公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
カテゴリ:企画展( 127 )
7月26日(金)、開催中の企画展〈新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏「あ、これ、ウチのことです。」〉に関連して[宿題応援トーク]を開催しました。アトリアを訪れた学生のみなさんと一緒に、話し合いながら作品を鑑賞するギャラリーツアーです。
c0222139_19132081.jpg
参加者は小学生と中学生、それぞれの保護者を合わせて5人。作品から発見したものや考えたことをメモできるワークシートを携え、まずは蓮沼昌宏 の作品《あたらしい昔話_芝園団地》を鑑賞しました。
会場には「キノーラ」と呼ばれる手回し式のぱらぱら漫画(アニメーション)が点在しています。それらは、作者が川口市内にあるUR芝園団地に住む方々を取材し聞き取った、様々なウチの物語から発想したもの。展示台代わりのテーブルや椅子は、住人たちの憩いの場だった団地内の喫茶店で使われていたものです。
c0222139_19132794.jpg


More
by atlia | 2019-07-30 10:00 | 企画展
7月13日(土)に夏の展覧会〈新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏「あ、これ、ウチのことです。」〉がオープンしました!
15日(月祝)までの3日間、オープニングにあわせて、イベント「公開制作:一緒につくる、あなたの物語」を開催しました。

ここで制作をしていたのは蓮沼昌宏(はすぬま・まさひろ)さん。
本展ではUR芝園団地に住む方々を取材しつつ、キノーラと呼ばれる手回し式のぱらぱら漫画(アニメーション)を発表しています。
今回の公開制作では、「みんなが集まる広場」を想定しつつ、来場者の方々とコマ撮りアニメを制作しました。
c0222139_16421739.jpg



More
by atlia | 2019-07-21 10:56 | 企画展
6月15日・16日(土日)に、公開制作「あなただけの『住む』をつくろう!」を開催しました。
こちらは夏の企画展「新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏〈あ、これ、ウチのことです。〉」に先行するもの。出品者の上坂直(うえさか・なお)さんが、展示で発表する作品の一部を参加者のみなさまと一緒につくります。

その制作物の元は、9cm角の透明のキューブ。ここに色々な素材を配置して、小さな部屋をつくります。
そうは言っても、なかなかイメージがつきづらい?上坂さんは見本を見せながら、まずは基礎となるパーツ(床、壁、ドア)の設置方法を説明します。
c0222139_19002698.jpg



More
by atlia | 2019-06-30 11:53 | 企画展
ようやっと春の陽気、と思っていたら、暑さを感じる日も増えてきた今日この頃。当館では夏の時期に行う展覧会の準備が始まっています!
出展アーティストを公募で選出する「新鋭作家展」、第8回の審査で選ばれた上坂直さん・蓮沼昌宏さんの発表である本展のタイトルは〈あ、これ、ウチのことです。〉。
地域のなかに取材に出たり、近隣の方と一緒に制作したり、さまざまな活動を経て新作を発表します。

上坂直(うえさか・なお)さんは、建築を学んだ経験のあるアーティスト。本展ではその技術をも生かして、「暮らしのミニチュア」をつくります。
衣装ケースを集合住宅の一室に見立てて様々な「暮らし」を収納した不思議な作品のなかには、家具や雑貨が配置されているだけでなく、動いている住人まで登場!
まちなかに並ぶ整然としたマンション、もちろん川口にもたくさんあります(ベッドタウンですので)。そのひとつひとつの部屋…同じような見た目の外観からは見えない「ウチ」ならではの暮らしを捉えます。
参考作品:《個人的聖域群》2018年
c0222139_17242897.jpg


More
by atlia | 2019-05-03 15:39 | 企画展
2018年12月1日(土)、企画展〈樹々あそぶ庭々〉に関連して、アーティストトークを行いました。
お話しいたただいたのは出品者の浅見貴子さん(画家)。
本ブログでは「第13回アーティスト・イン・スクール〈校庭の樹-墨の点々で描こう〉」授業レポートで既におなじみですが、今回のトークではご自身の作品を中心にお話しいただきました。
ゲストに光田由里さん(DIC川村記念美術館学芸員)をむかえ、お二人のお話しで作品をたどっていきました。
c0222139_10552466.jpg
せっかく本物があるからと、ギャラリーツアーのようにして、会場をご案内します。
ひとつひとつの作品に対して丁寧に聞き取っていく光田さんの質問に、ときおり思い出すようにして答えていく浅見さん。


続きを読む>>
by atlia | 2018-12-04 14:56 | 企画展

7回新鋭作家展「見しらぬ故郷/なじみの異郷」の最終日、92日の14時から、出品作家の力石咲さんと津田隆志さんによるアーティストトークを行いました。

まず展示室Bに入り津田さんからトークをスタート。今回の展示〈mirror / river_旧芝川〉のメインといえる周囲の風景が写り込んだ川面を捉えた写真作品について、その発想のきっかけから、実際の撮影の様子、以前名古屋の川で同様の撮影を行った時との違いなどをユーモアを交えながらテンポよく解説していきます。

c0222139_11054065.jpg

その後、順路を逆にたどるように展示室をめぐり、事前イベントで撮影された水鏡による肖像写真では古代ギリシャのナルキッソスの神話などから人間と水鏡の長い歴史にも話しが及びました。



続きを読む>>
by atlia | 2018-09-09 11:29 | 企画展
猛暑も一段落し、少し爽やかな風が吹くようになってきた8月19日(日)、
会期中の夏の企画展<新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷>に関連して、ギャラリートークを開催しました。
内容は、今回の展覧会の企画意図や作品などについて、出品アーティストとのこの1年間の取り組みを含め、担当スタッフが分かりやすく解説するというもの。


まずは新鋭作家展についての説明です。
公募で選出されてから約10か月、作品発表にとどまらず、地域に関連した幅広い展開をめざし、川口にゆかりがなかったアーティスト達が、なじみの土地と思えるくらいじっくりとリサーチを重ね、作品をつくっていく過程をご紹介。

c0222139_13465246.jpg

そして、いよいよ作品鑑賞。
初めに、写真を主な表現手段にしている津田隆志さんの部屋です。
作品のテーマにもなっている旧芝川についての話しや、作品制作のために多くの市民の方と関わった様子を聞いた後、天井から吊り下げられた自転車に注目。
これは旧芝川に捨てられていた自転車を引き上げたもので、かなり異彩を放っています。
迫力ある展示に、フィールドワークの臨場感が参加者のみなさまにも伝わったようです。



続きを読む>>
by atlia | 2018-08-22 15:03 | 企画展

7月14日から開催している第7回新鋭作家展〈見しらぬ故郷/なじみの異郷〉、実は会期中も展示が変化しています。

力石 咲さんの《ニット・インベーダー in川口》は、さまざまな「川口らしいもの」が明るい黄色の毛糸で編みくるまれていく、というもの。

c0222139_14214799.jpg
                                          撮影:末正真礼生

毛糸の色は川口市の代表的な産業である鋳物にちなんで、熱く溶けた鉄の放つ光をイメージしているそうですが、編みくるむ行為は作者によると「あたたかな侵略」とのこと。会場に集められた「川口」たちは会期全体を通じて徐々に侵略されてあたたかくなっていく、という考え方のもと、ニットインベーダーこと力石さんは、会場で編みくるみをする公開制作を数回にわたって行います。



続きを読む>>
by atlia | 2018-08-10 09:15 | 企画展
アトリアが毎年開催している〈新鋭作家展〉。
c0222139_10103016.jpg
第8回の公募を2018年6月3日(日)で締めきり、一次審査(書類審査)が進んでおりました。
本日7月1日(日)、公式webサイト「アトリアweb」内展覧会のページにて通過者を発表しています。
上記リンクからアクセスしてご覧ください!

---
第8回公募〈新鋭作家展〉
2019年夏に開催する〈新鋭作家展〉において実現したいプランを持つアーティストを公募。出品者(優秀者)は1一次審査として書類審査(ポートフォリオほか)、2次審査としてプレゼンテーション(展示)・口頭審査を経て選出されます。
第一線で活躍する有識者の審査によって選出された優秀者は、当館スタッフと協働し地域とかかわりながら展覧会をつくりあげていきます。作品発表にとどまらない幅広い展開、そして地域の文化振興と新進作家の育成を志向した1年がかりのプロジェクトです。

開催まで
書類受付
2018年4月10日(火)~6月3日(日)
一次審査通過者発表※公式webサイトにて!
7月1日(日)
二次審査提出物公開(ギャラリーでの展示公開。)
9月8日(土)~24日(月祝)
 ※会期中に優秀者を発表!
優秀者はおよそ1年かけてリサーチなどを積み重ね、当館スタッフと一緒に準備をすすめて…
〈第8回新鋭作家展〉で企画展に参加
2019年7月中旬~8月下旬(予定)

審査員(50音順)
住友文彦(アーツ前橋館長)
前山裕司(美術評論家/新潟市美術館館長)
村田真(美術ジャーナリスト/画家)




c0222139_11403601.jpg


by atlia | 2018-07-01 10:00 | 企画展

6月3日、今夏開催する展覧会〈第7回新鋭作家展〉事前イベントとして、[あなたの“川口”を編みくるもう!]が行われました。講師は出品アーティストの力石咲(ちからいし さき)さんです。

力石さんの活動は、柵や街路樹など街の中にある色々なものを、その場でニットで編みくるみ、景色を一変させるというもの。日本各地で行ってきたその活動を、時に力石さんは地元の人と協働で行ってきました。
今夏の展覧会での力石さんのプロジェクトも、地元のみなさんの協力を得て行われますが、今回のイベントでは参加者のみなさんに「川口らしいもの」「川口とあなたをつなぐもの」をアトリアに持ち寄ってもらい編みくるむことに。
c0222139_10374009.jpg
力石さんからこれまでの活動や川口でのプロジェクトについてのお話があった後、参加者のみなさんに、おのおの持ち寄ったものを紹介してもらいます。鋳物のベーゴマや干支の置き物などの「川口らしいもの」、「落ち込んだ時、入ったお店で出会った人からプレゼントしてもらった」小さな手づくりのイス、「伴侶とこの地で出会うきっかけとなった」サッカーボールなどの「川口とあなたをつなぐもの」…みなさんと川口の街とのつながりが見えてきます。


続きを読む>>
by atlia | 2018-06-24 13:00 | 企画展