公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
10月26日(日)、開催中の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉に関連したワークショップ、[螺鈿で描くこころのかたち]を開催し、小学3年生~6年生の11名が参加しました。

c0222139_1083196.jpg

講師は本展出品者で蒔絵師の豊平翠香さん。蒔絵とは、器などに漆で文様を描き、固まらないうちに金粉などを蒔いて定着させる技法です。長い時間をかけて幾度も塗り重ねた漆の上に端正な蒔絵を施し、伝統の技法とともに独創的な表現にも取り組んでいます。
今回のワークショップでは漆器の装飾技法の一つである螺鈿で、こころのなかにある風景や、素敵だと思う形を描きました。螺鈿とは、アワビや夜光貝といった貝の内側の真珠層を削ったものを貼り付けていく技法です。今回は黒い石にアワビの貝を貼り、世界に一つだけの宝物になるような作品をつくりました。

c0222139_1521138.jpg

まずは好きな石を選びます。同じような黒い石でも大きさや色の濃さが違うし、傷にも味わいがあってどれも個性的!見ただけで「これがいい!」と決める参加者もいれば、じっくりと触り心地を確かめたり一度選んだ石を「やっぱり違う」と選び直したりする参加者も。

次に、石に蒔絵用の筆を使って漆を塗っていきます。漆は直接触れるとかぶれてしまうことがあるため、注意しながらの作業です。線や点で絵を描いたり、石全面に塗ったりなど、塗り方も様々ですね。
c0222139_15463360.jpg


そして、塗った漆の上に貝を、先を尖らせた割り箸で貼っていきます。貝は2~3mm程度の大きさですが、近くで見ると赤や緑に輝いています。貝は角度によって輝き方が違うので、一番輝いていて綺麗だと思う角度のまま貼っていくのがコツです。
c0222139_15273090.jpg


ここでもう1つ、螺鈿の技法を教えてもらいました。机の上に出ている物よりももっと細かい貝を、粉筒という道具を使って漆の上に蒔くという方法です。2種類の大きさの貝を使い分けることにより、作品の表情もグンと変わります。
c0222139_15431263.jpg


参加者はみんな真剣に黙々と作業をしていました。まるで石や貝とこころのなかで会話をしながらつくっているようですね。
c0222139_17225697.jpg


漆を乾かしている間に、企画展を鑑賞しました。豊平さんの展示室では、本人からもお話を聞きながらの鑑賞でした。ワークショップで使ったアワビの削る前のものも展示してあり、参加者は興味深そうに見ていました。漆の活用法を発見したのは実は蜂だったこと、貝の輝きは海を伝って届く太陽の光の色であることなど、たくさんのことをお話ししてくださいました。
c0222139_10323155.jpg


最後につくった作品の鑑賞会。どの作品も個性的で、キラキラと輝いていますね!
c0222139_1102633.jpg

猫や馬などの動物、花や太陽を描いている作品もあれば、貝を石全体に敷き詰めた作品もありました。石の形から絵のデザインを思いついたり、漆を塗ったところに貝を貼らずに敢えて残すといったアイディア満載の作品もありました。
c0222139_10583110.jpg


漆も貝も、何千年経っても風化せずに残り続けます。今回のワークショップは、日本が誇る素晴らしい文化を体験できる貴重な時間だったことでしょう。今回つくった作品が、参加者にとって一生の宝物になると嬉しいです。

c0222139_11484186.jpg

by atlia | 2014-10-29 10:09 | ワークショップ
10月19日(日)、開催中の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉に関連したアートウォッチングを実施しました。作品を体験し、アートを身近に楽しむ鑑賞プログラム。今回は匠が制作した筆や根付を手に取り、その感触を味わいながら感想や疑問などを話し合います。主に関東圏の美術施設で活躍している「視覚障害者とつくる美術館賞ワークショップ」のみなさんと協働して企画し、市内外から8名の参加者が集まりました。

c0222139_1994155.jpg

話し合うポイントは主に2つ。「見えること(作品の物理的な特徴)」と「見えないこと(作品から受けた印象やそこから考えたことなど)」を言葉にして鑑賞を深めていきます。
c0222139_1910539.jpg
まずは関芳次のコーナーで筆の鑑賞。日本画や水墨画を描くためのバリエーション豊かな筆が展示されています。中でも目を引くのは、いくつもの細い筆を連結させてつくられた連筆(れんぴつ)。
「どの方向に、どのように連なっていますか?」
「1本はどのくらいの太さ?長さも全部同じですか?」
視覚障害者から投げかけられる疑問は晴眼者の視点を具体的にし、作品を細部までよく見る手がかりとなります。
c0222139_19104747.jpg
1本ずつ異なる筆のつくりに注目するうち素材にも興味がわいてきました。ケースに並んだ何種類かの毛を比べてみると、タヌキの毛はふんわりと柔らかそうでシカの一種であるアカサンバは毛艶が無く硬い感じ。ウマの尻尾は毛の1本1本が太く、とりわけ丈夫そうです。
「そういえば、ウマは尻尾を鞭のようにして虫を払うよね」
と参加者の一人が思いぽろっと発言したことにも、一同納得!
c0222139_19111090.jpg
実際の触り心地はどうでしょうか。特別に用意された3種類の筆を、いよいよ手に取って確かめてみます。穂先に指で触れた瞬間、感嘆の声をあげる参加者たち。
「想像以上に柔らかい!」
「こっちはガサガサ。これでは絵の具を含まないし先がまとまらないのでは?」
と、感じたまま、思ったままを実況中継するかのように伝え合います。形も材質も異なる3種類の筆はいずれもぼかしの表現に使われますが、広範囲を柔らかくぼかす用途や荒く筆致を残しながら狭い範囲をぼかす用途などでつくり分けられています。筆のつくりの多様さとそこから生まれる表現との関係を実感することができました。
c0222139_19111832.jpg
次は齋藤美洲のコーナーで根付の鑑賞。写実的だけれどどこかユーモラスな動物たちのポーズや表情などに会話が弾みました。
「これは何の動物?」
「タヌキだと思うけれど腹が極端に丸く膨れているね。」
「しかもその部分だけツヤツヤしてる。これも実用に適った形の特徴なのでは?」
と、感触や使い方に思いを巡らす様子は目で作品を触っているかのよう。
c0222139_19133421.jpg
手に取る期待がより高まったところで2種類の根付が登場。梱包が解かれるなり参加者から歓声が上がります。
「すごいツルツル!」
「饅頭に似てるけどボコボコしてる。動物が丸まった形?」
「丸まるというよりうずくまった感じ。」
「回してみたら猫の顔が!ほらここに耳があって…」
と、形を探る視覚障害者の手に晴眼者の手が添えられる場面もあり、視点と感覚を分け合いながら作品をまさに「一緒に見る」形となりました。石や動物の牙に思えた素材が木の実だと知り再び驚きの声が上がります。
c0222139_1915347.jpg
巾着とその紐を締める緒締(おじめ)とセットにして実際に身に着けてみました。着物の帯の代わりにベルトに根付を通し、収まりのよい着け方を自然と探り出す参加者たち。ベルトの上にウマの足が乗ると跳走する姿がより生き生きと見えます。


最後にプログラムの感想を1人ずつ発表しました。
「表面的にしか見ることのできなかった作品の印象を、触った実感から確かめることができて嬉しかった。」
「用途と機能美を自分たちで発見することができ、根付とは何かをより理解できた。」
「初対面同士で楽しく作品を鑑賞し、貴重な交流の機会を得られた。」
と、参加者たちの言葉には活動の充実感が表れていました。自分の見たものをどう言葉で表現すればよいのか、初めは探り探りでしたが、作品を触った途端に緊張がほぐれ、賑やかに会話しだす様子が印象的でした。

日本人にとって馴染みの深いものでありながら、普段は展示台やアクリルに隔てられている匠の作品たち。優れた実用性を備えた作品の本質に皆で触れることができたのではないでしょうか。

c0222139_11233396.jpg

by atlia | 2014-10-22 11:25 | ワークショップ
川口市内の小・中学校の図工・美術の時間の中で、第一線で活動するアーティストやデザイナーが講師として授業を行う長期プログラム[アーティスト・イン・スクール]。
今年度は[補正作業 ―新しい「世界」のみつけ方]と題し、土屋貴哉さんと市立元郷中学校2年生が一緒に活動中!授業は9月中旬から11月中旬まで。
今回の授業の目的は、日頃「当然だよね」「ルールだから」と思いこんでしまっていることを見直し、自身の視点・視野や価値観を「補正」すること。
ルールから少し外れている状態を「変」と定義しそれらを発見する・制作することから、学校生活の中にも新しい世界を見出だし、より暮らしを豊かにする発想力・問題解決力を育てます。

今回のブログはレポート第2弾!2回分の授業をつかって行われた制作への下準備の様子をお伝えします。

前回までは「『変』を見つける」ことに一生懸命取り組んでいた生徒たち。
これからはもう一歩踏み込んで「『変』をつくる」に挑戦します!
さて、しかし、つくると言っても一体どうしたらよいものか。まずはきっかけを探さねばなりません。
そこで土屋さんは、学校の中を探検してみようと提案をしました。生徒たちに最も身近な場所を新しい視点でとらえようというのです。
他のクラスは授業中、静かに歩きながら学校の先生に制作可能なエリアを案内してもらいました。
c0222139_10582710.jpg
c0222139_10591823.jpg
渡り廊下の天井なんて気にしたこともなかったなぁ、意外にぼそぼそした材料でできているような感じだ。プールの脇も見たことなかったかも、人の名前がいっぱい書いてある立派な銅板があるね。
前回の宿題でもそうだったけれど、身近な場所ほどよく見ていないもの。制作場所を探すのももちろんですが、今まで見落としていたものにどんどん気がつくようになりました。
元郷中学校は市内でも歴史の古い学校。敷地も広く、どんどん建て増ししているようなつくりをしていて、面白いところがたくさんあるのです。
こういう「ちょっと妙なもの」に少し何か手を加えることで、もうばっちり「変」をつくることになりそう!

15分ほどかけて校内を探検した土屋さんと生徒たち。それでも足りないくらいの時間でしたが、美術室へと戻ります。
見つけた面白い場所を誰かに知ってもらうため、または何でもないように感じるものを「変」なものにするために、具体的な方法を土屋さんはスライドで例示します。
c0222139_17171575.jpg
それらは今回の授業では、「『変』のつくり方-11の基本」と定義されました。
「組み合わせる」「置きかえる」「変形する」「変質する(質感を変える)」「大量化」「真似る」「消す」「公表する(秘密のばくろ)」「直す」「名付ける」「間違える」、11の方法。すべて単純な動きです。
「組み合わせる」は2つ以上のものを積んだりくっつけたりするだけ。「大量化」は同じものをやたらと数を増やすだけ。「名付ける」に至っては、名もなきものにただ名前をつけるだけで良いのです。
c0222139_1116136.jpg
c0222139_11161570.jpg
さらに土屋さんは、実際に現代美術家の方々が発表している作品のいくつかを挙げ、その制作を分類します。
落ちていた陶磁器らしき破片から勝手に全体像を想像し粘土を足した、「直す」立体作品。ラジオ体操の音楽なのに動きが違う、「間違える」パフォーマンス。
もう「変」の意味を理解している生徒たち、作品例をみるたびに教室からは笑いや驚きの声がずっと大きく聞こえるようになりました。

翌週は「11の基本」を踏まえながら、実際に学校の中でどんな「変」をつくろうか作戦を考えます。
c0222139_1228755.jpg
おさらいと確認のため、生徒たちには「11の基本」と「3条例」が記されたプリントが渡されました。
「3条例」はこの授業では約束としたい、基本姿勢。
「日本国憲法および川口市立元郷中学校校則に抵触しない」「他人を傷つけない」「原則、原状復帰」。以上3つです。
制作はグループワーク、普段から美術の授業で一緒に活動している班で行うことに。班ごとにアイデアシートが配られ、それを元に話し合いを行いました。
c0222139_12374044.jpg
まずは、班員が既に発見している・思いついている「変」のアイデアを、とにかくどんなものでも出し合います。
さらにそれを膨らましたり、少し発想が停滞してきてしまった班は学校の中をさらに探検に。思いついたアイデアを確かめるようなパフォーマンス的動きもちらほら…。
c0222139_1244731.jpg
美術室に帰ってからは、頭を悩ませうなりながらも、アイデアシートに書き込みはじめる生徒たち。
今まで出たアイデアの中で最も気になる・面白そうなものを選びとり、実際の制作のイメージをアイデアスケッチとして描いていきます。
どこで何をみつけて、それをどんな風に動かすのか。それ以外に必要な材料は何か。
班ごとに1時間悩んだ結果、それぞれのアイデアシートが書きあがりました!

授業終了後、既にそのシートを見るだけでニヤニヤしてしまう土屋さん。たった1時間しかなかったのに、ここまでまとめた生徒たちの発想に驚いている様子。
良いところ、またはもう少し考えた方が良いところなどをチェックし、アドバイスとして書き込みました。
c0222139_1648535.jpg

c0222139_16481170.jpg

次の授業はこのシートを返すところから。班ごとに実際の制作に入り、さらににぎやかな授業になりそう!


この事業に関する過去の記事はこちら
学校の中で展開している授業の様子を随時お伝えしてまいります!更新をぜひお楽しみに。
No.0 授業がはじまりました
No.1 オリエンテーション&最初の宿題


c0222139_1651837.jpg

by atlia | 2014-10-17 17:21 | 学校×アトリア
10月12日(日)、開催中の〈川口の匠vol.4 麗のとき〉企画展関連イベント、アートさんぽ[染のみち-藍染の工房を訪ねる]を開催しました。川口市の染色の歴史を伝える匠の工房をバスで周りました。
講師は染め師の西耕三郎さん。染色を始めて70年経ちますが、留まることなく常に新しい技術などを日々考え、川口の芸術文化の発展に深く関わっています。
c0222139_943545.jpg

まずは予習を兼ねて展覧会を鑑賞。藍染師の田中昭夫さんのコーナーで、展示されている反物や道具などについて触れた後、いよいよ出発です。

最初の目的地は、川口市内にある工房「西染色工房」です。耕三郎さんに工房と息子である大三さんの工房の2棟を、2つのグループに分かれて見学しました。

c0222139_11275475.jpg

耕三郎さんの工房では、出刃ベラという道具の糊付けの実演を見学しました。糊付けとは、染める時に白く残したいところにもち米と米ぬかからつくられた小紋糊を塗る作業です。この糊は熱い藍甕の中でも溶けずに残るようにつくられています。また、糊などの材料は耕三郎さんも田中昭夫さんも使っているものは違うそうで、それぞれの好みや使いやすさでつくり方が分かれます。
c0222139_10373058.jpg

実演の後、染色に使う様々な型を見せてくださいました。江戸時代の型もあり、その種類は豊富!画像は格子柄の型。これは西耕三郎さんの手彫りなのです!そのため、ところどころ線が曲がっている箇所がありますが、それもまた良い味わいですね。
c0222139_11122168.jpg


大三さんの工房では染色体験。参加者自らが筆と耐水性の染色専用の型紙を使って染めていきます。
c0222139_11312882.jpg

初めは少しずつ、一つひとつ型をバラバラに使っていた参加者でしたが、慣れてくると上から色を重ねたり色の濃淡を変えるなど、様々な表現方法を編み出しました。普段はなかなかできない体験、自分の手によりカラフルに染められていく布を見て、「楽しい!」という声も聞こえてきました。

c0222139_13913.jpg

終了の時間が迫ると、もっとやりたいと名残惜しそうにする参加者も。自分で染めた作品をお土産にいただき、みなさん嬉しそうな笑顔で工房を後にしました。

次の目的地は、藍染師の田中昭夫さんの工房「紺定」。田中さんは天然の藍だけを使って染色する「正藍型染」を行っています。ここでは、田中さんの「長板中型」と藍染の実演を見学しました。

まずは「長板中型」の実演。「長板中型」とは、大紋と小紋の中間の大きさの模様を彫った型と長板を使って染色する技法です。今回見学したのは染める前の布の下処理です。馬と呼ばれる台の上に長板を乗せて行います。
c0222139_1401989.jpg

薄く糊を塗った長板を水で湿らせて布を張り、地張り木(じばりぎ)という道具で伸ばしていきます。田中さんは力を込めてしっかり貼り付けていました。その後、田中さんの工房の屋号を糊付けします。
c0222139_16391970.jpg


次に藍染の実演です。田中さんの工房には4つの藍甕があり、その中心には藍を温める穴が開いています。天然の藍は一定の温度を保たなければならず、冬は火を炊いて毎日温め続けます。
c0222139_14214314.jpg

藍に10分浸けたら10分引き上げる、という動きを6回を目安に繰り返します。それ以上行うと糊が溶けて、白いまま残そうとしたところも染まってしまうのです。
c0222139_14323214.jpg

藍甕から引き上げたばかりの染物は黒っぽい印象ですが、空気に触れて酸化することで藍の色が出てきます。天然の藍であるために含まれている不純物を洗い流すと、更に澄んだ色になります。

最後の目的地は江戸袋氷川神社です。この日は丁度秋の舞(本祭)が行われていました。普段はあまりじっくり見ることの少ない獅子舞を、この機会に見学しました。雌獅子、中獅子、雄獅子の3頭の獅子が拝殿の板の間を踏みならして舞うことから、「バッタバッタ獅子舞」とも呼ばれています。
c0222139_16592545.jpg

力強い舞に、参加者も見入っていました。

今回のアートさんぽでは、貴重な資料や目の前で行われる作業に目を奪われ、積極的に質問をする参加者が多く見られました。見るだけでなく体験を通して、川口の文化をより身近に感じることができたのではないでしょうか。
田中さんの工房の様子は、現在開催中の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉の会場内、映像コーナーでご覧いただけます。会期は11月16日(日)までです。みなさまのご来場、お待ちしております。

c0222139_1641185.jpg
by atlia | 2014-10-12 19:26 | 企画展
川口市内の小・中学校の図工・美術の時間の中で、第一線で活動するアーティストやデザイナーが講師として授業を行う長期プログラム[アーティスト・イン・スクール]。
今年度は[補正作業 ―新しい「世界」のみつけ方]と題し、土屋貴哉さんと市立元郷中学校2年生が一緒に活動中!授業は9月中旬から11月中旬まで!

今回は1回目のレポートとして、初日のオリエンテーション&翌週の宿題発表の様子をお伝えします。

まずはオリエンテーション。
土屋さんはスライド資料を用意し、自己紹介をしつつ、今回の授業の内容と目的を説明しました。
やはり生徒たちも最初は緊張気味。土屋さんの作品のスライドをみて、こっそり小声で「すごっ」「何これ」とささやきます。

c0222139_15221021.jpg
授業に関する内容になると、やがてクイズ形式に。
土屋さんはいくつかのスライドを見せ、「これはなんでしょう?」と聞いてみます。生徒たちの手も挙がり始めました。
ある生徒が「りんご!」、またある生徒が「切ったりんご?」と答えると、「どこからそう思った?」「なんで?」と質問返し。
あれ、当然りんごだと思ったのに。「かたちがそうだし…?」「実は梨とか?」など憶測が飛び交います。
でもやっぱり、色やかたちはりんご。写真ではあるにせよ、どう見たってりんごです。
そして土屋さんも「正解は…どっちも正解です!」あれ、やっぱりりんごなんじゃないか。

「人は『当然そうだ』と思って、物事を見ている」と土屋さん。だからそれを少し揺るがされると戸惑ってしまう。
世の中には「ルール」があります。それは法律や規則だったり、自然法則だったり、あるいは常識や思い込みだったり。
しかし、人それぞれの違いもありますよね。自分が知っているルールが「当然」だと思っていることで、人や国同士の対立だって起こるのです。
りんごの写真を「当然『りんご』だ」と思わない人だっているかも。あるいは、ここで答えをわざと間違えた方が面白いことが起こるかもと空気を読む人もいる。
ふむ、なるほど、そう言われれば。ちょっと難しいけれど、なんとなく納得顔の生徒たち。

c0222139_15222139.jpg
そして、土屋さんはその「ルール」について考えてみることがこの授業の目的だと説明します。
では、ルールがどんなものかなんとなくわかったこところで、それを考え直すにはどうしたら良いか?
それは、「ルールから少し外れている」を明るみに出す、ということ。この授業では、そういう物事を「変」と定義しました。
c0222139_15255295.jpg
そこで土屋さんは「変」とは具体的にどういうものか、もう少し説明を加えます。
土屋さんの作品も、ある意味では「変」を意図的に作り出したものです。普段は上下・左右を動かすために2本だけ画面に存在するパソコンのスクロールバーが無限にあり、しかも勝手に動くもの。消しゴムを鉛筆で綺麗に塗りつぶし、その機能を逆転・消滅させたもの。
そうか、最初に感じた「違和感」は「変」だったからか。生徒たちの頭の中も整理されてきました。
c0222139_15265416.jpg
街の中にも「変」は少しずつ存在します。土屋さんが紹介したのは、出入口のないバルコニー、半分になった便器、などなど。
意図的か?トラブルか?ちょっといつもの「ルール」からはみ出すだけで、こんなにも人々の想像力を掻き立てるとは思いもよりませんでした。
しかも、これらはいつもなら見落としがち。それこそ「当然」のように街中に存在しているのです。

そこで、初日の宿題は「自分の身近なところに『変』を見つけてくること」。生徒たちにはレポート用紙が配られました。
いつもの生活エリアを見直して「変」を見つけてみることで、まずは細かな物事に目を配る姿勢を身につけようというのです。


翌週は、その宿題を発表する時間。
生徒たちはレポート用紙にそれぞれ見つけてきた「変」をまとめ、イラストや写真をつけたものを一人ひとり前に出て報告しました。
c0222139_15464326.jpg
c0222139_15503642.jpg

報告に挙がったのは、むやみに高い場所に設置されたドア、本物のトケイソウよりそれらしくまさに時計に草がついたデザインの壁掛け時計、キャラクターのような顔のかたちに刈り込まれた植木など。
見つけた場所はどこか、何をきっかけに見つけたのか。土屋さんも積極的に質問します。
家の中、近所の公園、ちょっと離れた駅前、昔の旅行の記憶。それぞれの経験の中に「変」が見つけられました。
聞いている人たちも、ただ聞いているだけではありません。その「変」がどんな印象のものか、分析シートに書き込んでいきます。
日常の中には思ったより「変」が存在していること、実感としてよくわかった様子。そして、それらは色々な個性を持っていることも見えてきました。

「変」を見つける体験をしたことで、お話を聞くよりもっと深く「変」を理解しつつある生徒たち。
次回からは、見つけるだけでなく、実際に自分たちで「『変』をつくる」ことに挑戦します!


この事業に関する過去の記事はこちら
No.0 授業がはじまりました

c0222139_1518575.jpg

by atlia | 2014-10-11 18:48 | 学校×アトリア
本日より秋の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉がオープンしました。

c0222139_17115021.jpg


ものづくりの街・川口に工房を構え制作・活動している匠たちに着目する展覧会シリーズ〈川口の匠〉。
第4回目の本展は齋藤美洲・関芳次・田中昭夫・豊平翠香の4人の匠それぞれの理想を極めた作品と、制作に欠かせない道具を展示しています。
はっとするような美しさが秘められた作品と匠の仕事を支える道具、そのほか緊張感あふれる制作の様子を映像でお楽しみ頂けます。
多くの方が足を止め、匠の息をのむ手仕事に見入っていらっしゃいました。

ゆったりとした時間の流れるアトリアで秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。
みなさまのご来場をお待ちしております。
c0222139_17352961.jpg

by atlia | 2014-10-04 18:39 | 企画展