ATLIA STAFF BLOG
<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
MaS(T)Aアーティストトークを開催しました
8月23日(日)、夏の企画展〈アーティスト・ラボ2 シミュレーションゲーム〉関連イベントとしてアーティストトークを開催しました。

話者はアーティストユニット「MaS(T)A」のお一人、森田浩彰さん。
約1時間に渡り活動内容や今回の新作などについてお話ししてくださいました。

c0222139_0525742.jpg
まずユニットを結成した理由を教えてくださいました。
きっかけは数年前、アーティストの五月女哲平さんがあるアートフェアに参加する際に、森田さんに声をかけたことだったそうです。
「ユニットを組んだからには、いつもはしないようなことをしてみたいと思ったんです。」
2人だからこそチャレンジできる何かを探し求め、辿り着いた答えが「旅をテーマに制作すること」でした。
実は森田さんと五月女さんは自他ともに認めるインドア派。旅行らしい旅行をした経験が少ない上、外出するのもちょっと苦手なのだそうです。

c0222139_0543246.jpg
《旅の行方≒栄螺堂》2014

次に作品画像を見せながら、これまでの制作についてお話ししてくださいました。
まずお2人は初の作品発表に向けて旅をする場所を探し、「さざえ堂」という建物を選びました。さざえ堂とは内部が回廊になっている寺の通称で、一周することで巡礼と同じ御利益が得られると言われています。つまり本来ならば長く険しい旅路を、短い時間で「旅したつもり」にできるのです。
旅が苦手な2人にはうってつけかもしれませんね。
このときは行く前からさまざまな準備をし、埼玉・群馬・会津若松にあるさざえ堂をめぐりました。
そして展覧会では、実際に行って知った事実と行く前に膨らませた空想を混ぜ、映像・写真・オブジェなどにして展示しました。

c0222139_1384057.jpg
《旅の行方≒富士山》2015、《旅の行方≒富士塚》2015

その後本展への参加に至る経緯とともに、制作のために同行したアートさんぽ[アーティストと行く富士塚めぐり]の紹介をしながら、出品作についてお話ししてくださいました。
富士塚とは、富士山を模してつくられた小さな塚。登ることで、富士登山と同じ御利益を得られるとされています。さざえ堂と同じく、「旅したつもり」になる仕組みです。
今回は2人で富士塚をめぐった記録映像と知人が実際に富士登山した記録映像を対にし、空想と現実の境が曖昧になるような仕掛けを所々につくって展示しました。

最後に森田さんは、MaS(T)Aとしての制作活動に関して興味深い経験談を語りました。
「僕は小さいときよく木の上で仮面ライダーの変身ポーズをしていたらしいのですが、実際にはその記憶はありません。でも何度も親に言われ続けるうちに記憶がすりかわって、本当にそうしていたような気になっていきました。この経験とMaS(T)Aとしての制作はリンクする部分があるのではないかと思っています。」

来場者から「自分も富士山に登っているような気持ちになった」という感想も聞かれた今回の出品作。制作の背景にある思いやエピソードを聞き、新しい見方が加わるトークとなりました。
c0222139_1302122.jpg

by atlia | 2015-08-30 13:56 | お知らせ
[旅したつもりになってみよう]を開催しました
お盆が終わり、少し過ごしやすくなりましたね。もうすぐ秋の足音が聞こえてきそうです。

8月22日(土)、夏の展覧会ラストのワークショップ[旅したつもりになってみよう]を開催しました。
講師はMaS(T)Aのお2人。アーティストの五月女哲平さんと森田浩彰さんのユニットで、少し変わった視点で旅をしてアート作品をつくっています。

c0222139_14553179.jpg

はじめにMaS(T)Aの活動や作品についてお話を聞きました。2人の作品には、本当は行っていないのに「旅をしたつもり」のストーリー仕立てになっているという共通点があります。今回のワークショップではそれを真似して、参加者さんも「旅したつもり」になって絵日記を書きました。

c0222139_15405052.jpg

五月女さんの手から、裏返した小さなカードの束が渡されました。
これは「旅したつもり」になるためのカード。めくると「どこへ行った?」「そこで何か食べた?」などの質問が書かれていて、旅の設定を考えられるようになっています。
1枚ずつじっくり考え、悩んだら五月女さんや森田さんとも相談しながら、質問の答えを書き込みました。枚数が増えるごとに、最初はぼんやりとしていた旅のイメージが具体的になっていきました。

c0222139_15432237.jpg

カードを書き終わる頃には、それぞれの旅の想像がしっかりとした輪郭を持ちはじめます。
今度はその想像を他の参加者さんに紹介するため、言葉と絵にして表現しました。ワークシートに日記のような文章を書き、記念写真のような絵を画用紙に描きました。
まだカードのようにバラバラになっている旅の設定を1つのストーリーにまとめるには、カードに書いていないことも想像しなくてはいけません。行ったことのない場所、経験していないものごとについて具体的に考えるのはなかなか大変。森田さんたちとも対話しながら、イメージを膨らませました。

c0222139_15422589.jpg

最後は完成した絵と日記を手に、旅のストーリーを紹介しました。
宇宙の遊園地で遊んだ話、メキシコでサボテンの家に泊まった話、天空の国で龍に乗った話など…夢いっぱいの旅行記ばかり!
思わず笑ってしまうような設定や、本当にあり得そうな内容もあり、講師のお2人も参加者さんも興味津々。
空想と現実が入り交じったそれぞれの絵日記は、まるで絵本や小説のように心躍るストーリーとなりました。

c0222139_11163727.jpg

by atlia | 2015-08-22 17:44 | ワークショップ
アートウォッチング[アシの裏、クツの裏]参加者募集中!
9月6日(日)に開催するワークショップの参加者を募集しています。
[アシの裏、クツの裏 足と靴からまちを考える]

普段歩いている足の感覚を意識したことはありますか?
足裏感覚を刺激する体験と、靴職人とワークショップコーディネーターの異色コンビによる対談を通じて、足と靴の深い関係について学びます。
日時:9月6日(日)13:00~16:00
講師:たむらひろし(ワークショップコーディネーター)/五寳賢太郎(靴職人)
対象:一般※高校生以上
参加費:無料
定員:30名
事前予約要
詳細はアトリア「ワークショップ」HPから


c0222139_18572640.jpg


c0222139_18522015.jpg


たくさんのみなさまのご応募、お待ちしております。
c0222139_10475868.jpg

by atlia | 2015-08-15 19:00 | ワークショップ
ワークショップ[きみのみらいをおしえます]を開催しました
7月23日(木)・24日(金)・25(土)の3日間、夏の展覧会関連としてワークショップ[きみのみらいをおしえます]を開催し、小学3~6年生の5人が参加しました。

講師は展覧会出品作家の山本高之さんです。今回はそれぞれがオリジナルの衣装やセットをつくり、占い師になりきってカメラの前で発表します。また、会場にお客さんを招き、実際に未来を予言するパフォーマンスも行います。

c0222139_17583134.jpg
はじめに山本さんから、占いの事例紹介とアドバイスをしてもらいました。
モニターに映し出されたのは、小鳥占い・エレクトーン占い・コーヒー占いなど世界中の一風変わった占いの数々。どんな方法なのか想像もつかないような多種多様な占いがあることに驚かされます。
また、占いの一種としてよく知られるタロットカードには良い結果・悪い結果が全体のうち少しの割合で含まれていて、どちらでもない普通の結果が一番多い割合になっているという豆知識も教えてもらいました。

c0222139_17583668.jpg
山本さんのアドバイスを受け、占いの内容を考えます。
好きなもの・身近なこと・パッと思い浮かんだ言葉などから占いにできそうなものを5つ以上挙げ、山本さんと一緒に1番面白いものを選びました。また、紙にイメージスケッチを描いて大体の完成図を決め、占いの仕組みも考えました。

c0222139_1759535.jpg
占いの仕組みが決まると、さっそく制作にとりかかります。ダンボールなどをつかい、自分の身長よりも大きなセットをつくるのに真剣な参加者さんたち。思いついたアイディアがどんどん実際のかたちになっていき、わくわくしている様子でした。
そして2日間かけ、占いのセットが完成!翌日の発表に備えてシナリオやセリフを考えました。


c0222139_17591094.jpg
25日、最終日。これまでの成果をビデオカメラとお客さんの前で発表する日です。
まずは会場で1人ずつ順番に映像撮影をしました。スタッフもお客さん役として入りますが、カメラが回ったらほぼ自分だけの力で演じなくてはいけません。セリフを忘れてしまったり声が小さかったりして何度も撮り直しになる様子は、微笑ましくも緊張感があります。全員が懸命に演技し、制作中とは違った一面を見せてくれました。

c0222139_17591394.jpg
無事撮影が終わると、締めくくりとして来場者のみらいを占うパフォーマンスを行いました。
1時間の開催のあいだ途切れることなくお客さんがやってきて、占い師たちは大忙しです。川口市のマスコットキャラクター「きゅぽらん」も来場し会場は一気に賑やかに。占いを試したお客さんたちは、意外な占いの方法に驚いたり予想外の結果にクスッと笑ったりと、楽しい時間が流れました。

参加者さんがつくった占いのセットと撮影した映像は、作品として展示会場でご覧いただくことができます。
ぜひ、アトリアで生まれたチャーミングな占い師たちの姿を見に来てくださいね。

c0222139_1816786.jpg

by atlia | 2015-08-12 10:35 | ワークショップ



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧