公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
やさしい鑑賞講座[浮世絵に描かれた日本の遊び]を開催しました
1月25日(日)、やさしい鑑賞講座[浮世絵に描かれた日本の遊び]を開催しました!

c0222139_16121136.jpg
今回の講師は国際浮世絵学会常任理事の新藤茂さん。
数多くある浮世絵の中から、遊戯や玩具について描かれている作品をご紹介いただきました。

c0222139_1613692.jpg
映し出されたのは、羽子板、福笑い、双六、かるた、凧あげが描かれた浮世絵の画像。開催中の企画展〈アートな年賀状展2015〉にあわせ、お正月らしい遊びが並びます。
ご紹介いただいた双六の一つ「宿下がり樂雙六」は、奉公人が里帰りしようとするまでの道中、花見や芝居小屋など様々な寄り道をするというストーリー仕立て。内容が大人向けになっていて、子どもだけでなく幅広い年代の人が双六を楽しんでいたことが分かります。

c0222139_13311165.jpg

その他、着替絵(着せ替え)、組上絵(紙を切って糊づけして組み立てる立体工作)もご紹介いただきました。
現代でも親しまれている遊びの原型が江戸時代からあり、その一つひとつが芸術作品としての完成度が高いことに驚かされます。

c0222139_16182129.jpg

講座の最後は、「十六むさし」という遊びを新藤さんと参加者が一緒に実践しました。
ルールはとてもシンプルですが、相手の心理を読みつつミスしないようにコマを進めるのはとても頭を使います。マス目とコマさえあればできるので、どこでも気軽に遊ぶことができそうです。

参加者は途中質問を投げかけながら、プロジェクターで映された作品画像を真剣に見つめていました。
身近な題材について描かれた浮世絵を見て実際に体験し、江戸の人々の豊かな暮らしぶりに思いを馳せることのできる講座となりました。

c0222139_16261332.jpg

by atlia | 2015-01-28 16:42 | 鑑賞講座・実技講座