公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
イベント「水鏡ポートレート撮影会ー芝川の水を使って」を開催しました

5月26日(土)・27日(日)、夏の企画展<第7回新鋭作家展>の事前イベントとして、「水鏡ポートレート撮影会ー芝川の水を使って」を開催しました。

まずは、撮影会場の準備です。
芝川の水を実際に入れた大きな容器を設置。
その前に照明やカメラの機材を並べ、即席の水鏡撮影スタジオをつくります。
そこで、展覧会出品アーティストの写真家の津田さんが、
水面に映るみなさんの姿を撮影し、一味違ったポートレートに仕上げます。

会場は撮影のために、少し薄暗く静かな雰囲気。
お客様第一号は、緊張の面持ちです。
c0222139_14542803.jpg

「線のところに立って、水を少しのぞきこんでください」
津田さんが、カメラをのぞきながら指示をだします。
水面に向けてカメラをカシャ。
参加者は水をそっとのぞきこみますが、何も見えません。

c0222139_15015421.jpg
時々、津田さんが水に石を投げ入れ水面を揺らしながら撮影はすすみます。
しかし、まだどんな写真が撮れているかはわかりません。
撮影が終わったら、画像を津田さんのパソコンでチェック。
すると不思議。津田さん側から見ると、水鏡に映り込んだ肖像が映っています。
水紋で揺らいだポートレートは幻想的で、参加者からも歓声が。

c0222139_10214357.jpg
天気の良い週末。謎の撮影会に、通りすがりの家族連れやお子様もたくさん集まってきました。
そして、川口市のマスコット、きゅぽらんまでも!
みなさんの笑顔で撮影会場も和やかになり、自然に体が動いていろいろなポーズが生まれます。
自分では撮れないポートレートは、インスタ映えしちゃうかも⁉

c0222139_10140356.jpg
c0222139_14582576.jpg

今回撮影した写真の一部は、津田さんの作品として夏の企画展(7月14日~9月2日)で展示されます。
身近な川の水に映り込んだ見たことのない自分の姿。
みなさまの目には、どのように映るでしょうか。
ぜひ、不思議な発見をしに会場にいらしてください。

---
第7回 新鋭作家展 見しらぬ故郷/なじみの異郷
2018年7月14日(土)~9月2日(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
出 品 者 力石咲・津田隆志
観 覧 料 300円
※お買い上げいただいたチケットは会期中何度でも入場いただけるパスポート制
※高校生以下無料
※65歳以上、20名以上の団体、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額



by atlia | 2018-05-30 12:09 | 企画展