公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
H26春展〈フィールド・リフレクション〉ギャラリートーク好評開催中!
アトリアの学芸スタッフが行う「ギャラリートーク」は、展覧会の企画趣旨や作家の活動暦、それぞれの作品が生み出された背景などについて詳しくお話しするものです。
3月9日(日)の春の企画展初日には6名の参加があり、和やかな雰囲気で実施しました。

〈フィールド・リフレクション〉と題した今回の企画展は、実在する場所に深く関わりその関係性の中から生まれるものを作品に反映させていく作家3名を紹介するものです。
最初の部屋で紹介しているのは、水墨画で水のある風景を多く描いてきた田中みぎわさんの作品。
石垣島・熊本・南足柄などで長期間滞在しながら感受したものを作品に映し出しており、その瑞々しさに参加者の方からは感嘆の声も聴かれました。
c0222139_15302661.jpg

次の部屋では、写真家であり映画監督でもある本橋成一さんの作品を紹介。
ここでは本展の企画の核となった《アレクセイと泉》や《バオバブの記憶》のシリーズをプリント作品にて展示し、またデビュー作である《炭鉱〈ヤマ〉》から近年写真集にまとめた《屠場》など国内で撮影したシリーズ作品を、スライド映像でご覧いただけます。
本展のメインイメージとしてチラシやポスターに使用しているバオバブの写真を、アトリアの5mの天井高に合わせて大伸ばししたプリント作品は圧巻。雄大なバオバブの姿に、参加者の方々はしばらく見いっていらっしゃいました。
c0222139_15301859.jpg

最後は画家の伴美里さんの作品を展示するホワイエへ。
伴さんは日々の生活の中で出会う人や場所から受け取るエネルギーを制作の大切な要素としている作家で、自身の故郷でありアトリエを構える石川県の白山や、今回の企画展に合わせて取材したこの川口という土地にインスピレーションを得た新作をご紹介しています。
自然光がたっぷりと差し込む場所で、参加者の方々には豊かで優しい広がりのある色彩をご堪能頂きました。
c0222139_1530349.jpg

今後のギャラリートークは以下の日程で行います。ご興味ある方はぜひご参加ください。

〈フィールド・リフレクション〉ギャラリートーク
3月23日(日)、4月13日(日)、4月27日(日)
各 14:00~(30分程度)
※4月27日(日)のみ手話通訳付き

c0222139_18403859.jpg

by atlia | 2014-03-22 13:18 | 企画展