公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉トークを開催しました
2017年12月3日(日)、企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉の関連イベントとしてアーティストトークを行いました。
お話いただくのは、このスタッフブログではもうおなじみのミヤザキケンスケさん。
本展の出品作を中心に、これまでの作品や活動をご紹介いただくほか、アーティスト・イン・スクールでの取り組みについて振り返りを行いました。
まずは関連展示として先行オープンした〈カラフル・ザ・ワールド!〉と題したミヤザキさんの作品が展示されているゾーンでは描かれているモチーフについてはもちろん、特徴的な色使いやアクリル絵の具の使い方などを中心に、それぞれの作品について一言ずつ解説。
原色そのままだったり補色の組み合わせを好んで使うのは、パワフルでハッピーな気持ちになることを目指すという姿勢において、色の強さが重要であると考えている、という一言が印象的でした。
確かにミヤザキさんの作品は目に飛び込んでくるような色彩のインパクトがありますね。





今では少し小さめの作品も細い筆で上手に描けるようになってきたというミヤザキさんですが、色々なものを細かく描きたいという気持ちを実現させるために作品がどんどん大きくなっていった時期があったとか。大きくやればできる!という勢いも、発想の柔軟さも感じられるエピソードを聞くことができました。
c0222139_14455489.jpg
大きな作品、また協働制作や子供たちとの活動に可能性を感じているミヤザキさんは、複数人で作品をつくるときの方法についても言及しました。
色の使いかたや描くものにルールを決めることで、はじめの一歩が踏み出せること。そこから少しずつはみ出したものが表現のポイントになって、より味わい深いものができることなど、実践を重ねながら少しずつブラッシュアップしてきたそうです。

特にオーバー・ザ・ウォール世界壁画プロジェクトでは、言葉も通じない環境で協働制作してきたミヤザキさん、描くことでならコミュニケーションしながら気持ちを解放していくことができる経験をしてきたと言います。
展示室内にあるプロジェクトの紹介ゾーンで、これまでの3つのプロジェクトについてもお話をしました。
子供たちとの絵画ワークショップでは、自由に描いて良いというと、その土地によっても個性が出て興味深い作品にが生まれ、自分もはっとするような経験をしてきたのだとか。
アーティスト・イン・スクールでの取り組みは、それらの経験を踏まえたうえで、長期的に同じメンバーで一緒に行うプログラムがどうあったらいいかをよく考えたと言います(授業レポートはこちらの記事一覧から!)。
一緒に授業を行うクラスの特徴を生かしながら制作をしたかったというミヤザキさん。それを引き出すにはどうしたらいいか仕組みを考え、ゲームを取り入れたりといった工夫をしました。
過ごした時間がたくさんあったことで子どもたちの色々な表情に触れ、これまでにない名残惜しさを感じてちょっとほろりときそうになった、と思わぬ本音も。
c0222139_14522910.jpg
参加者からも活発に発言をいただき、積極的にご参加いただきました。ご来場のみなさま、ありがとうございました!


企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉は、いよいよ2017年12月10日(日)まで!
終了間際になりますので、ぜひお見逃しなく、足をお運びくださいませ。

---
発信!コミュニケーション・ペインターズ
川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年10月28日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料

by atlia | 2017-12-09 15:15 | 企画展