公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
桜満開、節目の季節。
アトリアから3月のギャラリーのお知らせです。

展示室では、一般の方の展示を行なっています。

26日(火)13:00~31日(日)16:00
山口昌子写真展〈うぶすな in 川口神社〉

27日(水)~31日(日)14:00
temari Art club展


初日と最終日、各展示ごとに公開時間が異なります。お越しの際はご注意ください。
おでかけにも気持ちの良い季節、ぜひアトリアにもお立ちよりくださいませ。



また、一般の方の展示が終了した後、
4月1日(月)~4月12日(金)の期間は、
次回企画展準備のため、臨時休館とさせていただきます。


皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようお願いいたします。
来年度4月13日(土)オープンの企画展、皆さまのお越しをお待ちしております。


--------

4月13日(土)~5月26日(日)開催!

平成25年度春の企画展
〈反芻 篠原有司男〉

 日本を代表する前衛芸術家のひとり・篠原有司男(しのはら・うしお)。
彼が日頃より描き続けるドローイング(素描)を中心に、表現の模索をたどります。

展覧会の詳細はアトリアweb、展覧会のページからご覧ください。


c0222139_11163952.jpg

by atlia | 2013-03-26 11:21
c0222139_21193673.jpg
3月23日、24日に春休みワークショップ「石を彫る!」を行いました。
毎年この時期には制作にじっくり取り組み、素材と対話できるよう2日間かけてのワークショップを実施。

今回の「石を彫る!」は、抗火石(こうかせき)というやわらかい石をハンマーとのみを使って彫るワークショップです。
講師は彫刻家の渡邉尋志さん。
一日目には、先生に持ってきていただいた動物を彫った作品を鑑賞し、その後
石を彫る道具、その使い方なども教わりました。
c0222139_21205999.jpg


今回のワークショップでは、いろんな形の石がたくさん用意されました。
さまざまな石の形からなにかの形を連想してみるところから、制作スタート。
紙粘土でエスキースをつくっり、石をいろんな角度から見たり、なかなか形が想い付かないひともいました。
「こんなかたちに見えるんじゃない?」と先生と話をしながら、ハンマーとのみを手に取って彫りはじめました。
なかなか思う様にいかなかったり、途中で違ったかたちに見えてきたり、なんとなく形になってきたところで、一日目終了です。
c0222139_21214723.jpg


c0222139_21224854.jpg


そして2日目の始まりに中間講評。
ぐらぐらしないように立たせる方法や細部の彫り方など、後半に向けて先生から優しいアドバイスをいただき、その後の制作にやる気と目標ができました。

c0222139_21232118.jpg


参加者全員が、全身で石とふれあい、自分の目指すかたちを制作の中で見つけていきました。
石の粉で真っ白になりながらも、「とても楽しかった」「大満足です」「全部大変だった」など、すっきりとした笑顔!
石のエネルギーが感じられた二日間となりました。
c0222139_21283744.jpg


「かたちをつくれるようになったことは、大きな自信に繋がったことでしょう」と講師の渡邉先生。
彫り出された石の作品は、長年大切に飾られることと思います。

c0222139_21291862.jpg


c0222139_21303395.jpg

by atlia | 2013-03-24 21:39
3月20日(水・祝)に、やさしい美術鑑賞講座「仏像めぐりバスツアー」を開催しました。
講師は、仏像ナビゲーターとしてメディアなどにも数多く出演している宮澤やすみさん。仏像を独自の視点で分かりやすく解説する今人気のナビゲーターです。
c0222139_1745389.jpg

先ずは館内でスライドを使いながら、仏像を鑑賞するための基礎知識やポイントなどをお話いただきました。
そして当館からお寺までは、貸切バスで移動します。
c0222139_18221759.jpg

1つ目は、川口市芝西にある「如意輪観音堂」へ。ここには、隠れキリシタンの信仰対象だったとされる《阿弥陀如来坐像 付 胎内仏十字架》のレプリカがあります。
c0222139_18171944.jpg

今回はこのお堂の管理を行っている地元の方に協力いただきながら、普段は仏像の胎内に入っている《マリア像》や《十字架》も特別に見せていただきました。
c0222139_1819461.jpg

この仏像の由来については今も多くの謎が残っています。講師の解説を聞きながら様々な空想が頭をよぎるとともに、はるか昔にこの地であった出来事に想いを馳せるような、不思議な気持ちになりました。
c0222139_1819378.jpg

そして次は桜町にある「地蔵院」へ。ここでは《木造不動明王立像》を拝観させていただきました。
c0222139_18213382.jpg

髪の毛をなびかせながら剣を振りかざす凛々しい姿に、参加者からも「かっこいい!」「今まで見たことのない立ち姿だ!」などと感動の声が上がりました。
c0222139_18222924.jpg

地域の人々の手によって、今日まで大切に守られ受け継がれてきた川口の仏像たち。
本講座を通して仏像を鑑賞する楽しさや奥深さを感じていただきながら、川口の歴史や文化を身近に感じていただけたのではないかと思います。
※本講座で紹介している仏像は、普段は非公開ですのでご注意ください。
c0222139_19301786.jpg

by atlia | 2013-03-22 15:25
3月10日(日)、〈新鋭作家展〉の出展作家による「アーティスト・トーク」を開催しました。

遠藤研二氏の作品《Century of the future 2013》が展示してある展示室Aでは、遠藤氏から構想の源や完成までの経緯、そして作品コンセプトでもある宇宙への憧れなどについてお話いただきました。
c0222139_9444038.jpg

この作品は体験型の作品で、時間で回転する仕掛けになっているためトーク中も数回ほど動き出し、その度に参加者にも体験していただきました。
c0222139_958679.jpg

遠藤氏のまっすぐで力強い言葉と、作品が放つ青い光に包まれながら「近未来」を身近に感じられるトークとなりました。


そして展示室Bでは、青木聖吾氏から今回の展示コンセプトや作品に込めた想いについてお話いただきました。
c0222139_9562544.jpg

壁面に展示された作品をじっくり鑑賞しながら、「〇△☐」で描き始めたきっかけや青木氏が紡ぐようにおこなっている日々の制作について詳しく聞けたことで、参加者からは作品の印象や見方がより広がったという意見もありました。
c0222139_9592960.jpg

トーク終盤では参加者からの質問や感想などもいただき、和やかな雰囲気のトークとなりました。

アーティスト・トークを通して、アーティストの活動や作品をより深く知っていただき、作品の魅力を更に感じていただけたのではないかと思います。ありがとうございました。
c0222139_10463460.jpg

by atlia | 2013-03-12 11:34
3月2日より〈新鋭作家展〉を開催しています。

c0222139_12541444.jpg


この度、本展の出展作品と展示風景を掲載した「パンフレット」が完成しました!
優秀者を選出した審査員(前山裕司・戸谷成雄・南嶌宏)の選評文も、併せてお読みいただけます。

c0222139_125573.jpg


このパンフレットは会期中会場で配布していますので、ご来館の際はお手にとってお持ちください。


また、今週末の3月10日(日)には「アーティスト・トーク」を開催します。
出展作家のおふたりが、展示作品やこれまでの活動についてさまざまな角度からお話します。
--------------------------------------
●アーティスト・トーク
 青木聖吾・遠藤研二
 3月10日(日) 14:00~15:30
 参加無料
---------------------------------------

皆さまのご来館をお待ちしております。
c0222139_12582733.jpg

by atlia | 2013-03-07 12:57
新鋭作家を発掘し紹介する〈新鋭作家展〉は、本日(3月2日)より始まりました。
今年は、第2回審査で選ばれた優秀者が1年の制作準備期間を経て作品を展示します。

ここでは優秀者のひとり、造形作家の遠藤研二氏を紹介します。

遠藤氏は埼玉県生まれ。現在は、千葉県長生郡にある一軒家を改装したアトリエを拠点に制作・活動しています。
c0222139_1226392.jpg


今回の出展作品《Century of the future》は、「宇宙酔い」や「浮遊」する感覚を体験できる作品です。電動で筒状の部分を回転させ、人が作品の中に入ることでその効果を生み出しています。

c0222139_12304427.jpg

その制作は鋼材の組立てや電気配線など工場さながらの工程ですが、幅広い技術とともに遠藤氏の宇宙に対する「夢」がたっぷりと注ぎ込まれています。

この大作は、会場で体験することができますのでどうぞお楽しみに。


--------------------------------------------------------------------------------
新鋭作家展
第2回優秀者 青木聖吾・遠藤研二
展覧会期 3月2日(土)〜17日(日)
開館時間 10:00~18:00  会期中の土曜は20:00まで開館しています。
       (入館は閉館の30分前まで)
観覧料 無料
 
■同時開催展
第3回新鋭作家展 二次審査(作品プレゼンテーション)公開
--------------------------------------------------------------------------------

c0222139_13194748.jpg

by atlia | 2013-03-02 12:43