公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
[オリジナルの筆をつくって書を描こう]を開催しました
12月14日(土)と12月15日(日)、ワークショップ[オリジナルの筆をつくって書を描こう]を開催しました。身近な材料を使って世界にひとつの筆をつくり、アートの視点から【書】を体験します。講師は書家の桐生眞輔さん。

1日目の参加者は小学3年生~6年生の15人。まずは日本の紙幣や古代中国の青銅器などを例に、色々な書体と文字の成り立ちについて学びました。桐生さん愛用の筆も素材・形ともに多種多様。
「うまく書こうとしなくていい。思い通りにならないところも楽しみながら、面白い発想で驚かせて欲しい。」
との期待を受け、参加者それぞれ自分だけの【書】を探す旅に出発しました。

c0222139_532512.jpg

会場には市内で採取された植物や石、木材や金属片などが雑多に積まれています。各自が持参した材料も活かしつつ、何をどう組み立て筆にするかは閃き次第。

c0222139_5324149.jpg

不規則に曲がった鉄筋やスプリングを柄にしたもの、穂が2つあるものなど、他に類を見ない独創的な筆が次々と生み出されていきました。

c0222139_5331499.jpg

1人ずつ分担して叩いた藁を束ね、大筆を合作する場面も。

c0222139_534061.jpg

そしていよいよオリジナルの筆を使っての【書】に挑戦です。自由な心でつくった道具の影響か、姿勢も身のこなしも威風堂々、体の重心を前に力強い描線を広げていきます。

c0222139_5342975.jpg

合作した大筆を全員で回し、来年の干支である「午」の古代文字を一画ずつリレー。2014年の抱負を寄せ書きし、参加者15人分の力と想いを巨大な絵馬に込めました。

c0222139_5345826.jpg

2日目は10代~70代と幅広い年齢層の11人が参加。
「筆の概念にとらわれず、オブジェをつくるような気持ちで」
との桐生さんの助言を受け、ブーケや生け花のように装飾的なもの、古代の石器を思わせるもの、大切な思い出をイメージしたものなど、各々の美意識とこだわり溢れる筆が形づくられていきました。描く線のバリエーションを意識して、なんと10本以上つくった人も!

c0222139_5352620.jpg

それらを使い分け、あるいは接地の角度や力加減を実験しながら調節して、多彩な【書】の表現を自在に生み出していきます。

c0222139_5361437.jpg

最後に「午」の字と2014年の抱負を絵馬に描き入れました。文字を描くことを通じて自分自身と向き合った時間の集大成です。

参加者力作の筆と【書】の作品は、来年1月に開催される〈アートな年賀状展2014〉に一堂に展示されます。身近なものに向ける視点を変換して広がるアートの世界。アトリアの迎える新年が、今回のワークショップと同じく驚きと発見に満ちた日々でありますように!
by atlia | 2013-12-18 19:33