公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
知念ありさアーティストトークを開催しました。
8月10日(日)、開催中の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉関連アーティストトークを開催しました。今回の話者は知念ありささん。

c0222139_152684.jpg
知念さんはこれまで一貫して「てんてん」をつかって制作をしてきました。はじめは自分の住むアパート付近で撮影した風景や人物の「何か気になる」と感じたことを描写していきました。素材としてなんとなく捨てられないものを扱ったこともあるそうです。中でもチョコレートの包み紙に友人とピクニックに行ったときの記念写真を「てん」で描き、自分が気になるものが消えてしまう時間を先延ばしにしたかった、と語りました。


知念さんの作品には青が多用されています。この青は太平洋の島国ツバルを訪れた際目にした空や海、トタン屋根、パスポート、子どもたちの制服の色を意識しています。ツバルは地面が低いため、温暖化のよる海水面上昇の影響で世界で最初に沈んでしまうと言われています。ふと地図を見てみると、ツバルも青い大海に浮かぶ「てん」ということに気づきました。その青を壁の色に用いることで、白い壁では気づくことのなかった影の美しさや時間の移ろいに気づくことができ、それ以降作品に青を取り入れるようになったのだとか。
c0222139_1527862.jpg


また知念さんの日常の「何か気になる」という目線は自身の身体に移っていきます。身体に生まれつきある母斑(あざのようなもの)をかたどって「てんてん」で描いたり、足を「てんてん」で埋め尽くしていったり、自分の身体の気になるをつむいでいきます。そしてその制作は本展の作品につながっていきます。
c0222139_1530237.jpg

《Topography of the Dots/点々の在り処》
「写真を撮ったり、ものを取っておいたりするだけでは足りない。自分がなぜ『気になる』のか知りたい。」そのために、小さな点で細部を紡ぎとるようにして作品を制作し、その度に少しずつ「答え」を見つけているのだそうです。
c0222139_15313791.jpg
15日(金)にはワークショップで制作した作品が知念さんの展示空間で展開されます。今後知念さんの「てんてん」と参加者の「てんてん」とが、どのような世界を広げていくのかとても楽しみです!!

-------------
8月15日(金)午後より 知念ありさ 公開制作
アトリアに出品作家がやってきて作品づくりの様子を公開します。※終了時間は未定です。
http://www.atlia.jp/exhibition/
c0222139_154001.jpg

by atlia | 2014-08-12 17:22 | 企画展