公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
第9回アーティスト・イン・スクール No.0 授業がはじまりました
夕暮れも早くなり、すっかり秋のこの頃。
毎年開催している[アーティスト・イン・スクール]の季節がやってきました!

この[アーティスト・イン・スクール]は、川口市内の小・中学校の図工・美術の時間の中で、第一線で活動するアーティストやデザイナーが講師として授業を行う長期プログラム。
2006年度より児童・生徒が講師とともに活動する中で創造力・想像力・コミュニケーション力を育むことを目的として川口市教育委員会が実施、アトリアスタッフはそのコーディネイターを務めます。
1~2カ月かけて継続的な授業を行うことでより充実した内容を目指すだけでなく、その成果をアトリアでも発表する「特別な授業」は学校・美術教育の中でもちょっと珍しい試み。
毎年1校、1つの学年を対象として行っているこのプログラムも、今年で第9回目をむかえました!

今回は[補正作業-新しい「世界」のみつけ方]と題し、
9月中旬~11月中旬まで約2カ月、現代美術家:土屋貴哉さんが市立元郷中学校2年生と一緒に活動中!先日から授業がはじまりました。
毎週の美術の時間で、日常にある「変」なものごとを見つけることから生活を見直す視点を発見する表現に挑戦しています。
「それって当たり前だよね」と思っている常識や思い込みを問い直すことは自身の視野をひろげる「補正作業」。
学校生活の中から今まで見失っていたかもしれない「新しい世界」を見出す、考える力をより豊かに捉える試みです。
c0222139_1042391.jpg


このブログではなかなか見えない学校の中で行われている授業の様子を、
段階をおって少しずつみなさまにお伝えしていきます!
学校に新しい風を吹き込むアーティストの発想と、今までにない体験の中での生徒たちや先生方の試行錯誤。
アトリアスタッフもその過程の中で、ともに成長しながらがんばります。更新をぜひお楽しみに。

c0222139_10720100.jpg

by atlia | 2014-09-26 15:25 | 学校×アトリア