ATLIA STAFF BLOG
第9回アーティスト・イン・スクール No.4 本番の制作
川口市内の小・中学校の図工・美術の時間の中で、第一線で活動するアーティストやデザイナーが講師として授業を行う長期プログラム[アーティスト・イン・スクール]。
今年度は[補正作業 ―新しい「世界」のみつけ方]と題し、土屋貴哉さんと市立元郷中学校2年生が一緒に活動中!授業は9月中旬から11月中旬まで。
今回の授業の目的は、日頃「当然だよね」「ルールだから」と思いこんでしまっていることを見直し、自身の視点・視野や価値観を「補正」すること。
ルールから少し外れている状態を「変」と定義しそれらを発見する・制作することから、学校生活の中にも新しい世界を見出だし、より暮らしを豊かにする発想力・問題解決力を育てます。

いよいよ制作活動本格化、レポートも第4弾。
班ごとに前回の制作実験でわかった問題点などをふまえ、制作も本番へ。完成まで、2回分の授業の様子をお伝えします。

制作実験を終え、作品を完成させる上でどんなことをしたら良いか、見えてきている生徒たち。
班ごとにそれぞれ進行状況は違いますが、随分視点が絞れてきています。
そこで土屋さん、今回の授業では最初に今日のスケジュール表を配りました。進行状況を報告したり問題点を相談する時間、いわゆる面談の時間が書かれた表です。
実はこれ、班ごとに割り振られているので、班ごとに配られた表も全然違うものなのです。
普段はみんなで同じ動きをしていることに慣れている生徒たちは、そこでびっくり。

ひとまずそのスケジュールに従い、制作を進めていく生徒たち。
前回より引き続き校舎の中でこっそり活動中の班は、成果が徐々に現れてきました。
c0222139_18412815.jpg
こちらは渡り廊下で作業中。天井付近に、元からひっそりとついていた謎のクリップを発見した班でした。
そこに同じようなクリップも増やしている様子。随分数が多くなって、主張してきた感じです。
c0222139_18414124.jpg
こちらも同じく廊下にあった視力検査票に目をつけた班。
同じようなものをプリントしてきて、机に広げて何やら作業。傍らにペンを並べて何か書き込むようですが…?

映像や写真で発表をすると決めた班は、今日からデジタルカメラやビデオカメラも本格出動。
特に動画を撮ると決めた班は出演者も必要、アトリアスタッフも機材操作を手伝います。
c0222139_18453757.jpg
こちらは教室でリハーサル中。他の班にも手伝ってもらい、随分多くのエキストラを動員しています。
c0222139_18465363.jpg
いったん撮れたら映像をチェック。スタッフのカメラワークにも、厳しいチェックが入ります。
動画になって作品として見えてくると、実験では良いかもと思っていた細かな部分が気になる!見せ方にこだわる、ということが実感としてつかめてきた様子です。
c0222139_18492626.jpg
こちらも映像班、細かいセットの部分を調整しています。壁の下の方にこだわりの部分があるようです。
よくみると一人は制服に衣装もチェンジ。映像の中での役割分担も詰めてきました。

制作途中ですが、指定された面談の時間がくると、美術室へ。
映像や写真を撮った班はカメラを携えて、実物で発表する班はそのものを持って、土屋さんの元へ集まります。土屋さんもそこで制作物をチェック。今のところで見えた成果や改善ポイントをまとめます。
c0222139_18584640.jpg

真剣に話し合う土屋さんと生徒たち。距離も随分縮まりました。
土屋さんが学校に通いはじめて1カ月以上、こうした親密なやりとりも長期プログラムならでは。

完成までもう少し、改善点が見えてきた班はさらにやるべきことをワークシートにまとめます。
c0222139_1914030.jpg
映像をつくる班は、それに加えて簡単な絵コンテも書き込みました。
なんだか班員同士の距離も、ずっと縮まってきたような?


次の時間では、ワークシートにまとめたやるべきことを元に作品を完成させます。
もう特別な指示がなくても生徒たちはそれぞれの制作場所へ、我先にと移動していきます。
c0222139_1995424.jpg
こちらは昼休み中から準備に時間をかけていた班。
黒板を作品化するために、ずっと白いチョークで綺麗に塗りつぶしていました。想像よりずっと根気がいる作業!仕上がりは写真作品になって登場する予定です。
c0222139_19144836.jpg
教室では…あら?石膏像が制服を着てお出迎え。
写真作品に登場する予定のセーラー服のヴィーナス、不自然なようで妙にしっくりきているような気がするので不思議。こちらも完成が楽しみです!

この2回の授業で、すべての班の作品が、なんとか揃ってきました!
時間少ない中でも、それぞれの意見を出し合い、手を動かして共有しながら、密度の濃い時間を過ごした生徒たち。
次回は校内発表として、クラス内で班ごとにつくってきた作品を発表します。
それぞれ全く違うアイデアを実現させているので、他の班がどんなものを完成させたか、知らないところも多くあるのです。
その授業が、校内で行われる最後の授業!このアーティスト・イン・スクールもクライマックスに近づいてまいりました!

この事業に関する過去の記事はこちら
学校の中で展開している授業の様子を随時お伝えしてまいります!更新をぜひお楽しみに。
No.0 授業がはじまりました
No.1 オリエンテーション&最初の宿題
No.2 制作の下準備
No.3 制作、実験中
c0222139_1437897.jpg

by atlia | 2014-11-13 10:25 | 学校×アトリア
<< 第9回アーティスト・イン・スク... やさしい鑑賞講座[画筆から生ま... >>



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧