公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
外はジリジリと照りつける日差し。そんな暑いさなか、
第7回新鋭作家展〈見しらぬ故郷/なじみの異郷〉がはじまっています!

本展覧会では、昨年の公募で優秀者に選ばれた二人のアーティストが
川口のまちで一年をかけてリサーチを重ね、新作をつくることに挑戦しました。

力石 咲(ちからいし さき)さんは、ニットを用いてご当地のさまざまなものを編みくるみ、一風変わった景色を
つくり出すプロジェクト型の活動をしています。
今回はスタジオ内に「川口らしいもの」を配置し編みくるむことで、川口を知らない人にも、地元の人にも、
それぞれに発見をもたらす作品。
これが川口と関係していたの?と驚く身近なあるものも、作品の一部となっています。
c0222139_10325460.jpg
                          撮影:末正真礼生

津田隆志(つだ たかし)さんは主に写真を表現方法とし、既成概念にとらわれず
自分の足で歩き得た体験をもとに制作しています。
川口では、市内を流れる旧芝川を取材し、その中での体験や時間を取り込んだ作品を展開。
c0222139_10332456.jpg
最初の展示室には、川から引き揚げられた投棄自転車も展示。
旧芝川での取材の様子がダイレクトに感じられます。

知っているはずの場所や日常…けれどアーティストの表現を介すると、見えなかったものまで見えてくる?
涼しい館内で、ゆっくりと素敵な「気づき」を探してみませんか。
ぜひ、体験しにいらしてください。

---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
出 品 者 力石咲・津田隆志
観 覧 料 300円
※お買い上げいただいたチケットは会期中何度でも入場いただけるパスポート制
※高校生以下無料
※65歳以上、20名以上の団体、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額





# by atlia | 2018-07-20 17:01
年に2.3か月ほど、ギャラリーの空間そのものをお貸出ししている「貸しギャラリー」。ご自身のつくったアート作品の展示発表にご利用いただけます。
2018年は2019年の利用申し込みを受け付け。約1年前にご応募いただき、それに向けてゆっくり準備していただけます。
受付期間中のお申し込みはもちろんですが、ご予約がない日付は追加募集として随時お問合せを承っていますので、最新情報はアトリアweb内「貸しギャラリー」のページをぜひご覧ください。
2018年7月1日現在、1年後の5.6月のご利用分に空きがありますよ!お早めにどうぞ!

本ブログでは、ちょっと興味あるけれど、難しいんじゃないの?とお思いの方々に、お貸出ししている空間の特徴とともに、これまで利用いただいた方々の展示をご紹介。

アトリアの展示室A/Bは、ひと部屋でも、ふたつをつなげても使えます。個展はもちろん、グループでの展示などにもご利用いただけます。
高くて白い壁が特徴で、ピクチャーレールもありますが、ある程度の重さであれば直接壁に釘やビスをつかっていただけることが人気の理由のひとつ。安定感のある展示ができるだけでなく、作品をきれいに見せることができますよ。
これまでは、照明をきれいに当てたい油絵や小さな作品を並べる造形教室や福祉施設の発表展なども多数。
c0222139_13230530.jpg
富丘太美子油絵展(2017年)
展示室A/B(つなげて利用)、個展、油絵
統一感のある会場づくりがシリーズ的な作品に向いています。

c0222139_13312518.jpg
全日本写真連携川口支部写真展(2018年)
展示室A、グループ展、写真
グループで揃いのサイズにし、きれいに展示いただきました。

c0222139_13273004.jpg
ラッコの会絵画展(2017年)
展示室B、グループ展、絵画
壁にランダムに展示いただくとかわいらしい印象に。


一方でスタジオは、壁に囲まれた展示室とは異なり、ガラスばりの廊下とつながっているのが特徴です。
天井の高さが際立つ空間なので、床におく立体物や大きな作品が映えるように見せる会場がつくれるほか、たくさんの作品をもちよるグループ展にもご利用いただいてきました。
芝生が見える気持ちの良い空間は、季節を楽しめるほか、外からも見えることで集客のアップにもつながります。
c0222139_13490693.jpg
二田原英二彫刻展~夢のつづき~(2018年)
スタジオ、個展、彫刻・ドローイング
床に彫刻・壁にスケッチをバランスよく配置いただきました。

c0222139_13524628.jpg
図工教室infinito作品展―Freedomー(2017年)
スタジオ、グループ展
造形教室で生まれた多ジャンルの作品をよりにぎやかに。

c0222139_13562092.jpg
追悼 藍型染 寿子の布(2018年)
スタジオ、個展、染め物(布)
天井高を生かして反物を掛軸のように展示いただきました。


展示台や受付用の机・椅子等々お貸し出しできる物品も多数、追加の利用料金はいただきません!
「こういうイベントはできるのかな?」「展示の方法の相談にのってほしいんだけど」というようなお問合せも随時承りますので、詳細はぜひお電話・窓口で!お気軽にご連絡ください。

c0222139_11403601.jpg

# by atlia | 2018-07-04 09:47 | お知らせ
アトリアが毎年開催している〈新鋭作家展〉。
c0222139_10103016.jpg
第8回の公募を2018年6月3日(日)で締めきり、一次審査(書類審査)が進んでおりました。
本日7月1日(日)、公式webサイト「アトリアweb」内展覧会のページにて通過者を発表しています。
上記リンクからアクセスしてご覧ください!

---
第8回公募〈新鋭作家展〉
2019年夏に開催する〈新鋭作家展〉において実現したいプランを持つアーティストを公募。出品者(優秀者)は1一次審査として書類審査(ポートフォリオほか)、2次審査としてプレゼンテーション(展示)・口頭審査を経て選出されます。
第一線で活躍する有識者の審査によって選出された優秀者は、当館スタッフと協働し地域とかかわりながら展覧会をつくりあげていきます。作品発表にとどまらない幅広い展開、そして地域の文化振興と新進作家の育成を志向した1年がかりのプロジェクトです。

開催まで
書類受付
2018年4月10日(火)~6月3日(日)
一次審査通過者発表※公式webサイトにて!
7月1日(日)
二次審査提出物公開(ギャラリーでの展示公開。)
9月8日(土)~24日(月祝)
 ※会期中に優秀者を発表!
優秀者はおよそ1年かけてリサーチなどを積み重ね、当館スタッフと一緒に準備をすすめて…
〈第8回新鋭作家展〉で企画展に参加
2019年7月中旬~8月下旬(予定)

審査員(50音順)
住友文彦(アーツ前橋館長)
前山裕司(美術評論家/新潟市美術館館長)
村田真(美術ジャーナリスト/画家)




c0222139_11403601.jpg


# by atlia | 2018-07-01 10:00 | 企画展

6月3日、今夏開催する展覧会〈第7回新鋭作家展〉事前イベントとして、[あなたの“川口”を編みくるもう!]が行われました。講師は出品アーティストの力石咲(ちからいし さき)さんです。

力石さんの活動は、柵や街路樹など街の中にある色々なものを、その場でニットで編みくるみ、景色を一変させるというもの。日本各地で行ってきたその活動を、時に力石さんは地元の人と協働で行ってきました。
今夏の展覧会での力石さんのプロジェクトも、地元のみなさんの協力を得て行われますが、今回のイベントでは参加者のみなさんに「川口らしいもの」「川口とあなたをつなぐもの」をアトリアに持ち寄ってもらい編みくるむことに。
c0222139_10374009.jpg
力石さんからこれまでの活動や川口でのプロジェクトについてのお話があった後、参加者のみなさんに、おのおの持ち寄ったものを紹介してもらいます。鋳物のベーゴマや干支の置き物などの「川口らしいもの」、「落ち込んだ時、入ったお店で出会った人からプレゼントしてもらった」小さな手づくりのイス、「伴侶とこの地で出会うきっかけとなった」サッカーボールなどの「川口とあなたをつなぐもの」…みなさんと川口の街とのつながりが見えてきます。
c0222139_10382503.jpg
続いて力石さんより基本となる編み方が伝えられ、実際にひもを巻き付けながら、どのようにくるんでいくか考えていきます。ちなみに今回使われるニットの色は、鋳物のまち川口にちなみ「湯(ゆ)」(高温で溶けて液状になった鉄)の色に見立てた黄系統の毛糸です。大きな毛糸玉が配られ、ニットに触れていると、みなさん一気に想像が膨らんでいくようです。
c0222139_10390039.jpg
c0222139_10395392.jpg
「川口らしいもの」には、アトリアが用意した川口の職人さんの手による本棚や、鋳物の型、川口市のマスコットキャラクターであるきゅぽらんの人形なども加わります。

編みくるみの作業に入ると、繊細なモチーフをニットからどのように覗かせるかじっくり考えたり、編むことの楽しさそのものにのめり込んだり、取り組み方はさまざま。力石さんも参加者一人ひとりに声をかけ、一緒に知恵を絞っていきます。
c0222139_10403024.jpg
1時間ほどの作業時間はあっという間に過ぎていきます。形をまとめ、最後はそれぞれの作品について発表しました。
「ゆりかごのように編みくるんではどうか、と講師にアドバイスをもらって進めました。」
「きゅぽらんと鋳物を組み合わせてみました。」
「“I♡川口”の文字をニットで描きました。」
など、編みくるんだものに合わせた工夫がこらされていたり、
「長く編んだ毛糸を天井から垂らして、その途中にコマが乗っているように展示したいです。」
と展示の仕方にこだわりを持ったりと、みなさん独自の視点が、自由自在に形を変えることのできるニットによって表されました。
c0222139_10411814.jpg

c0222139_12003900.jpg
ニットの優しい表情で包まれた「川口らしいもの」。編みくるむ前とはまた違った味わいで見えてきました。今回のイベントの成果を含んだ力石さんの作品は、夏の企画展(7月14日~9月2日)でご覧いただくことができます。展示された姿をどうぞお楽しみに!



---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
出 品 者 力石咲・津田隆志
観 覧 料 300円
※お買い上げいただいたチケットは会期中何度でも入場いただけるパスポート制
※高校生以下無料
※65歳以上、20名以上の団体、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額






# by atlia | 2018-06-24 13:08 | 企画展

5月26日(土)・27日(日)、夏の企画展<第7回新鋭作家展>の事前イベントとして、「水鏡ポートレート撮影会ー芝川の水を使って」を開催しました。

まずは、撮影会場の準備です。
芝川の水を実際に入れた大きな容器を設置。
その前に照明やカメラの機材を並べ、即席の水鏡撮影スタジオをつくります。
そこで、展覧会出品アーティストの写真家の津田さんが、
水面に映るみなさんの姿を撮影し、一味違ったポートレートに仕上げます。

会場は撮影のために、少し薄暗く静かな雰囲気。
お客様第一号は、緊張の面持ちです。
c0222139_14542803.jpg

「線のところに立って、水を少しのぞきこんでください」
津田さんが、カメラをのぞきながら指示をだします。
水面に向けてカメラをカシャ。
参加者は水をそっとのぞきこみますが、何も見えません。

c0222139_15015421.jpg
時々、津田さんが水に石を投げ入れ水面を揺らしながら撮影はすすみます。
しかし、まだどんな写真が撮れているかはわかりません。
撮影が終わったら、画像を津田さんのパソコンでチェック。
すると不思議。津田さん側から見ると、水鏡に映り込んだ肖像が映っています。
水紋で揺らいだポートレートは幻想的で、参加者からも歓声が。

c0222139_10214357.jpg
天気の良い週末。謎の撮影会に、通りすがりの家族連れやお子様もたくさん集まってきました。
そして、川口市のマスコット、きゅぽらんまでも!
みなさんの笑顔で撮影会場も和やかになり、自然に体が動いていろいろなポーズが生まれます。
自分では撮れないポートレートは、インスタ映えしちゃうかも⁉

c0222139_10140356.jpg
c0222139_14582576.jpg

今回撮影した写真の一部は、津田さんの作品として夏の企画展(7月14日~9月2日)で展示されます。
身近な川の水に映り込んだ見たことのない自分の姿。
みなさまの目には、どのように映るでしょうか。
ぜひ、不思議な発見をしに会場にいらしてください。

---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
出 品 者 力石咲・津田隆志
観 覧 料 300円
※お買い上げいただいたチケットは会期中何度でも入場いただけるパスポート制
※高校生以下無料
※65歳以上、20名以上の団体、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額



# by atlia | 2018-05-30 12:09 | 企画展