公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
展覧会関連イベント「匠の楽器で奏でるミニコンサート」を開催しました
10月5日(土)、秋の企画展〈川口の匠 vol.3 音をつくる〉のオープニングイベント「匠の楽器で奏でるミニコンサート」を開催しました。

出演いただいたのは、中川隆さん(木管楽器製作・演奏)+白栁守康さん(木管楽器演奏者)、菅井幸夫さん(尺八製作・演奏)、アテフ・ハリムさん(バイオリニスト)、真貝裕司さん(カスタネット奏者/日本カスタネット協会)、石塚幹信さん(オペラ歌手)の6名。演奏前には、匠から楽器についての紹介や製作に関する話もお聞きしました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まず、中川 隆さんと白栁守康さんが演奏してくださったのは、ギボンズ作曲「ファンタジア」(リコーダー二重奏)と、ブラヴェ作曲「2本のフルートのためのソナタ第3番(全5楽章)」(トラヴェルソ二重奏)。
それぞれの二重奏は二人の掛け合いが心地よく、《リコーダー》と《フラウト・トラヴェルソ》の甘く優しい音色が会場を包んでいきました。
c0222139_20381982.jpg


そして尺八製作者の菅井幸夫さんは、「もみじ」と北海道民謡「江差追分」を演奏。自然界を想像させるような柔らかな音色に、和楽器ならではの魅力を感じました。
c0222139_21301576.jpg


バイオリニストのアテフ・ハリムさんは賴德昌さんが製作した《ストラディバリウスモデル(ヘリエ)》で、J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番よりⅠアダージョ」、ジュール・マスネ「タイスの瞑想曲、そして滝廉太郎「荒城の月」の3曲を演奏しました。
c0222139_2124545.jpg

情緒豊かな深い音色に会場中が染められて、ゆっくりと優雅な時間が流れていきました。
c0222139_21305714.jpg


そしてラストはカスタネット奏者の真貝裕司さん。千葉勉さんが代表を務める有限会社バロックミュージックで製作しているフラメンコ・カスタネットをつかっての演奏です。まずは、ご本人が作曲した「萩原邸のカスタネット」、フィリャ作曲「火祭りの踊り」を圧巻のパフォーマンスで演奏してくれました。
c0222139_21111762.jpg

そして最後は、観覧者の皆さんも一緒にカスタネットを体験!オペラ歌手の石塚幹信さんが特別出演してくださりその歌と音楽「カルメン」に合わせて演奏しました。
c0222139_21163640.jpg

会場中に約100人のカスタネットが響きわたり、大盛況のなか1時間半のミニコンサートは終了しました。
次回のイベントは、10月12日(土)14:00からアトリアのスタッフによる「ギャラリートーク」です。
c0222139_923342.jpg

by atlia | 2013-10-11 09:20 | 企画展