公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
型ハマりぽーと:4
7月16日(土)より、企画展〈型にハマってるワタシたち〉がスタート!公募「第5回 新鋭作家展」優秀者の大石麻央さん・野原万里絵さんが「型」を使って制作を行います。
このブログでは、担当スタッフが展覧会準備の様子やお2人の制作過程について紹介中。
今回は、野原さんの出品作のアイディアが決まるまでの「プロセス」をお届けいたします。
(大石さんの「りぽーと」はコチラ!あわせてご覧ください。)
--------

c0222139_0422865.jpg
公募「第5回 新鋭作家展」提出プラン(一部)

【経過① 2015年秋頃】
野原さんは審査の際、「鑑賞者から集めたもののかたちで構成する絵画」のプランを提出しました。
それから数か月。地域色の強い場所での滞在制作を経験し、川口特有のものを生かした制作に興味が移ったよう。
さっそく駅周辺を探し歩いた野原さんでしたが…。再開発エリアには高層マンションやチェーン店など新しくできたものが多く、川口特有のものを見つけるのは難しかったみたい。
そこでスタッフが川口のものづくりや産業についていくつか紹介し、しばらく調査を続けながら構想を練っていただくことにしました。
c0222139_10555962.jpg

毎日コレクションした「美しいと思うかたち」

【経過① 2015年冬頃】
川口についての情報を増やすべく、資料などを集めて調査を続けていらっしゃる様子。特に歴史ある産業に興味津々、「ものをつくる」表現者として心踊る何かを感じたのでしょうか。
しかし一方で、どのようなかたちを集めて作品に生かすかビジョンが見えず、具体的な取材にまでは踏み込めずにいました。
そうしているうちにも時間は過ぎていきます。

野原さんはとにかく制作の手を止めまいと、「美しいと思うかたち」のコレクションを始めました。
ある時はフリーハンドで。あるときは写真をトレースして。
描いたかたちのうち自信作をハサミで切り抜き、溜めていくことを日課にしました。
これらはまだ作品に使うかどうかも分からないアイディアの欠片。少しずつ、でも確実に、制作と向き合う時間を積み重ねていきました。

このコレクションはその後も継続し、WEB上に記録として残していきました。
http://marienohara.tumblr.com/「1日1定規の制作記録」

c0222139_1135813.jpg
制作実験の数々

【経過③ 2016年早春頃】
5か月に渡って集めた「美しいと思うかたち」のコレクションは100を超えました。
これらを組み合わせて絵が描けないかと開発したのが、オリジナルの型紙。厚紙をくり抜いたもので、これを使うことでステンシルのようにかたちを転写することができます。
実際にやってみると落ち葉が積もったような奥行きが生まれたり、かたち同士が合体して見えたりと幅広い表現ができることを発見。型紙を使う人次第でもっと別の表現が生まれ、より面白い作品ができるかも?

元々偶然を取り入れた協働制作に意欲があった野原さん。一人で川口のかたちを集めるよりも、たくさんの人とかたちを集める方が性に合ってるみたい。

c0222139_1479.jpg
ワークショップの試作の様子

そこで、型紙のユニークな使い方を編み出すアイディアマンを募集することに。
型紙をあてて木炭を刷りこむ・パンで消すなどして協働制作する機会を設けました。
それが[パンと炭で巨大壁画に挑戦]というワークショップ。

ワークショップは6月11日に無事終了。まるで発掘作業でもするかのように、手も足も顔もまっ黒けになりながら絵を描きました。
その様子は次回の「型ハマりぽーと:5」で紹介いたします!
今後のリポートも、ぜひお楽しみに。

*******************************
新鋭作家展 第5回優秀者 大石麻央・野原万里絵
型にハマってるワタシたち
型をつくることにハマってしまったアーティストとたくさんの人たちが一緒に制作するアートプロジェクト。
窮屈な日々も隠せない差異も、全部浮き彫りになるアートな体験に、アナタもハマってしまうかも!

7月16日(土)~8月31日(水)
10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
※月曜休館(祝日の場合は翌平日休館)
*******************************

c0222139_11245458.jpg

by atlia | 2016-06-19 11:25 | 企画展