公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
12月14日(土)と12月15日(日)、ワークショップ[オリジナルの筆をつくって書を描こう]を開催しました。身近な材料を使って世界にひとつの筆をつくり、アートの視点から【書】を体験します。講師は書家の桐生眞輔さん。

1日目の参加者は小学3年生~6年生の15人。まずは日本の紙幣や古代中国の青銅器などを例に、色々な書体と文字の成り立ちについて学びました。桐生さん愛用の筆も素材・形ともに多種多様。
「うまく書こうとしなくていい。思い通りにならないところも楽しみながら、面白い発想で驚かせて欲しい。」
との期待を受け、参加者それぞれ自分だけの【書】を探す旅に出発しました。

c0222139_532512.jpg

会場には市内で採取された植物や石、木材や金属片などが雑多に積まれています。各自が持参した材料も活かしつつ、何をどう組み立て筆にするかは閃き次第。

c0222139_5324149.jpg

不規則に曲がった鉄筋やスプリングを柄にしたもの、穂が2つあるものなど、他に類を見ない独創的な筆が次々と生み出されていきました。

c0222139_5331499.jpg

1人ずつ分担して叩いた藁を束ね、大筆を合作する場面も。

c0222139_534061.jpg

そしていよいよオリジナルの筆を使っての【書】に挑戦です。自由な心でつくった道具の影響か、姿勢も身のこなしも威風堂々、体の重心を前に力強い描線を広げていきます。

c0222139_5342975.jpg

合作した大筆を全員で回し、来年の干支である「午」の古代文字を一画ずつリレー。2014年の抱負を寄せ書きし、参加者15人分の力と想いを巨大な絵馬に込めました。

c0222139_5345826.jpg

2日目は10代~70代と幅広い年齢層の11人が参加。
「筆の概念にとらわれず、オブジェをつくるような気持ちで」
との桐生さんの助言を受け、ブーケや生け花のように装飾的なもの、古代の石器を思わせるもの、大切な思い出をイメージしたものなど、各々の美意識とこだわり溢れる筆が形づくられていきました。描く線のバリエーションを意識して、なんと10本以上つくった人も!

c0222139_5352620.jpg

それらを使い分け、あるいは接地の角度や力加減を実験しながら調節して、多彩な【書】の表現を自在に生み出していきます。

c0222139_5361437.jpg

最後に「午」の字と2014年の抱負を絵馬に描き入れました。文字を描くことを通じて自分自身と向き合った時間の集大成です。

参加者力作の筆と【書】の作品は、来年1月に開催される〈アートな年賀状展2014〉に一堂に展示されます。身近なものに向ける視点を変換して広がるアートの世界。アトリアの迎える新年が、今回のワークショップと同じく驚きと発見に満ちた日々でありますように!
by atlia | 2013-12-18 19:33
12月も半ばに差し掛かり、冷え込む日が続くようになってきました。
さて、アトリアでは来年1月のワークショップの参加者を募集しています。
締切は12月20日(金)!
定員には未だ余裕がございます。たくさんの皆さまのご応募をお待ちしております。

c0222139_10381725.jpg
[アトリアに獅子舞がやってくる!—声と体でお囃子(はやし)をつくろう]
ミュージシャンを講師にむかえ、獅子舞に合うお囃子をつくるワークショップを行います。
身体を動かしながら即興演奏し、プロの獅子の舞とコラボレーション!
新年、お祝いの賑やかな音と舞で一緒に楽しみましょう。
日 時:2014年1月18日(土) 13:30~15:30
定 員:小学1~2年生 20人
講 師:大澤加寿彦(ミュージシャン)
ゲスト:中村元(日光街道・中村座)
参加費:500円



c0222139_1043655.jpg
[凧にのせる願いごと]
願いごとを描いた凧をつくります。
様々な凧を研究している講師から組み立てを教わり、オリジナルの絵付けを行います。
凧が完成した後は、揚げ方のコツを教わりながら全員で凧揚げします。
日 時:2014年1月25日(土) 13:30~16:00
定 員:小学3~6年生 20人
講 師:川口顕裕・裏川一雄(日本の凧の会)
参加費:500円



お申込み方法
はがきに下記1~5を明記のうえ、締切日(12月20日)までに下記の申込先までご郵送ください。
当選された方にのみ、締切日より1週間以内にはがきにて当選通知を送付いたします。
1.希望のコース名を1つ
2.名前(ふりがな)
3.年齢・学年
4.郵便番号・住所(集合住宅にお住まいの場合には建物名まで)
5.電話番号(緊急の際に連絡がとれるもの)

〒332-0033 埼玉県川口市並木元町1-76
川口市立アートギャラリー・アトリア ワークショップ 係 まで
by atlia | 2013-12-14 11:07 | ワークショップ
12月8日(日)、クリスマスをテーマにしたワークショップ第二弾[あなたにおくる形のないプレゼント 即興:心ダンス]を開催しました。参加者は年中から小学2年生までの15人。
講師の新生呉羽(しんじょうくれは/美術家・舞踊家)さんのナビゲートのもと、大切な人に贈る「心ダンス」をグループごとに創作し、家族の前で披露します。

c0222139_0111647.jpg

会場の壁面には無数のピン。これに色とりどりの毛糸(来館者のみなさまよりたくさんのご協力を頂きました。どうもありがとうございました!)を引っ掛けてラインを描いていきます。
「参加者が会場に一歩入った瞬間から時間芸術が始まっている」
という新生さんの考えのもと、創作のための空間を参加者自身がつくる仕掛けを施したのでした。きらびやかな光を思わせる幾何学模様をぐんぐん広げて、すっかり夢中な様子です。

c0222139_0115077.jpg

みんなで会話して「形のないプレゼント」をイメージしたあと、それを入れる「small box」を各自でつくりました。慣れない作業に苦心しつつ真剣な眼差し。

c0222139_0121590.jpg

箱の構造を理解したら、今度はパフォーマンスの舞台装置となる「big box」づくりに挑戦!見学していた保護者の方も巻き込んで、自分たちの身長をはるかに超える巨大な箱を転がし組み立て、長い長いリボンも巻きつけました。
歓声を上げつつ動作がみるみる大胆になる参加者たち。これまで経験したことのないスケールに気持ちも大きく膨らんだようです。

c0222139_0124119.jpg

興奮冷めやらぬままいよいよ即興の舞台へ。衣装や小道具はバッチリ準備したけれど、筋書きのないパフォーマンスは予測不能、変幻自在です。

c0222139_0135999.jpg

大声をあげて床に滑り込み、笑い転げ、衝動にまかせて走り出し、得意の側転やブリッジを決め…

c0222139_0142564.jpg

ときに躊躇したり、次の動きを思いつけず立ち止まったり。箱が開くたびに、溢れるエネルギーと照れや戸惑いが混ぜこぜになった奔放な「心ダンス」が飛び出していきました。最後はスタッフも加わっての大団円!

「形のないおくりもの」という抽象的なテーマに参加者ひとりひとりが挑んだ今回。何も決められていないところから何かを自分の意思で選択すること、ましてやそれを人前で体現するにはかなりの勇気が必要だったことでしょう。
思わぬ展開に少々驚きつつも微笑みながら見つめていた保護者の方がた。大切な人の前で素直な心を表した体験が、参加者たちにとって自分を表現する一歩となったなら嬉しい限りです。
by atlia | 2013-12-11 23:43
12月7日(土)、ワークショップ[ハートフル・プレゼント -輝く心をあなたに]を開催しました。
講師は、アートセラピストの有泉仁見さん。小学校1~4年生とその保護者のペア、全員で29名が参加しました。

今回制作するのは、クリスマスにぴったりのキャンドルスタンド。でもただ「きれい・可愛い・かっこいい」スタンドではありません。
「自分らしさが滲み出た、まるで自分を象徴するようなキャンドルスタンドをつくってください。」と、有泉さん。
「お子さんにとっても保護者の方にとっても、相手の存在自体が一番大切な贈り物。自分自身という存在をキャンドルに見立て、その輝きと一緒にプレゼントしましょう。」


c0222139_16482055.jpg

まず、お互いの存在を見つめ直すために、親子で抱き合って出生時の思い出を語り合います。
「あなたが生まれたときは、雪の日だったよ」
「子どもが欲しくてしょうがなかったから、すごく嬉しかったんだよ」
ちょっぴり照れくさいけれど、普段聞けない想いに耳を傾ける参加者たち。
白い大きな布にくるまれて抱っこされる姿は、まるで赤ちゃんに戻ったみたい。


c0222139_16281193.jpg

親子でじっくり会話したあとは、いよいよキャンドルスタンドづくり。土台となる紙粘土を、目を閉じた状態で握ります。
「何かの形をつくろうとせず、自分が気持ち良いと思う感触を大事にしてください。」
真ん丸、フライパン型、パンケ-キ型… 目を開けると、十人十色の形になっていました。


c0222139_1638430.jpg

今度はそこに、ビーズや鳥の羽などたくさん用意した材料の中からいくつかを選び、土台にくっつけていきます。もちろん選ぶときも頭で考えず、心の感じるまま、惹かれるまま。元気いっぱい大胆に素材をくっつけているものや繊細に材料を配置しているものなど、徐々に参加者の性格を表すかのような仕上がりになっていきました。

c0222139_16481663.jpg

完成後には参加者全員の作品を見てまわり、気になった作品にコメントを書きました。「海の中にいるみたい」「自由」「きらきらして綺麗」など、全員たくさんのコメントが集まりました。有泉さんがそのコメントに加え、一人ひとりの作品を見て感想を伝えます。
「女性的な優しさと力強さと併せ持った作品です。」
「きっと自分の世界をしっかり持っている作品だと思います。」
参加者それぞれを象徴するかのようなキャンドルスタンド。有泉さんの言葉は、もしかすると作品をつくった本人の本質を表しているのかもしれません。


c0222139_16445044.jpg

最後はクリスマスらしくラッピングをしました。家に帰ってからキャンドルに火をつけるのが楽しみですね。今回のワークショップが、作品を通して他の誰かとじっくり向き合うきっかけになれば嬉しいと思います。
by atlia | 2013-12-10 22:22 | ワークショップ
第8回アーティスト・イン・スクール〈楽しみを着よう!「マイ・ねっと・ワーク」〉、
12月1日(日)に発表展が終了し、すべての授業も終了しました。
講師にファッションデザイナー:津村耕佑さんをむかえ、10月~11月の約2カ月、前川小学校6年生の皆さんが一緒にネット(網)をつかって色々な楽しみを身に付けられるファッションアイテムづくりに挑戦した今回のプログラム。
約2ヶ月の授業課程、長いようで短い特別な時間・体験となりました。

最後の授業は、学校ではなく、発表展の会場であるアトリアで行いました。
児童たちは特別に貸し切ったバスに乗り込み、どきどきわくわく、アトリアへ向かいます。

会場では、津村さんはもちろん、これまでに授業を手伝ってくれた人たちが待っていました。
ファッションショーからたった1週間半ですが、久しぶりに会った気持ち。
c0222139_21173974.jpg
はじめの挨拶をした後、津村さんにまず展示を自由に見て新しい発見を教えて欲しいと言われた児童たち。
思いおもいに好きな場所から見学します。自分の作品を探したり、ファッションショーの記録映像を見たり。
c0222139_21183554.jpg
c0222139_21181071.jpg
そういえば、作品は身につけながらつくっていたし、ショーの本番中は自分が出演していたので全部は見えなかったのです。
いつしか映像の前に集まり、自分の出番のときも友達の出番のときも、歓声をあげる児童たち。
c0222139_21181973.jpg
決めポーズで写った写真も確かめて、恥ずかしいやら誇らしいやらで大騒ぎ。

一通り見学をした後は津村さんとお話しします。
今回の授業でうれしかったこと・むずかしかったこと、展示を見ての感想など、それぞれに発言しました。
c0222139_21191584.jpg
「家でデザインを考えていたりしたけど、ネットをさわっているうちに、もっとたくさんアイデアが出てきた!」
「津村さんたちが展示まで一生懸命考えてやってくれたのがうれしかったです」
「ファッションショーをもう一度見ることができて、みんなの色々な顔が見えて楽しかったです」
「最初は本当にできるかなと思っていたけど、津村さんにも手伝ってもらったりして、良い作品ができたと思います」
みんなの前でしゃべるのは緊張したけど、一生懸命に自分のことばで話してくれた児童たち。

津村さんは、今回の展示について、全員の作品がきちんと見えるようにしたかったということ、それがひとつの作品としても成立していることなどをお話ししました。
c0222139_2120265.jpg

10月からはじめた授業の中、時間をかけて一人ひとりが作品「ネット・ワーク」を制作し、それがファッションショーで一堂に集まり、さらにこの展示会場でひとつの空間「ネットワーク」にまとまったのです。
授業中、何度も「楽しくやりましょう」とお話していた津村さん。最後の授業でも「全員で楽しいものをつくったことが何より良かった」と言います。

津村さんと児童たちはもちろん、更には学校の先生や他のスタッフの人たちも、全員が参加してつくった今回のプログラム。
このアーティスト・イン・スクール全体が、楽しいネットワークづくりだったのかもしれません。


c0222139_13515990.jpg

by atlia | 2013-12-08 10:11 | 学校×アトリア
12月7日(土)のワークショップ「ハートフル・プレゼント-輝く心をあなたに」は定員に達しましたので、追加募集を締め切りました。たくさんのご応募、有難うございました。


下記ワークショップは引き続き追加募集を行っています。お申し込みはお電話にて先着順で受付いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。


************************************
c0222139_13134543.jpg


「オリジナルの筆をつくって書を描こう」
身近な材料で世界にひとつの筆をつくり、「きれいに・たのしく・かっこよく」描く「書」に挑戦します。
日時・定員:12月15日(日) 13:30~16:00/中学生~一般 20人
講 師:桐生眞輔(書家)
参加費:500円
申込方法:電話受付 048‐253-0222 (先着順)
※小学3~6年生対象の枠は募集を締め切りました。たくさんのご応募有難うございました。

************************************
by atlia | 2013-12-06 13:17 | ワークショップ
早いものでもう師走、街はイルミネーションできらきらしはじめました。
12月、アトリアよりお知らせです。

〈第8回アーティスト・イン・スクール「楽しみを着よう!《マイ・ねっと・ワーク》」 成果発表展〉が12月1日をもちまして終了いたしました。たくさんの皆さまのご来館ありがとうございました。


これからの12月の「貸しギャラリー展示」は以下のとおりです。


第5回 銀の虹展
2013年12月3日(火)~8日(日)
初日は13:00から/最終日は16:00まで

三姉妹展
2013年12月4日(水)~8日(日)
最終日は16:00まで

佐藤裕一郎・小島睦生二人展
2013年12月11日(水)~22日(日)


ぜひお越しください。
by atlia | 2013-12-03 16:09 | お知らせ
現在アトリアでは手づくりの「アートな年賀状」を募集しています。
いただいたものはすべて新春企画<アートな年賀状展2014>で展示いたします。オリジナリティあふれる年賀状をお待ちしています。

c0222139_20361497.jpg


アートな年賀状募集!

【応募期間】
12月1日(日) ~2014年1月3日(金)必着
【展示期間】
2014年1月8日(水) ~26日(日)
【募集要項】
・ハガキサイズ(107×154mm、厚さ5mm以内)でつくったものに限ります。
・出品無料(郵送代自己負担)、どなたでも参加可能です。
・差出人欄に出品者の名前・住所・電話番号、返却希望の場合はその旨も記入してください。
 (作品面には個人情報を記入しないでください)
・展覧会主旨または公序良俗に反する表現と判断された場合、公開をお断りする場合があります。
・返却希望の方の作品は、2月26日(水)までアトリアの窓口でお預かりしています。直接お受け取りください。
・応募に関する個人情報は主催者で適切に管理し、第三者には公表いたしません。
なお、返却期限を過ぎた作品については、適正に処理を行います。
【応募方法】
川口市立アートギャラリー・アトリア「アートな年賀状係」宛に郵送いただくか、アトリアの受付カウンターまで直接お持ちください。


たくさんの皆さまのご応募、お待ちしております。
by atlia | 2013-12-03 15:14 | 企画展