ATLIA STAFF BLOG
<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
AIS12:vol.0 発信!コミュニケーション・ペインターズ はじまるよ!
毎年秋、アトリアでは恒例となっています「アーティスト・イン・スクール」は今年度で12回目をむかえます!
第一線で活躍するアーティストが図工・美術の授業で先生(講師)をつとめるこのプログラムは、毎年1校1学年、川口市内の小中学校を対象として開催。
第2学期の一部である1か月半ほど、何回かの授業を経て、ともに作品を制作しつつ交流をもつことで、
児童生徒はもちろん、アーティスト・学校の先生にとっても、想像力・創造力・コミュニケーション力を刺激し合い、学び合う機会とすることを目的としています。

今年度は講師にミヤザキケンスケさん(ペインター)をむかえ、川口市立東本郷小学校6年生と一緒に図工の授業を行います。
カラフルに世界を描きだすミヤザキさんの表現に触れながら、今までにない壁画のような作品に挑戦!
本ブログでは、授業をご一緒するコーディネイターである当館スタッフの目線で授業をレポート、随時みなさまにお伝えします。

2学期はじまって少し落ち着き始めたこの頃、そろそろ1回目の授業!
今回は予告として、講師のミヤザキさんと、東本郷小学校について、ちょっとご紹介します。

ミヤザキケンスケさんは、トータルペインターとして壁画制作やワークショップのコーディネイトをしてきたアーティスト。
Super Happyをテーマに、ぱっと見ただけで人が幸せになれるような、色鮮やかな作品を数々生み出してきました。
c0222139_17522342.jpg
※1

近年では「OVER THE WALL」というプロジェクトを主宰、世界中に現地の人たちと一緒に描いた壁画を残す活動を推進中。
東ティモール、ウクライナなど、発展途上国や難民の多い地域などに自ら出向き、まさに世界を明るくするために絵を描いてきたのです。
ミヤザキさんの作品に繰り返し登場するモチーフであるお花はとってもカラフル、ぱっとひかる明るい笑顔に似ています。

現地の人と一緒に描くという姿勢は、大きな作品をつくること、さらにその土地に寄り添うためにも必要な要素だと考えているミヤザキさん。
今回のアーティスト・イン・スクールでは、東本郷小学校の6年生が過ごしてきた時間に、どう寄り添っていくでしょうか。
c0222139_17214957.jpg
※2

その東本郷小学校6年生は、学年が1クラスしかない、超がつく仲良し学級。
学年目標を「ちいむ(知恵・生き方・無我夢中の頭文字)」として、その決めポーズまで揃っちゃうのです。
「ちいむ」は5年生からずっと掲げている、いわばスローガンのようなもの。今年は2年目なので「ちいむセカンド」とするときも。
そこで今回はサブタイトルを「おっきく描こうぜ!ちいむ:ぼくらの絵」と付けました。
全33人の小規模学級、まさに「チーム」な一体感をもって、1枚の大きな絵に挑戦。
自分たちのこと、過ごしてきた6年間、そして東本郷小学校の魅力、を伝えるための「コミュニケーション・ペインティング」!
c0222139_17222323.jpg
※3

どんな交流と作品とが生まれるのか、今からとっても楽しみ。
この授業で制作した作品は、その記録資料とともに、アトリアで成果発表展として公開します。
本ブログでの授業レポートとともに、どうぞお楽しみに。


※1 ミヤザキケンスケ作品《Whale's tale》2016
※2 壁画制作中のミヤザキさん
※3 東本郷小学校外観

---
第12回アーティスト・イン・スクール
発信!コミュニケーション・ペインターズ ―おっきく描こうぜ!ちいむ:ぼくらの絵
ミヤザキケンスケ×川口市立東本郷小学校6年生33人 
成果発表展@川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年11月11日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料
※関連展示として講師作品展〈カラフル・ザ・ワールド!〉を先行公開 10月28日(土)~
---
c0222139_19025031.jpg


by atlia | 2017-09-27 17:43 | 学校×アトリア
日本画ウィーク第二弾:たのしい実技講座[日本画を描く]を開催しました
日本画の魅力や愉しみ方を学ぶ講座シリーズ「日本画ウィーク」。第二弾は9月16日(土)、たのしい実技講座[日本画を描く]と題し、作品制作を体験しながら日本画の基礎を学びました。講師は前回に引き続き今西彩子さん(鎌倉市鏑木清方記念美術館 学芸員)、ほか鏑木清方記念美術館のサポートメンバーである寺澤さん、三澤さん、津久井さんにも実技指導していただきました。
c0222139_15523898.jpg

制作を始める前に今西さんから日本画の絵具について解説を受けました。日本で古くから使われている「岩絵具(いわえのぐ)」は孔雀石(くじゃくいし:マライカイト)や藍銅鉱(らんどうこう:アズライト)などの言わば宝石を原料にしたもの。各地の土を精製してつくられていた「水干絵具(すいひえのぐ)」は後に色鮮やかなものが開発されたそうで、これらに動物の皮や骨からとった「膠(にかわ)」を接着剤として加え、練り混ぜてから水で溶いてようやく1色が使えます。棒状に固められた「三千本膠(さんぜんぼんにかわ)」は残念ながら職人が少なくなり、材料全ての貴重さが増しているのだとか。

c0222139_10374055.jpg

使う絵具の11つを画家の手で調合する日本画の制作には非常に手間と時間がかかりますが、今回主に使う「顔彩(がんさい)」は、湿らせた筆で表面を撫でれば使える固形絵具。色を濁らせることなく仕上げるには描きたい絵の全体をイメージして薄い色から順に塗っていくこと、太いものから細いものまで筆をうまく使い分けるコツなどが寺澤さんより伝えられました。

c0222139_15530018.jpg

描くための基礎知識を得たところで作品の下絵に取り掛かります。参加者各自が用意してきた図案は身の回りの草花をスケッチしたものから動物図鑑のページまで様々。色紙への描き写し方、より良い構図のとり方などについて三澤さんや津久井さんにアドバイスを受け、鉛筆で輪郭線を描いていきました。

c0222139_15531144.jpg
そしていよいよ彩色に入ります。各机に置かれた顔彩は赤系統だけでも10種類近くあり選ぶのに迷うほど!それぞれの色を確かめ、あるいは混色し、その違いやにじみなどを楽しみながら多彩に塗り分けていきました。
c0222139_10380431.jpg
彩色に慣れてきたら試しに1色、岩絵具または水干絵具を使ってみます。絵具皿に粉状の絵具を入れ、溶かした膠と水を少量ずつ加えて人差し指と中指で練り混ぜました。日本画ならではの体験に神経を集中しつつも初めての感触に思わず笑みがこぼれます。
c0222139_10393456.jpg
そしてできた色を作品に加えてみます。岩絵具は顔彩と同じ調子で筆を走らせると色が伸びずにかすれてしまうのですが、そこが何とも言えず良い味わい。「きれいだなぁ」と、何度もつぶやく参加者の声が聞こえました。
c0222139_15541882.jpg
彩色を終えた参加者は作品の余白に砂子(すなご:金色の箔を細かい粉にしたもの)をまきました。不規則に舞い散る光の粒が朝露や流れる風を思わせ、描いた絵を引き立てます。
c0222139_15543575.jpg

そして最後に全員の作品を並べて鑑賞会。津久井さんが11人の作品に見られる良さや工夫についてコメントし、その成果を称える拍手が上がりました。参加者からは

「日本画はよく観に行きますが描くのは初めてでとても難しかったです。」

「奥深さと難しさ、楽しさを学ぶことができました。」

との感想をいただきました。じっくりと手をかけ生み出す日本画の彩りの豊かさを体感できたのではないでしょうか。


このシリーズに関する過去の記事はこちら
日本画ウィーク第一弾:日本画ウィーク第一弾:やさしい鑑賞講座[日本画をみる‐明治~昭和を中心に]を開催しました
c0222139_19524998.jpg
by atlia | 2017-09-17 12:00 | 鑑賞講座・実技講座
〈第7回 公募 新鋭作家展〉の優秀者が決定いたしました!
〈新鋭作家展〉は文化芸術の振興と新鋭作家の発掘・育成を目的とした公募展です。ポートフォリオ審査・プレゼンテーション展示審査にて優秀者を選出し、1年後に展覧会を行います。

第7回目となる〈公募 新鋭作家展〉の二次審査が終了し、2名(組)の優秀者が決定いたしました。

来年度に展示される2名(組)の新鋭作家による展示にご期待ください。
c0222139_09482352.jpg

by atlia | 2017-09-15 10:01
日本画ウィーク第一弾:やさしい鑑賞講座[日本画をみる‐明治~昭和を中心に]を開催しました
9月の第3~4週にかけて「日本画ウィーク」を開催しました。日本画を見たり描いたりしながらその魅力や愉しみ方を学ぶ初心者向けの講座シリーズです。
c0222139_11531430.jpg
第一弾は13日(水)、たのしい鑑賞講座[日本画をみる‐明治~昭和を中心に]と題し、講師の今西彩子さん(鎌倉市鏑木清方記念美術館 学芸員)に日本画の特徴や鏑木清方をはじめとする近代の画家・作品ついてお話しいただきました。
c0222139_14024547.jpg
この日を楽しみにお越しくださった会場いっぱいの参加者に向けて、まずは日本画の歴史について解説。古代~中世、日本の絵画は人々の住居や暮らしの変化とともに発展していきました。日常生活と仕事を区別するためのいくつもの部屋がつくられ、室町時代に建てられた武家屋敷の障壁画では、多くの人が集まる広間にはたおやかな「大和絵」、武士の居室には勇壮な「唐絵」が好まれたのだそうです。近世には様々な画風をもつ流派が生まれていき、たっぷりとした余白が特徴の「狩野派」、一色の絵具が乾かないうちにもう一色をにじませる「垂らし込み」の技法を用いた「琳派」などがその代表格。明治以後普及していった西洋画と区別するため伝統的な日本の絵画を「日本画」と呼ぶようになったのだとか。
c0222139_1356104.jpg

鏑木清方は変化の激しい明治~昭和の時代を生きた画家です。東京神田に生まれ、新聞などの挿絵画家として画業をスタートしましたがのちに日本画家へと転身。庶民の暮らしや文学などを題材にした優美な女性像を多く描きました。川口市が所蔵する《墨田川両岸 梅若塚・今戸》(2008年市内で鋳物業を営む田原家より寄贈)は歌舞伎などで有名な梅若丸伝説に因んだもの。背景によく目をこらすと、水面を泳ぐゆりかもめや当時盛んだった「今土焼」など、江戸の風物が描き込まれています。
清方の人柄を伝える資料として、生前録られた音声や動画も紹介されました。当時はまだ珍しかったムービーフィルムを使って自ら撮影や上映会を行うほど新しもの好きだったそうですが、その肉声でしみじみと語られるのは江戸の風情を残し「感受性豊かだった」明治の庶民生活への愛着。市井の人を描く動機を示すエピソードに参加者たちは興味深そうに聞き入っていました。

c0222139_14030669.jpg
最後に川口市の所蔵作品から横山大観や前田青邨、川合玉堂など、清方と同時代を生きた日本画家たちの作品が紹介されました。身近な風景や動植物を題材にしつつ、ひろい余白や絵具の垂らし込みなどに伝統から学んだ美が生きています。
c0222139_14031394.jpg

会場には今回だけ特別に、奥村土牛の作品(実物)を展示していました。これからの季節にぴったりな《柿》。講座の後に鑑賞すればより描き方の特徴が見え、風情も感じられます。普段はどこか遠くに感じがちな「日本画」ですが、人の暮らしとの結びつきを知ることでぐっと身近に親しむ機会となりました。

c0222139_19524998.jpg
by atlia | 2017-09-14 12:00 | 鑑賞講座・実技講座
〈第7回公募 新鋭作家展〉二次審査(プレゼンテーション展示公開)開始!
〈第7回 公募 新鋭作家展〉二次審査(プレゼンテーション展示公開)を開催いたします。

c0222139_09420775.jpg

 〈新鋭作家展〉は文化芸術の振興と新鋭作家の発掘・育成を目的とした公募展です。地域の芸術シーンを活性化することを目指す当館の意志に賛同し、人々の暮らしや日常にアクセスしながら活動するアーティストを全国から募集しました。
 本展は一次審査を通過したアーティストたちのポートフォリオ(過去の活動の記録ファイル)と、二次審査に向けて手掛けた作品を公開するものです。新進気鋭のアーティストたちによる個性豊かなプレゼンテーションをご覧ください。

 二次審査で選出された優秀者2組は来年夏の企画展に出品作家として参加いたします。その優秀者は9月15日(金)に館内掲示および公式ホームページで発表いたします。そちらもお楽しみに!

*********************************
二次審査プレゼンテーション展示公開
〈第7回 公募 新鋭作家展〉
会 期:2017年9月9日(土)~24日(日)
時 間:10:00~18:00(土曜は20:00まで開館)
観覧料:無料
出品者:河村るみ/原口比奈子/村山加奈恵/力石咲/津田隆志/ユアサエボシ/飯沢康輔/小宮太郎
    /うしお/スクリプカリウ落合安奈(受付順)
c0222139_09482352.jpg

by atlia | 2017-09-09 10:00



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧