公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
ワークショップ「手のなかのかたち」を開催しました
4月20日(土)・21日(日)の二日間、春の企画展〈絵画展...なのか?〉に関連し、ワークショップ「手のなかのかたち」を行いました。1日目は大人、2日目は子どもの回です。講師は今回の出品作家の1人である原田要(はらだ かなめ)さんです。

初日は、夕方5時からの開催。はじめに会場の講師作品を鑑賞をしました。今回の展覧会のテーマは「絵画とは何か」ですが、原田さんの出品作品の多くは立体です。 講師からは解説として、「絵画は四角く平らでなければならないのか?」という疑問に始まり、現在の作風に至ったとのお話がありました。
c0222139_18154105.jpg
作品鑑賞ののち、制作に入ります。今回のワークショップは、参加者が自身の手を合わせ、その中の空間を型取るというもので、文字通り自分自身で「かたち」を生み出していきます。

粉の石膏を水と混ぜていきます、これが今回の材料です。しっかりと攪拌したら、絵の具で好きな色をつけます。
石膏は水に触れると化学反応が起こり、30分ほど時間をかけて固まっていくのですが、硬化しはじめてトロっとしたところで、合わせた手の中へ流し込みます。そのあとは、こんな感じかな?と手を握り直してみて、楽な姿勢を作ります。




c0222139_18320244.jpg
流し込んでから10分ほど待っていると、硬化が進んだ石膏が熱を帯び、参加者は「かたち」ができていくという変化を感じることができます。講師と会話をしながらゆったりと作業は進んでいきます。

しばらくして、手をそっと外すと、意外な形が出てきました!それぞれに美しい、オリジナルの「かたち」です。
c0222139_18283003.jpg
仕上げは磨きの作業です。やすりでいらない部分を削り、気に入った部分はいかして、手から生まれた「かたち」が、「さらに良いかたち」になるよう整えていきます。ふと気がつくと会場にはやすりの音だけが響いて、みなさんの集中が伺えます。

そして作品は完成!ゆったりと時間が過ぎていく中、大人の参加者のみなさんは、何かに見立てたり、質感を楽しんだりと、それぞれの「かたち」との向き合い方があったようです。




翌日は、朝10時に小学3年生~中学1生までの参加者が集い、子どものワークショップがスタートしました。前日同様、はじめは講師作品の鑑賞からスタートしましたが、参加者とのやりとりは昨日よりも少し賑やかです。

講師からは、この大きな作品の中はどうなっているでしょう?というクイズが。
 ①中身が詰まっている
 ②空洞になっている
 ③何かが住んでいる
の三択で、一番人気は①番!でしたが、正解は②番。作品の中の空洞は、実際に隙間からちらっと覗いて見ることができます。講師によればこれらのキノコのようにも、花のようにもみえる作品は、「四角い絵画がギューっと巾着(きんちゃく)ように変形したもの」、そのため内側の面にも色がついているそうです。
c0222139_18345047.jpg
子どもたちが展示作品に親しんだところで、こんどは制作に入っていきます。「手のなかのかたち」とは?どんなものができるのかわからないけれど、みんな想像しながら作業をすすめていきます。色をつけた石膏を、手を合わせた中に流し込んだら、一人ずつ静かに硬化を待つ時間へ入っていきます。手の中が温かくなるまでじっと待ちます。
c0222139_18394642.jpg
石膏が固まったら、手から取り出し、磨きをかけていきます。はじめはにぎやかだった子どもたちも、ごつごつ、すべすべした「かたち」を色々な角度から見てみながら黙々と磨いていきます。そして…それぞれの「かたち」は完成!ミニ展示台に載せられた「かたち」は小さいけれど立派な彫刻です。
c0222139_18130346.jpg
講師からは、「どうぞおうちで、今日作った「かたち」をかわいがってくださいね」との言葉。石膏は、手で触っているとツヤも出るそうです。触って、見て、作った後も色々な方法で楽しめる作品ができあがりました。

---
春の企画展〈絵画展…なのか?〉
2019/3/21~5/12(日)

c0222139_18011496.jpg


by atlia | 2019-05-17 15:17 | ワークショップ