ATLIA STAFF BLOG
<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
春の企画展関連「やさしい美術鑑賞講座」終了しました!
春の企画展〈きらり、ふわり -想いをのせて-〉も、公開期間あとわずか。
5月19日・20日の連続で、イベント「やさしい美術鑑賞講座」を開催しました。

今回の講師は、[ハンカチアートプロジェクト]主宰の藤原洋次郎さん。
テーマは、何とバロックのレンブラントから現代アートまで!?ということに!
c0222139_19213980.jpg
藤原さんは、現在の企画展で見られる《ハンカチアート》を制作することはもちろんなのですが、実は油絵画家。
ご自身の研究対象はレンブラントをはじめとしたバロック美術の油絵画家たちなのです。
油絵の制作、バロック美術の研究、更にハンカチアートプロジェクト主宰。
一見つながりがなさそうな、多岐に渡る活動についてお話いただきました。
c0222139_19245868.jpg
まずはルーベンスとレンブラントの作品を概観します。
同じ時代に生まれながらも、全く違う背景を持っている2人を比較することで、画家の表現や技法について探っていきます。
バロック美術の美しい光の表現や、レンブラントの暗いながらも力強い筆致など、藤原さんが画家として注目するポイントを教えてくれました。
c0222139_19204563.jpg
しかし、ここから現代アートにつながるにはまだまだ遠い道のりが。
近代美術を中心に、ターナー、モネ、セザンヌなど、藤原さんが注目する作家について取り上げました。
少々急ぎ足でしたが、この選択肢があることで、藤原さんの視点が見える結果に。
c0222139_19231257.jpg

それら藤原さんの研究を踏まえて、ハンカチアートのお話に。
藤原さんは最初のきっかけとなった兵庫県明石市とイギリス・ロンドンをハンカチで結ぶプロジェクトを皮切りに、様々な作例を見せてくれました。
c0222139_19291447.jpg
バロック美術とハンカチアートに共通する点は、藤原さんによれば、「光の表現」。
バロック美術に見られる舞台表現のようなドラマチックな光は、ハンカチが外で風に揺れることでできる影と光に共通しているとのこと。
これは、ハンカチを絵画の表面(マチエール)としてとらえる、藤原さんの新しい発想です。
c0222139_19241061.jpg
およそ2時間、参加者さんの前できちんと立って話をしてくれた藤原さん。
参加者のみなさんには、積極的に質問もいただき、新しいお話も聞けたのでした。

参加していただいた皆さま、ありがとうございました!
やさしい美術鑑賞講座は、秋の企画展でも素敵なゲストを迎える予定です。
お楽しみに。


c0222139_14431220.jpg

by atlia | 2012-05-23 19:30 | 2012年度
ワークショップ「布に描かれた想い」開催しました!
本日のワークショップは、春の展覧会で公開された《ハンカチアート》をうけて、
「布に描かれた想い」というタイトルでワークショップを行いました。
内容は、ハンカチ(30cm四方)の4倍の大きさの大判ハンカチに自分の想いを描くというものです。
講師をつとめる有泉仁見さんは、アートセラピストとして子どもから高齢の方までハンカチに自分の想いを描く今回の[ハンカチアートプロジェクト]を広めることにも協力いただきました。

実施中の春の展覧会では、アトリアの建物もたくさんの人の想いが描かれたハンカチによって姿を変えています。布はまとうことによって見方を変え、美しくも魅せること素敵に飾ることもできるという話も聞かせてくれました。
c0222139_19255865.jpg


さて、布に描くテーマは「花」。さまざまな花の写真から、自分が気になる花を見つけます。ここから自分の想いが入ります。どうして気になったのか、その花をどう感じたかも考えました。
c0222139_19262922.jpg



本番の作業に入る前に、ティッシュペーパーで絵具の染み込み具合を試します。中心から順に花のイメージを赤・青・黄色を混ぜ合わせながら、筆とスポイトを上手く使い描いていきます。
c0222139_1928239.jpg

色の重なりや模様などでイメージを膨らませたら、本番の布に描きます。
c0222139_1927895.jpg


なかなか紙に描くのと違い思うように描けず、時間は掛かりましたが、とても慎重にみな集中して仕上げていきます。
c0222139_19275266.jpg


出来上がった布を今度はみんなで見せあいました。ここでは、人から見た自分の作品がどんな風に見えたか、どんな風に感じたかを紙に書いてわたし合いました。参加者は、みんなからもらった言葉を元に、花ことばをつくり、それをメッセージカードとして、出来上がったハンカチと一緒に包みました。
c0222139_1241795.jpg

c0222139_19291384.jpg


今日5月13日は、母の日。
この布に込めた想いが大切な人に届けられると嬉しいですね。c0222139_1253099.jpg
by atlia | 2012-05-15 18:24 | 2012年度
ワークショップ「空に飛ばす空」開催しました
5月も中頃、おかしな天気が続くこの頃。
アトリアでは、引き続き、さわやかな春の展覧会〈きらり、ふわり -想いをのせて-〉を開催中です。

5月12日(土)、展覧会イベントとして、ワークショップ「空に飛ばす空」を開催しました!
今回は、「空を飛ばすヒコーキ」を一緒につくります。
講師は、前回と同じく、林剛人丸さん。
c0222139_15174624.jpg
「空に飛ばす空」「空を飛ばすヒコーキ」とは、どういうこと?
林さんは、みんなが知っているような空に飛ぶ飛行機ではなく、空が飛ぶヒコーキをみんなでつくろうと話します。
わかったような、わからないような?
でも、まずはヒコーキそのものを持ってお話します。
c0222139_15175685.jpg
林さんが手に持っているヒコーキは、実はこんな感じ。
発泡スチロールをうすーく紙のようにスライスしたものを、左右対称のかたちに切ってつくった滑空機です。
前に進むための重りがわりになっているのは、丸いシールです。
このシールが貼ってある方を前にして、重りに引っ張られるようにして飛んでいくのです。
あれ、こんなに単純なかたちなの?こんなに簡単なつくりなの?とびっくりした人も多いはず。

しかし、まずはつくってみましょう。
林さんからお話を聞いた後、ヒコーキづくり開始です。
とってもデリケートな薄い素材ですから、ボランティアスタッフも積極的にお手伝い。
c0222139_1525026.jpg
一緒に考えながら、手を動かします。
c0222139_1518984.jpg

ヒコーキができつつあるところで、みんなでテストフライト。
c0222139_15251156.jpg
なるべくまっすぐ手のひらに乗せて、腕をふわっと広げて放します。
林さんからコツを教わりながら飛ばしてみました。
だんだん上手くなってくると、楽しくなってきます。
c0222139_15252261.jpg
上手くいかなかったら、スタッフと一緒に調整。翼になる部分をまっすぐ伸ばしてみたり、重りを減らしたり。
飛ばしては調整して、また飛ばして実験しました。

テストフライトがひと段落したら、さあ本番です。
やっと林さんの言う、空が登場します。
丸い鏡で反射した空の映像がアトリアのスタジオにいっぱいにひろがりました。
c0222139_15253614.jpg
みんな集まったら、みんなにも映り込む空。部屋の中に空があるって、なんだか不思議。
その中で一斉にヒコーキを飛ばす準備中です。高く、遠く飛ぶように、手を上に伸ばすみんな。
c0222139_15254681.jpg
いざ手を放すと、真っ白の薄い素材でできたヒコーキはまるでスクリーンのようになって、空の映像を映しながら、切り取るように進みます。
「空を飛ばす」って、こういうことだったのですね。
スタジオに広がる不思議な空に、みんなのヒコーキが空を飛ばします。壁には面白い影もたくさん。

c0222139_15255883.jpg
最後に、みんなで丸くなったまま、印象に残ったことを話し合いました。
林さんが「どんなことが思い出に残りましたか?」と聞くと、「ヒコーキづくりが楽しかった」「空、飛んでた」といった感想が。
特別な「空」の中で、楽しい時間が共有できました。

c0222139_1621217.jpg

by atlia | 2012-05-15 16:20 | 2012年度



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧