公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
「アトリアデビュー[とり、みつけた、とんだ!!]」を開催しました。
6月5日(日)、「アトリアデビュー[とり、みつけた、とんだ!!]」を開催しました。
アトリアデビューはアトリアのワークショップに初めて参加する年中・年長さんを対象に毎年開催しています。
今年も16名の年中・年長さんと一緒に活動しました。
c0222139_17594211.jpg

講師はイラストレーターの遠山 敦さん。
鳥や馬などをモチーフにした作品を多く手掛けています。
今回は、楽しく絵具遊びした画用紙から鳥をつくってアトリアの窓辺に飛ばすワークショップを開催しました。

ご挨拶の後、画用紙とスポンジが配られました。
クレヨンや絵筆とは違う道具に「?」が浮かぶ参加者たち。
まず遠山さんがお手本を見せてくれます。
c0222139_17573698.jpg

赤、青、黄色、緑の中から1色を選んでスポンジに絵の具を含ませ画用紙に大胆に滑らせていく遠山さん。
具体的なものは描かない様子。それを見た参加者たちは絵の具を塗り広げるようにスポンジを動かします。
c0222139_1883649.jpg

5分ほど塗ったところでまた色を選びます。
次はスポンジを押し付けたり、叩くように着色。そうするとかすれやにじみができることを発見!
先に塗った色が透けて見えてきました。参加者たちは夢中になって色を重ねます。
c0222139_18542865.jpg


2色重ね終わったらその画面は完成。次に小さな画面を着色し始めます。
スポンジを動かしているうちに様々な描き方を思いつくようで、くるっと回してみたり、慎重に角だけを押し付けてみたり。自分の手に絵具をつけて画用紙を勢いよく叩きはじめる参加者も。
白い紙が様々な模様で埋め尽くされていきました。
c0222139_19123771.jpg
c0222139_1742113.jpg

着色は終わったものの、画用紙には肝心の鳥の姿は見えません。ここからどのように鳥をつくっていくのでしょうか?
遠山さんは鳥の形を切り抜いた型紙を手にして、「着色した画用紙に重ねてみよう」と提案します。
するとそこにはカラフルな鳥の姿が出現!
参加者たちは型紙を重ね、どの部分を鳥に生かすかをじっくり吟味して、鉛筆でなぞっていきます。
c0222139_19225615.jpg

なぞったらハサミでカットします。難しいところはサポートスタッフがお手伝い。
鳥のからだが出来あがったらもう1枚の画用紙を使い、からだに似合う羽を自由につくります。
ひらひらした羽や、しゅっと尖った羽。参加者たちは鳥のかたちや大きさだけでなく、鳥の模様も考慮しつつ羽を切り抜きます。
羽とからだをくっつけたら鳥が完成!
c0222139_19371155.jpg

完成した参加者は意気揚々と窓辺へ。
自分よりも高いところへ作品を吊り下げます。
c0222139_2022185.jpg

全員分をつりさげたら鑑賞会の開始です。
ゆらゆら揺れる鳥たちを下から見上げると羽の模様が見えてより一層カラフルに。
反対から見てみようと遠山さんは外へと参加者たちを誘い出します。
外から離れて見てみるとまるで群れをなして飛んでいるようでとっても賑やか。それには満足げな表情を浮かべていました。
c0222139_19345663.jpg

今回のワークショップで行ったことは本物らしさを追求するのではなく、自分だけの鳥をみつけること。
画面いっぱいに「描くこと」を楽しみながら、お気に入りのつまったオリジナルの鳥をつくることができました!
*****
今回のワークショップの鳥たちは6月10日(金)までアトリアのガラス面で展示中!
ライブラリーコーナーではサポートスタッフがつくった鳥たちも飛んでいます。
近くまでいらっしゃった際にはぜひご覧くださいませ。
c0222139_1529793.jpg

by atlia | 2016-06-10 16:54 | ワークショップ