ATLIA STAFF BLOG
カテゴリ:ワークショップ( 63 )
鑑賞プログラム「アートウォッチング」を実施しました!
H26年春の企画展〈フィールド・リフレクション〉では作品1点1点についての興味を深めていただこうと、会期中4回にわたり鑑賞プログラム「アートウォッチング」を企画しています。

初回となった3月22日(土)には、アート大好き!という女性3名と、プログラムの内容に興味があり参加したという男性1名とともに、作品世界をじっくりと味わいました。
c0222139_9271065.jpg

まずは、スタッフと参加者が簡単に自己紹介。
今回は事前に本展をご覧になっていた方ばかりだったので、展示作品の中から気になった作品を1点ずつ選んでいただき、選んだ理由とともに自己紹介していきました。
c0222139_9281287.jpg

次に、参加者それぞれが選んだ作品を1点1点鑑賞しました。
1分間ほど皆で静かに作品に向き合った後、それぞれに思ったことや気になったことなどを自由に話して頂きました。
c0222139_9274851.jpg

本展のメインイメージにもなっている本橋成一さんの《バオバブの記憶》では、
「チラシで見ていた時は近所の安行(川口市内の地名)あたりの風景なのかと思っていたけど、土の感じとか物を運んでいる人のシルエットをよく見ると、違うな、日本じゃないなと思った」
という感想から始まり、
「乾燥した空気や大地を感じる一方で、中央の木は乾いていないように感じる」
という言葉を受け、
「私も乾いていないと思うし、むしろこの木はたくましく生きてるんだなぁと感じる。とても大きくて包まれるような感覚が気持ちいい。枝は枯れているように見えるけど、地面に小さな木々が緑の葉を出しているからかな?」
という発言がありました。またそれに対して、
「いや、逆光で分かりにくいけど、よく見ると中央の木にも葉が出てますよね。生きてるんですよ」
という言葉に「おお、本当だ!」と一同で納得。
さらに、
「奥の建物の風景や人が写っていることで生活感を感じるのに、中央の大きな木には神聖さを感じる。生活感と神聖さが一緒になっているのが不思議」
という感想に対し、
「空気が霧がかかっていて、木の枝の向こうから差し込む太陽の光が神聖さを感じさせるのでは」
「朝もやの中に朝日が昇っているんじゃないかな。もしかしたら夕方かもしれないけど、この一日がはじまる感じ、神聖な感じから、私は朝だと思う」
という意見も出ました。
c0222139_9282822.jpg

この後に、本橋成一さんの他の作品1点と、田中みぎわさんの作品1点を同じようにじっくりと鑑賞しました。
最初は少し緊張した面持ちだった方も、作品を重ねるごとに自分なりの感想や疑問を自由に発言するようになり、他の参加者の発言を受けてさらに発見があるなど、1時間半を皆で満喫することができました。
c0222139_9283698.jpg

個々の作品鑑賞の後には、スタッフから作家の制作姿勢や作品がつくられた背景をお伝えしましたが、どの作品でも参加者同士の発言がすでに核心を得ていて、皆さんの見つめる力の確かさを感じることができました。

「アートウォッチング」は今後も以下の日程で実施します。いずれもまだ定員には達していませんのでお気軽にお問い合わせください。

鑑賞プログラム「アートウォッチング」
4月6日(日)13:30~15:00
4月19日(土)13:30~15:00 ※視覚に障害のある方とない方が一緒に楽しむ回
5月10日(土)13:30~15:00 ※聴覚に障害のある方とない方が一緒に楽しむ回(手話通訳・ノートテイク付き)

詳細は下記のページをご参照ください。
http://www.atlia.jp/ws/ws_kids.php
c0222139_9292882.jpg

by atlia | 2014-03-26 12:13 | ワークショップ
春の企画展関連ワークショップ[水墨画にチャレンジ!]参加者募集中
小学5年生から高校生の皆さん、アトリアのワークショップに参加しませんか?
普段は触れる機会の少ない水墨画。習字とは異なる筆の運びや墨の使い方などを学びながら鳥や魚などを描きます。
絵を描くのが苦手でも大丈夫!しっとりとした墨の濃淡やにじみで表現する、奥深い水墨画の世界をぜひ楽しんでみてください。
c0222139_1271087.jpg

日 時: 3月29日(土)13:30~16:00
定 員: 小学5年生~高校生15人
講 師: 新恵美佐子(日本画家)
参加費: 500円
会 場: 川口市立アートギャラリー・アトリア

ご興味のある方は以下をご参照ください。みなさまからのご応募をお待ちしています!!

----------------------------------------------------------------------------------------
【申込方法】
 はがきに以下の①~⑤を明記のうえ、指定の締切日までに下記の申込先までご郵送ください。
 当選されたかたにのみ、締切日より一週間以内にはがきにて当選通知を送付いたします。

 ①ワークショップのタイトル
 ②名前(ふりがな)
 ③年齢・学年
 ④郵便番号・住所(集合住宅は建物名まで)
 ⑤電話番号(緊急の際に連絡がとれるもの)


【ご注意】
 ご応募またご参加に際しては、以下の点をお守りください。
 違反された場合、お申込みをお断りする場合がございます。

 ※ご家族(姉妹兄弟)に限り、1枚のはがきに併記可能です。
 ※参加費は当日に受付でお支払いください。


【申込先】
 〒332-0033 埼玉県川口市並木元町1-76
 川口市立アートギャラリー・アトリア「ワークショップ」係


【申込締切日】
 3月7日(金)

 ※締切日を過ぎても定員に達しなかった場合は電話
  048-253-0222
  またはアトリア館内のカウンターにて、先着順で受付いたします。
 
by atlia | 2014-02-22 11:29 | ワークショップ
[凧にのせる願いごと]を開催しました
1月25日(土)、〈アートな年賀状展2014〉の関連ワークショップ[凧にのせる願いごと]を開催しました。

c0222139_10454313.jpg


今回の講師は、「日本の凧の会」の川口顕裕(かわぐちあきひろ)さんと裏川一雄(うらかわかずお)さん。川口さんは100畳もの大きさがある大凧揚げの名人で、裏川さんは和凧やボックスカイト(行灯のような形の凧)などの凧づくりの研究家です。

c0222139_11333897.jpg

今回凧に描くテーマは「願いごと」。もともとお正月の凧揚げは、両親が子どもの成長や大成などの願いごとを凧に託し願掛けをする儀礼として行われていたものだそうです。その伝統にならい、参加者も「今年の願いごと」や「空に飛ばしてみたいと思うもの」を考え、「上手く泳げるようになりたい」という願いを込めたプールの絵や「電車が空に飛んでいたらカッコいい」という気持ちが込められた電車の絵などを鉛筆で下描きしました。

c0222139_17312343.jpg


下描きの次は水彩絵の具で色付け。「凧が高く揚がると絵が見えづらくなってしまうので、ハッキリとした色で大きめに描くとよく映えます」と川口さん。輪郭線が滲んでしまわないよう、慎重に筆を動かします。

c0222139_115545100.jpg

絵が描けたら、竹ひごをボンドで貼り付け、真ん中に糸を付けて凧を組み立てます。
今回つくる凧は特別仕様。埼玉県小川町特産の薄く丈夫な和紙と、裏川さんが手作業で削り上げたしなりの良い竹ひごを使っています。完成した凧はとても軽く、どんな風に空を飛ぶのかとても楽しみ!

c0222139_11563662.jpg

完成した凧を揚げに行く前に、裏川さんから「凧揚げのポイント」を教わります。揚げ方のコツだけでなく、「自分の凧は自慢する。他の人の凧は良いところを見つける。そして、次はその人の凧よりも良い凧をつくる。」というのが凧づくりの鉄則だと教えてくださいました。

c0222139_11564611.jpg

アトリア前の芝生広場に出て、みんなで一斉に凧揚げ!糸巻きを持って力いっぱい走ると、尾をヒラヒラさせながら凧が舞いあがりました。

c0222139_11572653.jpg

この日は風がほとんど無かったのですが、頑張ってアトリアよりも高くまで飛ばした参加者もいました。きっと風のある日にはもっともっと空高く揚がっていく姿が見られると思います。


今はビニールのカイトが市販されていますが、昔の子どもたちはこうやって自分で凧をつくって外へ遊びに行ったそうです。きっとお正月には絵柄や形も様々な凧が空に浮かんでいる姿があちこちで見られたのでしょう。
今回のワークショップが、日本の伝統的な遊びや文化を見直すきっかけとなってくれれば嬉しいです。
by atlia | 2014-01-26 12:00 | ワークショップ
1月のワークショップ、参加受付中!
12月も半ばに差し掛かり、冷え込む日が続くようになってきました。
さて、アトリアでは来年1月のワークショップの参加者を募集しています。
締切は12月20日(金)!
定員には未だ余裕がございます。たくさんの皆さまのご応募をお待ちしております。

c0222139_10381725.jpg
[アトリアに獅子舞がやってくる!—声と体でお囃子(はやし)をつくろう]
ミュージシャンを講師にむかえ、獅子舞に合うお囃子をつくるワークショップを行います。
身体を動かしながら即興演奏し、プロの獅子の舞とコラボレーション!
新年、お祝いの賑やかな音と舞で一緒に楽しみましょう。
日 時:2014年1月18日(土) 13:30~15:30
定 員:小学1~2年生 20人
講 師:大澤加寿彦(ミュージシャン)
ゲスト:中村元(日光街道・中村座)
参加費:500円



c0222139_1043655.jpg
[凧にのせる願いごと]
願いごとを描いた凧をつくります。
様々な凧を研究している講師から組み立てを教わり、オリジナルの絵付けを行います。
凧が完成した後は、揚げ方のコツを教わりながら全員で凧揚げします。
日 時:2014年1月25日(土) 13:30~16:00
定 員:小学3~6年生 20人
講 師:川口顕裕・裏川一雄(日本の凧の会)
参加費:500円



お申込み方法
はがきに下記1~5を明記のうえ、締切日(12月20日)までに下記の申込先までご郵送ください。
当選された方にのみ、締切日より1週間以内にはがきにて当選通知を送付いたします。
1.希望のコース名を1つ
2.名前(ふりがな)
3.年齢・学年
4.郵便番号・住所(集合住宅にお住まいの場合には建物名まで)
5.電話番号(緊急の際に連絡がとれるもの)

〒332-0033 埼玉県川口市並木元町1-76
川口市立アートギャラリー・アトリア ワークショップ 係 まで
by atlia | 2013-12-14 11:07 | ワークショップ
「ハートフル・プレゼント -輝く心をあなたに」を開催しました
12月7日(土)、ワークショップ[ハートフル・プレゼント -輝く心をあなたに]を開催しました。
講師は、アートセラピストの有泉仁見さん。小学校1~4年生とその保護者のペア、全員で29名が参加しました。

今回制作するのは、クリスマスにぴったりのキャンドルスタンド。でもただ「きれい・可愛い・かっこいい」スタンドではありません。
「自分らしさが滲み出た、まるで自分を象徴するようなキャンドルスタンドをつくってください。」と、有泉さん。
「お子さんにとっても保護者の方にとっても、相手の存在自体が一番大切な贈り物。自分自身という存在をキャンドルに見立て、その輝きと一緒にプレゼントしましょう。」


c0222139_16482055.jpg

まず、お互いの存在を見つめ直すために、親子で抱き合って出生時の思い出を語り合います。
「あなたが生まれたときは、雪の日だったよ」
「子どもが欲しくてしょうがなかったから、すごく嬉しかったんだよ」
ちょっぴり照れくさいけれど、普段聞けない想いに耳を傾ける参加者たち。
白い大きな布にくるまれて抱っこされる姿は、まるで赤ちゃんに戻ったみたい。


c0222139_16281193.jpg

親子でじっくり会話したあとは、いよいよキャンドルスタンドづくり。土台となる紙粘土を、目を閉じた状態で握ります。
「何かの形をつくろうとせず、自分が気持ち良いと思う感触を大事にしてください。」
真ん丸、フライパン型、パンケ-キ型… 目を開けると、十人十色の形になっていました。


c0222139_1638430.jpg

今度はそこに、ビーズや鳥の羽などたくさん用意した材料の中からいくつかを選び、土台にくっつけていきます。もちろん選ぶときも頭で考えず、心の感じるまま、惹かれるまま。元気いっぱい大胆に素材をくっつけているものや繊細に材料を配置しているものなど、徐々に参加者の性格を表すかのような仕上がりになっていきました。

c0222139_16481663.jpg

完成後には参加者全員の作品を見てまわり、気になった作品にコメントを書きました。「海の中にいるみたい」「自由」「きらきらして綺麗」など、全員たくさんのコメントが集まりました。有泉さんがそのコメントに加え、一人ひとりの作品を見て感想を伝えます。
「女性的な優しさと力強さと併せ持った作品です。」
「きっと自分の世界をしっかり持っている作品だと思います。」
参加者それぞれを象徴するかのようなキャンドルスタンド。有泉さんの言葉は、もしかすると作品をつくった本人の本質を表しているのかもしれません。


c0222139_16445044.jpg

最後はクリスマスらしくラッピングをしました。家に帰ってからキャンドルに火をつけるのが楽しみですね。今回のワークショップが、作品を通して他の誰かとじっくり向き合うきっかけになれば嬉しいと思います。
by atlia | 2013-12-10 22:22 | ワークショップ
ワークショップ「オリジナルの筆をつくって書を描こう」追加募集中!
12月7日(土)のワークショップ「ハートフル・プレゼント-輝く心をあなたに」は定員に達しましたので、追加募集を締め切りました。たくさんのご応募、有難うございました。


下記ワークショップは引き続き追加募集を行っています。お申し込みはお電話にて先着順で受付いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。


************************************
c0222139_13134543.jpg


「オリジナルの筆をつくって書を描こう」
身近な材料で世界にひとつの筆をつくり、「きれいに・たのしく・かっこよく」描く「書」に挑戦します。
日時・定員:12月15日(日) 13:30~16:00/中学生~一般 20人
講 師:桐生眞輔(書家)
参加費:500円
申込方法:電話受付 048‐253-0222 (先着順)
※小学3~6年生対象の枠は募集を締め切りました。たくさんのご応募有難うございました。

************************************
by atlia | 2013-12-06 13:17 | ワークショップ
ワークショップ追加募集中
下記ワークショップの定員枠に空きがあるため追加募集を行っています。
お申し込みはお電話にて先着順で受付いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。


************************************
c0222139_9221560.jpg


「ハートフル・プレゼント—輝く心をあなたに」
様々な素材でキャンドルスタンドをつくります。親子でじっくり向き合うひとときを過ごしてみませんか?
日 時:12月7日(土) 14:30~17:00
定 員:小学1〜4年生 親子ペア 15組
講 師:有泉仁見(アートセラピスト)
参加費:1人500円
申込方法:電話受付 048‐253-0222 (先着順)


c0222139_922116.jpg
「オリジナルの筆をつくって書を描こう」
身近な材料で世界にひとつの筆をつくり、「きれいに・たのしく・かっこよく」描く「書」に挑戦します。
日時・定員:12月15日(日) 13:30〜16:00/中学生〜一般 20人
講 師:桐生眞輔(書家)
参加費:500円
申込方法:電話受付 048‐253-0222 (先着順)
※小学3〜6年生対象の枠は募集を締め切りました。たくさんのご応募有難うございました。

************************************
by atlia | 2013-11-24 09:51 | ワークショップ
ワークショップ[打楽器のマレットづくりとリズム体験]を開催しました
10月26日(土)、展覧会関連ワークショップとして[打楽器のマレットづくりとリズム体験]を開催しました。
c0222139_1784389.jpg

講師は、展覧会出品者である千葉勉さん(有限会社バロックミュージック代表)。
参加者は小学生の皆さんと保護者、合わせて24名です。
千葉さんからマレットの種類や構造についてレクチャーを受けた後、実際にマレットづくりに挑戦していきます。
c0222139_179223.jpg

柄の先端に芯となるコルクを丁寧にはめたら薄いフェルトを巻き、その上にドイツ産の厚いフェルトを被せていきます。手で丸くならしながら形をつくっていくのがポイントです。
c0222139_18104717.jpg

細かな作業でしたが、参加者の表情は真剣そのもの。最後は、針と糸を使ってフェルトを縫っていく作業です。指サックを付けて力いっぱい糸を引っ張り締めていき、玉結びをしたら完成です。
c0222139_179264.jpg

会場では、プロのマレット製作者たちによる実演もおこない、バスドラムマレットやキーボードマレットをつくる様子を公開してくれました。
c0222139_1794330.jpg

後半は、打楽器のリズム体験!講師はパーカッション奏者のボブ八木さんです。
c0222139_1795755.jpg

まるく輪になって、ジャンべ(アフリカの楽器)や箱ジャンべ、普段はなかなか見ることができない民族楽器をからだ全体で叩いて演奏していきます。
c0222139_17101797.jpg

ボブ八木さんの先導により情景を想像しながら、そして物語を展開させながら、音の変化や様々なリズムを楽しみました。
c0222139_17103874.jpg

マレットの構造を知り、リズムの楽しさを体感できたワークショップとなりました。
c0222139_18193162.jpg

by atlia | 2013-10-26 17:11 | ワークショップ
アートさんぽ「並木元町探検隊!」を開催しました
10月6日(日)に展覧会関連イベント「アートさんぽ 並木元町探検隊!」を開催しました。

今回のアートさんぽは、子ども向けの街歩き入門編。
並木元町(アトリア周辺)を、いつもとは少し違った視点で探検しました。

c0222139_22122410.jpg

まずはスタッフからアートさんぽの説明をします。
この街歩きの目標は、さんぽしながらおもしろいものや不思議なもの(探検ポイント)を発見することです。
参加者の多くは既に来たことのある場所。ここでどんな発見があるのか少し不安な気持も抱えつつ、元気に出発です。


c0222139_2217065.jpg

最初はいくつかの探検ポイントをスタッフが紹介していきます。
「あの木は不思議な形をしているね。自然にあの形になったのかな?」
何気ない一言でも、対象にぐっと近づくことで新たな発見や気づきがあります。それを参加者のみんなと話しながら謎解きをするように深めていきます。
「木がロープで引っ張られてる。」
「枝がベッドみたい。」
「葉っぱの部分が階段みたいに登れそう。」
それぞれ違う視点から、想像豊かな意見が飛び交います。


c0222139_22191066.jpg

公園の中では不思議なオブジェや彫刻などを発見。
この大きな茶色いモニュメントは、実はビールの仕込み釜として使っていたもの。
今まで見たことはあっても、近づいたり触ってみたりすると新しい発見があります。


c0222139_2229985.jpg

アートさんぽも終盤になると、普段気にとめないようなものも近づいてみたくなります。
切り株のまわりに埋まっていたものは・・・?


c0222139_22371583.jpg

最後はひとり1ヶ所ずつ、発見した探検ポイントを紹介しました。

今回のアートさんぽを通して、自分が住んでいる街に目を向け、街を大切に思う気持ちが芽生えてくれたらと思います。いつも通る道や自分の家のまわりにも、面白い発見が眠っているかも・・・!?
by atlia | 2013-10-12 13:30 | ワークショップ
アートさんぽ「並木元町探検隊!」追加募集!!
下記ワークショップのはがきでの応募は9月18日で締め切りましたが、定員枠に空きがあるため追加募集を行っています。
お申し込みはお電話にて受付いたします。
先着順となりますのでお早めにお電話下さい。


c0222139_14491939.jpg



******************
アートさんぽ「並木元町探検隊!」

おもしろいものや変わったかたち、不思議な場所などを見つけながら、並木元町(アトリア周辺)を探検します。何気ない風景の中に、意外な物語や大きな謎が見つかるかも?
いつも見ている景色や自分の街がちょっと特別に感じられるようになる、そんなアートさんぽです。

案 内 : アトリアスタッフ
参加費 : 500円
日 時 : 10月6日(日) 13:00~16:00
定 員 : 小学生 20人
申込方法:電話受付 048‐253-0222 (先着順)

******************

※なお、ワークショップ「打楽器のマレットづくりとリズム体験」は、応募を締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
by atlia | 2013-09-30 14:50 | ワークショップ



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧