公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
アーティストが市内の小・中学校に出向いて特別授業を行なう「アーティスト・イン・スクール」。
今日は、開発好明氏(美術家)と参加校である安行中学校へ打合せに行ってきました。
c0222139_14222334.jpg

開発氏は、地域やその「場」の特性を活かした作品(アート・プロジェクト)で、国内外で幅広く活躍しています。

c0222139_2123329.jpg
今回は『安行行脚(あんぎょう あんぎゃ)』と名付けたプロジェクトを展開する予定です。
もちろんテーマは“地域との交流”で、生徒だけではなく地域の人、そして川口の安行地区をまだ知らない人にも、歩いてもらえるようなプロジェクトを目指し、先生方と一緒に現在思案中です。
c0222139_14224971.jpg

窓の外では、見事な紫陽花が咲いていました。
アーティスト・イン・スクールの様子は、順次ホームページで公開していきますので、お楽しみに。

●これまでのアーティスト・イン・スクール こちら→
●アーティスト・イン・スクール2010の様子 こちら→
●開発好明公式HP こちら→
c0222139_14252749.jpg

by atlia | 2010-06-30 18:45
暑くジメジメした日が続きますね。
アトリア前の芝生ではスプリンクラーが涼しげに回り、夏に子どもたちを迎える準備をしています。
c0222139_937134.jpg

アトリアでは、夏の企画展に向け準備が始まっています。
c0222139_9392011.jpg

今日は、完成したチラシを持って市内の学校へ!
c0222139_9414479.jpg

市内の小学校・中学校では、子どもたち全員にチラシを配布してもらうので、みなさんのお手元に届く日も間近かも!?
お楽しみに~。

からだ全体で心地よい感覚を楽しむ展覧会 [フワフワの夏休み]
会 期:2010年7月17日(土)-8月22日(日)
カラフルなフリース素材で、ヘビのような、とかげのような不思議なオブジェをつくる関野宏子(美術家)と、弾力性のある布でつくられた巨大なスペース・チューブによって、新しい身体感覚の体験を提案する福原哲郎(舞踏家)の作品を展示します。
c0222139_9421345.jpg

by atlia | 2010-06-26 09:42
6月20日(日)、「アーティストから学ぶティーンズのための講座」が行われました。
この講座は、小学校低学年が参加者の大半を占めるワークショップに対して、高学年や中学・高校生が参加しやすい講座を開いて欲しいというご要望にお応えし、今年から新しく始まったものです。
c0222139_19361998.jpg

第一回目となる今回は、日本画家の新恵 美佐子さんを講師に迎え「墨で描く」を行いました。
c0222139_19371144.jpg

先ずは、墨で描く楽しさを体感してもらおうと、大きな紙に自由に描いていきます。
モチーフ(描くモデル)は、魅力的な形をした野菜や花、鳥の剥製などです。
たくさん描いて、墨と筆に手が慣れてきたら、いよいよ本番!
c0222139_19401820.jpg

小学5~6年生13人と、中・高校生10人が参加してくれた今回の講座は、キッズのワークショップや大人の図画工作とも違って、制作に没頭できるゆるやかな時間が流れていました。
c0222139_1947356.jpg

最後に、”さきたま表具 悠遊会”の方々による表装の裏打ち実演が披露され、希望者は裏打ちのやり方を教わりながら自分の作品を裏打ちしました。
c0222139_1949249.jpg


c0222139_22114839.jpg

ティーンズの可能性を導き出せるような講座を、今後も企画していきますので、次回をどうぞお楽しみに。
c0222139_1450931.jpg

by atlia | 2010-06-22 19:53
やさしい美術鑑賞講座「フレーフレー日本画!」の全3回講座が終了しました。

第一弾の6月2日(水)と9日(水)は、鎌倉市鏑木清方記念美術館の主任学芸員、
宮﨑徹氏を講師にお迎えしました。
c0222139_0133843.jpg


作品の鑑賞を楽しむには「感じたことを言葉にして書くのが良い」と宮﨑氏。
スライドで紹介した作品の感想を、その場で参加者の方にも書いていただきました。
c0222139_022253.jpg


第二弾の6月16日(水)は、東京国立博物館の保存修復課アソシエイトフェローの
鈴木晴彦氏を迎え、日本画の保存修復についてお話し頂きました。
c0222139_083118.jpg


講座では、展示された実際の作品のコンディションについて解説して頂いたり(↓)、
c0222139_085966.jpg


紙や布などの修復のための材料や、日本画用の最新の保存道具なども
手にとって見せて頂いたり(↓)と、非常に充実した講座となりました。
c0222139_084673.jpg


宮﨑先生、鈴木先生、本当にありがとうございました!


次回の「やさしい美術鑑賞講座」は11月と来年3月に開催します。
テーマは皆様お待ちかねの「仏像」です!
開催まで少し日を空けますが、お忘れなきよう、どうぞご期待ください!
c0222139_032169.jpg

by atlia | 2010-06-22 00:35
本日は、田原家コレクション「寄贈の近代日本画」の関連ワークショップ“小川の楮(こうぞ)でつくる手すき和紙”が晴天の中行なわれました。
小川町で採れた楮を持ってきていただき、和紙がどのようにしてできていくのか、小川町和紙体験学習センターのスタッフの方から学びました。
会場の作品を一緒に飾ってある大きな和紙も見ました。
c0222139_21152136.jpg

c0222139_21155716.jpg

「溜めすき」というすき方で、ひとり一人原料を手づくりの枠にすくい、仕上げに色とりどりの色や紙や糸でデザインし、仕上げていきました。子どもから大人まで37名の参加者は、はじめての体験に夢中になりました。
c0222139_21175092.jpg

c0222139_21181327.jpg

by atlia | 2010-06-20 20:44
「寄贈の近代日本画展」が、本日より始まりました。
小川町の手すき和紙を使った展示になっています。
c0222139_17102552.jpg

c0222139_17104028.jpg

c0222139_1711416.jpg

会場では、小川の和紙の特別販売もしています。
また、会期中「小川の楮(こうぞ)でつくる手すき和紙」ワークショップを開催します。
まだ空きがありますので、お申込みはお早めに!
c0222139_17115055.jpg

c0222139_1712345.jpg

c0222139_17113546.jpg

c0222139_1051249.jpg

by atlia | 2010-06-02 17:18