公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
7月27日(日)、開催中の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉関連アートウォッチング江川純太編[絵が「絵」になるとき]を開催し、一般3名が参加しました。

江川さんは本展にて、他の誰かと一緒に画面上で「対話」しながら描いた作品を出品しています。今回はその「対話」を追体験するために、画面上に置かれた絵具の色・質感・かたちなどをよく見て、それらに反応を返すように絵を描きました。

c0222139_2174086.jpg

用意されたのは、大きな正方形のキャンバスと油絵用の筆・刷毛・ヘラ、そしてケース一杯の絵具。参加者はその中から、直観を頼りに5種類の絵具と1つの道具選びました。
実は、これらの画材は普段江川さんがアトリエで使用しているもの。アーティストと同じ道具をつかって制作ができる貴重な経験です。

c0222139_1910306.jpg

絵具と道具を決めたら、さっそく制作スタートです。一人ずつ順番に、自分が「これで良い」と思うまで手を動かした後、次の参加者と交代します。
最初の参加者が手にしたのは水色の絵具とヘラ。力を入れて絵具をこすりつけると、キャンバスの麻布が押しつけられて木枠のかたちが十字に浮かび上がりました。

c0222139_1881490.jpg

すると二番手・三番手の参加者も十字型に影響されるかのように、刷毛とヘラで絵具をまっすぐ伸ばしました。
それを見た参加者は、一手目で描かれた部分を拭きとったり、布に絵具を絞り出して画面に押しあてたりと、これまでの流れを変えるかのように大胆な描き方に。最後の三手目ではさらにからだ全体をつかってダイナミックに描き、全員がまるでパフォーマンスアーティストのようでした。

c0222139_19104747.jpg

描き終えた作品を前に、参加者は「とにかく無心だった」とつぶやきます。しかし画面の配色や線の動き、余白部分を見ると、無意識のうちに他の参加者が描いた部分を意識し、画面と「対話」をしながら手を加えていったことが分かります。

c0222139_19105680.jpg

最後は江川さんの展示空間で、作品を見て感じたことや気になったことを率直に話し合いました。
「明るい色が多いのに、どこか寂しげな雰囲気。」
「キレイだけど、心をえぐってくる感じ。キレイだけじゃない。」
「自分たちが描いたものと比べると、画面上の点の色合いがバランス良い。知的な感じ」
と、江川さんの出品作についての意見があがる一方、自分たちの制作過程について、
「点を描いた理由は、他の参加者がナイフを使っていたから。画面に点々が欲しいと思った。」
「自分の意思ではなく、その時々の過程によって、表現の仕方を考えて描いた」
「前に描かれたものによって、自分が動かされているようだった。」
とのコメントもありました。

参加者は江川さんの制作過程に触れることで作品を深く味わい、江川さんの作品を見つめることによって「画面との対話」について実感を得ることができたようです。

今回制作した作品は、7月29日(火)に江川さんが公開制作にて加筆した後、ホワイエに展示されます。どんな仕上がりになったか、参加者と江川さんのコラボレーション作品にどうぞご期待ください。

c0222139_1915178.jpg
by atlia | 2014-07-31 17:17 | 企画展
7月26日(土)、開催中の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉関連ワークショップ[となりの色+じぶんの色=みんなの絵]を開催しました。
小学1年~6年までの18名が参加しました。


c0222139_20271967.jpg

講師は出品者の江川純太さん。今回のワークショップでは江川さんの制作を追体験し「自分が描きたい絵」ではなく「画面と対話しながら描く絵」を体感するため、みんなで交代しながら絵を描きました。


c0222139_2053314.jpg

まず作業の前にクジを引き、使用する道具と絵具の色を決めます。手渡されたのは積み木・お玉・サンダルなど意外なものばかりで、どうやって描けば良いのか戸惑ってしまう参加者も。しかし紙に試し書きしているうちにスタンプのように模様をつける・ヘラのように絵の具を伸ばすなどのつかい方を見つけ、一つの道具で様々な表現ができるようになりました。

c0222139_2112041.jpg

いよいよ本番です。黒い枠が描かれたキャンバスが全員の前に並び、江川さんの合図とともに一斉に描き始めました。しかし、2分経ったところですぐに「手を止めてください。」の合図が。まだ描き足りない様子の参加者も見られましたが、ここからが今回のワークショップの醍醐味です。
次は他の参加者が描いたキャンバスの前に移動し、再び同じ道具をつかって描きます。今度は既に乾いていない絵具がたっぷりと乗っているため、自分の思い通りの色・かたちを表現することができません。参加者はどのように描くか迷いつつも手を進め、絵具が混ざらないよう空いている部分に色を乗せる・思い切って2つの色をキャンバス上で混ぜ合わるなと、様々な方法で画面と向き合いました。

c0222139_2113356.jpg

こうして先に描かれた色・かたちに着目しながら2回3回とキャンバスを交代していき、最後にはそれぞれが初めに描いたキャンバスに戻って仕上げの一手を加えました。自分が描いた色やかたちがすっかり変化し、目を丸くする参加者も。

c0222139_22384673.jpg

自分の描いたものと他の参加者が描いたものが混ざり合うことによって、予測不可能に変化しながら完成した18枚の「みんなの絵」。
今回の制作した作品は江川さんが手を加えた後タイトルをつけ、会期中展示空間に展示されます。
どんな作品になったのか、ぜひアトリアで完成作品をご覧ください。


c0222139_22322157.jpg
by atlia | 2014-07-31 15:17 | ワークショップ
現在、夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉関連ワークショップ[てんてんボディ・ペインティング]の追加募集を行っています。

c0222139_1021737.jpg


[てんてんボディ・ペインティング]
自分の足を細部までよく観察し、そこから思い浮かんだイメージを「てんてん」で紡ぐようにして体に描きます。普段じっくり見ることのない自分の体に目を向け、その個性や特徴を愛しみながら、オリジナルのボディ・ペインティングを施します。
c0222139_1726786.jpg


******************************************************
日 時:8月9日(土)13:30~15:30
対 象:小学4年~6年生
定 員:15名
講 師:知念ありさ(出品作家)
参加費:500円

【申込方法】
窓口にて直接お申込みいただくか、お電話にてお問い合わせください。
048-253-0222

*******************************************************

c0222139_9315463.jpg
by atlia | 2014-07-29 10:56 | お知らせ
19日(土)より、夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉がオープンしました!

夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉
気鋭のアーティスト江川純太・知念ありさ・谷本真理・安西 剛が来場者のみなさまに作品を「つくられる」ことで、展示空間が日々変化していきます。

c0222139_13295921.jpg

会期中はみなさまにご参加いただけるイベントが盛りだくさん!
本日20日(日)午後より、江川純太氏がアトリアにやってきて公開制作を行います。アーティストが画面と対話しながら手を加え作品が変化していく様子を、是非目の前でご覧ください。

また、谷本真理氏の布団や粘土をつかった作品に触れるイベントを本日20日(日)と明日21日(月・祝)の開館中随時開催します!作品につかわれている素材の感触を楽しみながら、アーティスト気分を味わってみてください。
c0222139_1215515.jpg


会期中はみなさまに楽しんでいただけるイベントを多数開催いたします。暑い夏休みをアトリアで過ごし,
アートを身近に感じてみませんか?
たくさんのみなさまのご来場、お待ちしております。

c0222139_1331311.jpg
by atlia | 2014-07-20 11:27
夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉、7月19日(土)よりオープン!

今回の出品者は、江川純太さん・谷本真理さん・知念ありささん・安西剛さん。展覧会の前に、4名の活動をちょっとだけご紹介いたします。

------------

最後に紹介するのは、谷本真理(たにもと・まり)さん。
1986年兵庫県生まれ、2012年に京都市立芸術大学大学院の彫刻専攻を修了されました。


c0222139_20213091.jpg

《あたらしい遊び》2011年

谷本さんの作品を一見すると、粘土や木材などがあちこちに散らかった部屋、というように見えるかもしれません。空間に配置されたものの形は曖昧で、何かをつくろうとしたのか、それとも何もつくろうとしていないのか、それすらハッキリとは分からない印象を受けます。
実は、彼女が制作する上での関心事は、何かをつくることよりも素材の「感触」そのものにあります。

c0222139_19251820.jpg

《「投げる部屋」の実験》2009年

透明テープにトイレットペーパーやビニール袋がひっかかったインスタレーション。意図的に構成したのではなく、無作為にものを放り投げることによって生まれた作品です。ものが空中で静止している様子は普段見慣れない面白さがあり、見ている側にも谷本さんの楽しい気持ちが伝わってくるようです。

c0222139_20223329.jpg

《遠くのおさわり》2011年

「感触」を大切にしている谷本さんにとって、制作する際の感触が「心地よい」ことと、外見上のかたちが「心地よい」こととは、そう遠くない関係のようです。


c0222139_2010530.jpg

《うさぎのねどこ》パフォーマンス(2012年)

今回谷本さんは、アトリアに来た皆さんにも作品の「感触」を味わっていただけるよう、展示作品に触れることができる機会を設けます。
展示作品に触れ、形を変えることのできる貴重な体験を、どうぞお楽しみください。


〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉は間もなく7月19日(土)から!皆さまぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

------------
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉
7月19日(土)~8月31日(日)
10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
 
■谷本真理 作品 参加可能日
7月19日(土)・20日(日)・21日(月祝)
8月12日(火)・13日(水)、26日(火)・27日(水)
粘土や布団をつかった展示作品に触れ、形を変えることができます。

------------

c0222139_13344427.jpg
by atlia | 2014-07-17 16:01 | お知らせ
夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉、7月19日(土)よりオープン!

今回の出品者は、江川純太さん・谷本真理さん・知念ありささん・安西剛さん。展覧会前に、4名の活動をちょっとだけご紹介いたします。

------------

今回紹介するのは、知念ありさ(ちねん・ありさ)さん。
1987年神奈川県生まれ、ロンドンにあるChelsea College of Art and Designを卒業後帰国し、現在は東京芸術大学の先端表現学科博士課程に在籍されています。
これまで展覧会はもちろん、地域のアートプロジェクトでワークショップを開催するなど積極的に活動してきました。


c0222139_18554776.jpg

《Scale》部分、2013年
知念さんの作品をよく目を凝らして見ると、全て微細な「点」で描かれていることが分かります。
描かれているのは、日常で見かけた「些細(繊細)なもの」から着想を得て展開していったイメージだそうです。無数の点で描かれたドローイングは、思い描いたイメージを丁寧に紡ぎ取っているかのよう。

c0222139_18543452.jpg

《Scale》2013年
作品に多く用いられる青色は、過去にツバルを訪れたときに目にした空の色をイメージしています。ツバルは環境の変化によって海に沈んでしまう恐れがあると言われる島国。身の回りにある「意識しなければ気づかない些細なもの」を取りあげて制作する知念さんにとって、ツバルの空の青は、消えてしまうかもしれない儚さがありながらも絶対的な存在感を併せ持った色として映ったようです。

c0222139_18565945.jpg

《Tonegawa Dive》2012年

作品の点々を描くための画材には、絵具やペンだけでなく、ラインストーンや文房具のシールが使われることも。身近な素材が、作品の中では繊細な印象に変化することに驚かされます。

c0222139_18581765.jpg


身の回りの些細なものを見つめ、そこから生まれたイメージを点々で描く知念さん。
今回は、ワークショップ参加者が「自分の足」をテーマにしてつくった作品と、展示作品がコラボレーションします!
「てんてん」で埋め尽くされた空間を、ぜひ見に来てくださいね。


〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉は7月19日(土)から!皆さまぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

------------
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉
7月19日(土)~8月31日(日)
10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
 
■知念ありさ 公開制作
8月15日(金)午後  ※終了時間は未定です。
ワークショップ参加者がつくった作品を展示に取り入れ、空間が変化していく様子をお見せします。

------------

c0222139_2145139.jpg
by atlia | 2014-07-11 15:22 | 企画展
夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉、7月19日(土)よりオープン!

今回の出品者は、江川純太さん・谷本真理さん・知念ありささん・安西剛さん。展覧会が始まる前に、4名の活動をちょっとだけご紹介いたします。

------------
今回ご紹介するのは、安西剛(あんざい・つよし)さん。
安西さんは1987年東京生まれ、2011年に東京藝術大学大学院のメディア映像専攻を修了された後、国内外で作品を発表してきました。


c0222139_16465376.jpg

《Leaving my machines with machine-sitters》(The National Art Studio Changdong/ソウル、2013年)

安西さんの作品には、不思議でカラフルな「きかい」が登場します。
プラスチック製品や掃除道具に調理器具など、身の回りでよく見かける日用品。それらが紐やビニールテープで組み合せられ、小型のモーターによってガチャガチャと音を立てながら動いています。

c0222139_1659207.jpg

《Leaving my machines with machine-sitters》部分

それ自体に何の用途もなく、まるで子どもの工作のように見える「きかい」。
しかし見ているうちに、何だか水撒きのための道具に見えたり、坂を登ろうとしている動物のようにも見えてきます。
意味を持たないものだからこそ、見る人が「きかい」に対して自由に意味付けができるのです。

c0222139_17112327.jpg

《Somewhere In the Ballpark》(川崎市市民ミュージアム、2013年)

こちらは今回のチラシのメインイメージにもなっている映像作品。
「現在の文明が一度滅んだ後の世界」という設定のもと、2人の未来人が現代の日用品を発掘し、その使用法と名前を考えていきます。未来に生きる2人にとって現代の日用品はどれも物珍しく、現代の私たちからするととんでもない使い方がどんどん発案され…。
同じ人間であっても「モノに対する考え方のズレ」が生じることに気づかされる作品です。

c0222139_1795878.jpg

アトリアサポートスタッフとの制作実験の様子(2014年6月)

見慣れた日用品によって、人とモノの間の意識のズレや意味の転換などを表出させる安西さん。
今回は、アトリアに来た皆さんがその場で「不思議なきかい」づくりにチャレンジできる機会を設けます。アトリアのサポートスタッフと一緒に行った制作実験では、普段意識していなかった「ものの考え方」についてハッとさせられる場面が見られました。
不思議な感覚を呼び起こす「きかい」に、ぜひ会いにいらしてくださいね。



〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉は7月19日(土)から!皆さまぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

------------
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉
7月19日(土)~8月31日(日)
10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
 
■安西剛作品 参加可能日……会期中 毎週木曜午後
アトリアに来た皆さんがその場で作品にづくりに参加できます。また、安西さんも展示会場で作品づくりを行います。

------------
c0222139_21455264.jpg
by atlia | 2014-07-08 12:02 | 企画展
7月19日(土)よりスタートする企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉の関連イベント「アートウォッチング」の参加者を募集しています。


【アートウォッチングとは?】
作品に込められたメッセージや意図を探り、参加者自らが鑑賞のポイントを見つけるプログラム。
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉では、出品作家4人それぞれの制作行為の一部に触れた後、展示作品をじっくり見つめながら自由に意見を話し合います。

対象/中学生以上(一般の方も大歓迎!)
定員/各回15人
参加費/無料(観覧料別途)
開催時間/各日14:00~1時間程度

-------------------------------

c0222139_951255.jpg

■7月27日(日) 江川純太編 [絵が「絵」になるとき]
160cm四方の大きなキャンバスに、参加者全員で交代しながら少しずつ絵具を乗せていきます。使用するのは筆ではなく、お玉や歯ブラシなど意外なもの。「上手に」描くのではなく、キャンバスに一手加えるごとに積み重なっていく色や絵具の質感を感じながら「絵」ができあがっていく過程を体感します。


c0222139_10491247.jpg

■8月3日(日) 安西 剛編 [不思議なきかいとの向き合い方]
アーティストが作成した指示書に基づいて、参加者一人ひとりが「きかい」をつくります。用意されたプラスチック製品とモーターをテープで組み立てていくと…。脆くて用途の分からない「きかい」と真剣に向き合う不思議な時間を過ごします。


c0222139_1050562.jpg

《Scale》2013年

■8月10日(日) 知念ありさ編 [身近なものを見つめてみよう]
身の回りにある些細なものを、ルーペをつかってじっくり観察します。いつも見ているはずの日用雑貨や自分の身体の中に、規則的な模様や微妙な色の違いなど意外な面白さを発見できるかも。


c0222139_1050224.jpg

《うさぎのねどこ》パフォーマンス、2012年

■8月23日(土) 谷本真理編 [さわり心地をさがそう]
何故かずっと触っていたくなるものはありますか?柔らかさ、手触り、かたち、大きさ、弾力…1つのものの中でも、触れる箇所や触る方法によって異なる感触が得られます。いろいろなものをさわって、参加者が「心地よい」と思う感触を探します。

-------------------------------
上記4つのプログラムは全て、出品作家4名の制作方法や作品のアイデアのもとになっている行為を体験することができます。日常では味わえないユニークな時間を過ごし、展示作品に新たな面白さを見つけてみませんか?


各アートウォッチングの詳細と応募方法はアトリアホームページの「ワークショップ・講座」ページをご確認ください。
http://www.atlia.jp/ws_lecture/
たくさんの皆さまのご応募をお待ちしております。

c0222139_17485422.jpg
by atlia | 2014-07-03 17:57 | お知らせ
夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉、7月19日(土)よりオープン!

若手アーティスト4名が展示・イベント・ワークショップを通して、新しい実験に挑戦します。それは、アトリアに来た皆さんに作品を「つくられる」こと。
普段はアーティストが自分自身でつくっている作品に、他の誰かの手が加わったら、一体どんな変化が起こるのでしょうか。予測不可能な作品展開に期待です!

今回そんな「実験」に挑戦するのは、江川純太さん・谷本真理さん・知念ありささん・安西剛さん。展覧会が始まる前に、4名の活動をちょっとだけご紹介いたします。

------------
まずは江川純太(えがわ・じゅんた)さん。
江川さんは1978年神奈川県生まれ、2003年に多摩美術大学の絵画学科日本画専攻を卒業された後、横須賀市のアトリエにて制作活動を続けてきました。

c0222139_15464336.jpg

〈第3回新鋭作家展〉二次審査作品公開の様子、2011年 (※画像右側)

個展やグループ展など精力的に作品を発表している江川さん。
2011年にはアトリアの〈新鋭作家展〉で入賞され、スタジオにてプレゼンテーション展示を行いました。


c0222139_15473665.jpg

〈あなたは見ている。僕は何処か遠くのことを考えていた。〉(トーキョーワンダーサイト本郷)公開制作の様子、2013年

また2013年には、作品が完成に向けて変化していく様子を知ってもらうための取り組みとして、個展での公開制作に挑戦しました。

c0222139_19335614.jpg

《僕がいて、彼がいて、あなたがいる》2013年

こちらは今回のチラシのメインイメージにもなっている作品。
イエロー・グレーのストライプ地のキャンバス全体にいくつもの色彩が散りばめられ、揺らめくように広がっています。実はこの印象的なストライプ地は、もともと江川さんが描いたものではなかったそうです。
新しい表現を模索する中で、実験的に知人が描いたストライプ模様を下地として制作してみたところ、作品に対する考え方が広がったのだとか。

c0222139_15515599.jpg


自分以外の誰かに作品の一部を「つくられる」ことで、新しい展開を生み出した江川さん。
アトリアでは新しい試みとして、ワークショップ参加者やアートウォッチング参加者とのコラボレーション作品に挑戦します。
どうぞご期待ください。


〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉は7月19日(土)から!皆さまぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

------------
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉
7月19日(土)~8月31日(日)
10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
 
■江川純太 公開制作
[1] 7月19日(土)午後
[2] 7月20日(日)午後 
[3] 7月29日(火)午後 
※終了時間は未定です。

------------
c0222139_16194051.jpg
by atlia | 2014-07-02 13:54 | 企画展