公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG

7回新鋭作家展「見しらぬ故郷/なじみの異郷」の最終日、92日の14時から、出品作家の力石咲さんと津田隆志さんによるアーティストトークを行いました。

まず展示室Bに入り津田さんからトークをスタート。今回の展示〈mirror / river_旧芝川〉のメインといえる周囲の風景が写り込んだ川面を捉えた写真作品について、その発想のきっかけから、実際の撮影の様子、以前名古屋の川で同様の撮影を行った時との違いなどをユーモアを交えながらテンポよく解説していきます。

c0222139_11054065.jpg

その後、順路を逆にたどるように展示室をめぐり、事前イベントで撮影された水鏡による肖像写真では古代ギリシャのナルキッソスの神話などから人間と水鏡の長い歴史にも話しが及びました。

また、フィールドワークで見出したさまざまなものを配置した空間では、作者本人が「作品未満」と呼ぶそれらのものについて、取材中の体験や実現しなかったアイディアとの関連を説明。しかし展示ではあえて説明的な要素を付け加えずに、鑑賞者が自分なりに展示物同士の結びつきやストーリーを考える余地を作ったとのこと。自分の考えの表明・主張よりも、鑑賞者に何かに気づき考えるきっかけをもたらしたいという、津田さんの制作姿勢につながる話しで締めくくられました。

c0222139_11054740.jpg

その後の質疑ではいくつかの質問が出されました。中でも旧芝川の近くに長年住むという参加者から出された「写真の旧芝川は実際に比べて美しすぎるのではないか」との意見は「汚い川でも水鏡の写真では美しく見える。むしろそのギャップよってさまざまなことを考えさせたい」という答えとともに、このプロジェクトの本質をつくものとなりました。

会場をスタジオに移した力石さんのトークは、はじめに全体的なことを話し次いで個々の展示物について解説するという構成。

作品にニットを使う理由やこれまでの作品展開、地域と関わる活動についての考えなどを述べた後、これまでとは違い室内中心の展示となった川口での活動の進行と、それに伴うプランの変化について、時折メモに目を落としながら丁寧に説明していきます。

c0222139_11055523.jpg

リサーチによって見いだしたさまざまな自分が「川口らしい」と感じるものを会場に集めることによって「川口のまち」を表し、それらを鋳物の溶けた鉄を象徴する色の毛糸で編みくるむプランに最終的に落ち着いた、というところでトークはそれぞれの展示物とその編みくるみ方の工夫などの解説に移ります。

その中には事前イベントの参加者に持ち寄ってもらった、その人にとっての「川口らしいもの」もあり、その人の考えた編みくるみ方がなされている、またそれ以外のものでも一般の来場者の手によって編みくるまれている部分もあり、展示全体としては単純に「力石咲の作品」とはいえないとのこと。むしろ多くの人とその歴史が自分や土地と関わる入り組んだ構造が〈ニット・インベーダー〉の面白さであると考えている、という作者の考えも表明されました。

c0222139_11060620.jpg

質疑では「実際の鋳物で使う溶鉄の色はもっと白い。毛糸の色は温度の下がった状態ではないか。」という質問が鋳物関係者から出され、力石さんが「実際の色の再現よりも内部から光を発する感じを何とか毛糸で表すことを優先したため、明るい黄色を選んだ」と答えるという、鋳物のまち川口ならではの一幕もありました。

          
c0222139_11222016.jpg


---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
出 品 者 力石咲・津田隆志


# by atlia | 2018-09-09 11:29 | 企画展
猛暑も一段落し、少し爽やかな風が吹くようになってきた8月19日(日)、
会期中の夏の企画展<新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷>に関連して、ギャラリートークを開催しました。
内容は、今回の展覧会の企画意図や作品などについて、出品アーティストとのこの1年間の取り組みを含め、担当スタッフが分かりやすく解説するというもの。


まずは新鋭作家展についての説明です。
公募で選出されてから約10か月、作品発表にとどまらず、地域に関連した幅広い展開をめざし、川口にゆかりがなかったアーティスト達が、なじみの土地と思えるくらいじっくりとリサーチを重ね、作品をつくっていく過程をご紹介。

c0222139_13465246.jpg

そして、いよいよ作品鑑賞。
初めに、写真を主な表現手段にしている津田隆志さんの部屋です。
作品のテーマにもなっている旧芝川についての話しや、作品制作のために多くの市民の方と関わった様子を聞いた後、天井から吊り下げられた自転車に注目。
これは旧芝川に捨てられていた自転車を引き上げたもので、かなり異彩を放っています。
迫力ある展示に、フィールドワークの臨場感が参加者のみなさまにも伝わったようです。

c0222139_13470299.jpg
続いて、旧芝川の水を撮影した写真が、整然と並ぶ空間へ。
その中のポートレートは、実際に旧芝川の水を使って人工的に作った水鏡に映り込んだ一般の方々の姿を撮影したもの。
幻想的で不思議な写真は、身近な人も見しらぬ存在に変えてしまいそう。
風景の写真は、何か奇妙です。「上下がさかさま」と参加者も気がつきます。
まちの繁栄に比例するかのように汚れる川に、美しく映りこむさかさまの都市風景。
それは、都市の皮肉な状況を映しとっているともいえます。

c0222139_13471339.jpg

一方、ニットによる編みくるみの手法で、非日常の空間をつくりだす力石 咲さんの部屋は、一転して賑やかな雰囲気。
巨大なUFOと呼ばれる編み機が目に飛び込んできます。
アーティストが「川口らしいもの」を選んで編みくるんだ作品が、放射線状に並んでいるのは、このUFOから引っ張られているように見せるためなのだそうです。

c0222139_13472212.jpg

展示の中には、事前イベントで、参加者のみなさんが自分にとっての「川口らしいもの」を編みくるんだ作品や、会期中のイベントで、鑑賞者が作者と一緒に編みくるんだものもあるとのこと。
地域の人を巻きこみながら、さまざまな「川口」をどんどんニットでくるみ一風変わった景色をつくる。
このプロジェクトは、作者の考えでは展示が完成して終わりではなく、会期終了まで続くものなのだそうです。

c0222139_13473253.jpg


最後には、「ニットがなぜ黄色なのか」など鋭い質問も飛び出した今回のイベント。
一見わかりにくい作品も、じっくりみることで面白い発見がある。
そんなきっかになるギャラリートークでした。
展覧会の会期は、残り2週間あまり。
ぜひ、新しい「気づき」を見つけてみませんか。
なお、ご来場者の方にはお気づきの方も多いと思いますが、展示室内にカワセミ(置き物)が何羽かいます。
そちらもあわせて、探してみてください!

---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
出 品 者 力石咲・津田隆志
観 覧 料 300円
※お買い上げいただいたチケットは会期中何度でも入場いただけるパスポート制
※高校生以下無料
※65歳以上、20名以上の団体、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額
















# by atlia | 2018-08-22 15:03 | 企画展

7月14日から開催している第7回新鋭作家展〈見しらぬ故郷/なじみの異郷〉、実は会期中も展示が変化しています。

力石 咲さんの《ニット・インベーダー in川口》は、さまざまな「川口らしいもの」が明るい黄色の毛糸で編みくるまれていく、というもの。

c0222139_14214799.jpg
                                          撮影:末正真礼生

毛糸の色は川口市の代表的な産業である鋳物にちなんで、熱く溶けた鉄の放つ光をイメージしているそうですが、編みくるむ行為は作者によると「あたたかな侵略」とのこと。会場に集められた「川口」たちは会期全体を通じて徐々に侵略されてあたたかくなっていく、という考え方のもと、ニットインベーダーこと力石さんは、会場で編みくるみをする公開制作を数回にわたって行います。

c0222139_14544407.jpg

しかもこの公開制作、見るだけでなく鑑賞者のみなさまも参加して楽しむことができます。これまで2回行われた公開制作では老若男女たくさんの方が参加され、楽しみながら川口をあたたかく編みくるんでくださいました。

c0222139_14240579.jpg

3回目(最終回!)の公開制作「ニットインベーダー活動中!」は今週末、8月11日(土・祝)に行われます。「編みくるみ」といっても編み物ではなく、初めての方でも簡単にできるものです。予約不要、道具不要、時間もそれほどかかりませんので、お気軽にどんどんご参加ください。



---

参加型公開制作 ― ニットインベーダー活動中!」

2018年8月11日(土・祝)

10:00 ~ 12:00 / 13:00 ~ 17:30(この時間内でいつでもご参加いただけます)

対 象  どなたでも(小学2年生以下の場合は保護者同伴)

参加費  無料(観覧料別途・事前申込不要)



# by atlia | 2018-08-10 09:15 | 企画展
外はジリジリと照りつける日差し。そんな暑いさなか、
第7回新鋭作家展〈見しらぬ故郷/なじみの異郷〉がはじまっています!

本展覧会では、昨年の公募で優秀者に選ばれた二人のアーティストが
川口のまちで一年をかけてリサーチを重ね、新作をつくることに挑戦しました。

力石 咲(ちからいし さき)さんは、ニットを用いてご当地のさまざまなものを編みくるみ、一風変わった景色を
つくり出すプロジェクト型の活動をしています。
今回はスタジオ内に「川口らしいもの」を配置し編みくるむことで、川口を知らない人にも、地元の人にも、
それぞれに発見をもたらす作品。
これが川口と関係していたの?と驚く身近なあるものも、作品の一部となっています。
c0222139_10325460.jpg
                          撮影:末正真礼生

津田隆志(つだ たかし)さんは主に写真を表現方法とし、既成概念にとらわれず
自分の足で歩き得た体験をもとに制作しています。
川口では、市内を流れる旧芝川を取材し、その中での体験や時間を取り込んだ作品を展開。


続きを読む>>
# by atlia | 2018-07-20 17:00
年に2.3か月ほど、ギャラリーの空間そのものをお貸出ししている「貸しギャラリー」。ご自身のつくったアート作品の展示発表にご利用いただけます。
2018年は2019年の利用申し込みを受け付け。約1年前にご応募いただき、それに向けてゆっくり準備していただけます。
受付期間中のお申し込みはもちろんですが、ご予約がない日付は追加募集として随時お問合せを承っていますので、最新情報はアトリアweb内「貸しギャラリー」のページをぜひご覧ください。
2018年7月1日現在、1年後の5.6月のご利用分に空きがありますよ!お早めにどうぞ!

本ブログでは、ちょっと興味あるけれど、難しいんじゃないの?とお思いの方々に、お貸出ししている空間の特徴とともに、これまで利用いただいた方々の展示をご紹介。

アトリアの展示室A/Bは、ひと部屋でも、ふたつをつなげても使えます。個展はもちろん、グループでの展示などにもご利用いただけます。
高くて白い壁が特徴で、ピクチャーレールもありますが、ある程度の重さであれば直接壁に釘やビスをつかっていただけることが人気の理由のひとつ。安定感のある展示ができるだけでなく、作品をきれいに見せることができますよ。
これまでは、照明をきれいに当てたい油絵や小さな作品を並べる造形教室や福祉施設の発表展なども多数。
c0222139_13230530.jpg
富丘太美子油絵展(2017年)
展示室A/B(つなげて利用)、個展、油絵
統一感のある会場づくりがシリーズ的な作品に向いています。


続きを読む>>
# by atlia | 2018-07-04 09:50 | お知らせ