ATLIA STAFF BLOG
<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
[川口看板計画]開催しました
春の企画展〈日常事変〉の関連アートさんぽ[川口看板計画]を開催しました。
3月29日(日)、残念ながら曇りでしたが、陽気は春になってまいりました。

12名の参加者のみなさんと一緒にまちを歩くのは中崎透さん。
c0222139_1626317.jpg

今回は当館でも展示している中崎さんの作品「看板屋なかざき」に関連して、街に溢れる「看板」を中心に「標識」「のぼり」など「サイン」を発見・観察しつつ、見直すことで新しい「街」の魅力をみつけようというおさんぽです。

まずは中崎さん、今回の主旨を説明しつつ自身の取組み・これまでのワークショップを紹介します。
実際に街のなかに新しく看板などを設置した例の写真などを見せてくれました。
c0222139_16283942.jpg
ひとくちに看板・標識、と言っても、その例は様々。中崎さんは、景観・広告に関する法律・条例などの様々な決まりもあって意外と難しい問題も抱えている、というお話をしてくれました。
そういうものかと、うなづきながら話を聞く参加者のみなさん。
街のなかで重要な要素になっていることはなんとなく気がついていたけれど、あまり深く考えたことはなかったかもしれません。

ここで、実際にどんなものが街のなかにあるのか見直してみようと、歩いていってみることに。4人ずつのグループに分かれ、そのなかで色々な発見を共有しながら歩いてみよう、と中崎さんは提案しました。
最初は駅にアクセスするメインの道路である産業道路を歩きます。
c0222139_16295889.jpg
ここはトラックも多く通る幹線道路。道路標識を多くみることができます。
実は中崎さんも制作のための取材につかっていたところ。作品に登場するものも発見できた人がいました。
駅まで1kmもない道のりですが、きょろきょろしながら歩くと普段よりずっと時間がかかります。ある人はカメラ片手に、ある人はメモをとりながら。
c0222139_16305910.jpg

駅までついたら、今度は商店街の方向へ。
c0222139_16315388.jpg
駅前から続く商店街は日曜日ということもありとっても賑やか。人が多く歩いています。
ということは、今日はお店がたくさん開いている日!
参加者さんと歩きながら、中崎さんもきょろきょろ。元気なお店が多いよね、とお話しながら進みます。
セール中ののぼり・光を発する看板はもちろん、散水栓や避難経路など、公共の案内板も。サインに注目して歩くということになると、かなりの情報量かも?
c0222139_16334688.jpg

c0222139_16354520.jpg
グループのなかで「あ、あそこの何ですかね?」「これ面白くないですか?」と、会話も弾んできました。
ひと通り商店街を歩いたら、また産業道路へ戻り、アトリアへ。約1時間のおさんぽとなりました。

まちの中でどんな「サイン」が見つけられたか、何が面白いと思ったのか、それぞれ発表します。
c0222139_16372381.jpg
ラーメン屋さんの看板、個人宅の表札の表記の仕方、色のつかい方で印象が全く異なることなどなど、みなさん細かいところに注目していたようです。
市の花であるテッポウユリのモチーフがマンホールやタイルにつかわれていたことに気付いた人も。中崎さんも鋳物でつくられた鉢植えなど、街の特徴がでる「置物」についてちょっとお話したり。

発見したものを共有した後は、歩いてきた街に設置する新しい「サイン」を考えました。
今あるものについての改善案(?)はもちろん、「こんなのあったら面白いのに」と思うものでもOK。色鉛筆やペンで少し大きめの紙に紙に描き、アイディアを出し合いました。
c0222139_16401468.jpg
しかし、新しいもの、となると、グループの話し合いは少し難航するところも。30分ほどの話し合いのなかで、なんとか発表する案をまとめました。

発表されたのは、「もっと犬が快適に歩ける商店街に!」「新しいブライダルフェアーの提案」「何でも否定/肯定する看板」など、グループごとにとても個性的なアイディア。
c0222139_16423617.jpg

「犬が歩ける商店街」では、地元で犬を飼っている参加者さんを声をもとに、商店街に犬語(?)の看板を設置!快適なおさんぽを促しますとプレゼンテーション。
確かに人だけでなく犬ともよくすれ違いましたね。
c0222139_1641364.jpg
「新しいブライダルフェアー」では、日用雑貨のお店にあった「ブライダルフェアー」の看板を、より面白くするための「re:ブライダルフェアー」が提案されました。
ラーメン屋さんの大盛りの看板に想を得て、「羽毛増し」などの表記も加えられています。
c0222139_16413230.jpg
「何でも否定/肯定するための看板」は、街にあふれる放置自転車に注目。必要以上に放置自転車を禁止する看板があるよりも、一言「ダメ」と言う方が効果が上がる…かも?という提案。
でも何でも否定されるなら、何でも肯定する「YES」の看板があっても良し、ということで、二つの看板を発表しました。

発表が行われるごとに、参加者のみなさんからは笑い声や納得のリアクションが。
中崎さんも思った以上に個性的なプレゼンテーションに笑いながら、30分でまとまった案に驚いていました。

街のなかの看板なんて見慣れているものと思いがちですが、少しだけ他の人の意見を聞いたり時間をかけて観察したりすることで、こんなに見え方が変わるとは。意外な発見がたくさんありました。
見慣れている、と思っているからこそ、驚きは大きいのかもしれません。

日常生活をちょっとだけ見直した今回の街歩き。
今までよりも視野がひろがって、アトリアから帰る間にも看板が気になっちゃう人もいた、かもしれません。
こうしたちょっとした楽しみが見つかると、普段の生活がちょっとだけ楽しくなりそうですね。



--
春の企画展〈日常事変〉
 2015年3月14日(土)~5月10日(日)
 10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
 休館日:月曜日(ただし5月4日(祝)は開館、7日(木)休館)
 観覧料:300円(高校生以下無料)

c0222139_16534690.jpg

by atlia | 2015-03-31 17:13 | アートさんぽ
[川口「音拾い」さんぽ]開催しました
春の企画展〈日常事変〉の関連アートさんぽ[川口「音拾い」さんぽ]を開催しました。
3月22日(日)、天気予報は怪しかったものの、快晴!良いおさんぽ日和となりました。

一緒にまちを歩くのは、出品作家の川崎義博さん。
c0222139_19501741.jpg
今回はまちの表情を「音」で捉えるおさんぽ、4組の小学生+保護者のペアにご参加いただきました。
様々な場所で様々なものに耳を傾けながら、アトリアから駅までを歩きます。
最初は「音拾いさんぽって何したらいいの?」、少し不思議な顔をしている参加者のみなさん。
川崎さんは「とりあえずここは出て、まちの中を歩いてみましょうか」と、出発を促しました。

まずは「音を捉える」トレーニングです。
川崎さんはアトリアのご近所の公園で「ちゃりちゃり」と鳴るキーホルダーを取り出しました。
遠くまで歩いて、鳴らしてみる。聞こえたら手をあげます。高い音を捉える能力は、年齢が下であればあるほど高いと言われているそうです。
小学生のみなさんの方が聞こえる音が多い、と教えてくれた川崎さん。
耳の感覚がつかめたら、目を閉じて色々な「音」を聞いてみます。
c0222139_19574279.jpg
しばらく聴覚に集中すると、風の通る音、車が走る音、人の声、足音も…中には「名前がわからない音」もありました。
そういうときは、音そのものや印象を絵にしてメモします。
c0222139_19592324.jpg
一度だけでも耳の感覚に集中力を傾けることを覚えると、捉えられることが増えそう!

どんどん駅の方へ歩いて、駅の連絡デッキの上へ。
c0222139_2001096.jpg
少し自分の位置が高くなると、聞こえる音も変わります。しかも、川口駅は東口・西口でも大分雰囲気が変わる場所。その連絡通路は音が変化する境界なのです。
西口に近づくにつれ、東口の賑やかさを過ぎて、自分の足音が聞こえるようになりました。

西公園で少し風景が広がって、ここでもしばらく耳をすませます。
c0222139_2013129.jpg
目を閉じてじっとしている人もいれば、少しずつ移動している人も。音を捉える方向も、さまざまなようです。

さぁ、東口側へ戻ろうかというところで、今度は地下に降りてみようと川崎さんは提案しました。
c0222139_202534.jpg
駅の地下通路は駐輪場につながっている道。あまり普段はつかわないかもしれません。
天井の低い通路は音がよく響きます。ここでは声を出して、それが重なるのを実験しました。
c0222139_2041468.jpg
その上を電車が通ると、「ドードドー」というような音も重なり、なんとも不思議な気分。ちょっと肌寒くて、怖いかも?

東口に抜けると、最後は商店街を通ります。日曜日ということもあって、たくさんの人が行き交っています。
c0222139_2052225.jpg
「いらっしゃいませ!」とお店の人の声がしたり、食べ物を焼く音がしたり、ペットショップから鳥の声がしたり。
たくさんのお店があることは知っていたけれど、音がこんなにたくさん溢れていることを意識したことはありませんでした。
参加者さんのメモはどんどん埋まっていきます。最初よりも、ずっと「音」を捉える耳になっているみたい。

アトリアへ帰ってきたら、持ち歩いていたメモをもとに、《音の絵図》をつくりました。
今回は全員がたくさん描けるように大きな紙が用意されました。
c0222139_2063378.jpg
アトリアと駅、それをつなぐ商店街の位置を決めて、さあスタート。あいだの道や立ち止まったポイントで捉えた音を描いていきます。
c0222139_2061223.jpg
描く方法はさまざまです。文字で「ペッカン」「あーあーあー」とあらわしたものもあれば、音を出している車や建物の絵も。ぐるぐるとした線だけを描いたり、マルがたくさん並んだり。
c0222139_2085562.jpg

c0222139_2071284.jpg
描いているあいだ、参加者のみなさんは真剣そのもの。

一通り描いた後は、その《音の絵図》を囲んで鑑賞しながら、今日の感想をお話しました。
川崎さんは、まず絵図の中に描かれているものを見て、「これはどんな音?誰が描いてくれたの?」と質問します。
「普通の文字じゃ表現できなかったから、濁点をつけてみました」
「この音の印象は、こういう色っていう感じだった」
「鳥の声がたくさん聞こえた場所だったから、鳥を描きました」
それぞれに描いたものについて説明をきくと、印象に残っている音はもちろん、捉え方もさまざまだと気がつきます。
駅までの往復を1時間かけて「聴いた」あいだ、一緒に歩いていたけれど少しずつ感じるものが違い、それが面白い発見につながりました。
c0222139_2095252.jpg


歩いていたときの感想を聞いてみると、
「普段、自分がいかに視覚に頼っているかがよくわかった」
「まちにこんなにたくさんの種類の音があるのには気がつかなかったです」
「自分よりも子どもの方がたくさんの音を聴けているみたいで驚きました」
これもさまざまな発見があった様子。
普段はここまで耳の感覚に頼ってまちを歩くことは、なかなかしないのだな、と、改めて気づいた瞬間。
さらに、その経験を話し合い、一枚の《絵図》にすることで気付きを共有することができました。


このアートさんぽで制作された《音の絵図》は企画展〈日常事変〉の会場で公開されています。
会期いっぱい展示しますので、ぜひご覧ください!

--
春の企画展〈日常事変〉
 2015年3月14日(土)~5月10日(日)
 10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
 休館日:月曜日(ただし5月4日(祝)は開館、7日(木)休館)
 観覧料:300円(高校生以下無料)

c0222139_20122086.jpg

by atlia | 2015-03-26 17:30 | アートさんぽ
春の企画展〈日常事変〉オープン!
3月14日(土)、春の企画展〈日常事変〉がオープンしました!

平成27年春の企画展〈日常事変〉
 2015年3月14日(土)~5月10日(日)
 10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
 休館日:月曜日(ただし5月4日(祝)は開館、7日(木)休館)
 観覧料:300円(高校生以下無料)

見慣れている風景、家の中にある日用品、どこかから常に聞こえている音。
ありふれた生活やその中にあるもの、あるいはそれらに囲まれている平穏な気持ちを、つねひごろの・なんということはない、という意味で私たちは「日常」という言葉で表現します。しかし、よくつかうそのことばに思いおこされるものはつかみがたく、しかもひとそれぞれに異なる曖昧な、文字通り「何と言うことはない」もので、はっきりと意識することすらままなりません。
現代のアーティストのなかには、「日常」のものごとを素材に作品を生み出す人たちがいます。それらに触れることは、表沙汰にされた「日常」に飛び込むこと。意識しないほど曖昧なものごとが、アーティストの視点を通すことで突然刺激的な表現となって、私たちの「日常」を揺るがすのです。
それはまさに事変的体験。平穏への刺激がより「日常」を豊かにするきっかけになる、かもしれません。
c0222139_15594552.jpg
c0222139_15595917.jpg
土日中心に関連イベントも開催します!
当日お気軽に参加いただけるものもありますので、
公式ホームページ「アトリアweb」やfacebookでも情報ご覧くださいませ。

15日(日)には、さっそく[ギャラリートーク]を開催いたしました。
このイベントでは、学芸担当スタッフが展示作品や作家の活動についてお話しながら、一緒に展示空間を巡ります。
制作のちょっとした裏話が聞けたり、もしかしたら普段触れない作品にタッチできる、かも?
c0222139_16164435.jpg
会期中、まだ2回開催いたしますので、ご興味持っていただけます方は、ぜひ。
観覧料のみでお気軽にご参加いただけます。
ギャラリートーク
4月11日・5月10日(各日日曜日)14:00~ 30分ほど


春休みのおでかけに、アートな体験はいかがでしょうか。
アトリアのウッドデッキの寒桜も見ごろ!多くのお客様のお越しをお待ちしております。
c0222139_16195237.jpg

by atlia | 2015-03-17 16:19 | 企画展
参加者募集中!春のアートさんぽ②
【〈日常事変〉関連イベント参加者募集②】
3月29日(日)に開催しますアートさんぽ[川口看板計画]、只今応募受付中です!
看板や標識をモチーフに制作を続けるアーティストとともに、アトリア周辺をさんぽしながら街をあらわす「サイン」について考えます。

---

看板や標識は、街の中にたくさんあふれています。しかし、よくよく観察したこと、ありますか?
看板や標識はその街の中で多くの役割を果たしている「サイン」。
お店の特徴をあらわしたり、ルールや道筋を教えてくれたり。
今回のアートさんぽでは、企画展〈日常事変〉で看板や標識をモチーフに作品をつくった中崎透さんと一緒に、アトリア周辺を中心に川口の街に溢れる「サイン」を観察します。
看板そのもの、それが持っているイメージ、ついている場所との関係性やズレ。
たくさん観察していくことで、それが溢れる「街」について考えるきっかけにもなります。
看板を観察した後は、こんな看板・標識があったら面白いと思う新しい「サイン」を一緒に考えます。
魅力的な新しい街をつくる視点を、看板から探ってみましょう。
c0222139_17253739.jpg
《看板屋なかざき》2014年(十和田市現代美術館) 撮影:小山田邦哉

--
3月29日(日)13:30~16:30
アートさんぽ[川口看板計画]
講師:中崎透(アーティスト/春の企画展出品)
対象:一般(18歳以上)15名
参加費:500円
応募締切:3月11日(水)

応募方法:
以下の①~⑤の情報を、はがき・FAX・メールのいずれかにて締切日までにお送りください。
①希望コース名(1つ)
②名前(ふりがな)
③年齢・学年
④郵便番号・住所(集合住宅にお住まいの場合には建物名まで)
⑤電話番号(緊急の際に連絡がとれるもの)
応募者多数の場合は抽選とし、当選された方にのみ、締切日より1週間以内にはがきにて当選通知を発送いたします。

応募先
〒332-0033 埼玉県川口市並木元町1-76
川口市立アートギャラリー・アトリア ワークショップ 係 まで
FAX:048-240-0525
MAIL:spring2015☆atlia.jp (☆→@にしておつかいください)

---
企画展情報はこちら!

平成27年春の企画展〈日常事変〉
 2015年3月14日(土)~5月10日(日)
 10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
 休館日:月曜日(ただし5月4日(祝)は開館、7日(木)休館)
見慣れている風景、家の中の日用品、どこかから常に聞こえてくる音―ありふれた「日常」を素材に生まれるアート作品があります。
「日常」から生まれるアート、そしてアートから生まれる日常。
その境界を行き来する作品が、アトリアで展開します。

詳細はこちらからhttp://atlia.jp/exhibition/


c0222139_19105965.jpg

by atlia | 2015-03-08 16:10 | アートさんぽ
参加者募集中!春のアートさんぽ①
春の企画展〈日常事変〉に関連し開催しますアートさんぽのお知らせです。

3月22日(日)のアートさんぽ[川口「音拾い」さんぽ」は只今応募受付中!
親子で「音」を感じるまち歩きを行います。
アトリア周辺をさんぽしながら「音のスケッチ」を行い、聞いた音を自由に絵に描きます。

--

「音のスケッチ」(サウンドスケッチ)はカナダで開発されたサウンドエデュケーションの手法のひとつ。
視覚だけに頼らず耳を中心に「聴く」ことで別の面から環境を捉え、改めて自分の空間・まち・生活をみつめる体験です。
難しく考えずに目をとじて耳を澄ませることで感覚を解放し、ゆっくりと今までにない時間を過ごせます。

そして聴いた音を自由に大きな紙に描いていく制作を行います。そのときは、耳の感覚をより大切に。他の人が捉えた音も持ち寄って出来あがる「音の絵図」は、みんなで聴いたまちの絵になります。
c0222139_16364729.jpg
c0222139_16365844.jpg

普段知らないうちにとざされている感覚を解放する楽しい体験、ぜひご参加ください。

3月22日(日)13:30~16:00
アートさんぽ[川口「音拾い」さんぽ」
講師:川崎義博(アーティスト/サウンドデザイナー。春の企画展出品)
対象:小学生+保護者の方 7組
参加費:500円(1組)
応募締切:3月4日(水)必着
 追加募集中!3月18日(水)まで

応募方法:お電話にてお問合わせください。(TEL:048-253-0222)



---
企画展情報はこちら!

平成27年春の企画展〈日常事変〉
 2015年3月14日(土)~5月10日(日)
 10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
 休館日:月曜日(ただし5月4日(祝)は開館、7日(木)休館)

見慣れている風景、家の中の日用品、どこかから常に聞こえてくる音―ありふれた「日常」を素材に生まれるアート作品があります。
「日常」から生まれるアート、そしてアートから生まれる日常。
その境界を行き来する作品が、アトリアで展開します。

詳細はこちらからhttp://atlia.jp/exhibition/

c0222139_1723911.jpg

by atlia | 2015-03-05 17:01 | ワークショップ



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧