公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
毎年行なわれるアトリアの夏休みは子どもから大人までたのしめる参加型の展覧会です。
現在、出展作家の方と展示のプランを考えたり、チラシ、ポスターの準備を行なっています。

そして、今年はもうひとつ、アトリアの特徴でもあるワークショップの集大成を紹介するような、
スタジオ全体を使った楽しい展示も考えています。
会場には、参加者で作り上げるワークショップ作品や、会期中自由に参加して作り上げる
体験コーナーなどによって、どんどん会場が変化する内容です!

本日はワークショップを盛り上げてくださる講師軍とアトリアのワークショップをいつも支えてくれる
サポーターの方々とであつまり、意見交換や試作会をしました。
c0222139_19222229.jpg


「会場を劇の舞台のように立体的に見せるにはどうしたらいいか・・。」
「ハサミが使えない小さな子でも参加できるような内容にするにはどうしたらいいか・・・。」
「大勢でつくってもゴチャゴチャしないでカッコよく、美しく見せるにはどんな工夫が必要か・・。」

みんなで色々なことを考えました。


c0222139_19233535.jpg

また、登ったり、くぐったりできるように構造的にしっかりしたものを作るために
今回はプロのお力もかります。

どんなものが会場に登場するか、こうご期待♪♪


アトリアの夏休み
ワンダートリップ~ふしぎな旅~』
コージズキンランド展&アトリアワークショップ
7月16日(土)~8月28日(日)
観覧無料




                                                       k・k
by atlia | 2011-05-28 20:13
5月22日(日)に、「建畠覚造 野外彫刻バスツアー」を実施しました。
午後には残念ながら突然の雨となってしまいましたが、
建畠覚造の彫刻世界を堪能する1日となりました。
c0222139_112277.jpg

ルートは以下の通り。
東原親水公園(ふじみ野市)↓与野本町駅(うらわ市)↓大宮駅(うらわ市)↓
与野駅(うらわ市)↓川口市立グリーンセンター(川口市)↓川口西公園(川口市)

講師の石井厚生先生には、建畠覚造彫刻の形の魅力をお話いただき、
もう1人の講師、協伸ハイテックの渡邉政雄さんには、内部構造や制作時の苦労などをお伺いしました。

c0222139_11213457.jpg

c0222139_1122740.jpg

彫刻の大きさ、ステンレスの加工の精緻さ、周囲の環境との関係など様々な発見がありました。
アトリアで展示しているマケット(模型)との大きさのさは歴然。
やはり実物はすごい!との声も、たくさん聞かれました。

c0222139_1124276.jpg

最初の作品を見た後、バスの中で5・7・5ゲームを行いました。
俳句の上の句、中の句、下の句をランダムに組み合わせ、
石井先生にムードたっぷりに読み上げて頂きました。

「作り手の 磨けば光る 技と腕」
「大空に ステンレスの 水かがみ」
「石井さんの 到達点が かっこいい」

支離滅裂の俳句に皆で大笑いしましたが、中にはぴったりと言葉が合った傑作も出現。
大変盛り上がりました。

今後もこうしたツアーで彫刻をご案内できればと思います。
c0222139_11362044.jpg

by atlia | 2011-05-26 11:36
渋谷区松濤にあるギャラリーTOMさんへ行ってきました。
c0222139_22235029.jpg

彫刻家、堀内正和へのオマージュ作品として寄せられた作品の中に、
現在アトリアで展覧会を行なっている建畠覚造との親しい間柄がわかるものが展示されています。

c0222139_22231185.jpg

堀内氏のいたずら書きのようなクエスチョンマークのスケッチ下部に、
「a ta te fata」の文字。

語学に堪能だった堀内氏は、イタリア語の「あなたの妖精ために」という一文に、「ta」を加えて
「ア・タテハタ(建畠)」と読ませています。

c0222139_22241598.jpg

このスケッチのことを教えてくれた元多摩美術大学教授の石井厚生先生は、
このクエスチョンからさらにイマジネーションを膨らませた、レンガの彫刻作品を出品されています。

石井先生は建畠氏から薫陶を受けた彫刻家。
(5月22日開催の春企画関連バスツアーの講師でもあります!)

作家たちの交流の跡がしのばれる、素敵な展覧会でした。
c0222139_2224439.jpg

by atlia | 2011-05-18 22:24
展覧会に来てくれた小学生の、ゆずはちゃん、ゆりあちゃんから
アトリアのキャラクターにと、かわいいイラストで提案がありました。
ありがとうございます(^^)
c0222139_20134689.jpg

アトリアにはまだ正式なキャラクターがいないので、今後は考えていきたいところ。

その他にもアトリアへのご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。
c0222139_2131645.jpg

by atlia | 2011-05-18 20:14
5月14日(土) 13時から ワークショップ「音の色や形を描こう」を開催しました。
講師は、身体パフォーマンスなども行っている美術家の早川聡子さん。
c0222139_1541284.jpg

企画展の彫刻作品を観て、形のおもしろさや色々な見え方を鑑賞しイメージ力をふくらませたあと、聴診器をつかって心臓の音や木の音などふだんは聞こえない小さな音を聞きました。
c0222139_15411467.jpg

そして公園に出て、大きなビニールを使って風を感じたり、遊びながら身体と心をほぐしました。
c0222139_15412549.jpg

いよいよ、地面に準備した5メートル四方の大画面に描く作業。
c0222139_15413618.jpg

鳥や風など自然の音に耳を澄ませたあと、真っ白な紙の下にもぐってイメージをつくります。
c0222139_15414578.jpg

水彩絵の具を使って、最初は静かに描いていた子どもたちも、次第にヒートアップ。
筆では物足りなくなって、手や足、ぞうきんがけをする子も!
c0222139_15421748.jpg

c0222139_15593999.jpg

思いっきり描いた後は、遠くからじっくり鑑賞して、それぞれ好きな部分を手で切り取りひとつの画面へ貼りつけます。
c0222139_160468.jpg

c0222139_15422848.jpg

c0222139_15423871.jpg

c0222139_1750947.jpg

by atlia | 2011-05-17 15:55
春企画展「彫刻家 建畠覚造 -思考の一端と川口の職人たち-」、引き続き好評開催中です。

今日は、市内の芝園中学校の1年生のみなさんが、先生と一緒に見に来てくれました!
アトリアスタッフが一緒にギャラリー内をめぐり、作品や作家についてお話しました。

c0222139_17373332.jpg

こちらは埼玉県内の建畠さんのモニュメント作品を、地図を見ながら確認しているところ。
「見たことある!」なんて声も上がりました。
身近な地域にある作品も、普段はついつい見過ごしがち。再発見となったようです。


c0222139_1738109.jpg

大型の作品の前では、細部までじっくりと鑑賞したあと、発見したことを教えてくれる場面も多々あり、スタッフは嬉しい限り。
こちらもとっても勉強になりました。



企画展期間中の毎週日曜日には、一般の方も気軽に参加していただける鑑賞ガイドを開催しています。
15:00からですので、ぜひ遊びにきてくださいませ。

c0222139_17591091.jpg
by atlia | 2011-05-11 17:35
「アトリアニュース5・6月号」、1日より配布しています。デザインも少しだけ新しくなっています。
市内・県内の美術館や公共施設、図書館などで配布しています。
c0222139_11361811.jpg

c0222139_11345283.jpg

今月の「アート★さんぽ」は、~川口の匠編~で、日本各地の野外彫刻設置に携わった渡邉政雄さんです。
「アート★さんぽ」は、こちらからもお読みいただけます。
http://www.atlia.jp/artsanpo/artsanpo.php
c0222139_1141172.jpg

by atlia | 2011-05-07 11:39