公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました

1月11日(土)<アートな年賀状展2020>関連ワークショップとして、「オリジナルの型で染め体験」を開催しました。講師は川口市の染色家、西大三さん。小学1年生~5年生17人で、染めの伝統的な技法にふれながら自由な制作に挑戦しました。

はじめに、西さんから今日の制作についての説明です。今回は型を使った染めだけでなく、折り染めという技法も体験します。折り染めとは、布を折り紙のようにたたみ角や辺に顔料を染み込ませる染色方法です。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_16595487.jpg
参加者にはサイズの違う2枚のハンカチが配られ、まずは赤・青・黄・緑・紫・ピンクの6色から好きな色をひとつ選び、小さい方のハンカチで練習します。おそるおそる染色用の顔料に布を浸すと、思ったより布に色が染み込みます。ポイントは少しだけ浸すこと。講師の言葉で参加者たちも要領を得た様子。それから、本番のハンカチへ。顔料をつけたハンカチを広げると、思いがけない面白い形に色が広がります。模様を背景に見立てて、参加者たちも次のアイデアがわいてきたよう。






ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_15220633.jpg

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_17132963.jpg

折り染めのあとは、型つくり。コピー用紙をハサミで切って型の下絵を制作します。鉛筆を使わずハサミだけでつくる形は、紙を折って左右対称に。お気に入りの形ができたらクリアフォルダ―に下絵を貼り、またハサミで切り抜きます。切り抜いた形の外側を型として使うという難しい工程に苦戦しながらも、みんなで作業に取り組みます。自由な発想でつくった型は、大きさも形もさまざまです。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_15401949.jpg

後半は、いよいよ型摺り染め。最初に折り染めで練習したハンカチに、自分でつくった型を使い試してみます。顔料の量を調節しながら摺り刷毛という専用の道具で、布にたたくように染める作業は、折り染めとは全くちがいます。慣れてきたら大きなハンカチで本番です。参加者たちは、刷毛の使い方で色に濃淡をつけたり、型を重ねて模様をつくったり。多様な手法にチャレンジします。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_13542143.jpg
ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_16160260.jpg

最後は、ひとりひとり講評です。みんなでお互いの作品を鑑賞しながら、西さんのコメントに聞き入ります。偶然性を楽しむ折り染めとかっちりした模様の型染めを組み合わせることで、表現の幅が広がりより個性的な作品に。色鮮やかなハンカチが並び、参加者たちも充実した表情です。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_17103390.jpg

2020年最初のワークショップ。昔ながらの技法を使ったオリジナリティーあふれる作品つくりは、日本の伝統を感じる新年に、ふさわしい体験となりました。

ワークショップ「オリジナルの型で染め体験」を開催しました_c0222139_14500010.jpg

by atlia | 2020-01-31 16:07 | ワークショップ