公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
カテゴリ:企画展( 116 )
今夏開催する第7回新鋭作家展〈見しらぬ故郷/なじみの異郷〉の関連イベント、参加者追加募集中です。

あなたの川口を編みくるもう!
普段なにげなく見ているものをニットで編みくるむことで、日常の風景を一変させるアーティスト、力石咲の作品に参加してみませんか。みなさまが思う「川口らしいもの」「自分と川口をつなぐもの」を持ち寄って、毛糸でつくったひもで編みくるみます。できあがったものは夏の企画展〈第7 回 新鋭作家展〉に展示します。
c0222139_11211758.jpg
c0222139_11223562.jpg
日 時 :6月3日(日)13:30~15:30
講 師 :力石 咲(アーティスト/夏の企画展出品作家)
対 象 :どなたでも 参加無料!
     ※小学2 年生以下は保護者同伴、
ああああああ18 歳未満は保護者の同意が必要
定 員 :15 名
参加受付は先着順!
電話 048-253-0222(アトリア代表)
または当館窓口にて承ります。
※定員となった時点で追加募集は締切とさせていただきます
※定員に満たない場合でも6月2日(土)18:00時点で受付終了とさせていただきます
※締切日5月20日(日)までにご応募いただきました皆さまには、間もなく参加通知はがきが届きます。お手元にはがきが届かない場合にはお問い合わせください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

なお参加いただく際にはぜひ、あなたが思う「川口らしいもの」「自分と川口をつなぐもの」をお持ちください。
例えば・・・
・川口を象徴すると思うもの、川口で買ったものや生活の中で使ったもの、川口での思い出や出来事に関係するもの(個人的な感覚や経験でOK)。
・6月3日~9月5日頃までお貸しいただけるもの(展覧会に展示します)。

※以下に該当するものはご遠慮ください。
・形のしっかりしない布・服・薄い紙や、食品・生物など腐敗するもの
・高価なものや大切なもの(万一破損などした場合、責任を負いかねます)
※公序良俗に反する、或いは宗教や政治に強く関連があると主催者が判断したものは、使用や展示をお断りする場合があります。
※お持ちいただいたものの「川口らしさ」「川口とのつながり」について、講師やスタッフ聞き取りを行い、展覧会場などで公表する場合があります。

どうしても適当なものがない場合は、主催者が用意したものを使って参加いただけます。
どうぞ気軽にお申込みください。みなさまのご参加をお待ちしております!!


---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
出 品 者 力石咲・津田隆志
観 覧 料 300円
※お買い上げいただいたチケットは会期中何度でも入場いただけるパスポート制
※高校生以下無料
※65歳以上、20名以上の団体、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額


by atlia | 2018-05-20 18:00 | 企画展
企画展〈地域のなかのアートな居場所〉、展示替えが完了し後期の展示がオープン!2018年5月20日(日)までの開催です。

ゴールデンウィーク中の5月6日(日)、みなさまのお休みにあわせて公開制作「紙コップで巨大彫刻」を行いました。
制作を行ったのは彫刻家の柳原絵夢さん。本展でご一緒している一般社団法人アプリュスの代表でもあります。

13:00~17:00の開催時間中、ご参加いただいたのは63名。
柳原さん、丁寧にお子様にもお話しながら、一緒に制作を行いました。
c0222139_17572426.jpg
用意した紙コップはなんと1万個!
最初に柳原さんがつくった大きなタワーを中心に、それを取り巻くように参加者のみなさまも紙コップを積んだり、並べたり。
c0222139_17590164.jpg
積み上げていくだけでいろいろなかたちが生まれ、すぐに会場はいっぱいに。
接着剤など固定する材料はつかっていないので、ちょっとしたタイミングで崩れるハプニングが多発!
夢中になってつくっていると、周りをぐるっと囲まれてしまい、びっくり?
c0222139_18493625.jpg
c0222139_18480953.jpg
しかし気を取り直して、新しいものをつくっていきます。
すぐにかたちを直していけるのも、この制作の特徴と言えそう。
c0222139_18453624.jpg
制作エリアいっぱいにひろがった作品は、会期終了まで会場でご覧いただくことができます。
紙コップこんなかたちもできるのか!驚きの成果をぜひご覧ください。
c0222139_18515935.jpg


c0222139_11403601.jpg
---
〈地域のなかのアートな居場所 Aplus×ATLIA〉
2018年4月7日(土)~5月20日(日)
(展示入替あり→前期:4月7日(土)~30日(月祝)、後期:5月2日(火)~20日(日))
10:00~18:00(会期中土曜日のみ20:00まで開館)
観覧料:300円(高校生以下無料)

by atlia | 2018-05-11 15:56 | 企画展
アートパークの長きにわたる整備工事も終わり、緑が気持ち良いこの頃。
春の企画展〈地域のなかのアートな居場所 Aplus×ATLIA〉、オープンしています!

4月7日(土)・8日(日)の午後、オープニングイベントとして、アーティストの公開制作「ガラスに描く動物園」を開催しました。
本展(前期)に絵画を出品してくれている村山之都さん・スズキナツコさん・矢口佳那さんの3人がアトリアの特徴である大きな窓ガラスに直接ライブペイント!
当日ご来場いただいたお客様にも参加いただきながら、14mを超える大作が完成しました。
c0222139_11040861.jpg
初日の準備、まずは3人がマグマが流れる山、黄色い大きな木、緑の丘から流れる川…などを描いていきます。
これをフィールドに、動物を描いていくための、いわば下地のようなもの。
つかっているのは窓に描いても水で落ちる特殊な画材です。建物の内側からぬりぬり。

外から見えるところで描いていると、とっても注目されている様子。土曜日の公園は家族連れでいっぱい!
またたく間に館内にこどもたちが飛び込んできて、一緒に描きはじめます。
c0222139_11085725.jpg
最初は窓に描く行為に緊張している人もいたようでしたが、一度描きはじめると、これもまたたく間にどんどんガラスが埋まっていきます!
c0222139_11121526.jpg
c0222139_11145724.jpg
ウサギ、ゾウ、ライオン、カメ、ワニ…などなど、自分の好きな動物を描く人もいれば、星や線を描いたり、青色で広いところを塗りつぶしたり。
どんどんひろがる不思議な動物園はびっくりするほど賑やかです。

7日(土)の終わりには描いていた窓はほとんど埋め尽くされるようになっていました!
8日(日)には急遽少しだけ場所を広げて、スタートです。
c0222139_11222902.jpg
この日もとてもいい天気、描きはじめるとすぐに外からの注目が!
c0222139_11242926.jpg
実はこの作品、外側から見るのと内側から見るのとでは、ちょっと異なった感じに見えるのです。
それは、左右がひっくりかえるのはもちろんなのですが、色の重なる順番が逆に見えるから。
c0222139_11273716.jpg
窓に直接描いているという作業も、その作品も、ちょっと珍しいかもしれませんね。外側からカメラを向けている方も多くいらっしゃいました。
c0222139_11314803.jpg
c0222139_11322667.jpg
明るく日が差し込む大きな窓ガラス、そこから公園を見ながら制作する体験は、開放的な空間を持つアトリアならでは。
ここでしかできない思い切った作品が完成しました!

この作品は会期中、前期展の最終日、4月30日(月祝)まで公開しています。
ぜひ外側からも・館内からも、見比べてみてくださいね。
c0222139_11403601.jpg



---
〈地域のなかのアートな居場所 Aplus×ATLIA〉
2018年4月7日(土)~5月20日(日)
(展示入替あり→前期:4月7日(土)~30日(月祝)、後期:5月2日(火)~20日(日))
10:00~18:00(会期中土曜日のみ20:00まで開館)
観覧料:300円(高校生以下無料)


by atlia | 2018-04-15 11:44 | 企画展
2017年12月3日(日)、企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉の関連イベントとしてアーティストトークを行いました。
お話いただくのは、このスタッフブログではもうおなじみのミヤザキケンスケさん。
本展の出品作を中心に、これまでの作品や活動をご紹介いただくほか、アーティスト・イン・スクールでの取り組みについて振り返りを行いました。
まずは関連展示として先行オープンした〈カラフル・ザ・ワールド!〉と題したミヤザキさんの作品が展示されているゾーンでは描かれているモチーフについてはもちろん、特徴的な色使いやアクリル絵の具の使い方などを中心に、それぞれの作品について一言ずつ解説。
原色そのままだったり補色の組み合わせを好んで使うのは、パワフルでハッピーな気持ちになることを目指すという姿勢において、色の強さが重要であると考えている、という一言が印象的でした。
確かにミヤザキさんの作品は目に飛び込んでくるような色彩のインパクトがありますね。



続きを読む>>
by atlia | 2017-12-09 15:15 | 企画展
2017年12月10日(日)まで!企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉。
ミヤザキケンスケ(ミヤケン)さんの作品展示、さらに川口市立東本郷小学校との活動「アーティスト・イン・スクール」の成果発表を行っています。
関連ワークショップでできた成果物も展示し、すべての作品がそろっています!
本ブログでは、こんなところにも?な見どころをちょっとご紹介。

まず、建物の入り口付近。展覧会名が描かれたフラッグがかけられていますが、実はこれ、ミヤケンさんの手描き!
アーティスト・イン・スクールの授業でも使用したテント地と同じようなビニール地に、雨にも強い絵具で描いてくれました。
建物の外にありますので、入る前にぜひ探してみてくださいね。


続きを読む>>
by atlia | 2017-11-22 14:52 | 企画展

727日(木)、開催中の企画展〈第6回新鋭作家展 影⇆光〉に関連して[夏休みの宿題応援ギャラリートーク]を開催しました。アトリアを訪れた学生のみなさんに、スタッフが展示作品について分かりやすくお話しするというもの。中学生のグループや家族連れを含む13人が参加してくれました。


c0222139_16164424.jpg

まずは佐藤史治+原口寛子の作品《アイシャドー》を鑑賞しました。展示室のあちこちに散らばる小さなモニターには夜のまちに光るネオンや看板の一部が映し出され、文字のかたちを2人の手の影がなぞっています。一風変わった影絵遊びを間近で見ると聞こえてくる2人の声。文字のかたちをなぞると同時に声に出して読んでいますが、ゆったりとした筆文字の「ゆ」は脱力気味に、ポップなデザインの「Po」は歯切れよくといった具合に手の動きや声の出し方に違いがあり、文字11つがもつ特徴や印象が際立って見えてきます。



続きを読む>>
by atlia | 2017-07-28 15:47 | 企画展
先週の土曜日(7月15日)からいよいよ始まった夏の企画展、第6回新鋭作家展〈影⇆光〉。
前回までのブログでは、2組の出品アーティストのうち「金沢寿美」について事前のイベントなど制作活動を紹介してきましたが、今回はもう一組の出品アーティスト「佐藤史治+原口寛子」についてご紹介します。
佐藤さん、原口さんは映像を使った作品をつくる2人組のアーティストです。
本展では、「影絵」が動く映像を展示しています。でも、皆さんが良く知っている「影絵」とはちょっと違うようです。一体どんな映像かというと…
c0222139_13332249.jpg
「き」という光る文字、そしてそのかたちをなぞって動く手の影。


続きを読む>>
by atlia | 2017-07-20 13:43 | 企画展
6月13日・14日・15日に、夏の企画展に向けての事前イベント【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】を開催しました。
5月に開催した前回に引き続き、紙片にわずかな余白を残しながら黒鉛筆で塗りつぶしていく…という体験をしていただく内容です。今回も、出品作家の金沢さんとともにお客様をお迎えしました。
この3日間合わせて80人の方にご来場いただき、5月20日・21日に開催した2日間とあわせると全5日間で173人の方々にご来場いただき、たくさんの個性的な「星空」が集まりました。
c0222139_20320744.jpg
参加されたみなさまは、10Bというあまり見たことのない濃度の鉛筆に驚きつつ、紙をひたすら塗りつぶしていくだけという単純な作業にのめりこんでいる様子でした。

続きを読む>>
by atlia | 2017-06-17 16:00 | 企画展
5月20日・21日(土・日)の午後、今年の夏の企画展関連、事前イベントとして【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】を開催しました。
前回の記事でもお知らせしていましたとおり、このイベント、「日常にある何の変哲も無い紙を、10Bの鉛筆で星空のように塗りつぶしましょう。」といういたってシンプルな内容。
さてさて、どうなるか。ちょっとドキドキしながら、作家の金沢さんとスタッフで会場を最終チェックしつつお客様をお迎えしました。(下の画像の左端に座っているのが、金沢さんです。)
c0222139_18240312.jpg
すると、開始まもなくして、お孫さんをお連れの方がご来場。
お客様第一号です!
この日は晴天で、アトリア前の公園にも人がいっぱい。「何かやってるの?」と、どんどんお客様が入ってきて参加してくださいました。
小さなお子様からご年配の方まで、家族連れ、お友だち同士、はたまたお一人でふらりと…と、いろんな方が来てくださいました。
みなさん、ほとんど初めて見る10Bの鉛筆に、興味津々。さっそく手にとって、ぬりぬりしはじめます。どれだけ塗るか、どんな風に塗るか?塗り方は特に決まり無く、自由。
どんなふうに塗っても、それぞれの「星空」ができあがるのです。
c0222139_18252823.jpg
完成したものは、会場の「星空コーナー」に並べられていきます。
個性溢れる「星空」がどんどん増えていく様子に、金沢さんもスタッフも大喜びです。
c0222139_18254076.jpg
c0222139_18254740.jpg
これらの「星空」たちは、夏の企画展で金沢さんが出品する作品の一部になります。当日参加してくださったみなさまにとっては、この日、自分がぬりぬりした「星空」が大きなアート作品に姿を変えてお披露目される展覧会を楽しみにしてくいただくきっかけにもなりました。
夏の企画展(7月15日から開催!)の全貌については、ただいま鋭意準備中です。決まり次第、改めてホームページやチラシなどでお知らせいたしますので、お楽しみに。

※このイベントは、来月6月13日・14日・15日(火・水・木)も開催します。5月のチャンスを逃してしまった方も、ぜひご来場ください!
*************
ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
日時 :2017年5月20日(土)・21日(日)、6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30の間、随時
対象 :どなたでも
参加無料

※その他詳細はアトリアHP「ワークショップ・講座」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-05-25 17:39 | 企画展
しばらく準備期間をいただいておりましたが、今日からスタジオで新しいイベントが始まります!
どなたでも無料で・その場ですぐご参加いただけますので、ぜひお気軽にお越しください。

c0222139_11565321.jpg
今回みなさまにお楽しみいただくのは、ぬり絵。
といっても一般的なぬり絵とは一味違い、黒一色をつかって「ぬり残す」ことで、オリジナルの「星空」を描きます。
つかう道具は、鉛筆と紙のたった二つ。とっても簡単です!

c0222139_1212356.jpg
実は今回つかうのはちょっと特別な鉛筆。一般的によく見かけるHB鉛筆よりもずっと濃い、10Bの鉛筆をご用意しました。
ぬり心地はやわらかくなめらかで、何度もぬり重ねるとまさに鉛(なまり)のような美しい光沢が出るのが特徴です。

つかう紙は、チラシやレシートやノートの切れ端などなど… 会場でご用意していますが、みなさまがお持ちになった紙もお使いいただけます。
鉛筆と比べると、これらは身のまわりにありふれたもの、と思えるかもしれません。でも根気よくぬりぬりすることで、特別な輝きを宿した「星空」が出来上がるのです。

c0222139_122935.jpg
こちらは完成作品の一例。
不要になった漫画本に直接ぬりぬりしたもので、吹きだし部分のぬり残しが星空の一部に見えます。「ドン」という大きな文字が目立つのもユニーク。

c0222139_1213125.jpg

こちらは意図的に星の形をぬり残したもの。どこを残すかによって、下の紙に書かれている文字が生きるのも「星空」ぬり絵の魅力です。

今回ぬりぬりした作品は、7月から始まる夏の展覧会で展示いたします。ぬり絵がたくさん集まるほど、たくさんの輝きを宿した見ごたえある作品へと発展させることができそうです。展示を行うアーティストの金沢寿美さんも、会場でぬりぬりしながらみなさまをお待ちしておりますよ!

*************
ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
日時 :2017年5月20日(土)・21日(日)、6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30の間、随時
対象 :どなたでも
参加無料

※その他詳細はアトリアHP「ワークショップ・講座」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-05-20 11:20 | 企画展