公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
第10回アーティスト・イン・スクールNo.4 制作 前半
川口市内の小中学校に第一線で活躍するアーティストやデザイナーを派遣し、特別な授業を行う長期プログラム[アーティスト・イン・スクール]。
第10回目の今年度は[ぼくらはひかりを変えられる]と題し、現代美術家の出田 郷さんと里小学校5年生の123名が活動中!授業は10月から11月中旬まで。
「ひかり」をテーマに鏡でひかりを反射し動かせる作品を制作します。

今回はレポート第4弾!制作の様子をお伝えします。

前回の授業までは制作の準備段階、ひかりと動きについて考えを深めた児童たち。
授業の最後には班に分かれて作品のアイデアを出し合いました。
ひかりを反射させるための丸い鏡も配られて、いよいよ制作開始!…というわけにはいきません。なぜなら前回出し合ったアイデアは作品の完成イメージであり、具体的な作り方や鏡を固定する方法などまだ決めなければならないことがあるからです。
また触って怪我をしないよう安全に、動かしても壊れないよう頑丈につくることも大事なポイント。
出田さんはそこを一緒に考えていこうと提案します。

さっそく班で決めたアイデアを出田さんに報告。図や文字はもちろん、鏡や材料を用いて説明します。
そして出田さんがどうしたら頑丈に安全にできるかをアドバイス。児童たちは真剣に耳を傾けます。
c0222139_16211551.jpg
作り方が決まったら出田さんと児童たちは一緒に設計図を描きます。必要なパーツを描きだして、アイデアがぐっと具体的になってきました。

設計図ができると、いよいよ制作の開始!
c0222139_2056236.jpg
この班は木材を選びました。設計図をもとに大きさを測り、間違えないように印をつけます。
その後は友達にバトンタッチ、ノコギリでの作業へ。分担して自分の得意なことを活かします。
なかなか木材が切れないときには出田さんからコツを教わって。額に汗をかきながら懸命に作業をします。
c0222139_20543357.jpg

c0222139_2121390.jpg
こちらは太い紙の筒を持ち出しました。穴を開け棒を通して接着剤で固定。自分の背丈よりも大きな材料なので、協力して制作します。
児童たちは作品の骨組みができて満足げな表情…一体どんな作品になるのでしょうか?
c0222139_2141632.jpg
一方こちらは黒い布とにらめっこ。どうやら布に鏡をつける方法を模索しているようです。出田さんからアドバイスをもらい縫いつけるか接着剤を使うか、二手に分かれてそれぞれの案を試すことに。
試作のあと、互いに結果を報告し合います。接着剤はあっという間についたよ!縫うのはちょっと難しいかも…ということで接着剤を使うことに決定!

材料を整える地道な作業や制作の方法の模索など班ごとに活動は違いますが、着実にアイデアの実現に向かって進んでいます。
またひとりでは難しい作業も協力し合えるようになりました。
次回のレポートでは作品の完成までをお伝えします!

このブログでは学校の中で展開されている授業の様子を随時お伝えして参ります。今後の更新をお楽しみに!
この事業に関する過去の記事はこちら
第10回アーティスト・イン・スクールNo.1 授業が始まりました!
第10回アーティスト・イン・スクールNo.2 ひかりと色の実験
第10回アーティスト・イン・スクールNo.3 動きについて考える

c0222139_183688.jpg

by atlia | 2015-11-20 15:51 | 学校×アトリア