公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
〈地域のなかのアートな居場所〉オープニング!
アートパークの長きにわたる整備工事も終わり、緑が気持ち良いこの頃。
春の企画展〈地域のなかのアートな居場所 Aplus×ATLIA〉、オープンしています!

4月7日(土)・8日(日)の午後、オープニングイベントとして、アーティストの公開制作「ガラスに描く動物園」を開催しました。
本展(前期)に絵画を出品してくれている村山之都さん・スズキナツコさん・矢口佳那さんの3人がアトリアの特徴である大きな窓ガラスに直接ライブペイント!
当日ご来場いただいたお客様にも参加いただきながら、14mを超える大作が完成しました。
c0222139_11040861.jpg
初日の準備、まずは3人がマグマが流れる山、黄色い大きな木、緑の丘から流れる川…などを描いていきます。
これをフィールドに、動物を描いていくための、いわば下地のようなもの。
つかっているのは窓に描いても水で落ちる特殊な画材です。建物の内側からぬりぬり。

外から見えるところで描いていると、とっても注目されている様子。土曜日の公園は家族連れでいっぱい!
またたく間に館内にこどもたちが飛び込んできて、一緒に描きはじめます。
c0222139_11085725.jpg
最初は窓に描く行為に緊張している人もいたようでしたが、一度描きはじめると、これもまたたく間にどんどんガラスが埋まっていきます!
c0222139_11121526.jpg
c0222139_11145724.jpg
ウサギ、ゾウ、ライオン、カメ、ワニ…などなど、自分の好きな動物を描く人もいれば、星や線を描いたり、青色で広いところを塗りつぶしたり。
どんどんひろがる不思議な動物園はびっくりするほど賑やかです。

7日(土)の終わりには描いていた窓はほとんど埋め尽くされるようになっていました!
8日(日)には急遽少しだけ場所を広げて、スタートです。
c0222139_11222902.jpg
この日もとてもいい天気、描きはじめるとすぐに外からの注目が!
c0222139_11242926.jpg
実はこの作品、外側から見るのと内側から見るのとでは、ちょっと異なった感じに見えるのです。
それは、左右がひっくりかえるのはもちろんなのですが、色の重なる順番が逆に見えるから。
c0222139_11273716.jpg
窓に直接描いているという作業も、その作品も、ちょっと珍しいかもしれませんね。外側からカメラを向けている方も多くいらっしゃいました。
c0222139_11314803.jpg
c0222139_11322667.jpg
明るく日が差し込む大きな窓ガラス、そこから公園を見ながら制作する体験は、開放的な空間を持つアトリアならでは。
ここでしかできない思い切った作品が完成しました!

この作品は会期中、前期展の最終日、4月30日(月祝)まで公開しています。
ぜひ外側からも・館内からも、見比べてみてくださいね。
c0222139_11403601.jpg



---
〈地域のなかのアートな居場所 Aplus×ATLIA〉
2018年4月7日(土)~5月20日(日)
(展示入替あり→前期:4月7日(土)~30日(月祝)、後期:5月2日(火)~20日(日))
10:00~18:00(会期中土曜日のみ20:00まで開館)
観覧料:300円(高校生以下無料)


by atlia | 2018-04-15 11:44 | 企画展