公式ホームページへ
ATLIA STAFF BLOG
3月24日(日)、企画展〈絵画展...なのか?〉に関連して、ワークショップ[コチラとムコウin川口]を開催しました。
講師は中島麦さん、本展出品作家です。

実は中島さん、このワークショップの前から当館内で公開制作を行っていました。
c0222139_16094444.jpg
窓のムコウに見えるものをそのまま白いクレヨンに似た画材で写し取っていく制作は、今まで何度か別の会場でもやったことのあるシリーズだそう。
今回はそのアトリアバージョン、ワークショップで描く窓の範囲をひろげていきます。大きな窓が特徴的な建物にはぴったりの内容!

参加者は小学生~おとなまで、1人での参加や親子・兄弟のペアなども。
中島さんがつかっていたものと同じ画材を受け取って、それぞれに窓から見える景色を眺め、何が見えるか探しながら描いていきます。
c0222139_16123101.jpg
当館の窓のムコウは芝生の公園、そこで憩う人々、桜の木、大型のマンション…など、描くものはたくさん!参加者もまよわずに手を動かしはじめます。
「あ、これ、どこに見えんの?何書いてんの?」「これ、もっと大きく見えへん?」などなど、中島さんも積極的に声をかけます。
c0222139_16285017.jpg
ところが、ここで難しいのは、動くものを描こうとするとき。例えば、さっきまで芝生にいた人を書こうとすると、中島さんは「あ、その人もういない、書いちゃダメ!」と言うのです。
あくまで「今、ここから見えるものを、見えるとおりに描く」ことが、今回のルールです。
「あーワンちゃんが!動かないで!」などなど、高速描写が求められることも!

逆に言えば、自分が立っている位置が変われば動かないものの見え方や位置も変わる、という意味になる、このルール。
それをうまーく利用したのが、中島さん特製の持ち運びできる、窓。
アトリアの大きな窓いっぱいに描ききったところで、この小窓を渡された参加者たち。中島さんは、今度は自分の書きたいもののところまで自ら窓を持ち運んで(動いて)、外で同じ制作をしてみようと言いました。
c0222139_16450126.jpg
さっそく公園内に散っていく参加者たち、窓を覗きながら歩いて、面白いものを探します。
ここ!と思った場所にじっと座って描いたり、ハトを追いかけて描いたり!?
描きながらずっと窓を持っているとちょっと腕が疲れることも…そういうときはスタッフなどが積極的にサポート。
c0222139_16530138.jpg
c0222139_16533503.jpg
先ほどまで大きな窓に描いていたからか、小さな窓はすぐに描く場所がなくなってしまいました。きりのいいところで館内に戻り、それぞれが描いたものを見せ合います。
「描いてて一番面白かったのはどこですか?」「一番難しかったのは?」など、中島さんがインタビューすると、作品の一部を指さしながら積極的に答えてくれる参加者たち。
c0222139_17182350.jpg
c0222139_17185269.jpg
コチラからムコウを写す。たったそれだけの方法だったからか、参加者それぞれがどんなことに注目したのか、個性がはっきりあらわれたようです。
なるほどそういうものもあったかと改めて発見があったり、どこから見ればこんな風に見えるのか探したり。鑑賞の方法もいろいろありそう。

このワークショップで大きな窓に描かれたものは、企画展開催中、そのまま展示いたします!
参加者のみなさまが描いたものはもちろん、中島さんが公開制作で描いた部分も、そのままですよ。
どんなものが描かれたのか、窓とそこから見える景色はどんな作品になったのか、ぜひご覧ください。


---
春の企画展〈絵画展…なのか?〉
開催中~2019/5/12(日)
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで)
休館日:毎週月曜(ただし4/29・5/6は開館)、5/7(火)
詳しい情報は公式webサイトの「展覧会」のページから!
c0222139_17244596.jpg

# by atlia | 2019-03-30 09:10 | ワークショップ

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
去る114日(月祝)、新春企画展〈アートな年賀状展2019〉に関連し、[アートなお正月あそび]を開催しました。来館者のみなさまに新年のご挨拶を込めて、お正月にちなんだゲームやミニ工作などの体験広場をご用意。事前申込なし・無料でどなたにも気軽に参加いただける恒例イベントです。
c0222139_19472328.jpg


More
# by atlia | 2019-01-17 10:00 | サポートスタッフ
クリスマスイブの12月24日(月・祝)、年中・年長の20名で、季節感あふれるワークショップを開催しました。
講師は、造形教室あとりえこもの柴山京子さんと岩崎幸之助さん。お二人とも彫刻家でもいらっしゃいます。
今回は、ミノ(昔のレインコート)のような巣をつくり、冬の虫として知られている、みのむしをイメージして、自分で着られるユニークな衣装を制作します。

まずは、講師から質問です。
「みんな、みのむしって見たことあるかな?」
ほとんどの参加者が、本やテレビで知っていても本物は見たことがない様子。
そこで、講師オリジナルのみのむし紙芝居がはじまります。内容は、動物たちがいろいろな方法で、みのむしくんにカラフルな衣装をつくってあげるというもの。
c0222139_15170649.jpg
紙芝居が終わったら、講師が紙芝居にあったのと同じ赤・青・黄色の紙粘土と白いネットをとりだし、今日の作業の実演をします。
粘土をちぎったり、まるめたり、のばしたり。3色の粘土はこねて混ぜると、緑になり、紫になり、マーブル模様にもなります。
つくった粘土は、床の上に敷いたネットに、まんべんなく置いていきます。
講師いわく、みのむし衣装制作のコツは、配られた全部の粘土を使い切ってネットに並べるようにとのこと。


続きを読む>>
# by atlia | 2019-01-08 15:55 | ワークショップ
12月22日(土)、「開運‼新聞紙とガムテープで宝船」を開催しました。
こちらは小学1~6年生が新聞紙とガムテープを素材として、みんなで大きな船、そしてそこに乗せるそれぞれの宝物をつくり、オリジナルの宝船を生み出すというもの。講師は造形作家の関口光太郎さんです。

会場には山のように積み上げられた新聞紙と、色とりどりのガムテープ。講師はどこにいるのだろう…と、新聞紙の山の中から関口さんが登場!子どもたちはびっくり。楽しい悲鳴があがります。
c0222139_16561886.jpg
関口さんからは「これからみんなで縁起の良い宝船を作って、お正月をむかえましょう」との呼びかけ、そして「まずはその前に、新聞紙であそんでみましょう」と、素材に親しむあそびが提案されました。

新聞紙を使ったはじめの遊びはかくれんぼ。「やってみたい!」と言った子どもたちが、新聞紙の中へそっと隠れていきます。鬼となった関口さんが一人ずつ探していきますが、なかなか見つからない子も。


続きを読む>>
# by atlia | 2019-01-08 15:40 | ワークショップ
2018年12月1日(土)、企画展〈樹々あそぶ庭々〉に関連して、アーティストトークを行いました。
お話しいたただいたのは出品者の浅見貴子さん(画家)。
本ブログでは「第13回アーティスト・イン・スクール〈校庭の樹-墨の点々で描こう〉」授業レポートで既におなじみですが、今回のトークではご自身の作品を中心にお話しいただきました。
ゲストに光田由里さん(DIC川村記念美術館学芸員)をむかえ、お二人のお話しで作品をたどっていきました。
c0222139_10552466.jpg
せっかく本物があるからと、ギャラリーツアーのようにして、会場をご案内します。
ひとつひとつの作品に対して丁寧に聞き取っていく光田さんの質問に、ときおり思い出すようにして答えていく浅見さん。


続きを読む>>
# by atlia | 2018-12-04 14:56 | 企画展