ATLIA STAFF BLOG
カテゴリ:企画展( 113 )
〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉トークを開催しました
2017年12月3日(日)、企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉の関連イベントとしてアーティストトークを行いました。
お話いただくのは、このスタッフブログではもうおなじみのミヤザキケンスケさん。
本展の出品作を中心に、これまでの作品や活動をご紹介いただくほか、アーティスト・イン・スクールでの取り組みについて振り返りを行いました。
まずは関連展示として先行オープンした〈カラフル・ザ・ワールド!〉と題したミヤザキさんの作品が展示されているゾーンでは描かれているモチーフについてはもちろん、特徴的な色使いやアクリル絵の具の使い方などを中心に、それぞれの作品について一言ずつ解説。
原色そのままだったり補色の組み合わせを好んで使うのは、パワフルでハッピーな気持ちになることを目指すという姿勢において、色の強さが重要であると考えている、という一言が印象的でした。
確かにミヤザキさんの作品は目に飛び込んでくるような色彩のインパクトがありますね。
今では少し小さめの作品も細い筆で上手に描けるようになってきたというミヤザキさんですが、色々なものを細かく描きたいという気持ちを実現させるために作品がどんどん大きくなっていった時期があったとか。大きくやればできる!という勢いも、発想の柔軟さも感じられるエピソードを聞くことができました。
c0222139_14455489.jpg
大きな作品、また協働制作や子供たちとの活動に可能性を感じているミヤザキさんは、複数人で作品をつくるときの方法についても言及しました。
色の使いかたや描くものにルールを決めることで、はじめの一歩が踏み出せること。そこから少しずつはみ出したものが表現のポイントになって、より味わい深いものができることなど、実践を重ねながら少しずつブラッシュアップしてきたそうです。

特にオーバー・ザ・ウォール世界壁画プロジェクトでは、言葉も通じない環境で協働制作してきたミヤザキさん、描くことでならコミュニケーションしながら気持ちを解放していくことができる経験をしてきたと言います。
展示室内にあるプロジェクトの紹介ゾーンで、これまでの3つのプロジェクトについてもお話をしました。
子供たちとの絵画ワークショップでは、自由に描いて良いというと、その土地によっても個性が出て興味深い作品にが生まれ、自分もはっとするような経験をしてきたのだとか。
アーティスト・イン・スクールでの取り組みは、それらの経験を踏まえたうえで、長期的に同じメンバーで一緒に行うプログラムがどうあったらいいかをよく考えたと言います(授業レポートはこちらの記事一覧から!)。
一緒に授業を行うクラスの特徴を生かしながら制作をしたかったというミヤザキさん。それを引き出すにはどうしたらいいか仕組みを考え、ゲームを取り入れたりといった工夫をしました。
過ごした時間がたくさんあったことで子どもたちの色々な表情に触れ、これまでにない名残惜しさを感じてちょっとほろりときそうになった、と思わぬ本音も。
c0222139_14522910.jpg
参加者からも活発に発言をいただき、積極的にご参加いただきました。ご来場のみなさま、ありがとうございました!


企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉は、いよいよ2017年12月10日(日)まで!
終了間際になりますので、ぜひお見逃しなく、足をお運びくださいませ。

---
発信!コミュニケーション・ペインターズ
川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年10月28日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料

by atlia | 2017-12-09 15:15 | 企画展
発信!コミュニケーション・ペインターズ 見どころ紹介&アーティストトーク
2017年12月10日(日)まで!企画展〈発信!コミュニケーション・ペインターズ〉。
ミヤザキケンスケ(ミヤケン)さんの作品展示、さらに川口市立東本郷小学校との活動「アーティスト・イン・スクール」の成果発表を行っています。
関連ワークショップでできた成果物も展示し、すべての作品がそろっています!
本ブログでは、こんなところにも?な見どころをちょっとご紹介。

まず、建物の入り口付近。展覧会名が描かれたフラッグがかけられていますが、実はこれ、ミヤケンさんの手描き!
アーティスト・イン・スクールの授業でも使用したテント地と同じようなビニール地に、雨にも強い絵具で描いてくれました。
建物の外にありますので、入る前にぜひ探してみてくださいね。

さらに入口付近、見上げると気がつく大きな作品は《東北力》と題された、なんと長さ10mの大作です。
夜になると外からきれいに見えるこの作品は、2011年、仙台市の遠見塚小学校のみなさんとのコラボレーション作品。
ずっと小学校で大切に展示・保管されてきた本作、他の場所では初公開でもあります。
東北で行われている様々なお祭りをモチーフにした明るい作品、入口を賑やかにしてくれますよ。

そのすぐ前にあるミニライブラリーのコーナーには、今回の企画展にあわせて「世界の絵本」特集をしています。
ミヤケンさんが描く色鮮やかな世界を見たあと、様々な国に思いをはせてお話を読むと、まさに旅をしたみたいな気分。大人も子供も楽しめますよ。
展覧会の後にゆっくりおくつろぎいただけますので、ぜひご利用ください(もちろん鑑賞前でも!)。
ライブラリーコーナーを外から見ると(上の写真にもちらっと写っていますが)、ミヤケンさんの描いたお花がたくさん!これもぜひお見逃しなく。



ミヤザキさんがこの展示とアーティスト・イン・スクールでの活動を中心に振り返るアーティストトークを12月3日(日)に開催します。
企画展期間中、最後の関連イベントとなります!申込不要・無料でご参加いただけますので、ぜひおでかけください!

2017年12月3日(日)14:00~15:30
アーティストトーク
ミヤザキケンスケがこれまでの活動について、本展とアーティスト・イン・スクールを中心に振り返ります。
参加無料、申込不要(入退出自由)
---
発信!コミュニケーション・ペインターズ
川口市立アートギャラリー・アトリア
2017年10月28日(土)~12月10日(日) 
10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観覧無料

c0222139_19025031.jpg

by atlia | 2017-11-22 14:52 | 企画展
[夏休みの宿題応援ギャラリートーク]を開催しました

727日(木)、開催中の企画展〈第6回新鋭作家展 影⇆光〉に関連して[夏休みの宿題応援ギャラリートーク]を開催しました。アトリアを訪れた学生のみなさんに、スタッフが展示作品について分かりやすくお話しするというもの。中学生のグループや家族連れを含む13人が参加してくれました。


c0222139_16164424.jpg

まずは佐藤史治+原口寛子の作品《アイシャドー》を鑑賞しました。展示室のあちこちに散らばる小さなモニターには夜のまちに光るネオンや看板の一部が映し出され、文字のかたちを2人の手の影がなぞっています。一風変わった影絵遊びを間近で見ると聞こえてくる2人の声。文字のかたちをなぞると同時に声に出して読んでいますが、ゆったりとした筆文字の「ゆ」は脱力気味に、ポップなデザインの「Po」は歯切れよくといった具合に手の動きや声の出し方に違いがあり、文字11つがもつ特徴や印象が際立って見えてきます。

c0222139_16165680.jpg

これらの「光」は佐藤さんと原口さんが川口のまちを何度も探検し集めたもの。スクリーンには荒川の鉄橋を電車が走るなど、まちを象徴するようなシーンも映し出され「ここ知ってる!」と参加者からも声が上がります。けれども「影」と「光」だけがくっきりうかんで立体感を失った風景はどこか幻のよう。参加者数人でスクリーンの裏側に入り、自分たちの影を映像に重ねてみました。影絵になってみることで、アーティストが旅した「影」と「光」の世界を追体験できるかもしれません。

c0222139_16170398.jpg

金沢寿美の作品《新聞紙のドローイング、日常の紙のドローイング》の壁の2面を覆う巨大なカーテンは実は新聞紙。鉛筆をつかって紙面の文字や写真を塗り潰したり塗り残したりすることで白黒のコントラストや光沢が生まれ、星空のような画面が広がっています。近づいて見てみると塗り残された部分に様々なイメージが。世の中で日常起きているたくさんの出来事の欠片です。闇の中にぼうっと浮かぶ人の顔にハッとし、皮肉めいた言葉にクスリとする参加者たち。仲間同士で指さし会話しながら楽しみました。

c0222139_16171139.jpg

一方テーブルの上には様々な人の「日常」が広がっています。展覧会会期前、アトリアを訪れた人から身の周りにある紙を募集し、思い思いに塗り潰す機会も設けました。買い物のレシートや漫画本、学校の通信簿や銀行通帳まで。紙の多彩さに感心しつつ、「一番暗い」「一番柔らかい」など塗り方の違いにも注目しました。紙を鉛筆で塗る作業自体は単純なのに、11人の視点や性格の違いまでが見えるようです。

c0222139_16171858.jpg
参加者全員に鉛筆を配り、ここでも同じ作業を試してみました。「これが10B…!」と普段使うものよりも数倍濃い鉛筆のつかい心地を味わいながら新聞紙を塗り潰します。少しの時間でしたが、塗り残す言葉や線の調子に1人1人の個性が浮かび上がりました。

アート作品の見方が分かる[夏休みの宿題応援ギャラリートーク]は美術館レポートや絵日記の題材にも役立つのはもちろん、1人で見るのはちょっと難しいかも?と思ったときにぴったりのイベント。次回の開催は8月26日(土)14:00~15:00です。家族や友達と一緒にぜひご参加ください!
c0222139_09592656.jpg

by atlia | 2017-07-28 15:47 | 企画展
第6回新鋭作家展〈影⇆光〉始まりました!

先週の土曜日(7月15日)からいよいよ始まった夏の企画展、第6回新鋭作家展〈影光〉。

前回までのブログでは、2組の出品アーティストのうち「金沢寿美」について事前のイベントなど制作活動を紹介してきましたが、今回はもう一組の出品アーティスト「佐藤史治+原口寛子」についてご紹介します。

佐藤さん、原口さんは映像を使った作品をつくる2人組のアーティストです。

本展では、「影絵」が動く映像を展示しています。でも、皆さんが良く知っている「影絵」とはちょっと違うようです。一体どんな映像かというと…

c0222139_13332249.jpg

「き」という光る文字、そしてそのかたちをなぞって動く手の影。
c0222139_13375368.jpg

今度は「Po」、そして…

c0222139_13333201.jpg

「ラ」…

ここまでで皆さんの頭の中は「???」でいっぱいになってしまったかもしれません。

そもそものところからお話ししましょう。

実は彼らは今回川口というまちにある、ここアトリアで作品を発表することが決まった昨年の夏から、市内のいろんなところを何度も歩いて回りました。そして、川口に関するいろんなことを調べて作品のベースにしようとしました。まず彼らが気になったのは、川口が舞台となり1962年に公開された映画「キューポラのある街」。映画への興味をどうやって自分たちの作品に取り入れるか考え、生み出されたのがこの「文字をなぞる手の影絵」でした。


でも、なぜ文字なのか???

ヒントは、文字が「き」「ゅ」「―」「Po」「ラ」「の」…と、続くこと。

これらの文字は、川口のお店の看板などの文字を撮影したもの。(写真の後ろ姿、左が佐藤さん、右が原口さんです。)


c0222139_13335671.jpg


それを光源としてスクリーンに投影し、その前に立って身体を使って影絵あそびをした様子を撮影したものです。

イメージは、こんな感じです(画像は佐藤史治+原口寛子「ドローイングfor川口」より)

c0222139_13342257.jpg


他にも、川口の街灯や夜景を光源にしたものもあります。

これらの映像がアトリアの展示室の中にちりばめられ、空間が一つの夜のまちのようになっています。

皆さんは、この不思議な空間の中で何を発見できるでしょうか?

ぜひ、体験しにきてみてください。

*************

第6回新鋭作家展
展覧会期2017715()831()
開館時間10:0018:00(土曜日のみ20:00まで開館)

その他詳細はアトリアHP「展覧会」ページをご覧ください。


by atlia | 2017-07-20 13:43 | 企画展
イベント【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】全5日間終了しました!
6月13日・14日・15日に、夏の企画展に向けての事前イベント【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】を開催しました。
5月に開催した前回に引き続き、紙片にわずかな余白を残しながら黒鉛筆で塗りつぶしていく…という体験をしていただく内容です。今回も、出品作家の金沢さんとともにお客様をお迎えしました。
この3日間合わせて80人の方にご来場いただき、5月20日・21日に開催した2日間とあわせると全5日間で173人の方々にご来場いただき、たくさんの個性的な「星空」が集まりました。
c0222139_20320744.jpg

参加されたみなさまは、10Bというあまり見たことのない濃度の鉛筆に驚きつつ、紙をひたすら塗りつぶしていくだけという単純な作業にのめりこんでいる様子でした。
c0222139_20330486.jpg

さらに、作家とのコミュニケーションが生まれたり、作品への興味が深まったり、プログラムを通して、夏の展覧会への期待を高めていただくことができていたようです。
集まったものは、7月15日からの夏の企画展『影⇆光』(カゲかヒカリ、と読みます)で作品の一部として展示されます。
c0222139_20350468.jpg
どのような作品になるか、楽しみにお待ちください。
また、展覧会では金沢さんの新作として、新聞紙を星空のように塗ったものも壁いっぱいにカーテン状にして展開します!
展覧会まであと約一ヶ月。
次回はもう一組の出品作家、佐藤史治さんと原口寛子さんのユニットについて、活動の状況をお伝えします。*************
第6回新鋭作家展 影⇆光
展覧会期2017年7月15日(土)~8月31日(木)
開館時間10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)

※その他詳細はアトリアHP「展覧会」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-06-17 16:00 | 企画展
イベント【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】を開催しました!
5月20日・21日(土・日)の午後、今年の夏の企画展関連、事前イベントとして【ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう】を開催しました。
前回の記事でもお知らせしていましたとおり、このイベント、「日常にある何の変哲も無い紙を、10Bの鉛筆で星空のように塗りつぶしましょう。」といういたってシンプルな内容。
さてさて、どうなるか。ちょっとドキドキしながら、作家の金沢さんとスタッフで会場を最終チェックしつつお客様をお迎えしました。(下の画像の左端に座っているのが、金沢さんです。)
c0222139_18240312.jpg
すると、開始まもなくして、お孫さんをお連れの方がご来場。
お客様第一号です!
この日は晴天で、アトリア前の公園にも人がいっぱい。「何かやってるの?」と、どんどんお客様が入ってきて参加してくださいました。
小さなお子様からご年配の方まで、家族連れ、お友だち同士、はたまたお一人でふらりと…と、いろんな方が来てくださいました。
みなさん、ほとんど初めて見る10Bの鉛筆に、興味津々。さっそく手にとって、ぬりぬりしはじめます。どれだけ塗るか、どんな風に塗るか?塗り方は特に決まり無く、自由。
どんなふうに塗っても、それぞれの「星空」ができあがるのです。
c0222139_18252823.jpg
完成したものは、会場の「星空コーナー」に並べられていきます。
個性溢れる「星空」がどんどん増えていく様子に、金沢さんもスタッフも大喜びです。
c0222139_18254076.jpg
c0222139_18254740.jpg
これらの「星空」たちは、夏の企画展で金沢さんが出品する作品の一部になります。当日参加してくださったみなさまにとっては、この日、自分がぬりぬりした「星空」が大きなアート作品に姿を変えてお披露目される展覧会を楽しみにしてくいただくきっかけにもなりました。
夏の企画展(7月15日から開催!)の全貌については、ただいま鋭意準備中です。決まり次第、改めてホームページやチラシなどでお知らせいたしますので、お楽しみに。

※このイベントは、来月6月13日・14日・15日(火・水・木)も開催します。5月のチャンスを逃してしまった方も、ぜひご来場ください!
*************
ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
日時 :2017年5月20日(土)・21日(日)、6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30の間、随時
対象 :どなたでも
参加無料

※その他詳細はアトリアHP「ワークショップ・講座」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-05-25 17:39 | 企画展
イベント開催!-ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
しばらく準備期間をいただいておりましたが、今日からスタジオで新しいイベントが始まります!
どなたでも無料で・その場ですぐご参加いただけますので、ぜひお気軽にお越しください。

c0222139_11565321.jpg
今回みなさまにお楽しみいただくのは、ぬり絵。
といっても一般的なぬり絵とは一味違い、黒一色をつかって「ぬり残す」ことで、オリジナルの「星空」を描きます。
つかう道具は、鉛筆と紙のたった二つ。とっても簡単です!

c0222139_1212356.jpg
実は今回つかうのはちょっと特別な鉛筆。一般的によく見かけるHB鉛筆よりもずっと濃い、10Bの鉛筆をご用意しました。
ぬり心地はやわらかくなめらかで、何度もぬり重ねるとまさに鉛(なまり)のような美しい光沢が出るのが特徴です。

つかう紙は、チラシやレシートやノートの切れ端などなど… 会場でご用意していますが、みなさまがお持ちになった紙もお使いいただけます。
鉛筆と比べると、これらは身のまわりにありふれたもの、と思えるかもしれません。でも根気よくぬりぬりすることで、特別な輝きを宿した「星空」が出来上がるのです。

c0222139_122935.jpg
こちらは完成作品の一例。
不要になった漫画本に直接ぬりぬりしたもので、吹きだし部分のぬり残しが星空の一部に見えます。「ドン」という大きな文字が目立つのもユニーク。

c0222139_1213125.jpg

こちらは意図的に星の形をぬり残したもの。どこを残すかによって、下の紙に書かれている文字が生きるのも「星空」ぬり絵の魅力です。

今回ぬりぬりした作品は、7月から始まる夏の展覧会で展示いたします。ぬり絵がたくさん集まるほど、たくさんの輝きを宿した見ごたえある作品へと発展させることができそうです。展示を行うアーティストの金沢寿美さんも、会場でぬりぬりしながらみなさまをお待ちしておりますよ!

*************
ぬりぬり・みんなで「星空」を描こう
日時 :2017年5月20日(土)・21日(日)、6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30の間、随時
対象 :どなたでも
参加無料

※その他詳細はアトリアHP「ワークショップ・講座」ページをご覧ください。

c0222139_1217880.jpg

by atlia | 2017-05-20 11:20 | 企画展
くうき日記:ベストショットに挑戦
開催中の〈アートで解明!空気の正体〉展、いよいよ残り2日となりました。展覧会の情報をお届けする連載ブログ「くうき日記」第7弾は、広報担当スタッフが会場内の撮影ポイントをご紹介。
本展の出品作は会場内の指示に従って撮影をしていただくことができます。工夫次第では、こんな面白写真も。

************

【真空パック!?】

展示室の中にたくさんの風船が詰まった作品。風船の間に挟まって撮影すると…。透明な膜にピタッと包まれ、まるで真空パックされているみたい。挟まれたときの気持ちを表情やしぐさで表すと、より思い出深い1枚に。

c0222139_10134431.jpg
作品:奥中章人《Inter-world-sphere》

【風景と私と…?】

季節ごとの風景が映し出される映像作品。身体に映像を映り込ませることで、まるで自分が作品の一部になったような写真が撮れます。映像の中に隠れた「ヒミツ」に気づくと、より意味深な写真に。

c0222139_10143702.jpg
作品:本間 純《春日さん》(シリーズ作品「春夏秋冬」より)


【このかたちに、グッときた】

布が宙に浮かび上がり、ふわふわとかたちが変化し続ける作品。どのくらいの高さまで浮かぶか、どんなかたちに変化するかは、展示室の「空気」によっても変わります。ベストショットを狙ってじっくり眺めるうち、その違いを発見できるかもしれません。

c0222139_11341901.jpg
作品:大巻伸嗣《Liminal Air Space-Time》


************

写真は見たものを記録するだけでなく、そのときの気持ちや思い出までも留めてくれるもの。展覧会を観終わったあとも、みなさまに「作品と出会ったときの記憶」を蘇らせてくれることでしょう。
作品を楽しむのもベストショットを狙うのも、この土日がラストチャンス!
たくさんのみなさまのお越しを、会場でお待ちしております。

※撮影の際は会場内の指示に従い、周囲のお客さまへのご配慮・作品の保護にご協力いただきますようお願いいたします。
c0222139_12352904.jpg




by atlia | 2017-05-12 12:37 | 企画展
〈第7回 公募 新鋭作家展〉出品アーティスト応募受付中!
アトリアが毎年開催している公募展、〈新鋭作家展〉。
今年も、出品アーティストの応募が始まっています!

c0222139_9543980.jpg


〈新鋭作家展〉は、文化芸術の振興と新鋭作家の発掘・育成を目的として開催している公募展です。
第7回目となる今回は人や場所、地域に関係していくことで新しい価値・視点の提示を目指すアーティストを公募します。
選出された優秀者2名(組)には翌年の〈第7回 新鋭作家展〉での企画参加の機会と制作補助費40万円が与えられます。

人や場所、地域との関係の中から作品制作をすることに興味のある方、またそれを目指して活動している方々もぜひご応募ください。
一緒に魅力的な展覧会をつくりあげていきましょう!

応募要項および出展申込票は公式ホームページでもダウンロードできます。
(下記URLをクリックするとダウンロードが開始されます。)
応募要項 http://www.atlia.jp/exhibition/pdf/shinei_yoko.pdf
出展申込票 http://www.atlia.jp/exhibition/pdf/moushikomi.pdf

応募は6月4日(日)までとなっております。
これからのアートシーンを担う、意欲ある新鋭作家のみなさまのご応募をお待ちしています。

-----
第7回 公募 新鋭作家展
応募受付:2017年4月11日(火)-6月4日(日) 必着(開館時間中)
(応募は郵送にて受付しております※開館中であれば持参も可)
審査員:前山裕司(埼玉県立近代美術館学芸員)、村田 真(美術ジャーナリスト/画家)、住友文彦(アーツ前橋館長)

c0222139_1219724.jpg

by atlia | 2017-04-29 10:00 | 企画展
くうき日記:みんなが見つけた「くうきさん」
開催中の〈アートで解明!空気の正体〉展、会期も半ばを過ぎました。
展覧会の情報をお届けする連載ブログ「くうき日記」第6弾は、展覧会のちょっとしたお楽しみ企画とともに、お客さまから寄せられた感想・意見などをご紹介します。
c0222139_18195933.jpg
本展入場の前には、スタッフからこんなカードを渡されます。
これは、いわゆる感想カード。展覧会を見たあとに「空気」について感じたこと・発見したことなどを書いて(描いて)いただくことができます。


c0222139_18522125.jpg
会場にはカードの記入コーナーがあり、色鉛筆などの筆記用具を自由にお使いいただけます。
言葉でも、絵でも。その日そのときに感じた「空気」をカードに留めておくことで、作品を見た思い出も、きっとより深いものになりますよ!

c0222139_18504866.jpg
会場には他のお客さまが記入したカードをご覧いただけるファイルをご用意しています。たくさんの方の感想やコメントの中には、「空気」についての新しい発見・驚きがあるかもしれません。ぜひお手に取ってご覧ください。

もう既に1000枚以上も(!)いただいたカードの中から、ほんの一部をご紹介。

*******
・空気はズシーンと重い。
・春はふわふわした空気。梅雨はジメジメした空気。
普段は意識しないけれどかけがえのない大切なもの。自分の旦那さんが「くうきさん」かも。
・空気を読むことがあまり得意ではない息子を、周囲の方々の暖かい空気が助けてくれます。
・展示室にはクラゲみたいな空気がいた!
*******


同じ空気のことなのに人によってこれだけ感じ方が違うって、とても面白いですね!

1枚1枚、いただいたカードは全てスタッフが目を通しファイリングしています。たくさんのご感想をいただき、本当にありがとうございます!
これから見に来てくださるみなさまも、もう一度遊びにいらしてくださるみなさまも、身近に感じた空気のことをぜひ会場で教えてくださいね。

c0222139_10463644.jpg


by atlia | 2017-04-19 13:42 | 企画展



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧