公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
5月20日・21日(土・日)の午後、今年の夏の企画展関連、事前イベントとして【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】を開催しました。
前回の記事でもお知らせしていましたとおり、このイベント、「日常にある何の変哲も無い紙を、10Bの鉛筆で星空のように塗りつぶしましょう。」といういたってシンプルな内容。
さてさて、どうなるか。ちょっとドキドキしながら、作家の金沢さんとスタッフで会場を最終チェックしつつお客様をお迎えしました。(下の画像の左端に座っているのが、金沢さんです。)
c0222139_18240312.jpg
すると、開始まもなくして、お孫さんをお連れの方がご来場。
お客様第一号です!
この日は晴天で、アトリア前の公園にも人がいっぱい。「何かやってるの?」と、どんどんお客様が入ってきて参加してくださいました。
小さなお子様からご年配の方まで、家族連れ、お友だち同士、はたまたお一人でふらりと…と、いろんな方が来てくださいました。
みなさん、ほとんど初めて見る10Bの鉛筆に、興味津々。さっそく手にとって、ぬりぬりしはじめます。どれだけ塗るか、どんな風に塗るか?塗り方は特に決まり無く、自由。
どんなふうに塗っても、それぞれの「星空」ができあがるのです。
c0222139_18252823.jpg
完成したものは、会場の「星空コーナー」に並べられていきます。
個性溢れる「星空」がどんどん増えていく様子に、金沢さんもスタッフも大喜びです。
c0222139_18254076.jpg
c0222139_18254740.jpg
これらの「星空」たちは、夏の企画展で金沢さんが出品する作品の一部になります。当日参加してくださったみなさまにとっては、この日、自分がぬりぬりした「星空」が大きなアート作品に姿を変えてお披露目される展覧会を楽しみにしてくいただくきっかけにもなりました。
夏の企画展(7月15日から開催!)の全貌については、ただいま鋭意準備中です。決まり次第、改めてホームページやチラシなどでお知らせいたしますので、お楽しみに。

※このイベントは、来月6月13日・14日・15日(火・水・木)も開催します。5月のチャンスを逃してしまった方も、ぜひご来場ください!
*************
ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
日時 :2017年5月20日(土)・21日(日)、6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30の間、随時
対象 :どなたでも
参加無料

※その他詳細はアトリアHP「ワークショップ・講座」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-05-25 17:39 | 企画展
しばらく準備期間をいただいておりましたが、今日からスタジオで新しいイベントが始まります!
どなたでも無料で・その場ですぐご参加いただけますので、ぜひお気軽にお越しください。

c0222139_11565321.jpg
今回みなさまにお楽しみいただくのは、ぬり絵。
といっても一般的なぬり絵とは一味違い、黒一色をつかって「ぬり残す」ことで、オリジナルの「星空」を描きます。
つかう道具は、鉛筆と紙のたった二つ。とっても簡単です!

c0222139_1212356.jpg
実は今回つかうのはちょっと特別な鉛筆。一般的によく見かけるHB鉛筆よりもずっと濃い、10Bの鉛筆をご用意しました。
ぬり心地はやわらかくなめらかで、何度もぬり重ねるとまさに鉛(なまり)のような美しい光沢が出るのが特徴です。

つかう紙は、チラシやレシートやノートの切れ端などなど… 会場でご用意していますが、みなさまがお持ちになった紙もお使いいただけます。
鉛筆と比べると、これらは身のまわりにありふれたもの、と思えるかもしれません。でも根気よくぬりぬりすることで、特別な輝きを宿した「星空」が出来上がるのです。

c0222139_122935.jpg
こちらは完成作品の一例。
不要になった漫画本に直接ぬりぬりしたもので、吹きだし部分のぬり残しが星空の一部に見えます。「ドン」という大きな文字が目立つのもユニーク。

c0222139_1213125.jpg

こちらは意図的に星の形をぬり残したもの。どこを残すかによって、下の紙に書かれている文字が生きるのも「星空」ぬり絵の魅力です。

今回ぬりぬりした作品は、7月から始まる夏の展覧会で展示いたします。ぬり絵がたくさん集まるほど、たくさんの輝きを宿した見ごたえある作品へと発展させることができそうです。展示を行うアーティストの金沢寿美さんも、会場でぬりぬりしながらみなさまをお待ちしておりますよ!

*************
ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
日時 :2017年5月20日(土)・21日(日)、6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30の間、随時
対象 :どなたでも
参加無料

※その他詳細はアトリアHP「ワークショップ・講座」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-05-20 11:20 | 企画展
 春の企画展〈アートで解明!空気の正体〉は5月14日(日)をもって終了いたしました。たくさんのみなさまのご来館ありがとうございました。

 5月後半から6月までは貸しギャラリー期間として、展示室のお貸出しをしています。
内容は下記のとおり、展示者の方からいただいている一言紹介も併せてご案内いたします。ぜひチェックしてくださいませ。

山本信個展 アニマの森
5月23日(火)~28日(日)※初日は13:00から/最終日は17:00まで
女性的なるものと樹のいのちを合体させ、ギャラリー空間に心象の森を出現させようという試みです。

陶芸展示会
5月27日(土)~28日(日)※初日は10:00から/最終日は15:00まで。
創部20年余の上青木公民館陶芸クラブです。部員が一生懸命作った独創性豊かな作品の展示会です。

富丘太美子油絵展
5月30日(火)~6月4日(日)※初日は13:00から/最終日は16:00まで。
これまで描いてきた「鋳物工場・鋳物師」の油絵を展示いたします。

朗読者 in KAWAGUCHI vol.15
6月3日(土)15:00~ ※(開場14:30)
小説の言葉はそのまま、俳優がお芝居のように演じ語りかける飛び出す絵本のようなまったく新しい朗読です。

成川健三個展
6月7日(水)~11日(日)※初日は10:00から/最終日は16:00まで。
数百年の時を経て生き続ける巨樹の油絵を中心に風景画等を含め20点余りを展示。今回が初の個展。

建築家との家づくり展 ―けんちくかにきいてみようvol.2―
6月13日(火)~18日(日)※初日は13:00~/最終日は17:00まで
まだまだ馴染みのうすい建築家。どんなことをしているのか、どんな人たちなのか。ぜひ覗きに来てください。


展覧会によって特に初日の曜日・最終日の開催時間が異なりますのでご注意ください。
貸しギャラリーについて詳しくはアトリアwebの貸しギャラリーページをご覧ください。

c0222139_18525692.jpg



by atlia | 2017-05-14 17:47 | お知らせ
開催中の〈アートで解明!空気の正体〉展、いよいよ残り2日となりました。展覧会の情報をお届けする連載ブログ「くうき日記」第7弾は、広報担当スタッフが会場内の撮影ポイントをご紹介。
本展の出品作は会場内の指示に従って撮影をしていただくことができます。工夫次第では、こんな面白写真も。

************

【真空パック!?】

展示室の中にたくさんの風船が詰まった作品。風船の間に挟まって撮影すると…。透明な膜にピタッと包まれ、まるで真空パックされているみたい。挟まれたときの気持ちを表情やしぐさで表すと、より思い出深い1枚に。

c0222139_10134431.jpg
作品:奥中章人《Inter-world-sphere》

【風景と私と…?】

季節ごとの風景が映し出される映像作品。身体に映像を映り込ませることで、まるで自分が作品の一部になったような写真が撮れます。映像の中に隠れた「ヒミツ」に気づくと、より意味深な写真に。

c0222139_10143702.jpg
作品:本間 純《春日さん》(シリーズ作品「春夏秋冬」より)


【このかたちに、グッときた】

布が宙に浮かび上がり、ふわふわとかたちが変化し続ける作品。どのくらいの高さまで浮かぶか、どんなかたちに変化するかは、展示室の「空気」によっても変わります。ベストショットを狙ってじっくり眺めるうち、その違いを発見できるかもしれません。

c0222139_11341901.jpg
作品:大巻伸嗣《Liminal Air Space-Time》


************

写真は見たものを記録するだけでなく、そのときの気持ちや思い出までも留めてくれるもの。展覧会を観終わったあとも、みなさまに「作品と出会ったときの記憶」を蘇らせてくれることでしょう。
作品を楽しむのもベストショットを狙うのも、この土日がラストチャンス!
たくさんのみなさまのお越しを、会場でお待ちしております。

※撮影の際は会場内の指示に従い、周囲のお客さまへのご配慮・作品の保護にご協力いただきますようお願いいたします。
c0222139_12352904.jpg




by atlia | 2017-05-12 12:37 | 企画展
ただいま「サポートスタッフ」として活動していただく方を募集しています。
応募締切は5月31日(水)まで。ぜひ、お早めにお問合せください。

●「サポートスタッフ」とは?
アトリアの数多くの事業を支えてくれるボランティア。アートを気軽に・身近に楽しめるイベントを中心に、私たちスタッフと一緒に活動していただきます。

●どんなことをするの?
ワークショップのお手伝い・展覧会準備・イベント企画などの活動をしていただきます。実際のサポートの様子をちょっとだけご紹介。
c0222139_16320785.jpg
【ワークショップのお手伝い】 
子どもたちを中心とした参加者のみなさんのサポートをします。
戸惑っている子を優しくフォローしてあげたり、一緒に手を動かしながら雰囲気を盛り上げたり。参加者さんの気持ちに寄り添い、交流を楽しみながら活動します。

c0222139_16200259.jpg
【展覧会準備】 
展覧会の裏方の作業。
作品を一つひとつ丁寧に展示することもあれば、アーティストの制作に協力することも。その他にも展覧会に合わせて様々な準備を行います。
c0222139_16270928.jpg
【イベントの企画】
アトリアスタッフと一緒にイベントの構想段階から関わっていただく機会もあります。上の画像はサポートスタッフが中心となって行ったお正月関連イベントの様子。このときは干支の酉にちなんで卵運びレースなどを企画しました。
どんなことをするか考え、材料を用意し、会場づくりをし…。長い時間をかけて準備したイベントが実施され、お客さまの喜ぶ顔を見られる瞬間は感動もひとしおです!


アトリアの幅広い活動に携わっていたくことができる「サポートスタッフ」。
技術・経験・年齢は不問です。アートに興味を持ち、多くの方との交流を楽しみながら参加していただける方をお待ちしております。

※詳しい情報は、アトリアWEB内サポートスタッフのページからご覧ください。
※お申込みはお電話・窓口で承ります。

c0222139_11451761.jpg

by atlia | 2017-05-07 11:45 | サポートスタッフ