公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
11月23日(水・祝)、30日(水)、12月7日(水)に開催した、やさしい美術鑑賞講座「やきもの:世界編」。

講師には、西洋陶磁史家の大平雅巳さんと、東洋陶磁器を専門に扱う戸栗美術館の学芸員(展示企画チーフ)である杉谷香代子さんにお越し頂きました。
c0222139_19375611.jpg


さまざまな種類の西洋のやきものに、直に触れての鑑賞も楽しみました。
c0222139_1934263.jpg


とても丁寧に分かりやすく説明して下さる講師陣に、参加されたお客様は大変満足していただけました。
ただ、世界編という大きなテーマを3回の講座で網羅するのは大変難しく、速足の紹介となってしまった部分もありました。
奥深いやきものの世界をさらに一歩深めてご紹介する内容も、今後は企画していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回の鑑賞講座は、昨年に引き続き「仏像」がテーマです!
昨年度、震災の影響で実施を見送った内容をパワーアップさせてお届します。
ぜひご参加ください!

  ■「仏像彫刻のいろは」
  日時:2012年 3月20日(火・祝) 13:30~15:30
  講師:義村 幸 氏(仏像彫刻家)
  【講義&実演】 実際に仏像を彫る場合の準備の仕方や材料・道具などについて教えて頂きます。
  実演制作も行います。本格的な仏像を作ってみたい!という方必見です。

  ■「川口の仏像めぐり」
  日時:2012年 3月21日(水) 13:30~15:30
      2012年3月28日(水)  10:00~16:00 (予定) ※28日のみ事前申込制
  講師:宮澤やすみ 氏(仏像コラムニスト)
  【講義&フィールドワーク】 川口市内に残る歴史的な価値のある仏像について、
  1日目は講義形式で事前学習をし、2日目は講師とともに現地を訪れて鑑賞します。
  
参加費や申込み方法等の詳細は、「広報かわぐち」や、アトリアニュースをご参照ください。

c0222139_19564774.jpg

by atlia | 2011-12-20 19:53
遅ればせながら、ご報告いたします。

10月6日から11月20日まで開催した開館5周年記念事業 秋の企画展<川口の匠>が終了しました。川口のすぐれた匠たち12人を紹介したこの展示は、市内外から多くのお客様にご堪能頂きました。

c0222139_193279.jpg
photo by Norihiro Ueno

匠が手掛けた作品や道具などはもちろんのこと、ひそかな人気を集めていたのは化粧室に続く通路壁で紹介した匠の言葉。
若い世代に伝えたいこととして「もの作りはいいよ、楽しいよ。(西耕三郎氏)」というまっすぐなメッセージや、数年後の目標を伺うと返ってきた「考えられないね。いつも真剣勝負だから。(渡邉政雄氏)」などの言葉には、匠たちの誠実な姿勢が感じられ強く心に響くものでした。

c0222139_1984365.jpg


また、幸並中学校1年生がデザイナーの齋藤善子氏と取り組んだアーティスト・イン・スクールは、最後の授業であるアトリアでの作品展示と講評を無事に終えました。
デザインという「人とものを繋いでいく」ことの大切さを発見していく場となったのではないかと思います。


ものづくりの街・川口ならではの企画展は、来年度以降も開催予定です。
熱きものづくりの伝統を盛り上げていく一助となれば…という気持ちで臨んでいきたいと思います。
ご期待下さい!

c0222139_1992885.jpg

by atlia | 2011-12-20 18:59
12月10日、ワークショップ「?謎の地上絵?アトリアに出現!」を開催しました。
一見何をやるのか全く分からないこのタイトルのワークショップには、14組の親子ペアの方々に参加いただきました。
講師は、毎年きてくださっている、舞踊家であり美術家の新生呉羽さんです。

会場に入ってくると、まず目に飛び込むのは壁一面にひろがる赤い絵。
集まってくれた参加者の方々と一緒に少しずつ足して、たくさん貼られた赤い絵の前で、講師の新生さんがご挨拶。

c0222139_2122856.jpg
「これから大きな地上絵をみんなで描きます!」
ナスカの地上絵の話から、それがどんなメッセージを持っているのか、みんなで考えてみます。
新生さんは、みんなで未来へ発信できるような地上絵にしてみようと提案します。

c0222139_21205019.jpg
絵を描く道具もみんなでつくりました。
ペットボトルを切って、なんだかじょうごのようなかたちのものができました。
どうやってつかうのか…ますます謎が深まります。

c0222139_21115230.jpg

しかし、新生さんはまだそれを内緒にしておきます。
先に、絵を描くための紙を敷きました。謎の合言葉「くろくろくろー!」と声をかけるとともに、みんなで一斉に紙を広げます。
そして、謎の測量士アトリーがおもむろに毛糸を出してくると、その上をそっと歩くことで、紙を破らずに移動する練習をしました。
こどもたちだけでなく、お母さん・お父さん、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒になって一列です。

c0222139_2124635.jpg
「みんなで、未来に素敵なメッセージを送るとしたら、どんなかたちが良いかな?」
真ん中にあつまって、こどもたちを中心に、考えていきます。
そこで、まずはみんなが仲良くできるかたちとして、中心から小さな丸をどんどん大きな丸にして何重もの円を描いてみることに。

c0222139_21354457.jpg

ここで登場したのは、なんと、お砂糖。
じょうごの中にこれを入れて、絵を描いていきます。さあ、どんな風に描けるでしょうか。

c0222139_2125547.jpg
まずは計画通り、ぐるぐる円を描いていきます。
じょうごから、さらさらとお砂糖が流れでて、なんとも言えないいい気持ち。
たくさんの円ができると、余白にはみんなの好きなものがたくさん描かれてきました。

c0222139_2143297.jpg
さらにここで新生さんが新しとりだしたのは小麦粉です。これに食紅やウコンで色をつけ、練っていきます。
これもお砂糖と同じく、絵を描く材料にしました。白い絵に素敵な色が加わります。
最初は遠慮がちだった大人の方々も、ここまでくればもう夢中です。

c0222139_213234.jpg
みんなで一から描きだした地上絵は、なんと8×7㎡の超大作!
電気を消して暗くして見てみたり、周りをぐるぐる回ったりして、みんなで深ーく味わいました。

c0222139_21551183.jpg


最初は全くの謎から始まったこのワークショップ。
普段はできない体験がたくさんでき、みんなで素敵な時間を共有することができました。


c0222139_2213089.jpg

by atlia | 2011-12-11 21:01
12月3日(土)、キッズパスポート限定の特別ワークショップ『みんなでクリスマスリースをつくって飾ろう!』を開催しました。
c0222139_18746100.jpg

午前の部と午後の部、合わせて49名の方が参加してくれました。
c0222139_1891333.jpg

リースのお話しをした後、木の実や小枝、フェルトや和紙など素材を見ながら、自分のイメージを膨らませていきます。
c0222139_181432.jpg

みんなの創作意欲と独創的な発想から、こんなに素敵なリースが完成しました!
c0222139_18144832.jpg

c0222139_1821641.jpg

c0222139_18213621.jpg

c0222139_1822838.jpg

c0222139_18243431.jpg

c0222139_1823271.jpg

みんなが作ってくれたリースは、12月28日(水)まで、アトリアの入口付近に展示します。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ観に来てくださいね。
c0222139_18295367.jpg

by atlia | 2011-12-03 17:55