公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
カテゴリ:企画展( 123 )
〈反芻 篠原有司男展〉 2回目のギャラリートークを開催しました。
今回は小学生の参加者が多く来てくれました!

c0222139_18425674.jpg

まず初めに篠原さんの年齢を聞いてビックリの参加者。
「ここにあるモノは何でしょう?」という学芸員の問いかけに答えながら、作品の中に登場するカエルやウサギなどのモチーフに目を凝らします。
c0222139_15345050.jpg

ケースの中に並べられた、篠原さんのスケッチブック。1枚1枚よく見ると、人の顔や鳥など、色々なものが描かれています。
細かな部分を見ていくと、面白いものがたくさん見えてきます。


c0222139_15161398.jpg

「あそこに花札がある!」と、作品を指さす参加者。
ギャラリートークだけでなく、他の参加者の発見などを聞きながら作品を見て回ったことで、多くの気づきがあったようです。


篠原さんの作品は、じっくり見ることで、バラエティに富んだモチーフや素材を発見することができます。
どんなものが登場するのか探しながら鑑賞してみてはいかがでしょうか。


次回のギャラリートークは5月4日(土)14:00~開催いたします。
是非ご参加ください。
by atlia | 2013-04-27 16:14 | 企画展
c0222139_15553130.jpg

本日より春の企画展<反芻 篠原有司男>がオープンしました!


c0222139_1459911.jpg

14時からは、担当学芸員によるギャラリートーク。会期初日から早速観に来てくださったお客様に、作品に描かれたモチーフや制作の背景などを、作者自身から聞いた言葉も挟みながら詳しく解説しました。

c0222139_150045.jpg

3つのコーナーに分けられた作品にはそれぞれ、作られた当時の作者のマイブームともいうべき、同じモチーフが繰り返し登場します。そこには、作者のもつ民話などについての深い興味と独自の解釈、日本への愛着や、1969年の渡米後、ニューヨークの暮らしの中で受けた刺激などが色とりどりに表れ、勢いよくすべるような筆致からはあまり想像のつかない、ひとつのテーマを時間をかけて〝反芻“する様子をたどることができます。

c0222139_151076.jpg


鑑賞する側も、作品から受けた印象を飲み込み、また思い起こしてもぐもぐと確かめるように味わえば、見るたびに新しい発見があるかも?
次回ギャラリートークは4月27日(土)と5月4日(土)、各日14:00から開催致します。
みなさんのお越しをお待ちしております。
by atlia | 2013-04-13 15:02 | 企画展
【次回展のお知らせ】
c0222139_2031562.jpg

c0222139_20312155.jpg


反芻 篠原有司男

展覧会期  4月13日(土)〜5月26日(日) 
        10:00~18:00  土曜は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観 覧 料   300円
高校生以下無料、20人以上の団体、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方と付添の方は半額。
5月18日は「リボンシティまつり」のため特別に観覧無料。




関連イベント -------------------------------------------------------------------------

やさしい鑑賞講座「篠原有司男を反芻する」
第1回 芸術×反芸術 対談:篠原有司男(出展作家)×山下裕二(日本美術史家)
日時 4月14日(日)

第2回 日本の前衛 マンガ、ウキヨエ、チョウジューギガ
日時 5月19日(日)
講師 山下裕二(日本美術史家)


ワークショップ
エクササイズ 超獣擬我!(チョウ・ジュー・ギ・ガ)
日時 4月21日(日) 事前予約制
講師 飯島 浩二(美術家、元総合格闘家)


ギャラリートーク
学芸スタッフが一緒に会場をまわり、作品や作家についてお話します。
日時 4月13日(土)、27日(土)、5月4日(土)
c0222139_20442550.jpg

by atlia | 2013-04-07 18:50 | 企画展