公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
「ハートフル・プレゼント -輝く心をあなたに」を開催しました
12月7日(土)、ワークショップ[ハートフル・プレゼント -輝く心をあなたに]を開催しました。
講師は、アートセラピストの有泉仁見さん。小学校1~4年生とその保護者のペア、全員で29名が参加しました。

今回制作するのは、クリスマスにぴったりのキャンドルスタンド。でもただ「きれい・可愛い・かっこいい」スタンドではありません。
「自分らしさが滲み出た、まるで自分を象徴するようなキャンドルスタンドをつくってください。」と、有泉さん。
「お子さんにとっても保護者の方にとっても、相手の存在自体が一番大切な贈り物。自分自身という存在をキャンドルに見立て、その輝きと一緒にプレゼントしましょう。」


c0222139_16482055.jpg

まず、お互いの存在を見つめ直すために、親子で抱き合って出生時の思い出を語り合います。
「あなたが生まれたときは、雪の日だったよ」
「子どもが欲しくてしょうがなかったから、すごく嬉しかったんだよ」
ちょっぴり照れくさいけれど、普段聞けない想いに耳を傾ける参加者たち。
白い大きな布にくるまれて抱っこされる姿は、まるで赤ちゃんに戻ったみたい。


c0222139_16281193.jpg

親子でじっくり会話したあとは、いよいよキャンドルスタンドづくり。土台となる紙粘土を、目を閉じた状態で握ります。
「何かの形をつくろうとせず、自分が気持ち良いと思う感触を大事にしてください。」
真ん丸、フライパン型、パンケ-キ型… 目を開けると、十人十色の形になっていました。


c0222139_1638430.jpg

今度はそこに、ビーズや鳥の羽などたくさん用意した材料の中からいくつかを選び、土台にくっつけていきます。もちろん選ぶときも頭で考えず、心の感じるまま、惹かれるまま。元気いっぱい大胆に素材をくっつけているものや繊細に材料を配置しているものなど、徐々に参加者の性格を表すかのような仕上がりになっていきました。

c0222139_16481663.jpg

完成後には参加者全員の作品を見てまわり、気になった作品にコメントを書きました。「海の中にいるみたい」「自由」「きらきらして綺麗」など、全員たくさんのコメントが集まりました。有泉さんがそのコメントに加え、一人ひとりの作品を見て感想を伝えます。
「女性的な優しさと力強さと併せ持った作品です。」
「きっと自分の世界をしっかり持っている作品だと思います。」
参加者それぞれを象徴するかのようなキャンドルスタンド。有泉さんの言葉は、もしかすると作品をつくった本人の本質を表しているのかもしれません。


c0222139_16445044.jpg

最後はクリスマスらしくラッピングをしました。家に帰ってからキャンドルに火をつけるのが楽しみですね。今回のワークショップが、作品を通して他の誰かとじっくり向き合うきっかけになれば嬉しいと思います。
by atlia | 2013-12-10 22:22 | ワークショップ