ATLIA STAFF BLOG
カテゴリ:企画展( 111 )
展覧会関連イベント「匠の楽器で奏でるミニコンサート」を開催しました
10月5日(土)、秋の企画展〈川口の匠 vol.3 音をつくる〉のオープニングイベント「匠の楽器で奏でるミニコンサート」を開催しました。

出演いただいたのは、中川隆さん(木管楽器製作・演奏)+白栁守康さん(木管楽器演奏者)、菅井幸夫さん(尺八製作・演奏)、アテフ・ハリムさん(バイオリニスト)、真貝裕司さん(カスタネット奏者/日本カスタネット協会)、石塚幹信さん(オペラ歌手)の6名。演奏前には、匠から楽器についての紹介や製作に関する話もお聞きしました。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

まず、中川 隆さんと白栁守康さんが演奏してくださったのは、ギボンズ作曲「ファンタジア」(リコーダー二重奏)と、ブラヴェ作曲「2本のフルートのためのソナタ第3番(全5楽章)」(トラヴェルソ二重奏)。
それぞれの二重奏は二人の掛け合いが心地よく、《リコーダー》と《フラウト・トラヴェルソ》の甘く優しい音色が会場を包んでいきました。
c0222139_20381982.jpg


そして尺八製作者の菅井幸夫さんは、「もみじ」と北海道民謡「江差追分」を演奏。自然界を想像させるような柔らかな音色に、和楽器ならではの魅力を感じました。
c0222139_21301576.jpg


バイオリニストのアテフ・ハリムさんは賴德昌さんが製作した《ストラディバリウスモデル(ヘリエ)》で、J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番よりⅠアダージョ」、ジュール・マスネ「タイスの瞑想曲、そして滝廉太郎「荒城の月」の3曲を演奏しました。
c0222139_2124545.jpg

情緒豊かな深い音色に会場中が染められて、ゆっくりと優雅な時間が流れていきました。
c0222139_21305714.jpg


そしてラストはカスタネット奏者の真貝裕司さん。千葉勉さんが代表を務める有限会社バロックミュージックで製作しているフラメンコ・カスタネットをつかっての演奏です。まずは、ご本人が作曲した「萩原邸のカスタネット」、フィリャ作曲「火祭りの踊り」を圧巻のパフォーマンスで演奏してくれました。
c0222139_21111762.jpg

そして最後は、観覧者の皆さんも一緒にカスタネットを体験!オペラ歌手の石塚幹信さんが特別出演してくださりその歌と音楽「カルメン」に合わせて演奏しました。
c0222139_21163640.jpg

会場中に約100人のカスタネットが響きわたり、大盛況のなか1時間半のミニコンサートは終了しました。
次回のイベントは、10月12日(土)14:00からアトリアのスタッフによる「ギャラリートーク」です。
c0222139_923342.jpg

by atlia | 2013-10-11 09:20 | 企画展
秋の企画展〈川口の匠vol.3 音をつくる〉スタートしました
本日より、〈川口の匠 vol.3 音をつくる〉を開催致します。

楽器をつくる匠たちに焦点をあて、彼らの制作工程や完成作品を展示紹介します。
美しい音を奏でるために創意工夫を重ね生み出された技術と精神を通して、ものづくりの魅力に迫ります。
またスタジオでは、匠たちの写真展や実際に楽器に触れるコーナーなどもあります。
是非ご来場ください。

-----------------------------------------------------------------------------

〈川口の匠 vol.3 音をつくる〉

展覧会期:10月5日(土) ~11月15日(金)
開館時間:10:00~18:00
土曜は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
※関連イベント開催日は観覧に一部制限がございます
休 館 日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
観 覧 料:無料

c0222139_12591689.jpg

by atlia | 2013-10-05 13:01 | 企画展
夏の企画展 公開制作「造形の対話」 進行中!③
夏の企画展〈ダイアローグ 青野正×高田洋一 公開制作による造形の対話〉。
会期も残りわずかとなってきました。
公開制作のスタジオでは、壁にも変化が?

青野さんがたくさんつくっていた、板状のダンボールに穴を開けたもの。
c0222139_17262686.jpg
ハンマーなどを振りおろして何枚も一気に加工していました。

それを1枚1枚にして、上に持ち上げる高田さん。
c0222139_17261784.jpg
高さがあるスタジオの壁に留めていきます。

そして凧糸をつかって角度をつけて固定しました。
c0222139_1726341.jpg
壁に影がきれいに映っています。
青野さんの加工がよく活かされています。

今週末のアーティストトークとパフォーマンスは、この作品も設置されているスタジオで行われますよ。
夜のアトリアはまた一味ちがった雰囲気。
どうぞ皆さまお誘いあわせの上、ご来場くださいませ。


------
アーティスト・トーク
出品作家に公開制作や自作についてお話しいただきます。
日時:8月24日(土)16:00~17:30(当日15:30より受付)
参加費:無料
定員:30名程度

ダンス・パフォーマンス
[ダンスパフォーマンヌ~鉄の箸と紙の斧]
気鋭のダンスユニットが展示空間でオリジナルのパフォーマンスを上演。
日時:8月24日(土)18:00~19:00(当日17:30より受付)
出演:中野 綾子+加藤 千明

参加費:無料
定員:30名程度


c0222139_17395954.jpg

by atlia | 2013-08-23 17:40 | 企画展
夏の企画展 公開制作「造形の対話」 進行中!②
夏の企画展〈ダイアローグ 青野正×高田洋一 公開制作による造形の対話〉
お盆休みもアトリアは開館中です。

現在は週末を中心に進行している公開制作。
先週の作業では、オープン以来ずっとスタジオの中心にいた、青野さん作の塔型の発句に変化が!
c0222139_9121731.jpg

表面を剥がして模様があるようにした薄い板状のダンボールを組み立てて背を高くした中央の作品。
堂々とした存在感を示していながら、しかし、いくつも穴があいているので少し不安定だったのです。

ここに、予定になかった日にいらした高田さんがこっそり作業しています…
c0222139_917834.jpg

少しずつパーツに分けて、再構成している様子。得意のカッターを片手に、大きな作品に向かっていきます。
まるで作品を突き刺すかのように見え、しかしその不安定さを支えているかのようにも見える、何枚も重ねて丈夫にした厚い板状のダンボールが加えられていきます。

そして、上にあったパーツが少しずつ別の場所に戻されました。
c0222139_9254312.jpg

なんだか塔がお城になったみたい?高さは少し低くなりましたが、がっちりとした安定感。
これは青野さんと高田さんの絶妙なコラボレーションと言えそうです。


今週末、17日(土)は高田さんが、そして18日にはお2人とも、スタジオで制作の予定です。
お2人の熱いやりとりをぜひ応援しにいらしてください。


c0222139_9374815.jpg

by atlia | 2013-08-16 10:08 | 企画展
夏の企画展 公開制作「造形の対話」 進行中!
夏の企画展〈ダイアローグ 青野正×高田洋一 公開制作による造形の対話〉
2人の作家さんがスタートダッシュでたくさんの作品をやりとりし、公開制作の会場であるスタジオはずいぶんにぎやかになりました。

初日のスタジオの様子は本ブログの過去の記事でお伝えしましたが、そのときに青野さんがたくさん残していった作品たちの一部に高田さんが手を加えていきました。
例えば、ぶら下がっていたひらひらとした作品はこんな風に!
c0222139_1374477.jpg
絶妙なバランスを計算したモビールのようなつくりに、高田さんらしさを感じます。

その後、高田さんが自身でつくったものも登場。
c0222139_13281771.jpg
丸く切ったものを貼り合わせて…これも絶妙なバランスで立ち上がっています。
それを見た青野さんはボンドを片手にさらにパーツを加えていきます。
c0222139_13282046.jpg
とげとげとした突起がつき、頭には渦が巻いています。
青野さんの作例には多い、塔のかたちにも共通点があるような…。

企画展オープンからはや3週間。
会場にはその他にも2人のやりとりが見える作品であふれています!
ぜひ足をお運びくださいませ。




c0222139_13385689.jpg

by atlia | 2013-08-11 10:05 | 企画展
企画展関連イベント[公開制作にドラマーがやって来る!] 開催しました
夏の企画展〈ダイアローグ 青野正×高田洋一 公開制作による造形の対話〉の関連イベント[公開制作にドラマーがやって来る!]を7月27日(土)に開催しました。
c0222139_18561148.jpg

出演は、ドラマ―として多方面で活躍されている宮崎 まさひろさん。
c0222139_18565396.jpg

今回は、出品アーティストの青野正さんと高田洋一さんが公開制作を繰り広げる会場で演奏していただきました。
c0222139_1915647.jpg

宮崎さんは、青野さん・高田さんの出身高等学校の同窓生。同じ空間を共有しながら、公開制作をするふたりの動きに合わせてリズムが刻まれていきます。
c0222139_1941178.jpg

ダンボールを金槌で「ボンボン」と叩いて穴を開けたり、ガムテープを「ビ―!ビ―!」と伸ばして切ったり、「サクサクサク」とダンボールを割いていったり…。
c0222139_11171253.jpg

高田さんが即興で組み立てていく巨大構造物で舞台演出する一方、青野さんも負けじと自作のダンボール太鼓でドラミング!すると宮崎さんもドラムから立ちあがってダンボールを叩きはじめ、三者三様のリズム対決(!?)と相成りました。
c0222139_19101843.jpg

途中で観客のひとりが飛び入り参加するなどまさに予測不可能の1時間でしたが、異色ながらも絶妙なコラボレーションと熱気あふれる空気に、観客からは大きな拍手が贈られました!
by atlia | 2013-07-27 19:10 | 企画展
夏の企画展 本日オープン!
夏の企画展〈ダイアローグ 青野正×高田洋一 公開制作による造形の対話〉、本日よりオープンです。

本企画展では、2人の彫刻家:青野正さんと高田洋一さんにきていただいています。
同じ高校出身で1歳違いのお2人、お互いをよく理解しあっている同士であり、彫刻家の道を約30年歩んできましたが、そのキャリアの中で全く違う作風を確立しました。
青野さんは鉄を用い、サビや武骨さを活かしながら、廃墟を思わせるどっしりとした作品を。
c0222139_11515539.jpg
                    《鉄は刻む》

そして高田さんは和紙や竹で、風や光をコントロールしながら、ゆらゆらと動く軽やかな作品を。
c0222139_11513654.jpg
                    《水生翼》




そんな2人が今回、アトリアで挑むのは、なんと「協働制作」。
全く違う作品をつくってきた2人が、お互いに制作をし、相手がつくったかたちを受けてまた制作で返答をして、それを繰り返していきます。
それは、まるで交換日記のようなダイアローグ(対話)。1冊のノートを交換するように、1つの作品空間をつくりあげていきます。


本日は初日ということもあり、2人がスタジオで朝からはりきって制作中!
c0222139_1151254.jpg
カッターで正確な直線を引き、パーツを用意している高田さん。
c0222139_11444831.jpg
一方でギザギザとした断面を残しながら大胆に円形をつくっている青野さん。

さて、これから9月1日までの会期中、どんなやりとりが行われるでしょうか?
この制作には、完成予想図や設計図、まして事前の打ち合わせも無いのです!

現在は青野さんの発した造形(発句)が、たくさん会場にある模様。
c0222139_1224981.jpg
これに高田さんはどんな返答を返すのでしょう?

日々変わっていく会場、ぜひ何度でも足をお運びください!


----------

ダイアローグ 青野正×高田洋一
公開制作による造形の対話


展覧会期  7月21日(土)-9月1日(日) 
        10:00~18:00  土曜は20:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
観 覧 料   無料

休 館 日  月曜日(祝日の場合は翌平日)

----------

作家が制作を行うスケジュールは
 企画展のお知らせ にありますチラシでチェックしていただけます。

c0222139_1293848.jpg

by atlia | 2013-07-21 12:05 | 企画展
もうすぐ終了!〈反芻 篠原有司男〉
夏の気配も近づくこの頃。
アトリア前のアートパークでは、芝生や木々が青々として美しい季節です。

春の企画展〈反芻 篠原有司男〉は、この土日で会期終了になります。

本日は会場の様子をちょっとご紹介。
c0222139_91717.jpg
会場は篠原さんのドローイング作品がたくさん。
幾度も同じモチーフを繰り返して、様々な意味を見出す篠原さんの「反芻」を落ち着いた雰囲気でじっくりとご覧いただけます。
写真は「ウシの神話」と題された一角。
ミノタウルスや篠原さんご本人(ウシオ、です)が登場する作品がずらっと並びます。

c0222139_9154986.jpg
小さなスケッチブックたちの中にはこれまで未公開だったものもありますよ。
これは篠原さんがポケットなどに入れて日頃持ち歩いているもの。何か気になったら、メモするようにささっと描いています。
日記のように綴られていく1枚1枚のページに、そのときの篠原さんの視点がよく見てとれます。
描かずにはいられない、アーティストとしての日々。

c0222139_916351.jpg
会場には立体物もいくつか展示しています。小さいながらも迫力の造形。写真の作品にはウサギとカエルが登場しています。
会場では、どうぞ様々な方向から眺めてみてください。
笑った感じ、怖い顔、何か企んでいるのかも?…などなど、角度によって彼らの表情は様々に変わって見えますよ。


本日土曜日は20:00まで開館!
まだ間に合います!ぜひ足をお運びくださいませ。


c0222139_9362811.jpg

by atlia | 2013-05-25 09:35 | 企画展
〈反芻 篠原有司男展〉 4月27日のギャラリートーク
〈反芻 篠原有司男展〉 2回目のギャラリートークを開催しました。
今回は小学生の参加者が多く来てくれました!

c0222139_18425674.jpg

まず初めに篠原さんの年齢を聞いてビックリの参加者。
「ここにあるモノは何でしょう?」という学芸員の問いかけに答えながら、作品の中に登場するカエルやウサギなどのモチーフに目を凝らします。
c0222139_15345050.jpg

ケースの中に並べられた、篠原さんのスケッチブック。1枚1枚よく見ると、人の顔や鳥など、色々なものが描かれています。
細かな部分を見ていくと、面白いものがたくさん見えてきます。


c0222139_15161398.jpg

「あそこに花札がある!」と、作品を指さす参加者。
ギャラリートークだけでなく、他の参加者の発見などを聞きながら作品を見て回ったことで、多くの気づきがあったようです。


篠原さんの作品は、じっくり見ることで、バラエティに富んだモチーフや素材を発見することができます。
どんなものが登場するのか探しながら鑑賞してみてはいかがでしょうか。


次回のギャラリートークは5月4日(土)14:00~開催いたします。
是非ご参加ください。
by atlia | 2013-04-27 16:14 | 企画展
〈反芻 篠原有司男〉 ギャラリートーク開催しました
c0222139_15553130.jpg

本日より春の企画展<反芻 篠原有司男>がオープンしました!


c0222139_1459911.jpg

14時からは、担当学芸員によるギャラリートーク。会期初日から早速観に来てくださったお客様に、作品に描かれたモチーフや制作の背景などを、作者自身から聞いた言葉も挟みながら詳しく解説しました。

c0222139_150045.jpg

3つのコーナーに分けられた作品にはそれぞれ、作られた当時の作者のマイブームともいうべき、同じモチーフが繰り返し登場します。そこには、作者のもつ民話などについての深い興味と独自の解釈、日本への愛着や、1969年の渡米後、ニューヨークの暮らしの中で受けた刺激などが色とりどりに表れ、勢いよくすべるような筆致からはあまり想像のつかない、ひとつのテーマを時間をかけて〝反芻“する様子をたどることができます。

c0222139_151076.jpg


鑑賞する側も、作品から受けた印象を飲み込み、また思い起こしてもぐもぐと確かめるように味わえば、見るたびに新しい発見があるかも?
次回ギャラリートークは4月27日(土)と5月4日(土)、各日14:00から開催致します。
みなさんのお越しをお待ちしております。
by atlia | 2013-04-13 15:02 | 企画展



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧