公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
時間の位置の物語(2)―河口龍夫さんのこと
平成28年秋の企画展/開館10周年記念事業第2弾〈河口龍夫―時間の位置〉、もうすぐ開催。
こちらのブログではスタッフ目線で本展を紹介する「時間の位置の物語」を関連連載企画として発信しています。会期中も前後も気まぐれ更新!

第2弾はアーティスト:河口龍夫さんのこと。本展における展示作品のひとつ《「陸と海」からの時相》と併せて、ごく簡単にご紹介します。

チラシ等々では、河口さんを「普遍的に在るものごとを可視化することで世界を捉えなおすアーティスト」と紹介しています。住居兼アトリエでの打ち合わせ中、「制作を日常と切り離したくない」という姿勢についてお話くださいました。
c0222139_1039991.jpg
どこか飄々としたあたたかな口調でありつつも、確固たる言葉で自身の芸術家としての視点を語る河口さん。

最初は画家になりたいと思っていたけれど、しかし表現したいものが見つかるたびに素材や手法を変える方が自然になっていったと言います。そして「芸術家としか言えないような生き方のきっかけ」を見つけるに至りました。
例えば、何かの瞬間を切り取るためには、写真を採用しようと考える。見えない・触れられないものに重みをもたせるためには、金属を採用しようと考える。

その頃に生まれたのは代表作のひとつとして知られる《陸と海》。26枚の写真による作品です。
c0222139_1048965.jpg
(画像:作家提供)
発表は1970年。河口さん30歳の頃。
海岸に置いた4枚の板が波に洗われ移動しつづける様子を「向こうから呼びかけられた」瞬間にシャッターを切り捉え続けたこの作品は、「陸」と「海」の間に板という他者を置くことによって、その2つの関係をより鮮明に写し出そうとしたもの、と言えるでしょうか。
「関係」というキーワードは、自身が世界とかかわる視点として河口さんが一貫して提示したきた言葉です。

最近ではこういった作品を見返して、過去に表現したかったことを振り返りながら、そこに新しい厚みを見出すことに興味を抱きはじめたと言います。
アーティストとしての道のりが長く、さらに真っすぐな視点を持っているからこそできる、自身の手による「時間の超越」。

2016年の今、その《陸と海》を振り返り、また新しく意味を見出そうとしたのが《「陸と海」からの時相》。
c0222139_1124694.jpg
(撮影:齋藤さだむ)
写真を窓のように貼った紙の上、その続きを鉛筆で描き足していった、8枚のドローイングです。
写真として写らなかった部分や時間に興味を抱くこと。それを想像力・表現力で広げていくこと。
世界とのかかわり方に、また新しい観点を提示すること。

河口さんは「作品は自分自身にとっても問い」だと言いました。それを目の前に、誰かと一緒に世界とのかかわり方について考えることができる、そういう存在として捉えているのです。
その真摯な向き合い方があるからこそ、不器用とも言えるほど真面目に、あるいは単純化された手法を繰り返し、あるいは純粋な客観的視野を持って、表現を「日常化」していきます。

そして、本展における大きなテーマ「時間」は、日常とは切っても切り離せず、しかも誰にとっても平等であるという稀有な「概念」。実体のないそれを掲示するのは難しいということはわかっていながらも、あえて今回はそれを作品化したものを集め、さらに新作にも取り組んでくれた河口さん。
《陸と海》における「4枚の板」のように、「時間と私たち」の間に入る「他者」を、本展ではいくつかのキーワードとして挙げています。「闇」「地下」あるいは「生命」。そしてそれらが集まり、交差する「現場」。
そして、そのなかで自身の位置を探ること。「時間の位置」は、誰にとっても無関係ではありません。

---
河口さんのお話を直接聞いていただくことができるトークイベントを、展覧会のオープニングの一環として開催します。それも題して「時間の位置から」。
どなたでもお気軽にご参加いただけますので、ぜひご来場くださいませ。

オープニングイベント[時間の位置、地下の闇]
アーティストトーク:時間の位置から
10月8日(土)16:30~18:00

参加無料(観覧料別途)
事前申込不要、開始時間までに会場にお越しください。
※お席の限りのご案内

----
川口市立アートギャラリー・アトリア
開館10周年記念事業第2弾/平成28年秋の企画展
〈河口龍夫―時間の位置〉

時間は、現場に掘り起こされる。

2016年10月8日(土)~11月26日(土)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)

休館日:月曜日(ただし10月10日(祝)は開館、翌11日(火)は休館)
※10月12日(水)、11月1日(火)に展示替え予定

観覧料:300円(高校生以下無料)
※開館10周年記念リピーター割:当館ロゴの入っているチケットやチラシ(本展のものを除く)を受付でご提示いただいた方は半額(他の割引制度と併用不可)
----

10月3日(月)~7日(金)は展示入替のため臨時休館とさせていただきます。ご了承ください。

c0222139_12165293.jpg

by atlia | 2016-10-06 16:08 | 企画展