじめてのこと!アーティストを先生にむかえての授業だけでも楽しみにしていたけれど、また新しい期待が増えた様子です。

次回からは制作も本格化!校庭での授業、お天気が良いことを願って。
本blogの更新も、ぜひお楽しみに。


photo: Kozo Kaneda


---
〈樹々あそぶ庭々〉
第13回アーティスト・イン・スクール
校庭の樹-墨の点々で描こう 
浅見貴子×川口市立芝樋ノ爪小学校5年生29人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2018年11月10日(土)~12月9日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
※関連展示として講師作品展〈日々の樹-生々を描く庭〉を先行公開 10月27日(土)~
---

本事業に関する過去の記事↓

c0222139_11403601.jpg


by atlia | 2018-10-04 16:19 | 学校×アトリア