ATLIA STAFF BLOG
ワークショップ[光る門松をつくろう]を開催しました
12月23日(土)、街はクリスマスムード一色ですが、お正月を先取りして家族で楽しく迎えるためのワークショップを開催しました。講師は塩川岳さん。全国各地で参加者同士のコミュニケーションに主眼を置いたワークショップを精力的に行っています。アトリアでは2015年に実施した[キラキラ光る蛇をつくろう!~安行原の蛇造りから~]が記憶に新しいところですが、今回は未就学児とその保護者が対象。親子ペアで協力してオリジナルの「光る門松」を一対(2つ)ずつ制作しました。

c0222139_1603616.jpg

そもそも「門松」ってどんなもの?ピンとこない表情の子どもたちは実物をあまり見たことがないようです。お正月に建物の門前に飾られる門松は、一年の福を願って神様を招き入れるもの。本来は常緑樹の竹と松でつくることを説明しながらも「今日つくるのは色々な工作用の材料とLEDライトでカラフルに光る門松。あまり常識にとらわれず、ぜひそれぞれのアイディアを発揮してください」と塩川さんは呼びかけました。

c0222139_1604421.jpg

門松の中で一番目立つ竹筒の部分はLEDライトの色が映えるよう、緑色ではなく白い画用紙でつくります。一対の門松に必要な6本分の画用紙を、まずはガイドに沿ってハサミで切り抜きました。子どもたちもなかなかの手さばきで協同作業は快調な滑り出し。それを筒型に丸めて接着する作業も2人がかりで、1人が形をキープしている間にもう1人がセロテープでとめるなど役割分担しながらてきぱきと進めていきました。

c0222139_1605096.jpg

きれいな竹筒の形が6本揃ったら、3本ずつまとめて薄い段ボールを巻き付けます。藁などで竹と松をくるむ「袴(はかま)」の部分を見立てたものですが、更にもう1枚段差をつけて巻き付けることで最後にLEDライトをセットするための土台にもなります。竹筒を押し潰してしまわないように力を加減しながら組み立て、一対の門松の形が整いました。

c0222139_1605698.jpg

そして次からが親子ペアそれぞれのアイディアの見せどころ。色とりどりの千代紙やセロファン、しなる竹ひごやふさふさしたモールなど、門松を飾り付けるための材料が塩川さんの前に並んでいます。紙粘土で繭玉(小さく丸めた餅を柳などの枝にさして飾り、作物の豊作を祈るもの)をつくる方法も教えてもらい、それぞれお気に入りの材料をテーブルに持ち帰りました。

c0222139_161394.jpg

紅白の紙粘土は本物のお餅のよう。感触を楽しみながら丸めるうちに鏡餅や雪だるま、雪うさぎもつくってみよう!とアイディアがふくらんでいきます。テーブルのお向かいさんともお互いに刺激を受けながらキラキラ光るホログラムフィルムで折り紙をしたり、タイルのように細かく切って張り付けたり、うずまきやハートの形に折り曲げたモールを生け花のように差し込んだり。大人も子どもも夢中になって、ときに相談しながら自分たちならではの飾りを施していきました。

c0222139_161844.jpg

そして完成した10対の門松が展示台に勢ぞろいしました。全員同じ形から出発したはずが、お城のように力強いもの、生き物ののように有機的なものなどどれも個性的でアーティスティック!お互いの作品を興味深そうに見比べ、あるいは自分の担当した部分を得意気に指さし伝える参加者たちの姿から作品への思い入れが伝わります。

c0222139_1611147.jpg

気が付けば窓の外が暗くなってきて、いよいよLEDライトの出番。1つずつ門松の下にセットしてスイッチを入れました。会場が暗転した瞬間「きれー!」と大歓声!きりっと立つ竹筒と多様な飾りのシルエット、カラフルにまたたく光を親子で寄り添いうっとりと見つめました。来年も家族みんなハッピーでありますように!

c0222139_16114100.jpg

参加者たち力作のユニークな門松たちは〈アートな年賀状展2018〉会場に展示されます。1月7日(日)~21日(日)の開館中、毎日16時からライトアップ!公園に面した大きな窓に沿って、新年を祝う光のプロムナードが来場者や道行く人の目を楽しませてくれることでしょう。

c0222139_15482039.jpg

# by atlia | 2017-12-28 15:41 | ワークショップ
「『ほんわか村の星まつり』光を生かしてつくろう・あそぼう」を開催しました
12月17日(日)、クリスマス間近で街中が賑わう頃。この季節にぴったりの、華やかなワークショップを開催しました。講師は美術家・舞踊家の新生呉羽さん。毎年当館でオリジナルの物語に基づいた即興演劇のようなワークショップを企画いただいています。

今回のタイトルは「ほんわか村の星まつり」。
ほんわか村って何?星まつりってどんなことをするんだろう?
やってきた参加者は、これからどんなことが始まるのかワクワクしながら新生さんの元へ。
c0222139_17020227.jpg

全員が大きな布にくるまると、新生さんはこんなお話を始めました。

「今の時期は空気が澄んでいるから、星がたくさん見えるよね。あのね、『ほんわか村』っていう心の優しい人たちが住んでいる村があってね、そこでは星が綺麗に見える夜に『星まつり』をするの。『雲母(うんも)』っていう透き通った石で飾りをつくって、それを持ってお祭り会場まで歩いて行くんだよ。その日だけは、子どもも特別に夜遅くまで起きても良いことになっているの。だからみんなで大はしゃぎ!」


おとぎ話のようなストーリーに、少し不思議そうな表情の参加者たち。新生さんは参加者たちに、この「星まつり」をみんなでやってみよう!と提案しました。

c0222139_17555906.jpg

新生さんいわく、「星まつり」には、光に透ける「うんも飾り」が欠かせないのだとか。まずはその準備をすることにしました。カラーセロファンを細かく切って土台となるパーツに貼り、新生さんに教えてもらいながら組み立てていきます。ちょっと難しい作業もありましたが、他の参加者がパーツを押さえて手伝ってくれるといった、ほんわか優しい場面も。どんな形にセロファンを切るか悩んだり、色の組み合わせ方を吟味する参加者も見られました。

c0222139_18015976.jpg

できた「うんも飾り」に懐中電灯の光を当てて、壁や床を照らしてみます。すると、色とりどりの幻想的な光があちこちに浮かび上がりました!大勢で飾りを手に会場を歩き回る様子は、ちょっとしたパレードみたい。

c0222139_18165711.jpg

ここで一旦、場面転換。窓に貼られていた黒い画用紙に、指で穴を空けていきます。少しずつ穴を広げるはずだったのですが、勢い余って一気にビリビリ。でも参加者はとっても嬉しそうな表情。こんなハプニングも「星まつり」を盛り上げるエッセンスのように感じられました。

c0222139_09415734.jpg

画用紙をビリビリしている間に、星の精に扮したスタッフたちがスクリーンを組み立てました。いよいよ「星まつり」の山場です。全体のバランスに注意しながら、全員の「うんも飾り」をスクリーンに吊るしていきます。そして、拍手とともにライトアップ!セロファンでつくった絵や模様が、息をのむほど鮮やかに写し出されました。見とれてしまったのか、一言も発せず、身動きすらしない参加者たち。その瞳も、キラキラと光り輝いて見えました。

c0222139_09401673.jpg

ライトアップした「うんも飾り」をじっくり眺めた後は、グループごとに影絵のパフォーマンスを披露しました。最初は恥ずかしがってなかなか前に出られなかった子も、他の参加者が元気よく踊ったり、保護者の方の飛び入り出演があったりするうちに、勇気を出して前に出てきてくれました。クライマックスは、全員でセロファンの雪を降らせて大はしゃぎ。まさにお祭り騒ぎとなりました。

参加者たちのアイディアが集まってできた、今回の「星まつり」。次から次へと何が起こるか分からないワクワク感と、だんだん一つの大きな舞台ができあがるようなドキドキ感、その両方を堪能できるワークショップとなりました。


c0222139_10002670.jpg


# by atlia | 2017-12-27 10:21 | ワークショップ
〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉トークを開催しました
2017年12月3日(日)、企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉の関連イベントとしてアーティストトークを行いました。
お話いただくのは、このスタッフブログではもうおなじみのミヤザキケンスケさん。
本展の出品作を中心に、これまでの作品や活動をご紹介いただくほか、アーティスト・イン・スクールでの取り組みについて振り返りを行いました。
まずは関連展示として先行オープンした〈カラフル・ザ・ワールド!〉と題したミヤザキさんの作品が展示されているゾーンでは描かれているモチーフについてはもちろん、特徴的な色使いやアクリル絵の具の使い方などを中心に、それぞれの作品について一言ずつ解説。
原色そのままだったり補色の組み合わせを好んで使うのは、パワフルでハッピーな気持ちになることを目指すという姿勢において、色の強さが重要であると考えている、という一言が印象的でした。
確かにミヤザキさんの作品は目に飛び込んでくるような色彩のインパクトがありますね。
今では少し小さめの作品も細い筆で上手に描けるようになってきたというミヤザキさんですが、色々なものを細かく描きたいという気持ちを実現させるために作品がどんどん大きくなっていった時期があったとか。大きくやればできる!という勢いも、発想の柔軟さも感じられるエピソードを聞くことができました。
c0222139_14455489.jpg
大きな作品、また協働制作や子供たちとの活動に可能性を感じているミヤザキさんは、複数人で作品をつくるときの方法についても言及しました。
色の使いかたや描くものにルールを決めることで、はじめの一歩が踏み出せること。そこから少しずつはみ出したものが表現のポイントになって、より味わい深いものができることなど、実践を重ねながら少しずつブラッシュアップしてきたそうです。

特にオーバー・ザ・ウォール世界壁画プロジェクトでは、言葉も通じない環境で協働制作してきたミヤザキさん、描くことでならコミュニケーションしながら気持ちを解放していくことができる経験をしてきたと言います。
展示室内にあるプロジェクトの紹介ゾーンで、これまでの3つのプロジェクトについてもお話をしました。
子供たちとの絵画ワークショップでは、自由に描いて良いというと、その土地によっても個性が出て興味深い作品にが生まれ、自分もはっとするような経験をしてきたのだとか。
アーティスト・イン・スクールでの取り組みは、それらの経験を踏まえたうえで、長期的に同じメンバーで一緒に行うプログラムがどうあったらいいかをよく考えたと言います(授業レポートはこちらの記事一覧から!)。
一緒に授業を行うクラスの特徴を生かしながら制作をしたかったというミヤザキさん。それを引き出すにはどうしたらいいか仕組みを考え、ゲームを取り入れたりといった工夫をしました。
過ごした時間がたくさんあったことで子どもたちの色々な表情に触れ、これまでにない名残惜しさを感じてちょっとほろりときそうになった、と思わぬ本音も。
c0222139_14522910.jpg
参加者からも活発に発言をいただき、積極的にご参加いただきました。ご来場のみなさま、ありがとうございました!


企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉は、いよいよ2017年12月10日(日)まで!
終了間際になりますので、ぜひお見逃しなく、足をお運びくださいませ。

---
発信!コミュニケーション・ペインターズ
川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年10月28日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料

# by atlia | 2017-12-09 15:15 | 企画展
AIS12:vol.5 「ぼくら」を伝えたい:35のタイトル
第12回アーティスト・イン・スクール(AIS12)の授業レポートも、いよいよ最終回。
ミヤザキケンスケさん(ミヤケン先生)と川口市立東本郷小学校6年生33人が取り組んだ「発信!コミュニケーション・ペインターズ-おっきく描こうぜ!ちいむ:ぼくらの絵」。
全5回の授業の最後は、発表展の会場であるアトリアに遠足!コミュニケーションとしての「絵」、ここで本当の完成です。

2週間ぶりの授業にわくわく、児童たちは学校からバスに乗り込んでアトリアへと移動します。
貸し切りの路線バスが珍しいこともあって車内はとっても賑やか!早く作品とミヤケン先生に会いたいです。
c0222139_11013263.jpg
ギャラリーに着いたら、一番奥の部屋にまっすぐに入っていきます。
そこでミヤケン先生と「ぼくらの絵」が待っていました。「おぉー!」とすぐに挙がる歓声!

さてさてここから授業は本番です。壁にかかった作品を前に座り、まずは制作の振り返りを行いました。
「作品、思ったより大きくない?これみんなで描いたんだよ、すごいよね」と、ミヤケン先生がはじめます。
「はい!」とすぐに返事をした児童たち、そういえば床に這いつくばるようにして描いてばかりいたので、こうやって眺めるのは初めて。壁をいっぱいしている作品は、座って眺めていると首が痛くなっちゃいそうなくらいのサイズ!自分たちが描いたもののはずなのに、なんだか感心してしまいます。
「僕は、美術館とかそういうところに自分の作品を飾られるってこと、夢だったから。みんなはもうそれを実現しているんです。それもすごいことだよ」
c0222139_11074233.jpg
この経験をどこか頭の片隅にでも留めておいてほしいと言ったミヤケン先生。
特別な経験になるだろう今回の作品、だから制作中の児童一人ひとりの様子も、実はすごくよく見てくれていたのです。
「ハートはシンボリックな仕上がりになりました、まさに中心っていう感じで迷わず描けてたね」
「縄跳び係は面積がすごい広いのに少ない人数でやってくれてて、勢いがあったし」
「空も超ひろいのに2人とかで大変だったと思う、雲もたくさん描けて、よく頑張りました」
「虹の係はすごい仕事が早かったね。人数もいたし、他の部分を上手に手伝ってくれる人がたくさんいた」
「ファームの担当は野菜の色をすごくこだわってつくってくれたこと、いもとか、よく覚えてるよ」
「校舎も色がすごく面白いよね、ここも僕は何も言わなかったけど、2人でうまく決めてたよね」
「富士山と、そのうえのK-1もいいよね、人の並びかたとか超ユニークだし、青が混じらないようにしたりとか」
「その隣の遊具はすごく計画的に進めてたと思う、3人の話し合いが生きてたよね」
「校章は漢字と稲のバランスが難しいけど、縁取りとか入れてきれいに仕上がった」
「花のところは僕が色々言っちゃったこともあったけど、色が作品全体を引き締めてくれてます」
すべての係について、ミヤケン先生は仕事ぶりにコメントしました。児童たちからはその係へのあたたかい拍手がおくられます。
c0222139_11131131.jpg
c0222139_11343222.jpg
作品の全体を振り返り、それぞれの役割を認め合ったところで、ミヤケン先生は「最後の仕上げをしないといけない」と言いました。
それは、タイトルをつけて、サインを入れること!
「最後は、オンリーワンゲームの文章版!それぞれのタイトルをつけてください!5分!」
タイトル、それに込めた思いや他の人にぜひ見てほしいポイントを書くための用紙が配られ、ゲームがスタート!
真剣な顔で取り組む児童たち、打って変わって静かに…絵を見ながら考えつつ、鉛筆を動かしました。ギャラリーにかつかつと書く音が響きます。
c0222139_11423784.jpg
c0222139_12333255.jpg
「じゃ、発表してくれる人ー?」とミヤケン先生が声をかけると、「はい!はい!」とたくさん手が挙がります!
「わたしがつけたタイトルは、《ちいむセカンド みんなのおおきな思い出》です」
「ぼくのタイトルは、《なかよし東本(ひがほん)》です。みんな、仲良しだから!」
「《世界にひとつだけのみんなの東本郷小学校》にしました。一人一人が絵を描いて、世界にひとつだけの作品になったから」
どのように作品と向き合い、制作した時間を捉えているのか。これを見てくれる人に、何を感じてほしいのか。
それぞれの視点がよくわかる、まさにオンリーワンのタイトルが33通り、児童たちから発表されました。
c0222139_12004827.jpg
そこに担任のヒガシ先生と、もちろんミヤケン先生が考えたものも加わって、全部で35個になった「おっきなぼくらの絵」のタイトル。
すぐに作品のそばにある小さな衝立にすべてのカードが賑やかに貼り出され、会場にきたお客さまにも読んでもらえるようになりました。
c0222139_12053996.jpg
授業を振り返ると、作品がこのタイトルたちと同じようにまとまったいったことを思い出します。
それぞれの視点や意見を持ち寄り、互いを認め合う。譲り合いながらも、それぞれが役割を果たす。
個人が全員に認められること、そしてたくさんのコミュニケーションのなかで、作品はどんどん成長していったのです。

最後にミヤケン先生が代表して、作品にサインを入れました。
c0222139_12095479.jpg
「2017.11.11 M.Kensuke 東本郷小学校6年1組のみんな」
自然と起こる拍手と歓声。ここに「おっきなぼくらの絵」が本当の完成をむかえました。


ミヤケン先生と東本郷小学校6年生が多くの時間と気持ちを重ね合って完成した作品は、その35通りのタイトルとともに、アトリアで公開しています。
今、まさに発信中!コミュニケーション・ペインターズの表現、多くの人に、伝わりますように!

ぜひ会場で彼らの表現に出会ってください。また、「アートウォッチングカード」にメッセージを記入いただくと、
彼らのもとへと届けられ、授業に役立てられます。彼らのコミュニケーションに加わって、お楽しみいただけましたら幸いです。



photo: Kozo Kaneda

---
第12回アーティスト・イン・スクール
発信!コミュニケーション・ペインターズ ―おっきく描こうぜ!ちいむ:ぼくらの絵
ミヤザキケンスケ×川口市立東本郷小学校6年生33人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年11月11日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
---
このプログラムの過去記事はこちら↓から
c0222139_15225976.jpg


# by atlia | 2017-11-24 15:25 | 学校×アトリア
AIS12:vol.4 bonustrack
第12回アーティスト・イン・スクール(AIS12)、学校内での授業が終了しました!
普段はなかなか見えない教室の様子をお伝えしているスタッフブログ連載、今回の更新は前回好評いただきました「bonustrack」第2弾。
授業レポート本編ではご紹介しきれなかったシーンをハプニング含めて?お伝えします。
作品制作(第2~4回の授業)から、プレイバック!

c0222139_12471781.jpg
真っ白のテント地に一筆目を入れる緊張の一瞬がそこかしこで起こる。

一筆いれてしまえばガンガン進む下地作り。色が増えて混雑の様相。
そして気がつくと乾いていない絵具に囲まれ、逃げ場を失いかける事例。
c0222139_12552171.jpg
調子に乗って手を伸ばし戻れなくなりかける事例。
c0222139_12452684.jpg
ハートを描くと後ろ姿もハートになる事例。
c0222139_13004734.jpg
下地が乾いて制作2回目(授業3回目)、見た目の混雑度、一気に倍増。
ハート係との相談。
縄跳び係との相談。
虹係の相談?
c0222139_13045332.jpg
乾いていないところを避けつつ描こうとすると妙な姿勢になる事例。
そして妙な姿勢のままで歩くことになる事例。
制作最終日(授業4回目)、川口市マスコット「きゅぽらん」が取材にきてくれる。ヒガシ先生思わず撮影。
c0222139_13215715.jpg
ミヤケン先生、全員の似顔絵を描く。モデルも周りもにやにやしながら見守る。
c0222139_13205554.jpg
そのあいだに作品の最上部に神、降臨。K-1(クラスのお笑いイベント)にも降臨するらしい。
c0222139_13282910.jpg
児童も先生もスタッフも混じって誰が誰だか?それくらい全員が一緒になってやっていた。
そして制作終了。誰かが乗っていない状態はなんだか寂しい。
最後に、ヒガシ先生が全員の似顔絵に名前を描き入れてくれる。



photo: Kozo Kaneda

---
第12回アーティスト・イン・スクール
発信!コミュニケーション・ペインターズ ―おっきく描こうぜ!ちいむ:ぼくらの絵
ミヤザキケンスケ×川口市立東本郷小学校6年生33人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年11月11日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
---
このプログラムの過去記事はこちら↓から

c0222139_13442065.jpg

# by atlia | 2017-11-23 09:20 | 学校×アトリア



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度以前
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧