公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
AIS13:vol.2 それぞれの樹-校庭でのスケッチ
第13回アーティスト・イン・スクール(AIS13)、講師の浅見貴子さんと芝樋ノ爪小学校5年生29人が引き続き活動中です。
浅見さんの近年の作品「身近な樹木を描く」「和紙に墨で描く」というところから想を得て、《校庭の樹-墨の点々で描こう》というテーマで全5回の授業を行います。
9月末からスタートした授業は現在2回目が終了。その様子をスタッフ目線でレポートします!
c0222139_17472272.jpg
まずは前回(初回の授業レポートはこちらから!)の授業をおさらい。
墨で試し描きしたものをチェックした浅見さん、興味深いものを何点かピックアップして紹介します。「ここはどんな風に筆を動かしたの?」と描いた児童にインタビューしながら振り返りました。
薄墨でふわふわとした雰囲気を出せているもの、筆の跡が点としてはっきりしているもの、紙が破れるほど重なりの表現を追求したもの…同じ墨と紙とは言っても、かなり違う実験をしていたことがわかります。
これを思い出しながら、描く樹を選んでみよう!
c0222139_18072490.jpg
その前に、描く紙のことも、ちょっと覚えておきましょう。
礬砂引き(にじみ止め)をされたもの・そうでないもの、厚いもの・薄いものなど、今回は3種の紙を用意。墨が染みこみやすい薄くて大きめの紙は個人用、厚くてもじわっと染み込む小さめの紙は共同制作用。さらに、違いを感じてみてほしいと、浅見さん、礬砂引きがされた紙も持ってきてくれました。
表裏を間違えないように画板にセットして、ここに直接、鉛筆で樹を下描きします。今回配られた鉛筆は6B、柔らかい和紙を傷つけないような硬さです。加えて、和紙が毛羽だってしまうから消しゴムはつかわないように、と浅見さんは言いました。失敗したと思っても、上から描いたり、その線を活かす別のことを思いつけばいい。失敗は成功のもとなんだから!とお話しします。
早く校庭に行きたい児童たち、そわそわしている様子で、はい!とお返事。集合時間を決めて、さっそく校庭へ!
c0222139_18204186.jpg
ちょっと雨が降りそうな天気でしたが、それぞれのお気に入りの樹を探しに、校庭へ出ていく児童たち。迷っている人もいれば、もう決めてすぐに座って描き始める人もいます。
校門のそばの大きなサクラ、校庭の端に並ぶプラタナス、イチョウ。カキの木には実がなっているし、卒業生が記念に植樹したというミカンも!学校には思ったよりたくさんの樹があることにも気づきます。
c0222139_18251551.jpg
c0222139_18263079.jpg
c0222139_18273576.jpg
児童たちがそれぞれにスケッチを描いているあいだ、浅見さんは全員のところを回って、一緒に樹を選んだり、作品の良いところを見つけたりアドバイスしたり。一緒にその樹木の面白いポイントを見つけては、観察を繰り返します。
c0222139_18300950.jpg
しかしちょっと雨が降ってきた!約束の時間も迫ってきたし、図工室に戻ります。
全員が集合したところで、どんなスケッチをしていたのか、見せ合いっこしました。
c0222139_18324881.jpg
1人ずつの作品にコメントをした浅見さん、それぞれのいいところを見つけてくれます。
「この作品は勢いよく描けているのがいいね!」「ここまで丁寧に枝が描けてると、墨で描くときも迷わないと思う」「幹の模様みたいなものに注目したのが面白いー」などなど。
c0222139_18390432.jpg
c0222139_18392127.jpg
1人ずつ描いていたから見えてなかった全員の作品、選ぶ樹がそれぞれだったのはもちろんだけれど、幹を描く人・枝を描く人・背景まで描く人など、注目するポイントも違うし、描き方も全然違いました。

次回はこの上から墨で描いていきます。この下描きがどんな風にかわっていくのか、今から楽しみ!


photo: Kozo Kaneda


---
〈樹々あそぶ庭々〉
第13回アーティスト・イン・スクール
校庭の樹-墨の点々で描こう 
浅見貴子×川口市立芝樋ノ爪小学校5年生29人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2018年11月10日(土)~12月9日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
※関連展示として講師作品展〈日々の樹-生々を描く庭〉を先行公開 10月27日(土)~
---

本事業に関する過去の記事↓

c0222139_11403601.jpg

by atlia | 2018-10-18 12:58