ATLIA STAFF BLOG
<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ワークショップ「手漉き和紙でつくる白いモビール」開催しました
11月27日(日)「手漉き和紙でつくる白いモビール」を開催しました。
講師は昨日に引き続き、和紙作家の森田千晶さん。今日は、小学4年生から一般の方が対象です。
c0222139_15213018.jpg

会場には、森田さんの作品が飾られました。
c0222139_1521385.jpg

「紙は人の手によってつくられているんだよ」というお話を聞いた後、クリスマスに飾るモビールの形を考えました。
c0222139_15244142.jpg

じっくりと時間をかけて考えた形をスチレンボードに描いて、カッターで切っていきます。これが手すきの型となります。
c0222139_1527088.jpg

この型で実際に紙をすいて、形をつくっていきます。
c0222139_17301697.jpg

その上からコラージュ―して、作品を仕上げました。最後は、みんなで作品を鑑賞しました。
c0222139_1731576.jpg

c0222139_19452866.jpg

by atlia | 2011-11-27 17:37 | 2011年度
ワークショップ「手づくりの和紙でつくる年賀状」を開催しました
11月26日(土) 、手づくりの和紙でオリジナルの年賀状をつくるワークショップを開催しました。
講師は、和紙作家として活躍している森田千晶さん。
c0222139_11105822.jpg

参加者は、小学生23名。まずは、紙すきの方法を実際に見せてもらいました。
c0222139_11131115.jpg

段取りが分かったら、「どんな年賀状にしようかな」「誰に送ろうかな」と送る相手を想像しながら絵柄やデザインを考えていきます。
c0222139_11141130.jpg

そして、いよいよ手すき体験。講師の森田さんに手伝ってもらいながら、大きな舟(たらい)の中の原料(楮・こうぞ)をすくっていきます。みんな初めての体験に、わくわくドキドキ。
c0222139_11145912.jpg

すいた紙の上に、辰の絵やお正月にちなんだ模様などを、毛糸や色紙でコラージュしていきます。
c0222139_11155011.jpg

c0222139_1117446.jpg

創意工夫あふれるたくさんの年賀状ができました!
c0222139_1117698.jpg

c0222139_11192170.jpg

今日はここまででしたが、完全に乾燥させたら参加してくれたみんなの元へ届けます。
手づくりの素敵な年賀状は、送る方も届いた方も嬉しいものです。お正月が待ち遠しいですね。
c0222139_19324266.jpg

by atlia | 2011-11-27 11:19 | 2011年度
「しあわせを運ぶ人形たち」展、終了しました。
「しあわせを運ぶ人形たち」展が、11月20日(日)に終了しました。
この企画は、アトリアとSaitama Art Platform形成準備事業実行委員会が主催となり開催したもので、会場は古い公団アパートを改装して作られたギャラリーmasuii R.D.R gallery
今回は、発祥国も時代も異なるそれぞれの人形を展示すると同時に、そのつくり手の技や人形に込めた想いなども併せてご紹介しました。
c0222139_2205039.jpg

ワークショップ「メキシコの伝統人形“ルピータ”をつくろう!」も盛況のうちに終了しました。
完成した作品は、会期中展示させていただきました。
c0222139_223260.jpg

c0222139_2243463.jpg

c0222139_2295994.jpg

by atlia | 2011-11-22 22:09 | 2011年度
「かわぐち社会科見学部 特別編」に添乗員として参加しました
11月5日(土)、「川口の匠」の工房をバスで巡るツアー(主催:メディアセブン)「かわぐち社会科見学部 特別編」に添乗員として参加させていただきました。
メディアセブンが定期的に開催している「かわぐち社会科見学部」は、川口にある工場やものづくりの現場を、みなさんと一緒に見学しながら川口の魅力を再発見しようというものです。
c0222139_20232841.jpg

今回は「川口の匠」展にも出品していただいていた、半屋春光さん(からくり人形師)と竹脇榮九郎(美術鋳物師)さんの工房を訪れました。
c0222139_2025710.jpg

半屋さんの工房「スタジオぎえもん」では、からくり人形の歴史を解説していただいた後、特別に実演を見せていただきました。
c0222139_2028378.jpg

初めて見るからくり人形の世界に、大人も子どもも釘付けです。
そして次は、近代日本を代表する彫刻家たちの作品を手掛けている「竹脇美術鋳造」を訪れました。
c0222139_20334563.jpg

古来から伝わる伝統的な技法「真土焼き」を行なっている竹脇さん。
c0222139_20472247.jpg

粘土や実際の型をもとに、複雑な鋳物の工程を、とても分かりやすく解説してくださいました。
c0222139_20361988.jpg

こだわりのきめ細やかな粘土の作り方も特別に教えていただき、型どりのミニ体験ではその精巧さに「すごい!」という歓声もあがりました。
c0222139_20433643.jpg

半屋さんと竹脇さんの“職人魂”を感じながらも、あたたかなお人柄に触れることができ、とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
c0222139_20443772.jpg

<写真提供:メディアセブン>
c0222139_20595675.jpg

by atlia | 2011-11-22 20:28 | 2011年度
[川口の匠 トークセッション] 開催しました
本日11/6に、川口の匠 トークセッション『第2回 バービードレス誕生秘話』を開催しました。
パネリストは、バービードレスを制作していた宮塚文子さんと、人形研究家の渡辺純子さん。
c0222139_1755539.jpg

バービーのドレス制作に携わるきっかけになったエピソードから、帽子やバックの制作秘話などを、宮塚さんからお話いただきました。
c0222139_17562022.jpg

実際には販売されなかった試作服や思い出のドレスなどをスライドで鑑賞しながら、それらがなぜ貴重なものだったかなどを人形研究家の視点から渡辺さんにお話いただきました。
c0222139_1757474.jpg

会場には、写真家の樋上晴彦さんが撮影したバービーの写真も特別に展示させていただきました。
c0222139_17574388.jpg

トーク終了後は、宮塚さんと渡辺さんの限定サイン会も行ないました。
c0222139_17585099.jpg

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました!
c0222139_18294116.jpg

by atlia | 2011-11-06 17:59 | 2011年度
「未来の靴」展が始まります!
Saitama Art Platform形成準備事業実行委員会とアトリアが主催する展覧会『未来の靴 -モノ・ヒト・コト-』展が明日11/4(金)から始まります!
今回は“まち×匠×アート”をキーワードに、アート関係者十数人が描いた“未来の靴”のデザイン画を川口の靴工房で展示し、またその中から靴職人によって実制作された「靴」も併せて展示します。
c0222139_1451239.jpg

展覧会:未来の靴 展
日 時:2011年11月4日(金)~11月19日(土) 11時~19時 日・祝日定休
会 場:GRENSTOCK 靴工房&ギャラリー
c0222139_14543152.jpg

12日(土)には、靴について語り合うトークも開催されますので、是非お越し下さい。

【関連イベント】
「靴トーク」
制作した靴とその元になったデザイン画を中心に、靴についてトークします。
日 時:2011 年11 月12 日(土) 19時~20 時30 分 ※予約不要/無料
トーク:五寳賢太郎(靴職人)×デザイン画制作者ほか
会 場:GRENSTOCK 靴工房&ギャラリー
     埼玉県川口市芝5-6-13 (Tel:048-261-9241)
c0222139_1521528.jpg

by atlia | 2011-11-03 14:56 | 2011年度



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧