公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉作家紹介③
夏の企画展〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉、7月19日(土)よりオープン!

今回の出品者は、江川純太さん・谷本真理さん・知念ありささん・安西剛さん。展覧会前に、4名の活動をちょっとだけご紹介いたします。

------------

今回紹介するのは、知念ありさ(ちねん・ありさ)さん。
1987年神奈川県生まれ、ロンドンにあるChelsea College of Art and Designを卒業後帰国し、現在は東京芸術大学の先端表現学科博士課程に在籍されています。
これまで展覧会はもちろん、地域のアートプロジェクトでワークショップを開催するなど積極的に活動してきました。


c0222139_18554776.jpg

《Scale》部分、2013年
知念さんの作品をよく目を凝らして見ると、全て微細な「点」で描かれていることが分かります。
描かれているのは、日常で見かけた「些細(繊細)なもの」から着想を得て展開していったイメージだそうです。無数の点で描かれたドローイングは、思い描いたイメージを丁寧に紡ぎ取っているかのよう。

c0222139_18543452.jpg

《Scale》2013年
作品に多く用いられる青色は、過去にツバルを訪れたときに目にした空の色をイメージしています。ツバルは環境の変化によって海に沈んでしまう恐れがあると言われる島国。身の回りにある「意識しなければ気づかない些細なもの」を取りあげて制作する知念さんにとって、ツバルの空の青は、消えてしまうかもしれない儚さがありながらも絶対的な存在感を併せ持った色として映ったようです。

c0222139_18565945.jpg

《Tonegawa Dive》2012年

作品の点々を描くための画材には、絵具やペンだけでなく、ラインストーンや文房具のシールが使われることも。身近な素材が、作品の中では繊細な印象に変化することに驚かされます。

c0222139_18581765.jpg


身の回りの些細なものを見つめ、そこから生まれたイメージを点々で描く知念さん。
今回は、ワークショップ参加者が「自分の足」をテーマにしてつくった作品と、展示作品がコラボレーションします!
「てんてん」で埋め尽くされた空間を、ぜひ見に来てくださいね。


〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉は7月19日(土)から!皆さまぜひお誘い合わせの上ご来場くださいませ。

------------
〈アーティスト・ラボ「つくられる」の実験〉
7月19日(土)~8月31日(日)
10:00~18:00(土曜日は20:00まで開館)
 
■知念ありさ 公開制作
8月15日(金)午後  ※終了時間は未定です。
ワークショップ参加者がつくった作品を展示に取り入れ、空間が変化していく様子をお見せします。

------------

c0222139_2145139.jpg
by atlia | 2014-07-11 15:22 | 企画展