ATLIA STAFF BLOG
「?謎の地上絵?アトリアに出現!」開催しました!
12月10日、ワークショップ「?謎の地上絵?アトリアに出現!」を開催しました。
一見何をやるのか全く分からないこのタイトルのワークショップには、14組の親子ペアの方々に参加いただきました。
講師は、毎年きてくださっている、舞踊家であり美術家の新生呉羽さんです。

会場に入ってくると、まず目に飛び込むのは壁一面にひろがる赤い絵。
集まってくれた参加者の方々と一緒に少しずつ足して、たくさん貼られた赤い絵の前で、講師の新生さんがご挨拶。

c0222139_2122856.jpg
「これから大きな地上絵をみんなで描きます!」
ナスカの地上絵の話から、それがどんなメッセージを持っているのか、みんなで考えてみます。
新生さんは、みんなで未来へ発信できるような地上絵にしてみようと提案します。

c0222139_21205019.jpg
絵を描く道具もみんなでつくりました。
ペットボトルを切って、なんだかじょうごのようなかたちのものができました。
どうやってつかうのか…ますます謎が深まります。

c0222139_21115230.jpg

しかし、新生さんはまだそれを内緒にしておきます。
先に、絵を描くための紙を敷きました。謎の合言葉「くろくろくろー!」と声をかけるとともに、みんなで一斉に紙を広げます。
そして、謎の測量士アトリーがおもむろに毛糸を出してくると、その上をそっと歩くことで、紙を破らずに移動する練習をしました。
こどもたちだけでなく、お母さん・お父さん、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒になって一列です。

c0222139_2124635.jpg
「みんなで、未来に素敵なメッセージを送るとしたら、どんなかたちが良いかな?」
真ん中にあつまって、こどもたちを中心に、考えていきます。
そこで、まずはみんなが仲良くできるかたちとして、中心から小さな丸をどんどん大きな丸にして何重もの円を描いてみることに。

c0222139_21354457.jpg

ここで登場したのは、なんと、お砂糖。
じょうごの中にこれを入れて、絵を描いていきます。さあ、どんな風に描けるでしょうか。

c0222139_2125547.jpg
まずは計画通り、ぐるぐる円を描いていきます。
じょうごから、さらさらとお砂糖が流れでて、なんとも言えないいい気持ち。
たくさんの円ができると、余白にはみんなの好きなものがたくさん描かれてきました。

c0222139_2143297.jpg
さらにここで新生さんが新しとりだしたのは小麦粉です。これに食紅やウコンで色をつけ、練っていきます。
これもお砂糖と同じく、絵を描く材料にしました。白い絵に素敵な色が加わります。
最初は遠慮がちだった大人の方々も、ここまでくればもう夢中です。

c0222139_213234.jpg
みんなで一から描きだした地上絵は、なんと8×7㎡の超大作!
電気を消して暗くして見てみたり、周りをぐるぐる回ったりして、みんなで深ーく味わいました。

c0222139_21551183.jpg


最初は全くの謎から始まったこのワークショップ。
普段はできない体験がたくさんでき、みんなで素敵な時間を共有することができました。


c0222139_2213089.jpg

by atlia | 2011-12-11 21:01 | 2011年度
<< 「川口の匠」とアーティスト・イ... キッズ・アトリア パスポートの... >>



川口市立アートギャラリー・アトリア スタッフのブログ
みなさまへお願い
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
全体
お知らせ
企画展
ワークショップ
アートさんぽ
鑑賞講座・実技講座
学校×アトリア
サポートスタッフ
共催展
スタッフのつれづれ
2012年度
2011年度
2011年度以前
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧