公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
展示入れ替えに伴い、アトリアは臨時休館をいただきます。
休館:9月29日(月)~10月3日(金)

次回展オープンまで少々お待ち頂きたく思います。
10月4日(土)より秋の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉を開催致します。
c0222139_14275446.jpg

ものづくりの街・川口に工房を構え制作・活動している匠たちに着目する展覧会シリーズ〈川口の匠〉。第4回となる本展は「麗(うるわし)のとき」をテーマに、長い時間を丹念に刻んで作品をつくる匠たちを紹介します。
4人の匠それぞれの理想を極めた作品とその制作過程の展示から、ものづくりに注がれる技と飽くなき探究心、素材の性質に呼吸を合わせるようにして刻まれていく、奥深く豊かな時間を映し出し、地域に受け継がれていく文化の重要性と可能性を探ります。

----
秋の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉
10月4日(土)~11月16日(日)
10:00~18:00 土曜は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:無料
月曜休館(10月13日・11月3日[祝月]開館、10月14日・11月4日[火]休館)
----


企画展の詳しい情報については、アトリアweb内「企画展のご案内」もぜひご覧ください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

c0222139_1436116.jpg

by atlia | 2014-09-28 14:33 | お知らせ
夕暮れも早くなり、すっかり秋のこの頃。
毎年開催している[アーティスト・イン・スクール]の季節がやってきました!

この[アーティスト・イン・スクール]は、川口市内の小・中学校の図工・美術の時間の中で、第一線で活動するアーティストやデザイナーが講師として授業を行う長期プログラム。
2006年度より児童・生徒が講師とともに活動する中で創造力・想像力・コミュニケーション力を育むことを目的として川口市教育委員会が実施、アトリアスタッフはそのコーディネイターを務めます。
1~2カ月かけて継続的な授業を行うことでより充実した内容を目指すだけでなく、その成果をアトリアでも発表する「特別な授業」は学校・美術教育の中でもちょっと珍しい試み。
毎年1校、1つの学年を対象として行っているこのプログラムも、今年で第9回目をむかえました!

今回は[補正作業-新しい「世界」のみつけ方]と題し、
9月中旬~11月中旬まで約2カ月、現代美術家:土屋貴哉さんが市立元郷中学校2年生と一緒に活動中!先日から授業がはじまりました。
毎週の美術の時間で、日常にある「変」なものごとを見つけることから生活を見直す視点を発見する表現に挑戦しています。
「それって当たり前だよね」と思っている常識や思い込みを問い直すことは自身の視野をひろげる「補正作業」。
学校生活の中から今まで見失っていたかもしれない「新しい世界」を見出す、考える力をより豊かに捉える試みです。
c0222139_1042391.jpg


このブログではなかなか見えない学校の中で行われている授業の様子を、
段階をおって少しずつみなさまにお伝えしていきます!
学校に新しい風を吹き込むアーティストの発想と、今までにない体験の中での生徒たちや先生方の試行錯誤。
アトリアスタッフもその過程の中で、ともに成長しながらがんばります。更新をぜひお楽しみに。

c0222139_10720100.jpg

by atlia | 2014-09-26 15:25 | 学校×アトリア
10月4日(土)よりスタートする秋の企画展〈川口の匠vol.4 麗のとき〉の関連イベント「アートウォッチング」の参加者を募集しています。

c0222139_1245648.jpg



〈川口の匠vol.4 麗のとき〉 アートウォッチング

内容/作品を体験し、アートを身近に楽しむことができる鑑賞プログラム。今回は、視覚に障害のある方とない方が一緒にプログラムを楽しみます。匠が制作した筆や根付を実際に手に取り、そのかたちや質感を味わいながら感想や疑問などを話し合います。

日 時/10月19日(日)13:30~15:00
対 象/小学生~一般
定 員/15人
参加費/無料
案 内/アトリアスタッフ
協 力/視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
申込方法/お電話(048-253-0222)にてお問い合わせいただくか、当館窓口にて直接お申込みください。
申込締切/10月13日(月・祝)
※視覚に障害のある方へ…ご希望の方は川口駅からアトリアまで徒歩にてご案内いたしますので、お申込みの際にお知らせください。

-------------------------------

たくさんのみなさまのご応募をお待ちしております。

c0222139_935102.jpg

by atlia | 2014-09-25 09:35 | お知らせ

9月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)で、たのしい実技講座[和竿師に学ぶ竹釣竿づくり]を開催しました。
講師は和竿師の山野正幸さん。江戸時代から続く川口市の伝統産業である竹釣竿を、山野さんから手順やポイントを学びながら、4日間で制作しました。
c0222139_11242965.jpg

今回つくるのは、長さ6尺(約180cm)の2本並継ぎの竹釣竿です。つくった竹釣竿は、実際に海の船釣りで使用することができます。

1日目(9月6日)最初の作業は節みがきです。表面の汚れやデコボコをヤスリ磨きます。こうすることで、後ほど塗る漆の乗りが良くなります。
次に、竹釣竿づくりの肝となるすげ口づくり(差し込み口のメス部分)です。形が歪だと、負荷がかかって壊れやすくなるため、形をきれい丸く整えます。竹の断面はきれいな丸ではなく、Dの形をしているので、さびという小さな竹でへこんでいるところを整えます。
c0222139_14275294.jpg

次に糸巻きです。筒の中を削るため、薄くなるところを補強するための作業です。すげ口の二か所に糸を巻きます。糸が重ならないように、かつ間が空かないように巻くのがこの作業の難しいところ。うまく巻けず、苦戦している参加者が多く見られました。
c0222139_1822113.jpg


2日目(9月7日)の作業はすげ込みづくり(差し込み口のオスの部分)からです。折れの原因となるので、段差なく均等に仕上げます。
次に仮継ぎを行います。すげ口を削り、仮に継いで様子を見ます。栁葉キリという道具で、山野さんが行いました。継ぎ方にもルールがあります。竹の芽(枝が生えていたところ)を互い違いにするように継ぐのです。竹が生えている本来の姿のように継ぐことにより、自然なしなりが生まれてくるのです。

実際に継いでみると、一気に釣竿らしくなってきました。
次に中矯めです。矯め木を使い、竹をくるくる温めながら竹をまっすぐにしていきます。竹の太さに合わせて、矯め木も変えるそうです。
c0222139_1719619.jpg

竹をじっくり見ながら、細かな曲がりをまっすぐに直していきます。
2日目最後の作業は漆塗りです。竿全体に刷毛で漆を塗ります。黄土色だった竹が漆により艶やかな薄茶色なりました。漆を塗ることで見た目を美しくすることと共に、竹を保護できるのです。
c0222139_186972.jpg

3日目(9月13日)も細かい作業です。まずはガイド付け。穂先から付けていきますが、どこに付けても良いわけではありません。芽を横にした位置で、その上にガイドがくるように糸で付けます。ガイドは小さいものは3mmくらいの小ささ!振動で付けたガイドが落ちてしまうこともあるので、しっかり固定します。
c0222139_15495830.jpg

とても細かい作業ですが、1日目の糸巻きで慣れてたのでしょうか、皆さんするすると巻いていました。
次にリールシート付け。シートは手元の下から握りこぶし3つ分上のところに付けます。
次に尻手ロープ付け。船からの竿の落下防止用のロープを、手元の下から握りこぶし1つ分のところに付けます。

最終日の4日目(9月14日)は、いよいよ仕上げの作業です。まずは山野さんが行う上矯め。コンロで温めながら、矯め木で竹をまっすぐに仕上げます。
次に、収納する時にすげ口を保護するための口栓(キャップ)をつくります。
c0222139_15384561.jpg

そして最後の作業、ガイド、シート、尻手ロープ、竿底に漆塗りです。通常は糸を巻いたところを補強するために塗りますが、参加者は自分の思い思いに塗っていました。それぞれの個性が一番出る作業でした。
c0222139_15192958.jpg


今回の実技講座の醍醐味は、つくることと使うこと、2つの楽しみ方があることです。自分でつくった釣竿で釣った魚の味は格別でしょう。今回の講座をきっかけに、伝統産業を身近に感じていただけたら幸いです。
c0222139_18104714.jpg
by atlia | 2014-09-15 11:36 | 鑑賞講座・実技講座
8月31日(日)をもちまして、夏の企画展〈アーティスト・ラボ 「つくられる」の実験〉は終了いたしました。
公開制作やワークショップなどなど、制作に触れられる数々のイベントを通して、より身近に作品が生まれる「現場」を体感していただいた今回の企画。夏休みにぴったりの賑やかな空間になりました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!
この企画展のレポートは「アトリアニュース9.10月号」のスタッフコラムに掲載しております。
今月初旬より、市内施設をはじめ様々なところに配達して参ります。
今月号は紫の表紙が目印!どうぞお手にとってご覧ください。
c0222139_11493889.jpg


また今月は貸しギャラリー利用の皆さまの展示が続きます。
1週間ごとに展示が変わりますので、ぜひ何度でも足をお運びくださいませ。

9月4日(木)~5日(金) 初日13:00~
こどもの枕草子~文化体験・アートと音読~

9月12日(金)~15日(月・祝)最終日~16:00
ミラクル流星群2014 いくつもの形となって
9月13日(土)~15日(月・祝)最終日~15:00
上青木公民館陶芸クラブ展 創立20周年陶芸展

9月17日(水)~21日(日) 初日13:00~/最終日~16:00
トリエンナーレまくらざき出品作品展

9月23日(火・祝)~28日(日) 初日13:00~/最終日~16:00
李賢玉2014展
9月23日(火・祝)~28日(日) 初日13:00~/最終日~16:00
見沼の見! -古今東西-
9月23日(火・祝)~28日(日) 初日14:00~/最終日~17:00
第25回 川口市工芸展

c0222139_11573780.jpg

by atlia | 2014-09-02 10:21 | お知らせ