公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
第10回アーティスト・イン・スクールNo.5 制作 後半
川口市内の小中学校に第一線で活躍するアーティストやデザイナーを派遣し、特別な授業を行う長期プログラム[アーティスト・イン・スクール]。
第10回目の今年度は[ぼくらはひかりを変えられる]と題し、現代美術家の出田 郷さんと里小学校5年生の123名が活動中!授業は10月から11月中旬まで。
「ひかり」をテーマに鏡でひかりを反射し動かせる作品を制作します。

レポート第5弾の今回は制作の後半戦!完成までの様子をお伝えします。

前回は設計図にしたがって材料を用意したり、試作を行ったりとアイデア実現に向け手を動かし始めました。
今までは制作を進めることに集中していましたが、作品を展示するために「見せる」視点も必要になってきます。そこで出田さんは作品を動かす人にその動かし方や注意を伝えるためのプリントを配りました。動かす方法を考えることも含めて作品制作。その視点を踏まえつつ今日は完成に向け制作を進めていきます。

こちらは作品の土台がすでにできている班。鏡を六角形に切った木材に接着し始めましたが・・・あれ?鏡が足りない!?計画通りの配置にするためには色つきの鏡の枚数が足りないと判明したのです。色つきの鏡は鏡面に透明のカラーシールを貼ったもので、つくるには時間がかかります。配色を変える選択肢もありますが、はじめから色にこだわってきたので「色と貼る場所は変えたくない」という強い思いから気持ちをひとつに。少ない時間で鏡を木材に貼る作業と並行して鏡の加工を行い、完成を目指します。
第10回アーティスト・イン・スクールNo.5 制作 後半_c0222139_10280329.jpg
制作が進むにつれて児童たちはより魅力的な見せ方・動かし方を模索し始めました。
こちらは鏡をつけた棒を穴の開いた厚紙の下で回すアイデア。作品が形になってきたところでひかりがどう反射するのかが気になります。


こちらの班は鏡をつけた棒を穴を開けた厚紙の下で回すアイデア。作品が形になってきたところでひかりがどう反射するのかが気になります。
そこで出田さんはひかりの反射を見るため別の教室にアトリアでの展示空間を再現しているのでそこで実際に作品を動かしてみようと提案します。
第10回アーティスト・イン・スクールNo.5 制作 後半_c0222139_13331175.jpg
その教室の扉を開けると真っ暗な空間の中で上の方から床が照らされていて、そのひかりの中に作品を置いてみますがあまりひかりを反射しません。児童たちはどうしたらひかりが反射するのか考え込んでしまいます。すると児童のひとりがひらめきました。もっと鏡にひかりが当たるように穴の大きさをもっと広げてみよう!実験を行ったことで作品の良さを引き出すことができました。


制作が終わった班から授業の初めに配られたプリントにとりかかります。ここでは作品をどう「見せる」かという視点が大切。ひかりに当て動かしたときの経験を踏まえて、班員同士意見を出し合います。浅い箱に鏡を入れ傾けて動かす作品を制作した班は「手で触って動かすのも面白いから試して欲しい」という思いをこぼします。どうやらいくつか動かし方を提案するようです。作品を見にきてくれた人が楽しんでいただけるように、という気持ちがいっそう強くなりました。
第10回アーティスト・イン・スクールNo.5 制作 後半_c0222139_13153677.jpg

プリントが書けたら、班ごとに感想を発表。「ノコギリの作業が大変だったけど、完成して良かった!」「想像していたよりもたくさん反射してきれいだった」笑顔を浮かべながら感想を述べる児童たち。出田さんもみんなで協力して思っていた以上に面白い作品ができたと今回のアーティスト・イン・スクールの感想をお話ししました。
第10回アーティスト・イン・スクールNo.5 制作 後半_c0222139_12562949.jpg
ひかりの反射を活かし動かす仕組みを考え制作する、という盛りだくさんな内容でしたが、全ての班の作品が完成しました!
ひかりを「見る」ことから始まって作品を「見せる」ことへ、児童の視点は広がっていったようです。

しかしこれで終わりではないのがアーティスト・イン・スクール。成果発表展の会期中にアトリアにて最後のまとめの授業を行います。
他の人がどのように作品と関わるのか自分の目で確かめるところまでが今回の試み。学校で見ていた作品とはまた異なる姿が見られるかもしれません。

―――――
このブログでは授業の様子をお伝えしていますが、児童たちの成果を直接見ていただける展覧会をご紹介!
第10回アーティスト・イン・スクール成果発表展
〈ぼくらはひかりを変えられる〉
出田 郷×川口市立里小学校5年生123名
会期 2015年11月21日(土)~12月6日(日)
休館日 月曜(但し11月23日(月祝)開館、翌24日(火)休館)
開館時間 10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
会場 川口市立アートギャラリー・アトリア

アーティスト・イン・スクールは市内の小中学校で長期的に授業を行うプログラムです。その成果をアトリアで展示するのも醍醐味のひとつ。
本展では児童の作品に触れひかりを動かしてお楽しみいただけます。
みなさまのご来場をお待ちしております。
―――――
第10回アーティスト・イン・スクールNo.5 制作 後半_c0222139_09581046.jpg


by atlia | 2015-12-04 10:13 | 学校×アトリア