公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
H26年春の企画展〈フィールド・リフレクション〉では作品1点1点についての興味を深めていただこうと、会期中4回にわたり鑑賞プログラム「アートウォッチング」を企画しています。

初回となった3月22日(土)には、アート大好き!という女性3名と、プログラムの内容に興味があり参加したという男性1名とともに、作品世界をじっくりと味わいました。
c0222139_9271065.jpg

まずは、スタッフと参加者が簡単に自己紹介。
今回は事前に本展をご覧になっていた方ばかりだったので、展示作品の中から気になった作品を1点ずつ選んでいただき、選んだ理由とともに自己紹介していきました。
c0222139_9281287.jpg

次に、参加者それぞれが選んだ作品を1点1点鑑賞しました。
1分間ほど皆で静かに作品に向き合った後、それぞれに思ったことや気になったことなどを自由に話して頂きました。
c0222139_9274851.jpg

本展のメインイメージにもなっている本橋成一さんの《バオバブの記憶》では、
「チラシで見ていた時は近所の安行(川口市内の地名)あたりの風景なのかと思っていたけど、土の感じとか物を運んでいる人のシルエットをよく見ると、違うな、日本じゃないなと思った」
という感想から始まり、
「乾燥した空気や大地を感じる一方で、中央の木は乾いていないように感じる」
という言葉を受け、
「私も乾いていないと思うし、むしろこの木はたくましく生きてるんだなぁと感じる。とても大きくて包まれるような感覚が気持ちいい。枝は枯れているように見えるけど、地面に小さな木々が緑の葉を出しているからかな?」
という発言がありました。またそれに対して、
「いや、逆光で分かりにくいけど、よく見ると中央の木にも葉が出てますよね。生きてるんですよ」
という言葉に「おお、本当だ!」と一同で納得。
さらに、
「奥の建物の風景や人が写っていることで生活感を感じるのに、中央の大きな木には神聖さを感じる。生活感と神聖さが一緒になっているのが不思議」
という感想に対し、
「空気が霧がかかっていて、木の枝の向こうから差し込む太陽の光が神聖さを感じさせるのでは」
「朝もやの中に朝日が昇っているんじゃないかな。もしかしたら夕方かもしれないけど、この一日がはじまる感じ、神聖な感じから、私は朝だと思う」
という意見も出ました。
c0222139_9282822.jpg

この後に、本橋成一さんの他の作品1点と、田中みぎわさんの作品1点を同じようにじっくりと鑑賞しました。
最初は少し緊張した面持ちだった方も、作品を重ねるごとに自分なりの感想や疑問を自由に発言するようになり、他の参加者の発言を受けてさらに発見があるなど、1時間半を皆で満喫することができました。
c0222139_9283698.jpg

個々の作品鑑賞の後には、スタッフから作家の制作姿勢や作品がつくられた背景をお伝えしましたが、どの作品でも参加者同士の発言がすでに核心を得ていて、皆さんの見つめる力の確かさを感じることができました。

「アートウォッチング」は今後も以下の日程で実施します。いずれもまだ定員には達していませんのでお気軽にお問い合わせください。

鑑賞プログラム「アートウォッチング」
4月6日(日)13:30~15:00
4月19日(土)13:30~15:00 ※視覚に障害のある方とない方が一緒に楽しむ回
5月10日(土)13:30~15:00 ※聴覚に障害のある方とない方が一緒に楽しむ回(手話通訳・ノートテイク付き)

詳細は下記のページをご参照ください。
http://www.atlia.jp/ws/ws_kids.php
c0222139_9292882.jpg

by atlia | 2014-03-26 12:13 | ワークショップ
アトリアの学芸スタッフが行う「ギャラリートーク」は、展覧会の企画趣旨や作家の活動暦、それぞれの作品が生み出された背景などについて詳しくお話しするものです。
3月9日(日)の春の企画展初日には6名の参加があり、和やかな雰囲気で実施しました。

〈フィールド・リフレクション〉と題した今回の企画展は、実在する場所に深く関わりその関係性の中から生まれるものを作品に反映させていく作家3名を紹介するものです。
最初の部屋で紹介しているのは、水墨画で水のある風景を多く描いてきた田中みぎわさんの作品。
石垣島・熊本・南足柄などで長期間滞在しながら感受したものを作品に映し出しており、その瑞々しさに参加者の方からは感嘆の声も聴かれました。
c0222139_15302661.jpg

次の部屋では、写真家であり映画監督でもある本橋成一さんの作品を紹介。
ここでは本展の企画の核となった《アレクセイと泉》や《バオバブの記憶》のシリーズをプリント作品にて展示し、またデビュー作である《炭鉱〈ヤマ〉》から近年写真集にまとめた《屠場》など国内で撮影したシリーズ作品を、スライド映像でご覧いただけます。
本展のメインイメージとしてチラシやポスターに使用しているバオバブの写真を、アトリアの5mの天井高に合わせて大伸ばししたプリント作品は圧巻。雄大なバオバブの姿に、参加者の方々はしばらく見いっていらっしゃいました。
c0222139_15301859.jpg

最後は画家の伴美里さんの作品を展示するホワイエへ。
伴さんは日々の生活の中で出会う人や場所から受け取るエネルギーを制作の大切な要素としている作家で、自身の故郷でありアトリエを構える石川県の白山や、今回の企画展に合わせて取材したこの川口という土地にインスピレーションを得た新作をご紹介しています。
自然光がたっぷりと差し込む場所で、参加者の方々には豊かで優しい広がりのある色彩をご堪能頂きました。
c0222139_1530349.jpg

今後のギャラリートークは以下の日程で行います。ご興味ある方はぜひご参加ください。

〈フィールド・リフレクション〉ギャラリートーク
3月23日(日)、4月13日(日)、4月27日(日)
各 14:00~(30分程度)
※4月27日(日)のみ手話通訳付き

c0222139_18403859.jpg

by atlia | 2014-03-22 13:18 | 企画展
H26年春の企画展〈フィールド・リフレクション〉の関連イベントとして、3月15日(土)には14:00から映画『アレクセイと泉』上映会、16:00から「本橋成一アーティストトーク」を実施しました。
多くのお客様にご参加いただき充実したイベントとなりました。
c0222139_8554554.jpg

春展の出品作家である本橋成一監督のドキュメンタリー映画『アレクセイと泉』。
舞台は1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発(旧ソ連・現ウクライナ共和国)の爆発事故により汚染された、ベラルーシ共和国東南部にある小さな村ブジシチェです。
c0222139_1333937.jpg

村の中で唯一放射線の検出されない泉と、その泉を拠りどころにして村で生きる一人の青年アレクセイと老人たちの一年を丁寧に追ったドキュメンタリー作品で、大地に根ざして生きることの尊さと命の美しさを伝える内容に、多くの方々が引き込まれました。
c0222139_14122691.jpg

上映後は引き続きアーティストトークを行い、映画を手掛けるようになった理由や、『アレクセイと泉』の撮影時の様々なエピソードなどをお話頂きました。
c0222139_14155167.jpg

質疑応答では次々に手が挙がり、映画の感想を述べられる方はもちろんのこと、本橋さんの生まれ育った東京の東中野やその場所への想いを尋ねられる方、自身の家族や友人が先の震災で被災しそのご苦労を語って下さる方など様々で、活発な議論がなされました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
c0222139_14265279.jpg

今回の映画上映では、NPO法人KAWASAKIアーツさんのご協力を得て、視覚に障害のある方にも楽しんでいただけるよう音声ガイドを製作致しました。
またアーティストトークでは、アトリアにおいて初めての試みである手話通訳を導入しました。
今後のイベント・展覧会とともに、より幅広い方々に楽しんでいただければと考えています。

次回の映画『アレクセイと泉』上は4月26日(土)14:00からです。
この回も音声ガイド・手話通訳付きです。
予約受け付けておりますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
c0222139_15141217.jpg

by atlia | 2014-03-18 15:12 | 企画展
アトリアでは本日より春の企画展〈フィールド・リフレクション〉がスタートしました。

それぞれのフィールドに寄り添いながら活動している本橋成一(写真家・映画監督)、田中みぎわ(画家)、伴美里(画家)の3名を紹介する展覧会です。会期中は映画上映会や鑑賞プログラムなどのイベントが盛りだくさん。アトリアのホームページやブログなどで随時お知らせしていきますので、是非チェックしてくださいね。

そして今日は3月9日。
アーティスト開発好明さんが主催する「39(サンキュー)ART」に、アトリアも参加します。

受付カウンターで笑顔で「サンキュー」と言っていただけら、本日限り観覧料(300円)が無料になります!
この機会に、是非ご来場ください。
たくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。

c0222139_12425613.jpg



c0222139_12433039.jpg
by atlia | 2014-03-09 12:42 | お知らせ
3月4日(火)~3月8日(土)まで、次回企画展準備のため臨時休館とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

なお、3月9日(日)からは春の企画展〈フィールド・リフレクション〉をオープンいたします。
是非ご来場ください。


c0222139_11512526.jpg

c0222139_11515027.jpg



フィールド・リフレクション

それぞれのフィールドへ幾度となく足を運び、無数に繋がれていく人や自然の営みに誠実に向き合いながら作品を生み出してきた、本橋成一(写真家・映画監督)、田中みぎわ(画家)、伴美里(画家)の3名を紹介する展覧会。私たちが自身の生まれ育った場所や今生活する環境からの心地よいエネルギーを感じながら瑞々しく生きることへの可能性を探ります。


展覧会期  3月9日(日)~5月11日(日) 
        10:00~18:00  土曜は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観 覧 料   300円
※高校生以下無料、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方と付添の方(1人)は半額。




●関連イベント -------------------------------------------------------------------------

映画上映「アレクセイと泉」(音声ガイド、手話通訳付き)
出品作家の本橋成一監督作品。チェルノブイリ原発事故で汚染された村に住む老人たちと青年アレクセイの1年を丁寧に追ったドキュメンタリー映画です。音楽は坂本龍一。
日時:3月15日(土)14:00~(事前申込みが必要です)
参加費:500円

アーティストトーク 本橋成一
制作中の最新映画やこれまで取材してきた方々とのエピソードなどを語ります。
日時:3月15日(土)16:00~18:00
参加無料(当日受付)

ギャラリートーク
学芸スタッフが展覧会の出品作家や作品についてわかりやすくお話します。
日時:3月9日(日)、23日(日)ほか14:00~15:00
参加無料(当日受付)

※詳細はアトリアHP「展覧会」ページをご覧ください。
※4月以降の関連イベントについては後日ご案内します。

c0222139_125141.jpg
by atlia | 2014-03-02 12:02