公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
平成28年秋の企画展/開館10周年記念事業第2弾〈河口龍夫―時間の位置〉、会期終盤。
本展がより楽しめる情報をスタッフ目線でお届けする「時間の位置の物語」も、気づけば連載7回目。
今回は本展の会場にあるからこそ!より意味を強くする作品として《漂う時間の時間》を紹介します。

本展は3つのゾーンに分かれて構成されています。
最初の部屋「闇への地下時間」は、この連載でも何度か紹介してきた《DARK BOX 2016 ―地下からの闇》(連載第1回目第4回目を参照!)を中心に「地下」「闇」をキーワードにした作品が並んでいます。
次の部屋「推移と水位」は《石になった森》をはじめとした化石のフロッタージュがぐるりと壁にある部屋。「折り重なる時間」への導入となる、本展の中心部です。
最後の「浮遊する時相」と題された部屋は外が唯一見える空間。今まで足元にあった時間たちが「階段」をあがって空中へ、文字通り「浮遊する」ような不思議な時間を表現しました。

本展の中心部、と紹介した「推移と水位」という部屋の、さらに中心に位置しているのがこの《漂う時間の時間》と題された作品なのです。
c0222139_11184999.jpg
特徴的な黄色(カドミウムイエローと言います)と白い時計のコントラストが印象的な本作は、長方形を少し変わったかたちで仕切っているようです。

実はこれ、アトリアのかたち。正確にはこの展覧会の展示空間のかたち、と言っていいでしょうか。
館内マップ(画像荒くてすみません)と比べてみると…
c0222139_11425159.jpg
ちょっと向きが異なりますが、赤く囲った部分が本作で立体化された部分です。館内の作品はこの範囲で並んでいるのですね。

《漂う時間の時間》では、当館の展示室(3つのゾーン)それぞれに異なる深さで水がはられています。そこにはいくつかの時計が浮かび、これもすべて異なる時間を示しています。
拡大してみてみるとこんな感じ。
c0222139_11185458.jpg
時計と同じく水に浮かぶのは、鉛で包まれた蓮の種。この「蓮の種」も河口作品にはよく登場する存在。
鉛で封印され発芽を止められた種子は、自身の時間を既に「止めた」のか、あるいは一次的に「止めている」のか。

スタッフがこの作品について話をするときは、時計はお客様自身です、と申し上げます。
異なる時間を刻む人々が、同じ「時間の位置」に設定された部屋の中をふよふよと漂うように共存している空間。そこには鉛によって封印され時を止めている存在――つまり「作品」たちのようなもの――も一緒に浮かんでいます。
漂う時間の中では、時にぶつかりあうこともありますが、うまくつながって止まったり移動したり、絶えず動き続けているのです。
これを、展覧会の中では、「いくつかの水位のなかを、見る者自身が漂い、推移する」と説明しています。本作が設置されている部屋「推移と水位」というタイトルの由来です。

実は本作、この作品のためだけにつくられたのではありません。水をはってタイトルがつけられる前は、展覧会の計画をするためにもつかわれていたのです。
c0222139_11213788.jpg
これが先ほど拡大した場所と同じ位置。こうしてみると、模型らしい役割をしていたのですね。
壁には展示しようと考えた平面作品がずらっと並んでいます。もちろん縮尺も正確。
よくご覧いただくと、右側の部屋(「闇への地下時間」の部屋)に、小さな《DARK BOX 2016 ―地下からの闇》、左側の部屋(「推移と水位」の部屋)にはこの《漂う時間の時間》が、それぞれ中心に置かれているのも分かりますね。
丁寧に展示を構想し、空間をつくろうとした痕跡が、この作品とも言えるかもしれません。

このように展覧会の構想を設計した模型が、展覧会そのものの状態を表す作品となる。
河口さんの制作には、およそ「習作」(作品にはならないけれどその制作の練習をしたもの)のようなものが無いように思えます。すべてが作品へと昇華していく、そんな印象。
展覧会そのものだってそうです。アトリアの空間をも作品化しようとした、そういう気持ちが、この作品からは感じられるよう。

この空間に飛び込めるのも、残りわずか1週間!ここでしかできない体験を、ぜひどうぞ。


(《漂う時間の時間》(1枚目・3枚目)撮影:齋藤さだむ その他資料・記録はスタッフ撮影)

----
川口市立アートギャラリー・アトリア
開館10周年記念事業第2弾/平成28年秋の企画展
〈河口龍夫―時間の位置〉

時間は、現場に掘り起こされる。

2016年10月8日(土)~11月26日(土)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)

休館日:月曜日(ただし10月10日(祝)は開館、翌11日(火)は休館)

観覧料:300円(高校生以下無料)
※開館10周年記念リピーター割:当館ロゴの入っているチケットやチラシ(本展のものを除く)を受付でご提示いただいた方は半額(他の割引制度と併用不可)
----


c0222139_1556160.jpg

by atlia | 2016-11-20 12:18 | 企画展
川口市内の小中学校にアーティストやデザイナーを派遣し、特別な授業を行う[アーティスト・イン・スクール]。今年度は[ひびけ!ひろがれ!音宇宙]と題し、パフォーマーの尾引浩志(通称:ビッキー)さんと辻小学校3年生の82名が活動中!全6回中5回目の様子をレポートします。

「音のしおり」の発表と合奏で、自分たちの家族に「音宇宙」を体験してもらった前回。今回は「音ガイド」を目指す研修の総仕上げとして、アトリアで開催する成果発表展の準備を整えます。

c0222139_0433270.jpg
そこでは児童たちの制作した「音のしおり」が展示され、書かれた内容を実践してみることで「音宇宙」を旅することができる参加の仕組みが備わります。今まで制作した中からお客様に試してもらいたいしおりを選び、各自清書していきました。文字はなるべく丁寧に、色も工夫すればもっと楽しい雰囲気が伝わるかも?様々な「音」と戯れてきたこれまでとは一転、書くことに集中し、図工室が静けさに満ちています。

c0222139_2325516.jpg
これで完成と思えたところで、1人ずつビッキーさんのチェックを受けました。使うもの(音のかけら)の名前は正しく書けているか、「音」をきくまでの手順は読み手に分かりやすく伝えられているか、入念に確認しながら一緒に改善点を考えました。机の間を何度も行き来して、ようやくOKをもらえた時にはホッと溜息、こぼれる笑顔。

c0222139_0434564.jpg
1枚目を終えたら2枚目に取り組みます。お客様に試してもらいたい「音」に加え、学校や家などの特定の場所でしかきこえない「音」は、制作した全てのしおりを網羅する「音ガイドブック」に収録されます。

c0222139_0435150.jpg
ほぼ全員がチェックを終えたところで、ビッキーさんから次回の予告を受けました。全6回の授業の最終日、みんなはバスに乗ってアトリアを訪れ、展示された「音のしおり」についての感想を「レポオト」に書く予定。ここでも一度書いてみようと、ビッキーさん作の「音のしおり」が配られました。早速内容を試してみる児童たち。

c0222139_0435628.jpg
しおりを読んで感心したところ、やってみて難しかったこと、きこえた「音」の面白さなど、同じ体験をしていても書き込まれる感想は人それぞれ。数人が発表し、長いようで短かった学校での授業が終了しました。あとは発表展でお客さんを迎えるのみです。

これまでの活動がどんな形で展示され、どのような成果に結びつくのか、まだ想像がつかない様子の児童たち。アトリアへ行く日を楽しみに待ちながら授業は残すところあと1回!


このプロジェクトに関する過去の記事はこちら
第11回アーティスト・イン・スクールNo.1 はじめまして!音宇宙の音ガイド
第11回アーティスト・イン・スクールNo.2 音宇宙を旅して発見 音のかけらひろい
第11回アーティスト・イン・スクールNo.3 音宇宙を案内する 音のしおり
第11回アーティスト・イン・スクールNo.4 中間発表会 ひびけ!伝われ!音宇宙
c0222139_19524998.jpg

by atlia | 2016-11-20 09:00 | 学校×アトリア
平成28年秋の企画展/開館10周年記念事業第2弾〈河口龍夫―時間の位置〉をより楽しんでいただくべく、スタッフ目線で耳より情報をお届けする連載:「時間の位置の物語」。
第6回目は10月30日(日)に開催いたしました[トークセッション いとおしき「時間」たち]をレポート。

ご登壇いただいたのは、ご存知、作家の河口龍夫さん。
c0222139_17212014.jpg
さらに建畠晢さん(美術評論家/埼玉県立近代美術館館長・多摩美術大学学長)。第一線でキュレイター・美術評論家として活躍なさっている方で、河口さんとは旧知の仲。さらに当館は開館5周年記念事業〈彫刻家・建畠覚造―思考の一端と川口の職人たち〉でご一緒して以来お世話になっています。
c0222139_17215651.jpg
そして鞍田崇さん(哲学者/明治大学准教授)。
近年では工芸を中心としたアートを「いとおしさ(インティマシー)」というキーワードで読み解く著書などを発表している方で、今回のトークテーマである「いとおしき「時間」たち」もそこから頂戴したものになっています。
c0222139_17223684.jpg


最初の話題は「闇」について。
本展の機軸となった《DARK BOX 2016 -地下からの闇》を制作したワークショップを振り返りつつ、「見えないものを可視化する」という姿勢についてお話くださった河口さんの話を起点に、《DARK BOX》の連作についてのお話。
初日のワークショップで真っ暗闇を一緒に体験した建畠さんからは、その時の身体の感覚が「まるで浮遊しているような」感じであったという感想が述べられました(ワークショップの様子は連載第4回目で!)。闇の中では何も見えない、いやしかし、闇が見えている、という感覚に気付いた、というのはそれに対する河口さんの返答。

人にとっては見えないけれど身体・精神を拘束している稀有なものとしての、闇。そして、同じ特徴が時間にも挙げられる、と河口さんは述べました。闇の中で認識したのは、自分の身体であり、その「時間」ではなかろうか、と。
自分が持っている時間は有限です。それは全く公平にそれぞれの人に存在している、と河口さんは述べました。だから自分の時間を振り返ることもしてみたい、他者の時間に触れることもしてみたい。

特に話が盛り上がったのは、《「陸と海」からの時相》という作品について。自身が45年も前に撮影した写真作品に、2016年の今、続きを鉛筆で描いていった作品ですが(作品についての簡単なご紹介は連載第2回目で!)、これをご覧になった鞍田さんはゲーテのある詩を思い出していたそうです。
そのエピソードは、自身が若い頃に訪れた山小屋の壁に書いた詩が、約50年経って同じ場所を訪れた際に、まだそこに残っていたのを発見し読み直した、というもの。
振り返るからこそ、見出せることがあります。そして、新しい意味を自身の手によって見出すこと…芸術家としての生き方が、造形としてそれを提示させるのかもしれません。

建畠さんは《陸と海》そのものも素晴らしい作品だ、と続けました。それを見出した作家についてはもちろん、作品が発表された展示〈人間と物質〉についても言及しました。
それを企画し成功させたは、河口さんを世界的作家に導いたとされる美術評論家の中原佑介さん。残念ながらお亡くなりになりましたが、美術評論家と作家の関係として、大変稀有な、あるいは理想的なつながりが2人にはあったといいます。
中原さんも今日来ているかもね、と言った河口さんは、プレッシャーを感じると言いながらも、どこか楽しそうな表情。晴れ晴れとした態度からは言葉をつくる評論家への尊敬の念さえも感じるようでした。
c0222139_9114593.jpg
終始和やかなムードでありながらも、芸術家としての生き方や表現・哲学の問題、言葉の大切さといった問題まで語られた今回のトークセッション。
まだまだ聞きたいと思える内容ばかりでしたが、大変早く感じる1時間半となりました。この記事でも全部は紹介しきれなかったなー!申し訳ありません。

建畠さん・鞍田さんの河口作品への視点は、ぜひ展覧会図録で。加えて、河口さんのエッセイも掲載されていますよ。会場でぜひご覧ください(図録のお話は連載第5回目で!)。

---
展覧会図録
特別価格:500円(税込)

編集:秋田美緒(川口市立アートギャラリー・アトリア)
翻訳:工藤亜由美
撮影:齋藤さだむ
   ※一部編集者撮影
デザイン:中新(Lallasoo Poopo Lab.)
印刷・製本:有限会社山北印刷所

※ご予約いただいているお客様への発送を完了しました!
 お手元にまだ届いていないよ、という方は申し訳ありません、お問い合わせくださいませ。

---

川口市立アートギャラリー・アトリア
開館10周年記念事業第2弾/平成28年秋の企画展
〈河口龍夫―時間の位置〉

時間は、現場に掘り起こされる。

2016年10月8日(土)~11月26日(土)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)

休館日:月曜日(ただし10月10日(祝)は開館、翌11日(火)は休館)
※10月12日(水)、11月1日(火)に展示替え予定

観覧料:300円(高校生以下無料)
※開館10周年記念リピーター割:当館ロゴの入っているチケットやチラシ(本展のものを除く)を受付でご提示いただいた方は半額(他の割引制度と併用不可)

---


c0222139_1556160.jpg

by atlia | 2016-11-11 09:54 | 企画展
川口市内の小中学校にアーティストやデザイナーを派遣し、特別な授業を行う[アーティスト・イン・スクール]。
今年度は[ひびけ!ひろがれ!音宇宙]と題し、パフォーマーの尾引浩志(通称:ビッキー)さんと辻小学校3年生の82名が活動中!全6回中4回目の様子をレポートします。

c0222139_19174276.jpg
この日は学校公開日。広くて開放的な多目的ホールに3年生全員が集まり、それぞれの家族に囲まれての賑やかな授業です。どんなことが起こるのか、期待半分、緊張半分な児童たち。

c0222139_15352376.jpg
前回制作した「音のしおり」の振り返りから活動がスタートしました。3 人1 組のグループで交換し、書かれている内容を試してみます。言葉や絵に表した自分の「音」は仲間に伝わるでしょうか。お互いに確かめ合い、分かりにくいところは相談しながら書き直し、より確かなガイドに向けて更新していきました。

c0222139_1921713.jpg
すると「次は音宇宙の合奏をしよう!」とビッキーさん。自分の「音のしおり」が楽譜だと言いますがリズムも音階もない多種多様な「音」をどうやって合わせるのでしょう?クラス別に3種類の「音」のグループに分かれて並ぶ児童たち。指揮者のビッキーさんが指を1本立てると小さな「音」、2本で中くらいの「音」、3本で大きな「音」のグループが奏でます。

c0222139_19213728.jpg
ビッキーさんの手が頭に載ったら独奏の合図。もう1人加わると味わい深い二重奏になります。1クラスずつ練習し、出番を待つ間も身振りを真似て要領を覚えていきました。耳の感覚を開き、身体を動かし続けることで気分も高揚していくみたい。

c0222139_19204195.jpg
そして本番!といきたいところですがその前に小休止。各クラス数人ずつが家族の書いた本人が読み上げる内容を、きき役に立候補してくれた人が試します。ぜひとも素敵な「音」を奏でてみせようと意気込む先生の熱いパフォーマンスに大盛り上がり。様子を見守っていた児童たちの小さな兄弟も参加してくださり、会場があたたかな雰囲気に包まれました。我も我もと他のクラスからも手が挙がります。友達の見つけた「音」がずっと気になっていたんですね。

c0222139_19214636.jpg
合奏の構成要素を確認したところでいよいよ本番。ビッキーさんの指揮に意識を集中しながら重なり合う「音」の変化を楽しみ、練習のときよりも抑揚豊かな印象の演奏です。調理器具の鋭い「音」がメインを飾るクラスもあれば文房具や自然物の柔らかな「音」が心地良いクラスもあり、奏者の一体感が増すごとにそれぞれの特色が際立つよう。

c0222139_15582630.jpg
息を合わせて一旦音量を下げたところから徐々に上げていき、迎えたフィナ―レでは盛大な「音」を奏でながら一同満面の笑顔!これまでの積み重ねと即興が相まった「音宇宙」のオーケストラを高らかに響き渡らせたのでした。

活動の成果の一部を家族に披露して、次回はついに学校での最後の活動。成果発表展を見据えて「音のしおり」を完成させます。

このプロジェクトに関する過去の記事はこちら
第11回アーティスト・イン・スクールNo.1 はじめまして!音宇宙の音ガイド
第11回アーティスト・イン・スクールNo.2 音宇宙を旅して発見 音のかけらひろい
第11回アーティスト・イン・スクールNo.3 音宇宙を案内する 音のしおり
c0222139_19524998.jpg

by atlia | 2016-11-08 19:04 | 学校×アトリア
川口市内の小中学校にアーティストやデザイナーを派遣し、特別な授業を行う[アーティスト・イン・スクール]。
今年度は[ひびけ!ひろがれ!音宇宙]と題し、パフォーマーの尾引浩志(通称:ビッキー)さんと辻小学校3年生の82名が活動中!全6回中3回目の様子をレポートします。

身のまわりから素敵な「音」を見つけ出し、その在りかやきき方を多くの人に伝える「音ガイド」を目指す授業。
前回までは身近な道具や場所から思い思いに「音」を探して記録することを活動の中心としてきましたが、今回は記録した内容を工夫して誰かに伝え、「音宇宙」に案内する第一歩を踏み出します。

c0222139_1429519.jpg
その前に耳の感覚を開く準備運動。何も道具を使わずに自分自身の身体から「音」を探り出してみようとビッキーさんが呼びかけました。まずはシンプルに手を叩いたり擦り合わせたり指を弾いたり。開いた口の間近で鳴らすとよく響きます。

c0222139_14295784.jpg
足を踏み鳴らすときは上履きを履いているのといないのとで「音」が違いますね。

c0222139_1430219.jpg
髪の毛からも「音」はきこえるでしょうか。思いつく限りのことを試しつつ微かな違いまできき分けるのがすっかり得意になった児童たち。
「両手の指を組んで手のひらの下の方を打ち鳴らす」
「舌を丸めて口の奥のほうを弾く」
「上下の歯を合わせてカチカチ鳴らす」
など、今回も多彩なアイディアが発表されました。

c0222139_1430840.jpg
身のまわりだけでなく自分の内側にも「音宇宙」を感じられたところでいよいよ授業の本題。これまで記録してきた「オトノオト」をもとに、素敵な「音」の在りかやききかたを伝える「音のしおり」を制作します。
「オトノオト」は発見したことを自分で覚えておくためのメモ。一方「音のしおり」は人に読んでもらう案内書。読み手のことを考えながら「音」をきくために必要なもの(音のかけら)やきき方の手順などを分かりやすくまとめます。

c0222139_14301497.jpg
これまでの発見が詰まった「オトノオト」。コピー用紙、調理器具、校庭にあるもの、自分の身体を起点に旅した「音宇宙」をそれぞれに振り返り、ぜひ人に紹介したいとっておきの「音」を選びました。

c0222139_14302086.jpg
そしてきき方の手順を説明しようと試みますが、これがなかなか難しい・・・!自分がその場に居なくても言いたいことが伝わるように書かなくてはならないのです。大事に保管しておいた「音のかけら」を取り出し、あるいは家庭科室から借りてきて何度も確かめる児童たち。読み手に分かってもらうのに必要な情報は?使うものの部位や細かな動作、「音」の微妙なニュアンスなどをどう表現したら良いだろう。ビッキーさんや先生と相談しながら懸命に取り組みます。

c0222139_14302578.jpg
それぞれの発想が深められ、まとめられた「音のしおり」。その内容はユーモラスだったりどこか哲学的だったり。精一杯尽くした言葉や絵に、伝えたい気持ちが溢れています。

c0222139_14303246.jpg
最後に数人が発表し、読み上げられた手順をビッキーさんが試してみました。素敵な「音」のきき方がイメージ通りに伝わり成果は上々。「音ガイド」に大きく一歩、近づけたに違いありません。

さて次回は学校公開の日。授業を参観する家族の前で「音のしおり」を紹介し、一緒に「音宇宙」を旅します。
授業は残すところあと3回。その様子を当blogで随時お伝えしていきます。今後の更新をお楽しみに!

このプロジェクトに関する過去の記事はこちら
第11回アーティスト・イン・スクールNo.1 はじめまして!音宇宙の音ガイド
第11回アーティスト・イン・スクールNo.2 音宇宙を旅して発見 音のかけらひろい
c0222139_2031311.jpg

by atlia | 2016-11-03 14:52 | 学校×アトリア